少林窟法語

坐禅の心得 276


カテゴリー: 2017年04月09日
                                    坐禅の心得 276
                                                釈尊編 その44
                                        
                                      井 上 希 道

                                      第四期、仏法現前
  
 初(しょ)転(てん)法(ぼう)輪(りん) 其の五

 太子が釈迦牟尼仏と成られた因縁は、一見明星である。星と一つに成った覚証により大安心と共に大歓喜された。その時、思わず、

「我れと大地有情と同事成道。山川草木悉皆成仏」と叫ばれた。この夢から覚めて真実が明了した境界が「悟り」である。この一大事因

縁の大自覚によって、宇宙で初めて仏法が現成したのである。もちろん真実ははじめからあったが、見出せなかったために分からなかっ

た。この最尊最上の[解脱の法門]は、十二月八日の一見明星の縁によって「仏法が現前した」ということだ。故に体得された人を仏、

又覚者という。大恩教主釈迦牟尼仏と稽首するのは、それほど重大な世界を体得されたからである。
 
 誰もが一心に成り、徹し切ればその物と一つになる。とどうしてもはじけて今までの意識上の問題が落ちてしまう。即ち自分が明白に

なる。時代や学歴年齢など一切関係無い。総て「今」瞬間の問題である。菩提心を専らにして、全身全挙して「今」「今」を行ずれば、

自然に一点に治まり、自己を忘じ切る時節が訪れる。結果「見地」の大自覚が起こる。釈尊と同じ「我れと大地有情と同事成道。山川草

木悉皆成仏」の自覚である。

 間違ってはならないので、能く注意して貰いたい。確かに「悟り」ではある。が、撤し方に深浅が有り、自己の忘じ方で、「悟り」に

深浅があることは既に述べた。 

 くどいようだが、急がば廻れである。道草ではあるが途中の様子を能く見ておくと、迷った時、似たような景色に欺されずに済む道理

もあるので、説いておきたい。却って丁寧は君徳を損ずだが、知って殊更に犯すも慈悲と思し召されよ。

 その物と一つに成るには、一切の余物を捨て切って純一にならねばならない。「自分を自分と知る意識」が有る限り、それが邪魔をし

て隔てるために同化することは無い。「自知するもの」が無くなると純一故に、その物だけに成る。

 この時、我れを忘れているので無意識である。自己は無い。この様子を古来より「自己を忘ずる」という。幼児の「自分を自分と知ら

ない」無分別の様子と通じている。何をしても自分がしているというものが無い。この天真爛漫が幼児である。「只」しているだけであ

る。幼児の「只」を学のぶが真の道人である。

 智者がここまでバカになることは容易ではない。但し、幼児が幼児であるのと、大人が幼児になるのとは違う。自己が無いほど大きく

て純粋なものは無いし、相手が無いから何物をも包含している。

 注意すべきは、無理性は破壊暴挙の本。幼児のごとくの無知になればば水に溺れ火に焼かれ死ぬことになる。「只」は仏の生命であ

る。成った者でなければ分からぬ。

 過去が本当に脱落して無くなり、本来の「今」に目覚めた大自覚が「悟り」である。過去から引き摺ってきた「心身」が落ちた瞬間で

ある。「解脱」であり「心身脱落」である。

「隔て」が無いから縁と融合一体、本より一つ物であったと自覚する。その物だけになると、初めからその物は純一であり真実であった

ことに目覚める。徹見判明した自覚を「見地(けんち)」ともいう。「見地」の自覚症状が大事なのである。

 真実に目覚めれば安心し確信せざるを得ない。自覚と自信は同事に[心]とすべき者が無いことを知る。その瞬間、揺るぎない不動心

となるのだ。言えば、縁即自分、環境と一体、一切が[心]としか言えない。宇宙大の境地なのである。

「見地」が本物であれば、三世を貫いて誰もが同じである。体得した物も自覚も世界も同じである。認めざるを得ないのである。真理は

一つだから「見地」は一つである。釈尊のものと別物は無い。

 では摩訶迦葉だけが何故印可証明され、他の祖師方は何故に印可されなかったのか。ここが大事な所である。

 誰が、何処で、何時嘗めても砂糖は甘く、塩は辛い。水を飲めば喉の渇きは全て解消する。これは大自然の掟であり普遍故にみな同じである。これが法であり、真理であり、摩訶般若波羅蜜多である。

「空」を得ることが「悟り」だと度々言うてきた。凡夫が悟れば仏である。釈尊も本は悉達多と言う太子であり凡夫であったではないか。
 仏も囚われて迷えば凡夫であるが、煩悩の本が枯れたのだから聖人であり偉人である。煩悩を脱落せしめたのだから確かに仏である。

「見地」を得ることは容易ではない。しかしここで、全くの別問題が発生する。

 脱落身心・心身脱落(心身が無くなる)すれば何も引っ掛かるものが無くなり、快適であり泰平楽である。今までの絡みがストンと無

くなれば無上の安楽に決まっている。すると、

「これでもうよい、これ以上の世界は無い。一切が仏法であり真実でない物は無い。何事も案ずることは無い」と。

 得たと言う自信力がうっかりすると「悟りに安住」することになる。

 確かに快適だから「悟り」に留まる危険は実に高い。本当の一隻眼なら未だしも、少しばかり[心]が静まった程度の「小知見」で法

を説くと、法を理解させてしまい、菩提心を専一にせしめることができないのだ。

 大法は実地に行じて体得するものである。專一に、本当に「今」「只」行ずるしか無い。それを可能にするのは菩提心の熱烈のみである。
 
 ついでを言えば、「空」が有り「無我」が有り、そうした大層な「悟り」が残っているうちは真の「空」でも「無」でもない。「悟

り」もあってはならない。それだけ「真空」の神聖を汚すからだ。

 何となれば、「無我」有ればそれだけ「有我」である。それが邪魔をして「空」の連続、「無我」の丸出しとは行かないのが現実であ

る。つまり邪魔物、残り物が有る限り融通無礙の大自在底を妨げて大慈悲心にならない。

 ここいらで「見地」の大事さを自覚してもらいたい。真偽と深浅と徹し方の差が自ずから有ると言うこと。その物は普遍であり真理は

一つである。それを見届けた「見地」は一つである。だが人に差が有るので、「見地」に自ずから差が有る事を懼れねばならないのだ。

菩提心の一筋で努力を怠らぬ事しか深める道は無い。

 如何に「見地」明白であってもそこに腰を掛けたら大変である。自分だけ安楽になって悟り済ましていたなら、大解脱門による大慈大

悲心はどうなる。一切衆生はどうなるのだ、となる。

 恐ろしいのは法我見を誇示して大いに偉くなり、自他を構えて優劣を競う危険がある。道人は余ほど注していなければ、名利の魔道に

落ちて気が付かぬ事が多い。

 改めて言うが、「空」も捨てきった時、真箇「一切皆空」となる。これが「大悟」である。つまりここに於いて初めて融通無礙の大自

在底が本当に発露して大慈大悲の大光明を発する。

 至誠天地を動かす。自己を忘じたほど強くて大きな力は無い。菩提心の賜である。

 迦葉尊者以外の祖師方に印可証明しなかった理由が分かったであろう。舍利子を初めみな「悟り」の残り物があったために、釈尊は全

面を許さなかった。ここで印可すれば大法が滅亡するからである。南無大慈大悲大恩教主釈迦牟尼仏なる哉。慚愧、慚愧。

 故に祖師方が「悟後の修行」、「聖胎長養(せいたいちょうよう)」を喧しく言われているのはそのためである。「悟り」で「悟り」を

超える修行を怠るな。どこまでも「今」「只」せよ。菩提心を強く持てと言うことである。

 大分くどくどと説いて汚してしまった。止みなん、止みなん。本来即今底に語句を要せず。

  風吹いて氷中暖かし。蝶は花を廻って花を知らず。

                         2017年4月8日 釈迦牟尼仏ご生誕の日、謹んで識す

ついでに読みたい

少林窟法語

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/04/09
部数 547部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。 平成24年より投資顧問業(助言)を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 2016年12月1日『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』が日本実業出版社より発売!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年3月現在8800人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額1000億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 テリー伊藤のまる金ライダー8に毎週、代表の峯島がコメンテーターでレギュラー出演中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング