幸せ成功力を高めて自己実現!~気づきと感動の心理学

【野口嘉則メルマガ】 人間関係の問題を解決するための根本的処方箋


カテゴリー: 2017年01月10日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【野口嘉則メールマガジン】
  ★ 人間関係の問題を解決するための根本的処方箋

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<2017/1/10>━

おはようございます、野口嘉則です。

昨日は「成人の日」でしたね。
新成人の皆さん、おめでとうございます!



さて、今回のメールマガジンでは、

人間関係の問題を解決するための
根本的処方箋

というお話をしたいと思います。



人の悩みの大半は
人間関係の問題がからんでいる、

と、よく言われますよね。



アドラー博士も、

「人の悩みはすべて
対人関係(人間関係)の悩みに行きつく」

と言っています。



実際、僕たちは、
家族や周囲の人との人間関係が
うまくいっていないとき、

悩んだり、
落ち込んだり、
イライラしたりしますね。



逆に、僕たちは、

家族や周囲の人と
良好な関係を築けているとき、

心が満たされ、
幸せな気持ちになります。



では、
他者と良好な関係を築いていくためには、
何が大切なのでしょうか?

何がカギを握っているのでしょうか?



結論から言いますと、

そのカギを握っているのは、
自分自身との関係です。



つまり、
他者と良好な関係を築いていくためには、

まず、自分自身と
良好な関係を築く必要があるのです。



自分自身と良好な関係を築くというのは、

「ありのままの自分を
受け入れることができるようになる」

ということです。

これを「自己受容」ともいいます。



人は、
自分のことを受容できる度合いに比例して、
他者のことを受容できるようになります。



つまり、人は、
自分を受容することができるようになるほど、
他者を受容することができるようになるので、

他者との間に幸せな人間関係を
無理なく築いていけるようになるのです。



では、
自分を受容するとはどういうことかといいますと、

これは、
「自分が感じていること」を受容するということ、
つまり、自分の感情を受容するということです。

これが「自己受容」です。



これができるようになるほど、僕たちは、
「他者が感じていること」をも
受容することができるようになります。

たとえば、
「あなたは今、悲しいんだね」
「あなたは今、傷ついているのですね」
「あなたは今、不安なのね」

といった具合に、
他者が感じていることを受容することが
できるようになるわけです。



そして、そうなると、
他者と豊かな情緒的交流をすることができる
ようになるので、

結果として、
他者と良好な人間関係を築いていけるのです。



ここで、自己受容のメカニズムについて、
もう少し突っ込んでお話ししますね。



僕たちの中には、
「見つめる自分」と「見つめられる自分」がいます。

そして、自己受容とは、
この「見つめる自分」と「見つめられる自分」が
とてもいい関係になっている状態なのです。



たとえば、
「悲しんでいる自分」(=見つめられる自分)
のことを、

「見つめる自分」が、
「悲しいんだね。悲しいよね」といったかんじで
受容的なスタンスで見つめることができれば、

これは「自己受容」ができている状態といえます。



他にも、

不安を感じている自分
自信を失っている自分
落ち込んでいる自分

など、
ネガティブな状態になっている自分のことを、

「見つめる自分」が
受容的に見つめるようになったら、

僕たちの人生、
とても心強いですよね。



これはつまり、

自分がどんな状態になっても、

常に自分のことを受け入れ、
常に自分の味方になってくれる人が、
この世界に一人存在していて(=「見つめる自分」のこと)、

365日、24時間、
いつも自分と一緒にいてくれるということですから、

こんなに心強いことはありませんね。



それができている状態が「自己受容」です。



逆に、

「見つめる自分」が、

上記のようなネガティブな状態の自分のことを、

「こんな自分は、なさけない」
「こんな自分は、ダメだなぁ」
「こんな自分は、かっこ悪い」

などと批判的に見つめてしまうとしたら、

僕たちは、
なんとも心細くなってしまいますね。

最も味方になってほしい人(=「見つめる自分」)から
批判的に見られてしまうわけですからね(^^;



さて、
ここまでの話でおわかりだと思いますが、

自己受容のカギを握っているのは
「見つめる自分」です。



「見つめる自分」のことを
「インナーペアレント(内なる親)」とも言いますが、

この「インナーペアレント」を育んでいくことが、
自己受容を深めることになるのです。



僕たちは、自らの心の中に、
受容的な「インナーペアレント(見つめる自分)」
を育んでいくことによって、

自己受容を深めることができるのです。



ここで、
インナーペアレントがどのように形成されているか、
についてお話をしたいと思います。



多くの場合、
僕たちの中のインナーペアレントは、

自分の親の「ものの見方」を取り込んで
形成されています。



たとえば、親が、
テレビのニュース番組などを見ながら、
いつも手厳しく人の批判をしたり、

あるいは、
自分の子どもの学校の成績に対して、
厳しい評価基準で評価を下したりしていると、

その子どもは、
親の批判的な視点(厳しい視点)を取り込んで、
自らのインナーペアレントを形成するので、

その子の中の「インナーペアレント(見つめる自分)」は、
批判的な視点で厳しく自分を見つめるようになって
しまいがちです。



あるいは、親が、
ものごとを悲観的に考えるタイプだと、

その子どもは、
親の悲観的な視点を取り込んで、
自らのインナーペアレントを形成するので、

その子の中のインナーペアレントは、
悲観的な視点で自分を見つめるようになってしまいがちです。



あるいは、親が、
終わったこと(過去のこと)をくよくよと後悔するタイプだと、

その子どもは、
親の「過去志向」の視点を取り込んで、
自らのインナーペアレントを形成するので、

その子の中のインナーペアレントは、
自分の過去の行動や態度に対して焦点を当てるように
なりがちです。



そして、これらの例のように、

インナーペアレント(見つめる自分)が

批判的だったり、
悲観的だったり、
過去志向だったりすると、

ありのままの自分を受け入れることができないので、
なかなか自己受容が進みません。



そこで、
受容的なインナーペアレントを育んでいくことが、
大切になってきます。



オススメのやり方としては、

生活する中で、自分の感情に気づくたびに、
自分に受容的な言葉をささやきかける、

という方法があります。



たとえば、
自分の中の悲しさに気づいたときは、

「悲しいんだね」 とか、
「悲しんでいいんだよ」 とか、

そういった受容的な言葉を
自分にささやきかけます。



他にも、
不安や孤独感、落ち込み、焦りなど、
自分の感情に気づくたびに、

受容的な言葉を
自分にささやきかけるのです。



これを日々、繰り返していくと、

自分の中に、
受容的なインナーペアレントが
育まれていきます。

よかったら、ぜひ、
習慣にしてみてください。



ただ、人によっては、

自分のインナーペアレントの

批判的だったり、
悲観的だったり、
過去志向だったりする傾向があまりに強くて、
受容的なインナーペアレントを育むのが難しい、

といったケースもあると思います。



たとえば、

自分に受容的な言葉をささやきかけようとしても、
すぐに批判的なインナーペアレントが出てきて、
自分を批判する、

とか。



こういったケースでは、

自分の親の「ものの見方」や「性格」から
受けた影響をゆるめる必要があり、

そのためには、

親との関係を見つめ直し、
それを心理的に整理したり、
心理的に再構築する必要があります。



その方法については、
僕の新刊『完全版 鏡の法則』の中の解説編で
詳しく述べておりますので、

ご関心のある方は、
読んでみてください。
⇒ http://amzn.to/2j7z9jA



最後はしっかり、
新刊の宣伝もさせていただきましたが(^^;、

今回の記事がお役に立つとうれしいです。

よかったらぜひ、
自分に受容的な言葉をささやきかけることも
やってみてくださいね。



最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

──────────────────────
★このメルマガは転送自由です。
このメルマガの内容が役に立ちそうな方や、
喜んでくれそうな方に、
どうぞ転送してあげてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行者 : 野口 嘉則
■発行システム : 「まぐまぐ」 http://www.mag2.com/
■メルマガの登録と解除 :  http://www.mag2.com/m/0000177504.html
Copyright(C) 2016 Yoshinori Noguchi All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

幸せ成功力を高めて自己実現!~気づきと感動の心理学

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/10/13
部数 20,127部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

幸せ成功力を高めて自己実現!~気づきと感動の心理学

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/10/13
部数 20,127部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

超一流の年収を稼ぐスーパービジネスマンになる方法
全国700社以上の顧客を持つ経営コンサルタントで累計15万部のビジネス書作家の吉江勝が定価20万円で販売した集客が今の10倍楽になるセミナー動画を期間限定無料プレゼン中【※詳細は著者サイトへ】 【創刊17年まぐまぐオススメの殿堂入りメルマガ】借金まみれだった会社員が全米フォーチュン500や東証一部上場企業を指導する人気コンサルに転身できた方法を公開 【こんな方にオススメ】起業したい、出版したい、会員制ビジネスで安定的な収入を稼ぎたい、コンサル、コーチ、カウンセラー、セミナー講師等で活躍したい、マーケティングと潜在意識を身につけて儲けの仕組みをマスターしたい方に役立つ情報を連日配信
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2017年に7000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億2000万円に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者8000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング