左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii 第499号「左利きで生きる方法(31)左利きライフ(6)」


カテゴリー: 2017年08月05日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ※『週刊ヒッキイ』は、2014年7月より
  月二回(第一・第三土曜日)の発行に変更しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆◇◆ 左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii ◆◇◆◇◆ 
【左利きを考えるレフティやすおの左組通信】メールマガジン
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><
 右利きにも左利きにも優しい左右共存共生社会の実現をめざして 
  左利きおよび利き手についていっしょに考えてゆきましょう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 第499号(No.499) 2017/8/5
「左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ ―その22―
 左利きで心地よく生きるための方法(31)
 左利きってなんだ(その19)  快適左利きライフ入門(6)」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------------------ 
  ▲左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ▲ ..第一土曜日掲載
 ―その22―  左利きで心地よく生きるための方法(31)
 左利きってなんだ(その19)  快適左利きライフ入門(6)
------------------------------------------------------------ 

 左利きライフについて考える6回目です。

 〈強度〉の左利きの人(要するに私自身ですが)
  の生活を覗き見しながら、
 快適な左利きライフの方法を考えてみよう、と思います。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ ―その22― 

  左利きで心地よく生きるための方法(31)

  左利きってなんだ(その19) 快適左利きライフ入門(6)

  ◆ 「国際左利きの日」を前に ◆

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



  《... しかし、技術的に可能だということが、かならずしも
   社会的に可能だというわけではなかった。伝統、習慣、制
   度、言語をはじめ多くの小さなしきたり――思考と行動の
   様式――が障害となった。... 》p.122

    『どうして一週間は七日なのか[大発見1]』
     「第三章 伝道師の時計」
      ダニエル・ブアスティン 鈴木主税・田中邦子訳
      集英社文庫(1991/7/1)
http://www.amazon.co.jp/dp/4087602028/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22



 ●8月13日は、「International lefthanders Day」

今月13日は、国際的な左利きの日です。

昨年↓も書きましたように、

第475号(No.475) 2016/8/13
「本日 8月13日は〈国際左利きの日〉特別編(3)
 〈国際左利きの日〉について」
http://archives.mag2.com/0000171874/20160813094000000.html


1976年8月13日、
第一回目の「International lefthanders Day」が
アメリカの左利きの人たちの組織
「lefthanders International」によって、
左利き用品の普及とともに、
左利きの人たちの生活の向上を目指し、
また、
左利きに対する社会の意識の変化を求めるものでもあります。



 ●「右利き優先/偏重」社会の壁

2月10日の日本版「左利きグッズの日」も、
同様の趣旨で行われるものです。

先ずは、
左利き用品(グッズ)を普及させることが一つの焦点で、
左利きの人の生活の質的向上が目標になっています。

人間は道具を使う生き物で、
だからこそ、道具の存在が大事になってくるわけです。

エピグラフにも記しましたように、
技術的には可能であっても、
社会の「伝統、習慣、制度」等の壁に妨げられて、
左利きに都合のいい道具――
少なくとも左利きに不利にならない道具――
が作れる状況にあっても、
そのような左利きにも優しい道具が製作されず、
右利き優先、右利き偏重の道具が全体――
もしくは、より多くを占めてしまう、
というのが現状です。


そこに風穴を開けよう、という運動が先に挙げた、
「左利きの日」の制定でした。

アメリカでの最初の活動から
既に40年余りの月日がたっています。

日本版からでも、かなりの年月がたっています。

しかし、まだまだ日本では、
一部ではかなりの知名度があり、
知る人ぞ知るの状況ではありますが、
大半はどうでしょうか。



 ●「左」=「邪/悪」のイメージ

問題は、左利きという性質に対する理解度、
認知度にあるのではないか、
という気がします。

日本では、本当のところ、左利きは無視されているというか、
存在を忘れられている
考慮されていない部分がある、ということです。


障害者に対してもそうですが、
一般に少数派に対しても配慮が少ない傾向にあります。

左利きも少数派であるために無視されるという状況です。


左利きの場合は、数的に少ないだけでなく、
文化的に忌避されている存在でした。

日本だけでなく、海外でも「左」に対する見方には
否定的なものが多く、
英語の「right」に見られるように、
「右」は「正」で、「左」は「邪」というものが
平均的な見方です。

冒頭で引用した
『どうして一週間は七日なのか[大発見1]』
には、
こんな記述もあります。


  《ギリシアの冥府では、裁判官――裁かれる者はけっして異
   議を唱えることができず、まったく隠しだてができない―
   ―は、邪悪な者を左へふりわけて、炎の川を渡らせ、苦し
   みの待つ暗いタルタロスへ送りこむ。一方、正しい者は右
   手の道を進み、極楽に至る。... 》p.184

    「第四章 想像の地理学」



 ●「左利きの日」の趣旨

 《邪悪な者を左へふりわけて、...
  正しい者は右手の道を進み、》


こういうイメージを払拭し、
左利きも右利きも本質は同じなのだ、
という事実をしっかりと植えつけてゆかなければなりません。

左利きへの認識を正確に社会全体に浸透させてゆこう、
というのが、
これら「左利きの日」の趣旨の一つでもあるのです。


左利きの人の生活向上のためには、
身の回りの道具や機械類といった物質的環境だけでなく、
精神面の環境も変えてゆかなければ、
本当の「左利きライフ」の改善にはつながりません。


「左利きライフ」とは、
単なる「生活」「暮らし」といった環境だけでなく、
「人生」そのものを指します。

左利きの人間としての生き方が問題になるのです。

左利きとして納得のいく生き方ができたとき、
初めて幸せな左利きライフだった、と言えるのです。


道具の普及に始まって、
そういう人生そのものの改善に発展してゆく活動こそ、
この「左利きの日」の趣旨だと言えるでしょう。



 ●日常の些細な出来事から始めよう

いつも引用する言葉ですが、
ベンジャミン・フランクリンの『自伝』に
こんな言葉があります。


  《人間の幸福というのは、たまたま起こるすばらしい幸運か
   らでなく、毎日の生活の中での些細な出来事から生まれる
   ものである》

   『フランクリン自伝』鶴見俊輔訳 旺文社文庫 1967
http://www.amazon.co.jp/dp/B000JA3NP0/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22

『フランクリン自伝(新装版)』鶴見俊輔/翻訳・解説 土曜社 2015/7/22
http://www.amazon.co.jp/dp/4907511132/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22



毎日の生活のなかにある、
ちょっとしたささいなことの積み重ねこそが、
幸せの素になるのだ、ということです。


だからこそ、
左手・左利き用品の普及が第一に挙げられるのです。


「不便な道具でも使っていれば、そのうち慣れる」
という人もいます。

「環境に自分を慣らすことが重要だ」というのです。


どんなに社会であっても、不便というものは付いてまわる、
それらすべてを改善することなどできっこない。

与えられた環境に自分を合わせることこそ、
人生をより良く生き抜く方法だ

――と。


一見、筋の取った、合理的な意見のようです。

しかし、人類の進歩というのは、
ちょっとした不便を改善することから始まり、
重大な問題となる事態を回避するために、
知力を振り絞り、知恵を出し合い、みんなが協力し、
全力で取り組んだ行動の積み重ねの上に
築かれてきたのではないでしょうか。


上のような考え方は、奴隷の自由――
消極的な態度、保身のための自己否定、後ろ向きの生き方、
あるいは事なかれ主義、自己満足にすぎません。


恵まれた者だけがいい思いをする、
そんな社会に明日はありません。


先ずは日常の些細な出来事から、
左利きライフの充実をめざしましょう。


------------------------------------------------------------
 ◆更新情報◆ (●印:左利き関連記事)
 ~『レフティやすおのお茶でっせ』~
●2017.8.1 右用と左用の違い(14)回転系(7)メーターの針-左利き
で生きるには 週刊ヒッキイhikkii第498号
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2017/08/147--hikkii498-.html
http://blog.goo.ne.jp/lefty-yasuo/e/431ad8f18f2a279586795967dfe05fb3

 ~『左利きライフ研究家レフティやすお左組通信』~
http://lefty-yasuo.cocolog-nifty.com/
 ~『レフティやすおの作文工房』~
2017.7.31 3社<夏の文庫>フェア2017から 人の心の不思議、人
生の重さ ―第204号「レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-12297183866.html
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2017/07/94-200-a3eb.html
*ココログ『レフティやすおのお茶でっせ』にも転載しています。
〈メルマガ「楽しい読書」〉:カテゴリ
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/cat22804639/index.html
 ~レフティやすお @lefty_yasuo ~ (Twitter)
https://twitter.com/lefty_yasuo
------------------------------------------------------------
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ●《響きと怒り》「週刊ヒッキイ」読者のお便り
  ↓(あなたのご意見ご感想をお寄せください)↓
  http://form.mag2.com/pochevouph
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ━読者のお便り募集中!━ 読者のお声が聞きたい私です。
 ━お友達にも紹介してね!━ 新しい読者を求める私です。
 ━<左利きムーヴメント>宣言!━ 仲間が欲しい私です。
------------------------------------------------------------
左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii/発行:レフティやすお
 発行『まぐまぐ!』http://www.mag2.com/ 
読者登録解除(配信中止) は、↓から
http://www.mag2.com/m/0000171874.html
または、『レフティやすおのお茶でっせ』のサイドバーで!
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/
ご感想はこのメルマガにご「返信」ください。 
Copyright(c) 2005-2017 by L.YASUO

★レフティやすおのもう一つのメルマガ★
『古典から始める レフティやすおの楽しい読書』~最新号~
http://archives.mag2.com/0000257388/index.html
◆2016(平成28)年7月31日号(No.180)-160731-
「新潮社・角川書店・集英社―3社<夏の文庫>フェア2017から
 人の心の不思議、人生の重さ」
--

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

RSSを登録する
発行周期 月二回(第一・第三土曜日)
最新号 2017/12/02
部数 236部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

RSSを登録する
発行周期 月二回(第一・第三土曜日)
最新号 2017/12/02
部数 236部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング