「デスノート」考察ノート

「デスノート」考察ノート


カテゴリー: 2006年04月08日
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 「デスノート」考察ノート             ★ ★★ ★★★ ┃
┃                                 ┃
┃ ――――――――――――――――― 考察2 2006年4月8日 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

早々のメルマガ登録ありがとうございます。さて今回の考察ですが、今週号
page103までの内容を踏まえた考察になっています。単行本で読み進めている
方々、申し訳ありません。発行予定の単行本(〜第12巻)を読んでから、メ
ルマガ本文を読むことをお勧めします。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――






















―――――――――――――――――――――――――――――――――――

考察2 「メロのおかげ」とは?


自分が勝利したのは「メロのおかげ」だとニアは言う。どういう意味なのだろ
うか?

実はニアは、魅上のノートに細工する際、ジェバンニにメロの名前を書くよう
指示していたのではないか。だからこそノートが偽物であることに気付き、策
を換えることもできたのではないか。

メロの名前はその時監禁していた模木から聞き出せるし、また名前を書くジェ
バンニもメロの顔は知っている。

もしこの魅上のノートが本物であれば、メロは死んでいるはずで、高田清美誘
拐事件などを起こすはずもない。しかし誘拐事件が起きたことで、メロが生き
ていたことを知り、さらにこのノートが偽物であったことも、ニアは知ること
ができたのではないか。

----------------------------------------------------------------------

「最低13日以内に人の名前を書き続けなければ自分が死ぬ」

ノートに書かれていたこのルールの真偽を確かめるために、ニアは「私がメロ
の名前をノートに書く」と提案したことがある(→page78を参照)。そう考え
れば、ニアがメロの名前を書こうと発想することに何ら不思議はない。

----------------------------------------------------------------------

ノートを試せば、偽物と気付き、違う策がとれる。これは、夜神月自身も考え
ていたことだ。少し長いが引用する。

「・・・メロの馬鹿な誘拐・・・これで僕は勝利を確信したんだ! ただニア、
おまえにも勝つチャンス、いやここで負けない方法はあった。おまえは甘い・
・・Lにはるかに劣る。Lなら必ずノートが偽の可能性に気付き、試していた
だろう。その機会はあった。ノートに細工する時、ページを切り取る前に、そ
のページに誰かの名前を書き込む・・・それだけでいいんだ。そうすれば、お
まえはノートが偽と気付き、違う策をとれた・・・」

夜神月の失策は、すでにメロの名前によって試されていたという点に気付かな
かったことである。メロの誘拐によって夜神月は勝利を確信したが、ニアの方
は魅上のノートが偽物であると確信したのである。

----------------------------------------------------------------------

「何の為に」ニアはメロの名前を書いたのか。それこそ「念の為に」である。
第二のキラであったかもしれない弥海砂を監禁してまで自分の策を進めようと
したニアだ。メロにも自分の策を邪魔されたくなかったに違いない。

ニアの考えている筋書きの中で必要なのは、自分とキラ(=夜神月)、日本捜
査本部メンバーとSPKメンバー、そして魅上だけである。弥海砂とメロ(で
きれば高田清美も)はその舞台から排除したかったに違いない。

キラ(=夜神月)と初めて対面する時も、「念の為に」面をつけて対面するほ
ど、念には念を入れるニアである。ノートにメロの名前を書くことで、何らか
の形でメロがキラ捜査に介入することを阻止し、そして同時にそれは、ノート
が本物かどうかの確認材料ともなったのである。

----------------------------------------------------------------------

今回ニアは、自分が勝利したことを「メロのおかげ」という言い方をしたが、
この言葉がメロを喜ばすものであったかどうかは疑問である。

「メロが色々やってくれたおかげで大分キラが絞れました」
「俺はおまえのパズルを解く為の道具じゃない」

ニアの言葉に対して、メロがこのように逆上したことが思い出されるからであ
る(→page77を参照)。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                          ★ ★★ ★★★ ┃
┃【発行者】F                            ┃
┃【E-mail】f_191079@infoseek.jp                  ┃
┃【Home Page】 http://deathnote.kagennotuki.com/          ┃
┃【解除・変更】http://www.mag2.com/m/0000191079.htm        ┃
┃                                 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

このメルマガは現在休刊中です

「デスノート」考察ノート

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2007/04/23
部数 0部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

「デスノート」考察ノート

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2007/04/23
部数 0部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

ゼロから始める不動産投
はじめまして、椙田拓也です。このメルマガでは、ゼロから不動産投資を始めるための具体的な手法を解説しています。 ◎ゼロから始めて4年で14棟102室を購入した方法を大公開! ◎書籍『空室率70%でもキャッシュが回る非常識な不動産投資術』(ごま書房新社)になった方法を大公開! ◎メルマガ読者特典として、椙田が運営する不動産投資会社で無料個別面談を実施中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
経営コンサルタントが実践から得た経験や知恵を基に、経営に役立つ「本日の経営者への一言」と、実際にあった話を基に実名を出さずに「実話風読物(カードローン取立との戦い等)」に仕立てた読物との2部構成で綴られたメルマガです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング