「CSAJ」めるまが

【CSAJめるまが】2018年1月15日号!


カテゴリー: 2018年01月15日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2018年1月15日号━━━━
 発行:一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)
    http://www.csaj.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?最近、ヨーロッパで古くか
ら使われているクレイ(採掘された粘土)の存在を知りました。中でも「レッ
ドクレイ」は鉄分が豊富で血流を良くする作用が高ので、足や手の冷えた部分
に塗ったり足湯などに入れると血行を促し、温め効果をアップさせてくれるそ
うです。一度試してみてはいかがでしょうか?
───────────────────────────────────
メールマガジン「CSAJめるまが」1月15日号
----------------------------------------------------------------------
目次
----------------------------------------------------------------------
【01】(1/18開催)Deep Learningのデメリット
  ------------------------------------------------------------------
【02】(2/8開催)126回アライアンスビジネス交流会
  ------------------------------------------------------------------
【03】「U-22プログラミング・コンテスト」スポンサー募集中
  ------------------------------------------------------------------
【04】締切り迫る!
   スタートアップ支援2017年度第2次エントリー受付は1/31まで!! 
  ------------------------------------------------------------------
【05】CSAJ入会案内&準会員制度について
  ------------------------------------------------------------------
【06】コラム「専務のツブヤキ」笹岡 賢二郎(CSAJ専務理事)
   ~年頭所感~
----------------------------------------------------------------------
───────────────────────────────────
【01】(1/18開催)Deep Learningのデメリット
   http://www.csaj.jp/NEWS/committee/ai/180118.html
───────────────────────────────────
 人工知能(AI)技術研究会では、人工知能に関する技術や最新動向について
調査研究を行い、広く情報配信を行っております。今回は、マーケティング領
域における人工知能の開発に携わられている株式会社ロックオンの松本健太郎
氏を招聘し、ディープラーニングのデメリットを明らかにしつつ、人工知能開
発の現在と未来を解説していただくためのセミナーを企画しました。
 是非とも、皆様に参加いただきたくご案内申し上げます。ご興味のある方を
お誘い合わせの上、お申し込み下さい。

■日 時 平成30年1月18日(木) 15:00~16:30(受付14:30~)

■会 場 CSAJ会議室3階(TEL:03-3560-8440)
     東京都港区赤坂1-3-6 赤坂グレースビル3F
     http://www.csaj.jp/profile/csaj_map.html

■対 象 CSAJ会員、会員外企業

■参加費 CSAJ会員企業:無料、会員外企業:@2,000円

■定 員 50名(申込先着順)※定員になり次第、締め切ります。

■プログラム
〇15:00~15:05 開会挨拶
〇16:00~16:15 質疑応答

〇15:05~16:30
『第3次人工知能ブームの終焉、第4次人工知能ブームの兆し』
  ~ディープラーニングのデメリットを理解する~
講師:松本 健太郎 氏(株式会社ロックオン)
 ディープラーニングを核とするブレイクスルーは、第3次人工知能ブームを
呼び起こし、新たな市場を生んだだけでなく、既存の産業へ強い波及効果を及
ぼしました。一方で、何をもって人工知能と呼べばいいのかの定義は曖昧で、
猫も杓子も人工知能と言っているような現状です。
 本講演では、ディープラーニングに対する過大な評価、期待の熱を冷ますた
めに、あえてディープラーニングのデメリットに目を向け、「2018年時点で何
ができないか」をお話します。そのうえでデメリットを解消する第4次人工知
能ブームでは何が注目を集めるかを解説します。

※プログラムは、進行状況により変更される場合がございますので、
あらかじめご了承ください。

■連絡先
 一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)
 事務局 鈴木 E-mail:gyoumu1@csaj.jp
 TEL:03-3560-8440 FAX:03-3560-8441


───────────────────────────────────
【02】(2/8開催)第126回アライアンスビジネス交流会   
   http://www.csaj.jp/NEWS/activity/ab/180208.html 
───────────────────────────────────
 IT企業間で互いのビジネスパートナーを探索していただくためのビジネスマ
ッチングの場を提供する「アライアンスビジネス交流会」を下記のとおり開催
します。企業4社のプレゼンテーションと交流(名刺交換や商談)を行います
ので、販路拡大・技術力強化・資本増強等をお考えの企業の皆様には、ぜひと
もご活用いただきたくご案内申し上げます。

■日 時 平成30年 2月 8日(木)14:00~18:00 (受付開始13:30~)

■会 場
 山王健保会館2F会議室
 住所:東京都港区赤坂2-5-6  TEL:03-5570-1803

■対 象 CSAJ会員、一般

■参加費 
 CSAJ会員:2,000円/1名、一般:3,000円/1名(資料代・懇親会費含む)

■定 員 60名(申込先着順)

■プログラム

13:30~ 受付開始

14:05~14:55 進行説明・挨拶

14:05~14:55
〔特別講演〕
講演タイトル1:函館の魅力と産学官金連携,AI・IoTの取り組み
講 演 者 1:函館市経済部長 谷口 諭 氏
講演概要1 :観光都市「函館」の魅力と活発に行われている産学官金連携や、
       AI等の先端技術に関するポテンシャル、動向を紹介します。

講演タイトル2:国内の人工知能のメッカ「はこだて未来大」
講 演 者 2:公立はこだて未来大学 教授 鈴木 恵二 氏 (未来AI研究
        センター 副センター長)
講演概要2 :情報系単科大学として即戦力となる幅広いIT技術者を輩出す
       る「はこだて未来大学」。その大学内に設立したAIの研究拠
       点「未来AI研究センター」や未来大発ベンチャー等の取り組み
       を紹介します。

講演タイトル3:函館にIT開発拠点を設立して3年、これまで取り組んできた
        こと。
講 演 者 3:株式会社ビックボイス 代表取締役 佐々木 治郎 氏
        (函館市ものづくり産業アンバサダー)
講演概要3 :函館市でIT事業を推進するバリュー、得たもの、函館のシステ
       ムエンジニアの生活、会社の成長と経験、モノづくり系(航空
       宇宙)企業との連携の可能性などをお話します。

14:55~15:05 休憩

15:05~16:50 プレゼンテーション

〔プレゼンテーション1〕
株式会社高速屋 

希望提携:販売提携
製品分類:製造業向け予測分析
製 品 名:IBM SPSS Modeler(アイ・ビー・エムエスピーエスエスモデラー)
テ ー マ:大量データへの前処理をストレス無く実行! 製造業向け分析・予
     測ソリューション
プレゼン概要(PDF):
 http://www.csaj.jp/documents/NEWS/activity/ab/2018/180208/01_Kosokuya.pdf

〔プレゼンテーション2〕
パルスセキュアジャパン株式会社

希望提携:販売提携、技術提携
製品分類:ITセキュリティ
製 品 名:セキュアアクセス・ソリューション
テ ー マ:ワークスタイル変革を支えるITセキュリティ
プレゼン概要(PDF):
 http://www.csaj.jp/documents/NEWS/activity/ab/2018/180208/02_Pulsesecure.pdf

〔プレゼンテーション3〕
クオリティソフト株式会社

希望提携:販売提携
製品分類:IT資産管理、エンドポイントセキュリティ対策、クラウドサービス
製 品 名:「ISM CloudOne」と関連サービス
テ ー マ:働き方改革を支援するIT資産管理+セキュリティ対策ソリューショ
     ンをご紹介

プレゼン概要(PDF):
 http://www.csaj.jp/documents/NEWS/activity/ab/2018/180208/03_Qualitysoft.pdf

〔プレゼンテーション4〕
SATORI株式会社 

希望提携:販売提携、技術提携、資本提携
製品分類:クラウド型のマーケティングソフトウェア
製 品 名:マーケティングオートメーションツール 「SATORI」
テ ー マ:販売/開発/導入・アライアンスによる新規案件創出のご提案
     ~2018年度500案件創出の具体的な計画案について~
プレゼン概要(PDF)
 http://www.csaj.jp/documents/NEWS/activity/ab/2018/180208/04_SATORI.pdf

16:50~17:00 休憩

17:00~18:00 懇親会(交流/商談) 

■お問合わせ先
 一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)
 事務局 戸島、澤口 TEL:03-3560-8440 ab@csaj.jp


───────────────────────────────────
【03】「U-22プログラミング・コンテスト」スポンサー募集中
   http://www.csaj.jp/NEWS/activity/u22/2018_sponsors.html
───────────────────────────────────
  38年の歴史を持つプログラミングコンテストを主催するU-22プログラミング・
コンテスト実行委員会は、来年度も「U-22プログラミング・コンテスト2018」
として開催することを決定しました。
 お陰様をもちまして、2017年のコンテストでは、小学生から大学生まで幅広
い年齢層から、過去最多となる334件の応募(参加者総数1,236名/昨年対比
1.6倍)があり、10月に秋葉原コンベンションホールで開催された最終審査会
で、16作品が経済産業大臣賞をはじめとした各賞を受賞し、成功裏に終了いた
しました。
 このたび来年度の開催決定をお知らせすると共に、協賛スポンサー企業の募
集も開始しました(募集締切:2018年1月末)。協賛スポンサー企業には、ラ
ンクに応じて実行委員会・審査委員会・懇親会へ参加できる権利など多数の特
典があります。
 
◆U-22プログラミング・コンテストとは

 若い人材の発掘と育成を目的に22歳以下の若者を対象にしたプログラミング・
コンテストで、主催「U-22プログラミング・コンテスト実行委員会」とし、一
般社団法人コンピュータソフトウェア協会(会長:荻原紀男 株式会社豆蔵ホ
ールディングス代表取締役社長)が運営事務局となって実施しています。

▼U-22プログラミング・コンテスト2017公式Webサイト
 2018年度版公開は2018年4月頃予定
 http://www.u22procon.com/

▼スポンサーの詳細はこちら
 http://www.csaj.jp/NEWS/activity/u22/2018_sponsors.html

■お問い合わせ先
 一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)
 U-22プログラミング・コンテスト運営事務局 若生(わこう)
 TEL:03-6435-5991 E-mail:U22-info@csaj.jp


───────────────────────────────────
【04】締切り迫る!
   スタートアップ支援2017年度第2次エントリー受付は1/31まで!! 
   http://www.csaj.jp/NEWS/activity/startup/20171002.html
───────────────────────────────────
 一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(東京都港区赤坂、会長:荻原
紀男、以下「CSAJ」)は、10月1日、「CSAJスタートアップ支援事業」におい
て、スタートアップ企業に対する2017年度第2次エントリー受付を開始いたし
ました。

■CSAJスタートアップ支援事業について
 「CSAJスタートアップ支援事業」は、国内ソフトウェア業界において成功し
た起業家・創業者が所属するCSAJの強みを活かし、シリコンバレーのような
「起業家が起業家を育てる」好循環を日本に創り出すとともに、世界を変える
革新的なソフトウェアを生み出すことを目的に、2015年6月に開始した事業で
す。
 本事業では、エントリーされたスタートアップ企業について投資委員会にて
厳正な審査の上、支援先企業を選定します。こうして選定されたスタートアッ
プ企業は、起業経験を持つ現役経営者等による経営指導、メンタリング、教育・
訓練等の支援を受けた後、ベンチャーキャピタル等を招待する最終発表会
「Demo Day」にて自社の製品・サービスをアピールすることができます。

■2017年度第2次募集を開始しました
 2015年のスタートから2016年度2次募集までに41社、2017年度1次募集では10
社の応募があり、投資委員会において今後の成長が見込まれる18社を選定、各
種の支援プログラムを提供しております。

 CSAJスタートアップ支援事業では、引き続き以下のスケジュールでエントリ
ーを受付け、次代を担うスタートアップ企業を選定・支援してまいります。

〇二次募集 2017年10月1日~2018年1月31日

▼スタートアップ企業のエントリーはこちらから。
http://www.csaj.jp/activity/project/startup/entry.html

▼CSAJスタートアップ公式サイト
http://www.csajstartup.com/

▼CSAJ公式サイト(スタートアップ支援事業紹介ページ)
http://www.csaj.jp/activity/project/startup/index.html

■お問合わせ先
 一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)
 事務局 井上、中野 TEL:03-6435-5702  E-mail:startup-info@csaj.jp


───────────────────────────────────
【05】CSAJ入会案内&準会員制度について
   http://www.csaj.jp/nyukai/index.html
───────────────────────────────────
 CSAJは、コンピュータソフトウェア開発/流通/インターネット/ネットワ
ーク/通信ビジネス/サポートサービス等のIT関連企業、団体の方々にご参加
いただいております。

 ▼CSAJ協会案内
  http://www.csaj.jp/documents/about/csaj/csaj_profile_2017.pdf

 ▼入会資格、手続き、会費などはこちら
  http://www.csaj.jp/nyukai/index.html
 
 また、CSAJでは、ベンチャー企業支援の一環として、
 ・年間売上高1億円未満
 ・従業員20人未満の企業
  上記いずれかに該当する企業を対象に、最長1年間、会費無料で
  会員相当のサービスを提供する「準会員制度」を設けております。

 多くのベンチャー企業が準会員としてCSAJに参加し、様々な活動や交流を通
じてビジネスを活性化させ、新たに正会員として引き続き参加いただいており
ます。

 ▼準会員制度の詳細・資料請求はこちらから
  http://www.csaj.jp/nyukai/sinjunkaiin.html


───────────────────────────────────
【06】コラム「専務のツブヤキ」笹岡 賢二郎(CSAJ専務理事)
   ~年頭所感~
   http://www.csaj.jp/NEWS/activity/column/murmur/180115.html
───────────────────────────────────
 新年あけましておめでとうございます。皆様には、平素より協会の事業・活
動に対し格段のご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。
 昨年は、政治的には我が国周辺は北朝鮮によるICBMの発射、水爆実験など軍
事的挑発が頻発し、地政学リスクが強く意識される一方、10月の衆議院選挙で
与党が3分の2以上の議席を確保し、安倍政権はますます基盤を盤石なものとし、 
今年は憲法改正に邁進することでしょう。
 経済的には、年明け早々、株価が2日間で千円近く急騰し、世耕経済産業大
臣もJEITA及びJEMAの賀詞交換会の挨拶でまず株価に言及されました。経済界
のトップの方々も経済3団体の新年会で国内企業の業績の好調さを背景に、ま
た、相場の格言の「戌(いぬ)笑う」かもしれませんが、一様に今年の株価を
2万5~7千円程度と上昇を予想していました。ただ、個人的には、日本の株価
は国内企業の業績よりも、(トランプ政権の政策次第の)米国の株価と北朝鮮
の地政学リスクとの連動の方が強いと思いますので、意外とボラリティ(変動
率)が高まるのではないでしょうか。
 地政学的リスク、つまり北朝鮮が事実上核兵器国になってしまったのはある
意味米国の失策なのですから、サッサと北朝鮮と平和条約(さもなければ何ら
かの手段による指導者の排除か?)を結んで根本的な解決をしてほしいもので
す。そうすれば拉致問題も展望が開けるのでは?と思うのですが・・・、あれ
ほど大量破壊兵器を持っていないと主張していたイラクを米国はなんだかんだ
言いがかりをつけて攻撃した挙句に結局大量破壊兵器がなかったわけですから、
それを見て北朝鮮はイラクの二の舞になりたくないと核武装に走ったのではな
いでしょうか? 従って、北朝鮮から仕掛ける武力衝突は(偶発的要因がない
限り)ほぼ無いとみていますが、両指導者の性格的要因もあって 米朝間で過
激な言葉は飛び交いそうですので、(特に平昌オリンピック以降)相場が右往
左往する可能性は高いと思う次第です。
 昨年、CSAJも政策委員会の下に税制改正WGや中小企業IT活用支援WGを設置し
て政府に各種助言等を行ってまいりましたが、その成果が実り、来年度からCI
税制(平成32年までの3年間)が創設されるとともに、IT導入補助金(平成29
年度補正予算:500億円)が年明けの国会冒頭で成立する見込みです。現在は、
あらゆる機械設備・器具備品(T:Things)のIT化が進み、それらがネットワ
ークを通じて制御及びテータ連携されるIoTの時代です。そのため、CI税制は
IoT税制とも言え、幅広く機械設備等が特別償却・税額控除(3~5%)の対
象として認められる見通しですので、IT業界のみならず製造業全般にも喜ばれ
るものとなりました。また、器具備品も認められるということはセンサーも含
まれますので、IoT関連の会員が多く含まれるCSAJへの裨益も大きいと期待さ
れます。IT導入補助金は、昨年100億円で事業規模150億円(2/3補助)でした
が、今年は事業規模1000億円(1/2補助金)と一挙に7倍程度に拡充されます。
今年1000億円市場が新たに創出されたわけですが、この補助金はある意味CSAJ
とJCSSAのための補助金と言っても過言ではありませんので、中小企業庁様と
連携して、しっかりと適正に活用しなければいけないと考えております。その
一環で、補助金の対象となるITツール・ベンダーの「見える化」にも真摯に取
り組み 、中小企業のIT導入を通じた生産性向上及び安心安全なIT社会の実現
に貢献していきたいと考えています。
 昨年に引き続き、今年もIT業界、CSAJには追い風が吹いているようです。
今年も会員各社にとって良い年になることを確信している次第です。

 ▼コラム
 http://www.csaj.jp/NEWS/activity/column/murmur/180115.html

 ▼バックナンバー
  http://www.csaj.jp/activity/column/index.html


───────────────────────────────────
 ●CSAJ WebサイトURL
  CSAJの情報発信窓口です。
  http://www.csaj.jp/

 ●CSAJ Webサイトのリンクについて
  当協会Webサイトは基本的にリンクフリーです。リンクされる場合には
  必ずトップページよりお願いします。リンクにあたり事前の承認は必要
  ありませんが、リンクした旨のご連絡をいただけますと幸いです。
  http://www.csaj.jp/profile/csajlink.html

 ●CSAJ事務局
  一般社団法人コンピュータソフトウェア協会
  〒107-0052 東京都港区赤坂1-3-6 赤坂グレースビル4F(受付)
                           3F(会議室)
  地図 http://www.csaj.jp/access/index.html
  代表 TEL.03-3560-8440 FAX.03-3560-8441
  Pマーク審査室 TEL.03-3560-8444 FAX.03-3560-8445
  PSQ認証室   TEL.03-3560-8452
───────────────────────────────────

「CSAJ」めるまが

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/01/15
部数 637部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

「CSAJ」めるまが

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/01/15
部数 637部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ゼロから始める不動産投
はじめまして、椙田拓也です。このメルマガでは、ゼロから不動産投資を始めるための具体的な手法を解説しています。 ◎ゼロから始めて4年で14棟102室を購入した方法を大公開! ◎書籍『空室率70%でもキャッシュが回る非常識な不動産投資術』(ごま書房新社)になった方法を大公開! ◎メルマガ読者特典として、椙田が運営する不動産投資会社で無料個別面談を実施中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
経営コンサルタントが実践から得た経験や知恵を基に、経営に役立つ「本日の経営者への一言」と、実際にあった話を基に実名を出さずに「実話風読物(カードローン取立との戦い等)」に仕立てた読物との2部構成で綴られたメルマガです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング