カンタン!効果的な!時間管理術!メールマガジン

【KKJ】636 「集中できる時間」はどれぐらい?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□□
 KKJ 【簡単・効果的な・時間管理術】
 ビズアーク時間管理術研究所 メールマガジン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    2018/06/11  Vol.636    http://www.bizark.co.jp/ 
□□□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ご愛読ありがとうございます。

 今週も『時間管理術研究所メールマガジン』をお届けします。
 あなたの時間をより活用するために、ご活用ください!

 (執筆者:水口和彦プロフィール)
    http://jikan.livedoor.biz/archives/50993622.html 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■第636回■ 「集中できる時間」はどれぐらい?
_______________________________
 目次

【1】今週のテーマ:「集中できる時間」はどれぐらい?
【2】時間管理術研究所ブログ Topics
【3】最新情報
【4】編集後記


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【1】今週のテーマ
   「集中できる時間」はどれぐらい?

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
 こんにちは。水口です。
 
 1日過ぎてしまいましたが・・・、
 昨日は「時の記念日」でした。
 
 毎年、時の記念日の前に時計メーカー
 のシチズン時計がビジネスパーソンを
 対象にしたアンケート調査を発表して
 います。今年は、
 ―――――――――――――――――
 ビジネスパーソンの「待ち時間」意識
 ―――――――――――――――――
 という調査がアップされています。
 
 いろんな場面で、どのくらい待たされ
 たらイライラしてしまうか? という
 調査です。
 
 (こちら↓にあります)
 http://www.citizen.co.jp/research/time/20180531/index.html
 
 「調査概要」をクリックすると、全体
 の概要を読めます。
 
 
 ただ、個人的には昨年11月発表の、
 ―――――――――――――――――
 「社会人1年目の仕事と時間意識」調査
 ―――――――――――――――――
 の方が面白かったです。
 
 そのなかに
 ―――――――――――――――――
 1日の勤務時間(残業を除く)のうち、
 集中して仕事をしている時間はどの
 くらいですか?
 ―――――――――――――――――
 という質問があります。
 
 この回答、全体の平均で4時間22分
 だったそうです。
 
 「集中して仕事をしている時間」が、
 勤務時間の半分程度ということです。
 
 これって長いと思います?
 短いと思います?
 
 
 ■ 集中できる時間は意外と少ない
 
 「勤務時間の半分しか集中できてない
 なんて、けしからん!」と思った人も
 いるかもしれませんね。
 
 でも、自分の日常をふり返ってみて
 ください。「集中して仕事をしている」
 と言える時間は、意外に短いものです。
 
 これは集中力があるとか、ないとかの
 話ではなく、仕事の内容や職場の環境
 の方が大きく影響します。
 
 
 どういうことかというと・・・
 
 仕事をしていると、突発的な出来事、
 (予定外の仕事)は必ず発生します。
 ―――――――――――――――――
 誰かがやってきて(あるいはメールや
 電話などで)質問や頼み事を持ち込ん
 でくる
 
 後輩や部下から質問されたり、連絡や
 報告を受けたりする。
 
 電話を受けたり、伝言を頼まれたりす
 るのもそうですし、ちょっとした問い
 合わせに回答するのもそうです。
 ―――――――――――――――――
 
 これらに対応するために、自分の仕事
 を中断せざるを得ない場面も多いので、
 しっかり集中できる時間って意外と少
 ないものなんですね。
 
 先ほどの「4時間22分」という回答
 を聞いて、私は「意外に多いな」と
 思ったくらいです。おそらく、まだ
 1年目だからだと思います。
 
 私は研修で中堅ぐらいの方の話を聞く
 ことが多いですが、この半分(2時間
 程度)も取れていないと思われる方が
 多いです。
 
 「集中できる時間」は意外と少なくて、
 それだけ貴重なものと認識すべきです。
 
 
 ■ 頼られる人ほど少なくなる問題
 
 ですから、私たち個人個人のレベルで
 は、その貴重な時間をどう使うかが
 重要になってきます。
 
 大まかな方針としては、
 ―――――――――――――――――
 比較的集中しやすい時間帯
 (中断されにくい時間帯)
 ―――――――――――――――――
 に難しいタスク(集中すべきタスク)
 をやるようにするのがおすすめです。
 
 逆に集中しにくい(中断が多い)時間
 帯には、比較的簡単なタスクをやるよ
 うにするわけですね。
 
 タスクをうまく管理できるようになる
 と、このあたりのコントロールはしや
 すくなりますね。
 
 
 一方、組織全体で考えると、この状況
 は意外と深刻な問題を含んでいます。
 
 組織の戦力として重要な中堅どころに
 なってくると、「集中しやすい時間帯」
 が減ってくるからです。
 
 経験を積み、周りから(社内も社外も)
 頼られる存在になればなるほど「予定
 外の仕事」は増えるのが普通です。
 
 頼りにされる存在になってくるほど、
 集中できる時間は少なくなるわけです。
 
 それを残業でカバーできたのは昔の話。
 いまは労働時間削減の影響で、厳しい
 状況になっている中堅の方が多いです。
 
 
 ■ できれば組織としての取り組みも
 
 だから、このメルマガで最近ときどき
 書いているように社内会議を削減する
 ことも必要ですし・・・、
 
 できれば「集中できる時間」や「集中
 できる場所」を増やすための取り組み
 も行う方がいいです。
 
 「集中タイム」の時間帯を決めるとか、
 (その時間帯はお互い話しかけない)
 
 「集中ブース」のような感じで、集中
 して仕事をするための場所を作るとか、
 
 そういった取り組みの必要性は高まっ
 ていると感じますし、実際に取り組み
 を始める職場も増えてきました。
 
 可能であれば、検討してみるといいと
 思いますよ。
 
 
 では、また来週お届けします!
 
 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【2】時間管理術研究所ブログ・メルマガ情報
_______________________________

 最近のメールマガジンのバックナンバーページです。
 お読みでないものがあれば見てみてください。

2018/06/04 : 【KKJ】635 勇気を持って、資料を減らそう
 http://archives.mag2.com/0000190033/20180604180000000.html 

2018/05/28 : 【KKJ】634 「あえて優先順位を考えない」ルール
 http://archives.mag2.com/0000190033/20180528180000000.html 

2018/05/21 : 【KKJ】633 「5分間ルール」実践のために
 http://archives.mag2.com/0000190033/20180521180000000.html 
 
 メールマガジン不着については下記ページをご参照の上、
 下記の窓口にご連絡頂けると対処してもらえるそうです。

  http://help.mag2.com/000335.html (対処法のページ)
  reader_yuryo@mag2.com    (メルマガ読者様専用窓口)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【3】時間管理術研究所 最新情報
_______________________________

【活動のお知らせ:執筆・取材など】
 ――――――――――――――――――――――――――
 以前に連載記事を書いていた『Study Hacker』 という
 サイト主催のセミナーを行った記事が掲載されました。

 こちら↓で紹介記事が掲載されています。
  https://studyhacker.net/columns/20180523-square 
 (Study Hackerのサイトです)
 ――――――――――――――――――――――――――
 「withnews」というサイトの「城崎広告」という
 記事で取材を受けました。漫画やキャラクターの
 会話もあって面白くまとまってます。

 「5分だけ」から長話する人の対応は?
  時間管理は「仕事の見える化」
  https://withnews.jp/article/f0180329005qq000000000000000W07r10301qq000017075A 
 (朝日新聞社のサイトです)
 ――――――――――――――――――――――――――
 『営業サプリ』という名前の、営業パーソン向けサイトで
 私の連載が始まっています(第10回アップしました)

 『時間貧乏からの脱却!ストレス「ゼロ」の時間管理術』
  https://www.eigyousapuri.jp/timemanage 
 (営業サプリのサイトです)
 ――――――――――――――――――――――――――
 『Study Hacker』というサイトでの連載が完結しました。
  (全10回です)

 『仕事も学びも効率化 目からウロコの時間管理術』
  http://studyhacker.net/columns/mizuguchi-kazuhiko-time-management 
 (株式会社恵学社のサイトです)
 ――――――――――――――――――――――――――
 昨年発売された、私が監修したタイムマネジメントの
 DVDです。なかなか好評らしいですよ。

 タイムマネジメントで働き方改革 (DVD全2巻)

  http://www.nikkeibookvideo.com/item-detail.php?class_code=V0321 
 (日経ブック&ビデオクラブのサイトです)
  http://www.nikkeibpm.co.jp/item/2619/2619/index.html 
 (日経BPマーケティングのサイトです)
 ――――――――――――――――――――――――――
 上記以外にも執筆と取材のご依頼を複数頂いております。
 掲載されたら紹介しますね!

_______________________________

【活動のお知らせ:講演など】
 ――――――――――――――――――――――――――
 三菱UFJリサーチ&コンサルティング主催のセミナーが、
 東京と名古屋で開催されます。

 仕事の効率を高める時間管理術向上セミナー
 (三菱UFJリサーチ&コンサルティング 主催)

 東京開催 : 5/25の回は終了致しました。12/6にも行います。
 名古屋開催: 6/5の回は終了いたしました
  http://www.murc.jp/seminar/squet/nagoya/18n209 
 ――――――――――――――――――――――――――
 そのほかに・・・

 8/7には東京商工会議所で1日セミナーを行います。
  http://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-81604.html 

 9/4には大阪商工会議所で1日セミナーを行います。
  http://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/201805/D27170905027.html 

 日経BP社での「日経ビジネス Basic」セミナー(半日)
 は9/19と12/14に行います。
 http://business.nikkeibp.co.jp/nbs/nbsemi/0930/time/180427/index.html 

 企業や自治体などでの講演・研修は随時行っております。
 お気軽にお問い合せください。
_______________________________

【おすすめ書籍の紹介です】

 部下に読ませるならこれ。ロングセラーです。

 『たったこれだけのことで!仕事力が3倍アップする時間活用法』
  (実務教育出版)
  http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4788907550/ 


【4】編集後記
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 集中できる時間
 を、特に定時内
 にどれだけ確保
 できるかは部署
 やその人の役割
 によって違って
 きます。

 部署による違い
 も大きいですが、
 部署が同じなら
 経験を積むほど
 集中できる時間
 が少なくなるの
 が普通です。

 だからこそタイ
 ムマネジメント
 的なものが必要
 になってくるん
 ですよね。実際、
 私の研修は中堅
 以上の方に受け
 がいい傾向があ
 りますね。

 では、また来週!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ KKJ【簡単!効果的な!時間管理術】
┃ ビズアーク 時間管理術研究所メールマガジン
┃━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【発行者】 (有)ビズアーク 時間管理術研究所
┃【執筆者】 水口和彦
┃ プロフィール http://jikan.livedoor.biz/archives/50993622.html 
┃
┃ 【URL 】   http://jikan.livedoor.biz/   (ブログ)
┃        http://www.bizark.co.jp/     (HP)
┃
┃【このメールマガジンバックナンバーはこちら】
┃       http://archive.mag2.com/0000190033/index.html 
┃      (引用時はバックナンバーのURLを明記ください)
┃
┃ Copyright 2005-2018 All rights reserved. 
┃━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ このメールマガジンは読者の方に支えられて12年め!
┃ 皆さまの応援に感謝しております。
┃━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ みなさまからのご感想、ご質問をお待ちしています。
┃ メールアドレス → mizuguchi@bizark.co.jp
┃━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 本メールマガジンでは広告の掲載は基本的に行っておりません。
┃ 広告掲載のご要望にはお応えできないことをご容赦ください。
┃━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ※ 配信中止、配信アドレスの変更はこちらから
┃   → http://www.mag2.com/m/0000190033.html
┃━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

カンタン!効果的な!時間管理術!メールマガジン

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/07/09
部数 2,869部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

カンタン!効果的な!時間管理術!メールマガジン

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/07/09
部数 2,869部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング