左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii 第511号「左利きで生きる方法(33)左利きライフ(8)」


カテゴリー: 2018年02月03日
今日は2月3日、節分ですね。

節分と言えば、豆まき。

豆まきは、どちらの手でしますか。

私はやっぱり左手ですね。


ちなみに、
今年の恵方は、南南東。

あなたの地方では、
巻きずしを丸かじりする習慣はございますか?

最近は、スーパーやお寿司屋さんの商法として、
全国的に定着してしまったようですね。


まあ、一年の催しものの一つとして、
楽しめばいいのかもしれません。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ※『週刊ヒッキイ』は、2014年7月より
  月二回(第一・第三土曜日)の発行に変更しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆◇◆ 左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii ◆◇◆◇◆ 
【左利きを考えるレフティやすおの左組通信】メールマガジン
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><
 右利きにも左利きにも優しい左右共存共生社会の実現をめざして 
  左利きおよび利き手についていっしょに考えてゆきましょう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 第511号(No.511) 2018/2/3
「左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ ―その22―
 左利きで心地よく生きるための方法(33)
 左利きってなんだ(その21)  快適左利きライフ入門(8)」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------------------ 
  ▲左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ▲ ..第一土曜日掲載
 ―その22―  左利きで心地よく生きるための方法(33)
 左利きってなんだ(その21)  快適左利きライフ入門(8)
------------------------------------------------------------ 

 左利きライフについて考えるコーナーの8回目です。

 〈強度〉の左利きの人(要するに私自身ですが)
  の生活を覗き見しながら、
 快適な左利きライフの方法を考えてみよう、と試みです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ ―その22― 

  左利きで心地よく生きるための方法(33)

  左利きってなんだ(その21) 快適左利きライフ入門(8)

  ◆ 環境を整えよう! ◆

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 ●ちっちゃなトゲほど痛いもの……

 《人間の幸福というのは、たまたま起こるすばらしい幸運か
  らでなく、毎日の生活の中での些細な出来事から生まれる
  ものである》

   『フランクリン自伝』鶴見俊輔訳 旺文社文庫 1967
http://www.amazon.co.jp/dp/B000JA3NP0/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22

『フランクリン自伝(新装版)』鶴見俊輔/翻訳・解説 土曜社 2015/7/22
http://www.amazon.co.jp/dp/4907511132/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22


毎回のように、この言葉を引用しています。

これには当然理由があります。

左利きの場合、どうしても様々な場面で不便なこと、
不都合なこと、気になることが発生します。

一つ一つはさほど大きな問題でないことも多いのです。

しかし、小さな問題だからこそ、
心に刺さるのです。

ちっちゃなトゲほど、痛いものです。
靴に入った小石も、小さいほど歩くたびに気にかかるものです。

日々起きる些細な出来事にこそ、
全神経を注いでクリアしていかなければいけないのです。



 ●道具

左利きの人にふさわしい環境を整えることを考えましょう。


まずは、道具から――

(A)パーソナル使用の道具は、非基本的に左手用・左利き用を。

(B)非左利きの人たちと共有する道具は、
  左右共用できるものは、共用品を。

  共用品がない左右非対称のものは、両方用意する。


左用がない場合、右用を左使いすることになります。

この場合、左利き以外の人は
左利きの人の不便さを理解するように努める。

しっかり観察していただければ、
それなりに不便さは見えてくるでしょう。

みんなが不便さを共有すれば、
いずれ社会的にも変化が生まれるものと思います。

この辺は常識の線ですね。



 ●機械類

次に、機械類――

これは、まずものがあるかどうか、という問題があります。

機械があれば、上の道具類と同じです。
ない場合も、基本は同じです。


ただ、金額の問題になるケースもあります。
お金を出せば、
何かしら見つかるというようなケースも時にはあるでしょう。

このとき、その負担に耐えられるかどうか。


たとえば冷蔵庫などは、扉の開きが問題点です。

右利きの人は、右手で開けたい。
左利きの人は、つい左手が出る。


もちろん、横開きのレンジのように、
左手で開ける構造になっているものもあります。

これは、「左利きの人のため」ではなく、
右利きの人が、物を出し入れする時に右手でできるように、
左手で扉をあけ、右手に持った皿や何かを入れたり、
右手で中のものを取り出したりするために、
この構造になっているのです。

扉を開けるのは、さほど難しいわけではありません。
しかし中にものが入った状態で皿や容器を出し入れするのは、
難しいことがあります。


左開きの扉
| |
└―┘ 
 \⇔右手で出し入れする
 ↓
 左手で開け


両手を使う場合もありますが、小物は片手で操作するでしょう。

その時は右利きの人は、右手を使うことが多いでしょう。

そのための利き手だといっても過言ではないのですから。


冷蔵庫の場合は、置く場所によって、
扉の開きの異なるものが用意されている場合があります。

どうしても左端にしか置けない場合、
右開きだと出し入れが難しくなります。

そういう場合は、左開きのものを選ぶことができます。


┏━━━壁┏━━━壁
┃|冷| ┃|冷|
┃└―┘ ┃└―┘ 左に壁があっても
┃ /  ┃ \ ←左開きは出し入れしやすい
壁    壁
 ↑右開きは出し入れが難しい



もっといいのは、
シャープの「どっちもドア」というタイプの冷蔵庫です。

左右どちら側からでも開けられる、という優れ物です。

両方からいっぺんに開けようとすると、
扉が落っこちるそうですが、
まあ、そういう事態はまれでしょう。


最近の大型のものでは、両開きタイプもあります。
これも、問題なく使えそうです。



 ●設備と動線

家庭で言いますと、たとえばキッチンなどの配置は、
流しが左端にあり、真ん中に作業スペースがあり、
右側にコンロがある、という並びが多いようです。


━━━━━━━━━━━━━━━━壁
|流し|作業スペース|コンロ|
└――┘――――――└―――┘
  →  →  →  → 左から右へ移動する動線


この並びが右利きの人の作業に向いている、
ということでしょう。

真ん中の作業スペースで、まな板の上で野菜を切るとします。

左手で切りくずを、左側の流しにおいたくず入れに捨てる。
右手で切ると、右側に切った身があるので、
これを右側のコンロの鍋に入れる……といった手順でしょうか。

こういう動線が右利きの人に合わせたものと言えるでしょう。


左利きの人の場合は、
やはり基本的に右利きの人の場合と逆になります。

とはいえ、既存の設備はそう簡単には変えられません。

また変えたくても、左利きの人が少数派である場合も、
簡単にどうこうできません。



 ●左利きの人の視点

結局、大切なことは、
右側の視点と左側の視点を持つ、ということです。


物事の多くが右利きの人の視点――
右側の視点に立って作られている、という事実を心に刻み、

常に右左の違いを認識し、その差が出ないように心がける、
ということでしょう。


右利きの人は、どうしても日常の生活では、
ついついこの左利きの人の視点を忘れてしまいがちです。

左利きの人でも気付かないケースもあるのです。


↓の本を読んでいると、
 時々そうだったんだ、と気付かされる時があります。

渡瀬けん『左利きの人々 悲しくも笑える』中経出版 中経の文庫
http://www.amazon.co.jp/dp/480613256X/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22


これは左利きの私でもそうなのですから、
右利きの人は余計に気を配らなければ難しいか、と思います。

常に「意識する」、これしかないでしょうね。



 ●乗り越えられない壁はない!

とはいえ、人間は慣れるものです。
必要以上にこだわりすぎないのが、肝心です。

あまりまわりのものがピリピリしすぎると、
当人も神経質になり、マイナスです。


悩んでも、
実際、変えられる部分と変えられない部分があります。

そういう時は、どうすればいいのでしょうか?


多少の不便があっても、
時にはドーンと太っ腹に構えて
見て見ぬふりをすることも必要かもしれません。

どうにもならないことを
あれこれ悩んでみても致し方ありません。

ストレスがたまって病気になるのが落ちです。


それなら、逆に受けて立つ!

「乗り越えられない壁はない」

「神は乗り越えられない試練は与えない」

といいます。


昔の人はみな、それなりに乗り越えてきたわけです。
私たちにもできないはずはありません。


まあ、実際どこまで我慢してもいいのか、
どこからは怒りを発する必要があるのか、

どこまで改善できるのか、
どこからはできないのか、

どれだけの費用をかければできるのか、
できないのか、

この辺の加減を判断するのは難しいものですけれど……。



------------------------------------------------------------
 ◆更新情報◆ (●印:左利き関連記事)
 ~『レフティやすおのお茶でっせ』~
●2018.2.1 
右用と左用の違い(18)カメラ3(最終回)
-左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第510号
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2018/02/183--hikkii510-.html
http://blog.goo.ne.jp/lefty-yasuo/e/022d1053b62454d398a3de097723d0fa
http://lefty-yasuo.blog.jp/archives/6864565.html

 ~『左利きライフ研究家レフティやすおの左組通信ブログ』~
http://lefty-yasuo.blog.jp/
●2018年1月24日
左利き宣言:「私にも夢がある」
/左利き宣言―レフティやすおの左利き私論1-(3)
http://lefty-yasuo.blog.jp/archives/6613503.html
●2018年01月23日16:00 
私の望み/左利き宣言―レフティやすおの左利き私論1-(2)
http://lefty-yasuo.blog.jp/archives/6612998.html
●2018年01月22日16:20
左利きのやっちゃんです
/左利き宣言―レフティやすおの左利き私論1-(1)
http://lefty-yasuo.blog.jp/archives/6612642.html

 ~『レフティやすおの作文工房』~
2018.1.31 
私の読書論102-私の年間ベスト2017(後編)フィクション系
 ―第216号「レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-123474814427.html
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2018/01/102-2017-10a7.html
*ココログ『レフティやすおのお茶でっせ』にも転載しています。
〈メルマガ「楽しい読書」〉:カテゴリ
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/cat22804639/index.html

 ~レフティやすお @lefty_yasuo ~ (Twitter)
https://twitter.com/lefty_yasuo
------------------------------------------------------------
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ●《響きと怒り》「週刊ヒッキイ」読者のお便り
  ↓(あなたのご意見ご感想をお寄せください)↓
  http://form.mag2.com/pochevouph
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ━読者のお便り募集中!━ 読者のお声が聞きたい私です。
 ━お友達にも紹介してね!━ 新しい読者を求める私です。
 ━<左利きムーヴメント>宣言!━ 仲間が欲しい私です。
------------------------------------------------------------
左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii/発行:レフティやすお
 発行『まぐまぐ!』http://www.mag2.com/ 
読者登録解除(配信中止) は、↓から
http://www.mag2.com/m/0000171874.html
または、『レフティやすおのお茶でっせ』のサイドバーで!
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/
ご感想はこのメルマガにご「返信」ください。 
Copyright(c) 2005-2018 by L.YASUO

★レフティやすおのもう一つのメルマガ★
『古典から始める レフティやすおの楽しい読書』~最新号~
http://archives.mag2.com/0000257388/index.html
◆2018(平成30)年1月31日号(No.216)-180131-
「私の読書論102-私の年間ベスト2017(後編)フィクション系」
--


左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

RSSを登録する
発行周期 月二回(第一・第三土曜日)
最新号 2018/05/19
部数 227部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

RSSを登録する
発行周期 月二回(第一・第三土曜日)
最新号 2018/05/19
部数 227部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年8月現在9200人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額1000億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

副業ペラサイト量産で月100万稼ぐ♪さぼてんのサイトアフィリ秘メルマガ☆
サイトアフィリエイトに役立つ情報を発信! 月100万を稼ぐアフィリエイターさぼてんがサイトアフィリを実践し、その状況を実況中継しながら、アフィリエイトに役立つ情報・テクニックをお伝えするメルマガ。 普通のサラリーマンとして働きながら、副業として1日2時間の作業で月100万を効率的に稼ぐ秘密とは? アフィリエイトに挑戦したい初心者の方からの質問メール大歓迎。 丁寧に回答します♪
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

システマティックな「ま、いっか」家事術
食べるのは大好きだけど、作るのは超苦手。棚拭きとアイロンがけが何より嫌い。 そんな家事オンチだった私がソレナリに家事をこなせるようになったワケ。 家事全体を見渡して、最小の手間で最大のリターンを得る、具体的なシステムをお知らせするメールマガジンです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング