左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii 第493号「左利きで生きる方法(28)左利きライフ(3)」


カテゴリー: 2017年05月06日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ※『週刊ヒッキイ』は、2014年7月より
  月二回(第一・第三土曜日)の発行に変更しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆◇◆ 左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii ◆◇◆◇◆ 
【左利きを考えるレフティやすおの左組通信】メールマガジン
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><
 右利きにも左利きにも優しい左右共存共生社会の実現をめざして 
  左利きおよび利き手についていっしょに考えてゆきましょう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 第493号(No.493) 2017/5/6
「左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ ―その22―
 左利きで心地よく生きるための方法(28)
 左利きってなんだ(その16)  快適左利きライフ入門(3)」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------------------ 
  ▲左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ▲ ..第一土曜日掲載
 ―その22―  左利きで心地よく生きるための方法(28)
 左利きってなんだ(その16)  快適左利きライフ入門(3)
------------------------------------------------------------ 

 左利きライフについて考える3回目です。

 〈強度〉の左利きの人(要するに私自身ですが)
  の生活を覗き見しながら、
 快適な左利きライフの方法を考えてみよう、と思います。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ ―その22― 

  左利きで心地よく生きるための方法(28)

  左利きってなんだ(その16) 快適左利きライフ入門(3)

  ◆ 一切の生きとし生けるものは、しあわせであれ ◆

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


前回は、4月新入学・新学期の季節ということで、
まずは、お子様用の道具類(学用品)における
左手・左利き用品を紹介しました。

今回は、また話を戻して、
左利きライフのための環境を整備しようというお話を。


実は、色々悩んでいます。
どういうふうに書き進めてゆけばいいのか、と。

どう表現すればよく伝わるのか、理解してもらえるのか。

まあ、難しい問題ですね。



 ●誰のせいなのか

よくこんな話を聞きます。


 自分自身が左利きで不便な思いをしたから、
 自分の子供にはそんな思いをさせたくないので、
 右利きにしよう、と子育てしている。


しかし私は思うのです。
なぜ左利きで不便な思いをしたのでしょうか。

それは自分自身に原因があるからでしょうか。
それとも、自分以外の部分に原因があるのでしょうか。


たとえば、電車に乗り遅れて遅刻した場合、
これは乗り遅れた自分が悪い、ということになります。

しかし、電車が定刻より遅れたため、遅刻した場合は、
鉄道会社の責任でしょう。

ただし、電車の遅れが十数分程度の場合なら、
それぐらいの余裕は持って家を出ろよ、
という話になるかもしれません。


そうではなく、一時間も遅れていたとなれば話は別です。
自分のせいではないと言えるでしょう。



 ●本人の責任ではないこと

右利きと左利きの問題もそうです。

自分が左利きだから悪いのでしょうか。
それとも、
左利きの人に配慮されていない状況があって
それが問題となってしまうのでしょうか。

その辺の見極めが大事ではないでしょうか。


本来、生れつきの身体的な違いは自分の責任ではありません。

たとえば、性別であれ、肌の色であれ、体型であれ、
人種や民族の違いであれ、利き手の違いも同様です。

また、生れついた環境による言語や風習の違いであれ、
同様です。

本人の責任の埒外にあるものです。


社会の仕様が、
多数派の右利きの人に都合のよいものになっているから、
といって
それに「右へならえ」することが「正しい」ことなのでしょうか。



 ●「本人が改める」ことが最善か?

確かに
他の人と異なる存在であるその人自身――
「本人が改める」のが、一番手っ取り早いのかもしれません。

しかし、それが常に正解とは言えないでしょう。


人には、できることとできないことがあります。

誰にでもできることもあれば、
人によりできないことや、
誰であれできないこともあるでしょう。


人にできないことを求めるのは酷というものです。

たとえ自分ができることであったとしても、
できない人のことも考えるという姿勢が
必要ではないでしょうか。



 ●「みんな違って、みんないい」

何度も言いますが、
右利きの人にとっては、都合のいい世界になっています。

右利きの人は、自然なままで生活できる上に、
それで何か言われるということはありません。

右利きのままに生活していても
誰からも文句を言われることはないでしょう。


左利きの人の場合は、
自然体で生きることは難しいものです。

しかも、字を書いたり、箸を使ったりするとき、
左使いだというだけで文句を言う人もいるのです。


これは結構難儀なことなのです。

人それぞれ異なる部分もあるのですから。


金子みすずさんではありませんが、

 「みんな違って、みんないい」

なのです。



 ●仏の教え

お釈迦様(ブッダ)は、
「一切の生きとし生けるものは、しあわせであれ」
と願うというのです。


『ブッダのことば ―スッタニパータ―』
中村元/訳 岩波文庫 1958/1/1, 1984.5.16   
http://www.amazon.co.jp/dp/4003330110/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22


「第一 蛇の章/八、慈しみ」

 《一四五 他の識者の非難を受けるような下劣な行いを、決し
   てしてはならない。一切の生きとし生けるものは、幸福で
   あれ、安穏であれ、安楽であれ。》p.37

 《一四七 目に見えるものでも、見えないものでも、遠くに住
   むものでも、近くに住むものでも、すでに生まれたもので
   も、これから生まれようと欲するものでも、一切の生きと
   し生けるものは、幸せであれ。》p.37


それは、まさに母親がわが子を思うように。


 《一四九 あたかも、母が己が独り子を命を賭けても護るよう
   に、そのように一切の生きとし生けるものどもに対しても、
   無量の(慈しみの)こころを起すべし。》p.38


渡辺照宏さんの著書
『日本の仏教』(岩波新書 1958)


の「むすび」207p にこう書かれています。


「仏教は理屈ではなくて生活である」

「たとえどのように上手な理屈をこねても、
 上求菩提、下化衆生というのでなければ仏教ではない。」

「自分自身のためにはどこまでも高い理想を追求し、
 本格的な仏教の生活を実現しようと努力すること」

であり、
そのためには

「すべての人たちの幸福を増進させるために努力すること」

を心掛けていなければならない、と。



 ●各自ができることから始めよう!

仏教を持ち出すまでもなく、そんなことは常識だ、
と思う人もいらっしゃるでしょう。

そうなのです。

左利きの人も、右利きの人と同じ人間です。

共通する要素を生かして行けば、
同じレベルの生活ができるはずです。


左利きだから不便な生活を強いられたと思うのなら、
その原因を考えて欲しいと思うのです。

自分が左利きだから右利き仕様の社会に合わない
のではなく、
左利きの人を無視した社会を作ってきたからではないのか、と。


そういうふうにものの見方を変えてもらえれば、
真実が見えてくるのではないでしょうか。


そこで、左利きの人の生活環境を見直そう、
ということになるのです。

まずは、一人一人が自分のできることから変革してゆけば、
いずれゴールが見えてくるのではないでしょうか。


 ―今回は、GWということで、お手軽に書いてみました。

  また次回から、もう少し内容のあるものにしたいものです。


------------------------------------------------------------
 ◆更新情報◆ (●印:左利き関連記事)
 ~『レフティやすおのお茶でっせ』~
●2017.5.4 右用と左用の違い(10)回転系(4)おもちゃのぜんまい
-左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii第492号
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2017/05/104--hikkii492-.html
http://blog.goo.ne.jp/lefty-yasuo/e/e39b8a177f3536f5b4c4b2cba504f739
●2017.5.2 ピンクラインのサウスポー、女優でモデルの新川優愛
さんが始球式
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2017/05/post-6402.html
http://blog.goo.ne.jp/lefty-yasuo/e/ea83b62069d8958ed6a2454b3903b272
●2017.4.29 左手で(それらしい)字を書く方法(左手書字考)2ペン(筆記具)の持ち方
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2017/04/2-07ba.html
http://blog.goo.ne.jp/lefty-yasuo/e/c59f19fdddbca3c3d6b0dfd13dcc41e0
●2017.4.25 米山公啓(監修)『左手でなぞって物忘れ防止記憶力ア
ップ!!』(マガジンランド)
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2017/04/post-5700.html
http://blog.goo.ne.jp/lefty-yasuo/e/1494bf5275fb215ac5d119ae7003338b

 ~『左利きライフ研究家レフティやすお左組通信』~
http://lefty-yasuo.cocolog-nifty.com/
 ~『レフティやすおの作文工房』~
2017.4.30 中国の古代思想を読んでみよう(14)『孟子』を読む
(後編2) ―第198号「レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-12267659150.html
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2017/04/14-2-2986.html
*ココログ『レフティやすおのお茶でっせ』にも転載しています。
〈メルマガ「楽しい読書」〉:カテゴリ
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/cat22804639/index.html
 ~レフティやすお @lefty_yasuo ~ (Twitter)
https://twitter.com/lefty_yasuo
------------------------------------------------------------
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ●《響きと怒り》「週刊ヒッキイ」読者のお便り
  ↓(あなたのご意見ご感想をお寄せください)↓
  http://form.mag2.com/pochevouph
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ━読者のお便り募集中!━ 読者のお声が聞きたい私です。
 ━お友達にも紹介してね!━ 新しい読者を求める私です。
 ━<左利きムーヴメント>宣言!━ 仲間が欲しい私です。
------------------------------------------------------------
左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii/発行:レフティやすお
 発行『まぐまぐ!』http://www.mag2.com/ 
読者登録解除(配信中止) は、↓から
http://www.mag2.com/m/0000171874.html
または、『レフティやすおのお茶でっせ』のサイドバーで!
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/
ご感想はこのメルマガにご「返信」ください。 
Copyright(c) 2005-2017 by L.YASUO

★レフティやすおのもう一つのメルマガ★
『古典から始める レフティやすおの楽しい読書』~最新号~
http://archives.mag2.com/0000257388/index.html
◆2017(平成29)年4月30日号(No.198)「古代中国編―
 中国の古代思想を読んでみよう(14)『孟子』を読む (後編2)」
--

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

RSSを登録する
発行周期 月二回(第一・第三土曜日)
最新号 2018/02/17
部数 231部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

RSSを登録する
発行周期 月二回(第一・第三土曜日)
最新号 2018/02/17
部数 231部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

株投資・初心者からミリオネアへ
一般の個別銘柄は、 日経225先物に引きずられて動く習性があります。 そのため、個別銘柄を売買する場合は、 先物の動向をチェックした上で、売買する必要があります。 ここでは、その日経225先物の動向を中心にお伝えしてまいります。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

毎日1分!経済英語NEWS(解説付き)
TOEIC235点だった私が900点を超えるまでの勉強の過程で感じた、「英語のニュースを解説してくれる教材があったらいいのに。。。」という思いを形にしました。 全ての英文に、文法解説・和訳 がついています。 「読めない英語」は聞き取れません。 1ヶ月無料です。もしあなたが、「本気で英語を身に着けたい!」と思っているのであれば、挑戦しない理由はないはずです。 あなたの英語力を必ず引き上げてみせます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

問題解決研究所刊【よくわかる!英字新聞の読み方】
このメルマガは、中学レベルの英語を復習できるように、毎号、英字新聞記事を使って文法事項を解説します。また、取り上げたニュースの背景を解説し世界で起こった出来事が我々にどのように関係するのかをお伝えします。2020東京オリンピックに向かって英語は欠かせません。このメルマガを購読すれば、世界の人とつながるための英語脳ができ、さらにはグローバル競争に勝つための戦略脳を作れます。戦略は弱者のためにあります。忙しい方、英語の苦手な方に最適なメルマガです。メルマガ読者だけの特典・イベントを開催します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング