カンタン!効果的な!時間管理術!メールマガジン

【KKJ】113 はじめに:「タイムコンシャス」であるための4つの条件


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□□
 KKJ 【簡単・効果的な・時間管理術】
 ビズアーク時間管理術研究所 メールマガジン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    2008/05/18  Vol.113      http://www.bizark.co.jp/ 
□□□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ご愛読ありがとうございます。

 今週も『時間管理術研究所メールマガジン』をお届けします。
 自分の時間の使い方を考えるためのヒントに、ぜひご活用ください。

 (執筆者:水口和彦プロフィール)
    http://jikan.livedoor.biz/archives/50993622.html 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■第113回■ はじめに:「タイムコンシャス」であるための4つの条件
_________________________________
今週の目次

【1】今週のテーマ: 「タイムコンシャス」であるための4つの条件
            はじめに

【2】時間管理術研究所ブログ Topics

【3】時間管理術研究所最新情報: おすすめ講座のお知らせ

【4】編集後記

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【1】今週のテーマ
   「タイムコンシャス」であるための4つの条件:はじめに

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
 こんにちは。水口です。
 
 このメールマガジンでは、2008年最初のシリーズ記事として、
 「時間管理で自己改革する」シリーズ:ステップ1〜6 を
 お届けしてまいりました。(発行No.ではVol.94〜109です)
 
  (※メールマガジンのバックナンバーは、こちらでご覧頂けます)
   □ URL : http://archive.mag2.com/0000190033/index.html 
 
 
 そして、次回からは今年2つ目のシリーズ記事をお届けいたします。
 そのシリーズのキーワードは「タイムコンシャス」です。
 
 この「タイムコンシャス」という概念は、単に「時間を有効に使う」と
 いう以上の意味があります。今回は、まずそれをお伝えしていきます。
 
 
 
 この「タイムコンシャス」という概念は「時間管理」という枠を超えて、
 「時間の使い方」を考える上で重要な考え方を含んでいます。
 
 できれば、ご自分だけではなく、一緒に仕事をする方ともこの「タイム
 コンシャス」というキーワードを共有して頂ければと思います。
 
 
 それでは、始めましょう!
 
 
 ■ 「タイムコンシャス」とは
 
 「タイムコンシャス(Time conscious)」というのは「時間意識が高い」
 という意味の新しい言葉です。
 
 【注】consciousという言葉には、(何かに対して)意識のある、
    関心が高い、という意味があります。
 
 
 「時間意識」というと、「時間を意識してピリピリする」という状況を
 想像された方もおられるかもしれません。なかには「時間が足りないと
 いうことは毎日意識している、これ以上はゴメンだよ・・・」という人
 もいるかもしれません。
 
 もちろん、それも「時間を意識する」ことには違いありませんが、
 ここでいう「タイムコンシャス」は、そういう意味とは違います。
 
 
 ここでいう時間「意識」というのは、「結果としての時間」「仕事の
 期限」を意識することではなく、時間をどう使うか?という「プロセス」
 を重視することを指しています。
 
 それは、「計画的に行動すること」や「時間を効率的に使うこと」、
 「時間という資源をどう配分するか」ということに意識的になると
 いうことです。
 
 これが「タイムコンシャス」であるために重要なことの1つです。
 ここまでは、いわゆる「時間管理」と共通しています。
 
 
 
 そしてもう1つ、大事なことがあります。
 
 この「タイムコンシャス」という言葉が、いわゆる「時間管理」や
 「時間活用」といわれるものと異なるのは、
 
 
   自分の時間だけではなく、相手の時間も考える
 
 
 という点を重視している点です。
 
 それは、「チーム・組織」としての視点で考えることであり、
 「相手の時間を尊重する」姿勢もそうです。
 
 ※ これは(組織ではなく)個人で仕事をしている人には関係ないと
   いうことではありません。個人で仕事をしている人であれ、1つ
   1つの仕事のなかで、依頼元や発注先と共同して仕事をしている
   ことには変わりありません。同じように重要なのです。
 
 
 ■ 「タイムコンシャス」であることが重要な理由
 
 では、なぜこの「タイムコンシャス」が重要なのか、その背景を
 説明しておきましょう。
 
 
 「時間管理」や「時間の使い方」に対する関心が高まっていること
 を反映するように、時間に関する本は今年も数多く出版され続けて
 います。
 
 しかし、そういう本に書かれているのは「自分の時間を効率的に使う」
 ためのノウハウがほとんどです。もちろん、それは大事なことですが、
 それに偏りすぎていると感じられるようにもなってきました。
 
 
 たとえば、時間の使い方について書かれた本には、次のような
 テクニックがよく出てきます。
 
  ・いつも時間に追われてばかりいると「急がないけど重要な仕事」
   のために使うべき時間がなくなってしまう。
 
  ・そうならないためには「重要ではない仕事」を人に任せること
   を考えるべきである。そのための「仕組み作り」も重要である。
 
 こういう考え方は、米国から来た「タイムマネジメント論」には、
 必ずといっていいほど含まれています。
 
 この考え方は、基本的に正しいですし、時間の使い方を考える上で
 重要なことです。しかし、一歩間違うと、利己的(自己中心的)な
 考え方になってしまう場合もあるのです。
 
 
 たとえば、
 
  「自分の成果にならない仕事は、自分でやらずに全部人に振る」
   という人ばかりの職場になってしまったら・・・
 
 どうなるでしょうか。・・・困りますよね。
 
 
 もし、すべての仕事について、責任と権限が明確に規定されている
 職場ならば、こういうやり方も成立します。しかし、そうやって
 完璧に細部まで規定された仕事は、ホワイトカラー、デスクワーク
 の職場では、まず、あり得ないことです。
 
 ですから、本来は「自分の時間」だけではなく、組織全体の視点で
 「時間」を考えることも必要なのです。
 
 
 「組織全体の時間」というと、難しいもののように感じる方もいる
 かもしれません。しかし、実はこういう観点での「仕事のやりくり」
 や「上手な仕事の分担」「融通をきかせた仕事のやり方」は、元々
 日本の会社、日本の組織が得意とするところなのです。
 
 (逆に、日本型の組織は、個人個人の時間効率という意味では、
  良くない面があったのも事実。それは変える必要があります)
 
 
 
 「組織としての時間」と「自分の時間」の両方を尊重すること、
 両方の効率を上げること、それが「タイムコンシャス」という概念
 が目指すものです。
 
 
 では、その「タイムコンシャス」であるとは、どういうことなのか、
 「タイムコンシャス」になるためにはどうすればいいのか?
 
 ということについて、次号からお伝えしていきたいと思います。

 
 あなたと仕事でつながっている方々にも、ぜひ、この概念を共有
 して頂いてください。そうすることで、お互いに仕事をやりやすく
 時間を有効に使えるようになってくると思いますよ。
 
 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【2】時間管理術研究所ブログ Topics
   毎日更新中です!
_________________________________

 5/11〜5/17の更新記事はこちらです!

 長期的なやるべきこと vs 短期的なやるべきこと:セミナーご質問より
 □ URL : http://jikan.livedoor.biz/archives/51620569.html 

 時間と成果は比例しないはず・・なのに:医師の「5分ルール」に思う
 □ URL : http://jikan.livedoor.biz/archives/51621554.html 

 「自営業者」は仕事と生活の満足度が高い?:満足度アンケート紹介
 □ URL : http://jikan.livedoor.biz/archives/51622476.html 

 「段取り」を活用するための3つの習慣・活用するためのツール
 □ URL : http://jikan.livedoor.biz/archives/51623365.html 

 パソコンのためにロスする「時間」あれこれ: パソコン話です
 □ URL : http://jikan.livedoor.biz/archives/51624295.html 

 1200人のうち800人が管理監督者?:「名ばかり管理職」関連
 □ URL : http://jikan.livedoor.biz/archives/51625393.html 

 あなたの「ゴールデンタイム」はいつ?: =仕事の能率が上がる時間
 □ URL : http://jikan.livedoor.biz/archives/51626265.html 


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【3】時間管理術研究所 最新情報
_________________________________


 先週は1週間の間に2日、セミナー(4講座分)を行いました。
 お越し頂いた方、ありがとうございました!

 次回セミナーは、6/20(金)の予定です。
 (こちらは「時間効率」の上級編。特にクリエイティブ系作業・思考の
  効率を上げる、メモ・情報整理関係の話題も取り上げます)

 またこのメールマガジン上でお知らせします。


_________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
※ NECのビジネス情報サイトWisdomにて連載させて頂いてます。

 こちらも「タイムコンシャス」について書いているものです。
 次号以降のメルマガの内容とはまた違いますので、こちらもぜひ。

 「タイムコンシャスな人づくり・組織づくり
    〜時間意識を高め、時間活用力をつける〜」

 現在最新はこちら→ 第3回 『チームとしての時間活用法』
 URL:  http://www.blwisdom.com/pr/time/03/ 

 (第4回は、悩ましい「労働時間短縮」について取り上げます)

_________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「まだまだ平積み」という書店も多いようです。ありがとうございます!
(3冊目の拙著です)

 『たったこれだけのことで!仕事力が3倍アップする時間活用法』

 この本の目次・読者特典ページ へのアクセスはこちらから
 URL:   http://bizark.co.jp/book3/ 

_________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【手帳制作サービスのお知らせ】

 ご好評を頂いております、弊社オリジナルの手帳レフィルです。
 私もこれを使用しています。

 オリジナル手帳レフィル制作サービスの紹介ページ
 □ URL : http://www.bizark.co.jp/techo/index.html 

_________________________________
【4】編集後記
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
 さて、次回から「タイムコンシャス」について、本格的に取り上げて
 いくこととなりました。

 次回から書く内容は、いずれ書籍化することになると思いますので、
 それを先に読めるのは、ちょっと「お得」かもしれませんね。

 内容は、単に「時間管理」というだけでなく、もっと広い視点で
 仕事と時間について考えてみたり、自分のやり方を見直したりできる
 ものになりますので、ぜひご活用ください。


 さて、私の方はといえば、自社セミナー関係が一段落したところで、
 次は研修講師としてのお仕事が次々に(汗)、迫ってきております。

 6月初め頃までは出張も多くなりますので、体調を崩さないように
 気をつけていきたいと思います。


 では、また来週お届けします!


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ KKJ【簡単!効果的な!時間管理術】
┃ ビズアーク 時間管理術研究所メールマガジン
┃━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【発行者】 (有)ビズアーク 時間管理術研究所
┃
┃【執筆者】 水口和彦
┃【執筆者プロフィール】
┃            http://jikan.livedoor.biz/archives/50993622.html 
┃
┃ 【URL 】   http://jikan.livedoor.biz/   (ブログ)
┃        http://www.bizark.co.jp/     (HP)
┃
┃ Copyright 2005-2008 All rights reserved. 
┃ご友人などへの全文転送は大歓迎! 引用表記なき転載は御遠慮下さい。
┃
┃━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ みなさまからのご感想、ご質問をお待ちしています。
┃ メールアドレス → mizuguchi@bizark.co.jp
┃━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ※ 配信中止、配信アドレスの変更はこちらから
┃   → http://www.mag2.com/m/0000190033.html
┃━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃
┃広告やメールマガジンの相互紹介は、弊誌読者にとって有益な情報と
┃判断した場合に限り掲載させて頂いております。 掲載のお申し出を
┃頂いてもお応えできない場合もございますので、ご理解ください。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

カンタン!効果的な!時間管理術!メールマガジン

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/07/09
部数 2,869部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

カンタン!効果的な!時間管理術!メールマガジン

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/07/09
部数 2,869部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング