めざせ理想の身体!専門家からのあれこれアドバイス

サミー大塚です!「「体育」と「スポーツ」」


カテゴリー: 2018年04月01日
----------------------------------------------------------------
めざせ理想の身体! 専門家からのあれこれアドバイス <第623号>
----------------------------------------------------------------

こんにちは!

運動指導研究家の大塚 聡(サミー先生)です。
http://www.sammysensei.com/

メールマガジンご購読ありがとうございます。 

■<サミー大塚からの最新のお知らせ>

「60歳超からの体力づくりパーソナルトレーニング」キャンセル待ち受付中!
http://www.sammysensei.com/personal.html

================================================================


4月1日新年度スタートです!

気分も新たにはりきっていきましょう!(^^)!

毎年恒例私の大学での最初の授業の一コマから。


●「体育」と「スポーツ」

「体育とスポーツの違いがわかるか!?」という問いかけで始まった
大学での講義が今でも印象に残っています。

その講義の先生は名匠、大西鉄之助先生!
早稲田大学ラグビー部を常勝軍団に仕立て上げた名監督です。

独特の哲学をお持ちの先生でご存知の方も多いのではないでしょうか。
コーチング論を叩き込まれ、もちろん今でも師と仰いでおります。

「体育とスポーツの違い???」

大学1年生の私はそんなことは今まで考えた事も、気に留めたこともありませんでした。

「体育を英語にしたのがスポーツ?」
「スポーツを日本語訳した中の1つに体育ってのがあるのかな?」

等々と一応考えてみたことを懐かしく覚えています。


正解は
↓↓↓
・体育とは「教育的、訓練的な狙いがある運動」

まさに体育の授業がそうですね。


・スポーツとは語源が「気晴らし」

「遊びの要素、ゲーム的な要素、楽しみの要素がある身体活動」

テニス、サッカー、ゴルフ等。
を楽しむのがスポーツ。

学問的な概念でいうとこうなります。(私の理解している範疇で端的にまとめました)

さらにスポーツは

「チャンピオンシップスポーツ」と「レクリエーションスポーツ」とに分けられます。

「チャンピオンシップスポーツ」は勝敗にこだわった、戦い重視のスポーツ。

プロスポーツやオリンピック、高校野球甲子園大会等、極端に言えば
身体を壊してでも勝つ事が美徳とされるのが

「チャンピオンシップスポーツ」です。


「レクリエーションスポーツ」は一般の人達が楽しんで行うスポーツ。

テニスを楽しむ、ゴルフを楽しむ、ハイキング等。
少しは勝敗にこだわったとしても、一般の人達が楽しみとして行うのが

「レクリエーションスポーツ」です。


「体育とスポーツの概念」について少しはご理解いただけたでしょうか。


なぜこんなお話をするかというと

私が取り組んでいる「健康づくりの為の運動」はどちらかというと「体育」の分野
に属するかもしれません。

ここでの「体育」を英語で表すなら「エクササイズ」や「トレーニング」というこ
とになるでしょうか。

何かを得るための訓練的なイメージですね。

大人になってからの「体育」は実は継続が難しいのです。
(訓練はいやですものね)


「健康づくりの為の運動」というとウォーキングや筋力トレーニングが代表的です。

もちろんウォーキングや筋力トレーニングが楽しくてずっと継続される方もいらっ
しゃいます。

多くの人達には、健康のため、減量のための、いわゆるトレーニングはやはり「体育」
になってしまい、「きつい、つまらない、飽きた」ってことで続かないのが現状のようです。

これは体育分野に属するトレーニングが悪いわけではありません。
健康の為に身体を鍛えることが大切なのは皆さんよく承知されています。

継続が難しいのは、その人の意思が弱いとか、プログラムがどうだとかということだけ
ではなく「トレーニング」が「体育」というもともと継続困難な分野に属しているのも
大きな理由です。

では、スポーツはどうでしょう。
(一般の人が関わるレクリエーションスポーツに関して)

明日はゴルフだ!と
普段はなかなか起きないお父さん達も早起きしていそいそ出かけますね。

ハイキングも、その行為自体はたくさん歩いて疲れるはずなのに景色をみたり、みんな
でお弁当を食べたりで楽しいですよね。

そうです!スポーツはウキウキしながら楽しめるのです。

身体活動がほとんどなくてもウキウキ楽しめるスポーツもあります。

例えば、ほとんど動きませんが「釣り」も立派なスポーツです。
(スポーツフィシイングという身体を使うものもありますが、ここではのんびり行う
釣りをさします)

釣れた時にはとっても幸せな気分になれますね。

幸せ気分になると「ベーターエンドルフィンやドーパミン」という脳内物質が出て
ストレス解消に非常に役立ちます。

自分の好きなスポーツを楽しむことは本当に身体にいいんです!


だったらスポーツだけしてればいいのでは・・・。

ちょっと待ってください(考えてみてください)。

一般の人が楽しむ釣りで足腰は鍛えられません。
テニスは膝や肘を痛めるかもしれません。
持久力がなければハイキングにも行けないかもしれません。

というように「スポーツ」だけでもダメなようです。

「スポーツ」を楽しむためにも「トレーニング(体育)」が必要なようですね。

活き活きとした生活を手に入れるには
「スポーツ」と「トレーニング(体育)」の両立を目指しましょう!

な~んて、そう簡単に言われても、ただでさえ忙しいのに、どちらか一方でも大変
なのにスポーツとトレーニングの両立なんて無理!

そんな声が聞こえてきそうですね。


大丈夫です!難しく考えないで下さい。


例えば、運動不足の人が、たまにボーリングをしたとしましょう。
それでけで立派にスポーツです!

又、身体を動かす、ボールを投げることで筋肉を使います。
運動不足の人にとっては十分トレーニングにもなっています。

ボーリングをすることで「スポーツ」と「トレーニング」の両立です。


そうなんです!考え方次第なのです!


もちろんボーリングだけでいいというわけではありません。
しかし、運動不足の人にとってはやはり有効な出来事です。

これをきっかけにもっとうまくなろうと、ボーリング場に通うかもしれません。
体力アップの為に筋トレを始めるかもしれません。

ボーリングを楽しんだことにより「スポーツ」と「トレーニング」の両立の
第一歩を踏み出したのです。


日々、健康維持の為にフィットネスクラブでトレーニングしている人はどうでしょう。
「トレーニング」はしっかりしているが「スポーツ」を楽しんでいない人の例です。

その人は最近、単調なトレーニングにちょっと飽きてきたとしましょう。
そんな時、知人から草サッカーに誘われました。

年齢55歳、学生時代はサッカー部だとはいえ周りは自分より皆若い人ばかり。
ところが、ゲームが始まってみると自分が一番走れるではありませんか!

「すごいですね~。若いですね~!」と賞賛されとても嬉しい一日でした。
なんてことがあるわけです!(^^)!

次の日から、日々のトレーニングがますます楽しくなることでしょう。

草サッカーというスポーツに参加したことにより日頃のトレーニングが報われた
と実感し、より楽しくトレーニングが継続できるようになるのです。

「スポーツ」と「トレーニング」の両立のとてもよい例ですね。

又、日々のトレーニングの中にスポーツの要素を取り入れる方法もあります。

週に5日のジョギングを続けている人を例にすると。

週に1日は、タイムトライアルをするとか、時計を見ずにどれだけ目標時間に
近いタイムで走れるか等のゲーム的要素を入れて走ります。

これにより「トレーニング」に「スポーツ」の要素も含ませるわけです。

決まりはありません。
自分でアレンジして「スポーツ」と「トレーニング」の両立を目指せばいいのです。



「スポーツは」→「気晴らし」→「楽しい」

「トレーニング(体育)」は→「訓練(教育)」→「つらい」

教科書的な概念からするとこうなるのかもしれません。


しかし、健康づくりの指導者として私の考えは

健康づくりの運動が「つらい」をイメージさせる「トレーニング(体育)」
であってほしくありません。

スポーツに「チャンピオンシップスポーツ」と「レクリエーションスポーツ」
があるように

トレーニング(体育)にも「レクリエーショントレーニング(体育)」
という概念を確立させてもいいはずです。


トレーニングとして身体能力も確実に向上させながら、楽しさと元気を感じるプログラム。

そんな運動指導プログラムが私のモットーです!


人生100年時代が現実になってきました!

「体育とスポーツ」が超高齢化社会の元気の源となれるよう私も頑張ります!(^^)!



「60歳超からの体力づくりパーソナルトレーニング」キャンセル待ち受付中!
http://www.sammysensei.com/personal.html



※ご意見、ご質問、お気軽にメールください。



■ご注意----------------------------------------------

運動や商品のご購入は自己責任において実施してください。

運動実施前は必ずメディカルチェックを受けましょう。

くれぐれも無理はしないように。

-------------------------------------------------------
発行者:運動指導研究家 サミー先生こと 大塚 聡
http://www.sammysensei.com/

一般社団法人日本生活体力推進協会
http://www.jlfa.or.jp/

サミー大塚パーソナルトレーニングスタジオ
http://www.sammystudio.com

「大塚聡 パーソナルトレーナー・運動指導者養成塾」
http://www.sammyjyuku.com/

「サミー大塚のフルマラソン完走プログラム」(完売いたしました)
http //www.infotop.jp/click.php?aid=111580&iid=36646

「からだづくり教室」会員募集中!
http://www.sammysensei.com/make_body.html

-----------------------------------------------------------

めざせ理想の身体!専門家からのあれこれアドバイス

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/05/20
部数 458部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

めざせ理想の身体!専門家からのあれこれアドバイス

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/05/20
部数 458部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年8月現在9200人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額1000億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

副業ペラサイト量産で月100万稼ぐ♪さぼてんのサイトアフィリ秘メルマガ☆
サイトアフィリエイトに役立つ情報を発信! 月100万を稼ぐアフィリエイターさぼてんがサイトアフィリを実践し、その状況を実況中継しながら、アフィリエイトに役立つ情報・テクニックをお伝えするメルマガ。 普通のサラリーマンとして働きながら、副業として1日2時間の作業で月100万を効率的に稼ぐ秘密とは? アフィリエイトに挑戦したい初心者の方からの質問メール大歓迎。 丁寧に回答します♪
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

システマティックな「ま、いっか」家事術
食べるのは大好きだけど、作るのは超苦手。棚拭きとアイロンがけが何より嫌い。 そんな家事オンチだった私がソレナリに家事をこなせるようになったワケ。 家事全体を見渡して、最小の手間で最大のリターンを得る、具体的なシステムをお知らせするメールマガジンです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング