左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii 第475号「8月13日は〈国際左利きの日〉特別編3」


カテゴリー: 2016年08月13日
------------------------------------------------------------

L 本来ならお休みの週ですが、              H
L                            H
L 8月13日が土曜日になりましたので、           H
L 臨時に発行することにしました。             H
L                            H
L 〈国際左利きの日〉記念特別号                 H
L                            H
L といったところです。                 H
L                            H
L (たまにはこういうことがあってもいいかも……。)   H
L                            H
L                            H
L  レフティやすお                   H
L                            H

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ※『週刊ヒッキイ』は、2014年7月より
  月二回(第一・第三土曜日)の発行に変更しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆◇◆ 左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii ◆◇◆◇◆ 
【左利きを考えるレフティやすおの左組通信】メールマガジン
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><
 右利きにも左利きにも優しい左右共存共生社会の実現をめざして 
  左利きおよび利き手についていっしょに考えてゆきましょう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 第475号(No.475) 2016/8/13
「本日 8月13日は〈国際左利きの日〉特別編(3)
 〈国際左利きの日〉について」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------------------ 
 本日 8月13日は〈国際左利きの日〉
 特別編(3) 左利きの日について
------------------------------------------------------------ 

 今日は、世界的な「左利きの日」――
 〈国際左利きの日〉と私は呼んでいます。

 ということで、〈国際左利きの日〉について書きます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 本日 8月13日は〈国際左利きの日〉

 特別編(3) 〈国際左利きの日〉について

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 ●日本語版と英語版Wikipediaの違い

日本語版Wikipediaの「左利きの日」を見ますと、
[2016.8.6現在]

 《左利きの日(ひだりききのひ)は、
  左利きの生活環境の向上に向けた記念日であり、
  毎年8月13日がこの記念日。
  1992年8月13日、
  イギリスにある「Left-Handers Club」により、
  右利き用だけでない誰もが安全に使える道具を
  各種メーカーに対して呼びかけることを目的に
  提唱・制定された。同日は提唱者の誕生日である。
  日本では2月10日が「0210」を
  英語で「左」を意味する「レフト」と読めることから
  2月10日を「左利きの日」
  あるいは「左利きグッズの日」とされている。
  お盆で8月13日には活動が困難なことも理由とされている。
  奇遇にも2005年2月10日生まれの子役タレントである
  鈴木梨央は左利きである。》


一方、
英語版Wikipedia「International Lefthanders Day」を見ますと、
[2016.8.6現在]

 《August 13 is designated International lefthanders Day
   by lefthanders International. 
  It was first observed on the 13th of August,
   in the year 1976.》


私なりに日本語に直しますと、

 《8月13日は、「lefthanders International」によって
  選定された「International lefthanders Day」です。
  最初に観察されたのは、1976年の8月13日でした。》


 ●提唱者が違う

日本語版では
イギリスの「Left-Handers Club」が提唱した
とになっています。

英語版とは異なっています。

私の持つ情報によりますと、この英語版が正しく、

1976年8月13日が
第一回目の「International lefthanders Day」で、
「lefthanders International」によるものです。

↓のページにも書いています。

左利きの日を祝おう!(左利きの日のページ)
http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/hg.lhd.html


このページをコピー引用します。

--
AUGUST 13 is INTERNATIONAL LEFTHANDERS DAY! 

(画像)
 LEFT-HANDERS DAYを祝う
 イギリス LEFT-HANDERS CLUBの機関紙
"LEFT-HANDER"の1994、95、96年の記事 

(画像)
LEFT-HANDERS DAYを祝う
 アメリカ LEFTHANDERS INTERNATIONALの隔月刊雑誌
"LEFTHANDER MAGAZINE"の1994、95年の記事 
8月13日国際左利きの日記念アンケート実施中 ↓


2006(平成18)年
<左利きプチ・アンケート>第31回 左利きの日の催しは何がよいか
2007(平成19)年
<左利きプチ・アンケート>第42回 左利きの日はどっちがいい? 
 

あなたの左利きの願い事を教えて!
―INTERNATIONAL LEFT-HANDERS DAYに向けて―
 
 8月13日はINTERNATIONAL LEFT-HANDERS DAY(国際左利きの日)
です。
  海外(主にアメリカやイギリスなど)では、この日を左利きの
日としてお祝いしています。

  起源は、今から30年以上前の、1976年に、アメリカの
Dean R. Campbellという人が、左利きの人のための専門雑誌
"Lefthander Magazine"を発行する左利きの組織
Lefthanders Internationalを創設した、
その日8月13日を「左利きの日」と定め、イヴェントを始めた
ということのようです。
  このなぜ8月13日かといいますと、それは、これに先立つ一年前
に、Campbell氏が左利き用品の店を開いたのがその日だったから、
とされています。

  以上は、英語のサイトの情報によるものです。
  私の持っている"Lefthander Magazine"の
INTERNATIONAL LEFT-HANDERS DAYの記事の載っている号にも、
同様の事情を示す文章があり、まず間違いのない情報である
と考えられます。、
  ただし、これは私の英語力に間違いがなければ、の話です。

 参照:
・Happy International Left-Handers Day | The Foo Logs
・Left-Handers Day - History and How to Celebrate 
・International Lefthanders Day - Wikipedia
 (2007/09/18 筆者確認)

*メルマガ『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』
 第116号(No.116) 2008/1/19「2007年の左利き事情―後編―&
  第2回<LYグランプリ>2008」 
 「左利き講座<左利きQ&A>(14)2007年の左利き事情
  ―後編―」
(2008.1.27)
 
--


『お茶でっせ』記事:2014.8.12 
8月13日は39回目の国際的な<左利きの日>&LEFTEOUS2014年
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2014/08/81339lefteous20.html

にも書いています。

ホームページにも使っている画像をここでも掲載しています。

(画像:"LEFTHANDER MAGAZINE"の
 1994、95年のINTERNATIONAL LEFT-HANDERS DAYを祝う記事)


それ以前にも書いています。

2010.8.13 
13日の金曜日はナント…左利きの日
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2010/08/13-8b8c.html

こちらの記事を引用します。

 《これは1976年、前年に左手・左利き用品店を始めたアメリカ
  のDean R. Campbell氏が、開店一周年を記念して左利きの人
  のための専門雑誌"Lefthander Magazine"を発行する左利きの
  組織Lefthanders Internationalを創設し、お店の開店記念日
  である8月13日を「左利きの日」と定め、左利きの人の生活向
  上のために左利き用品を普及させようと言う趣旨でイヴェン
  トを始めたのが最初と言われています。
  その後、1992年8月13日、イギリスの左利き用品専門店ALH
  の顧客を中心に作られたLeft-Handers Clubにより、同趣旨で
  「8月13日は左利きの日」としてイヴェントを始め、以来現在
  に至っています。》


何年も前から何回も書いているのですが、
日本語版Wikipediaの内容は改まりません。

日本語版の内容は、英語版の内容と違う
とも指摘しているのですけれど、ね。


 ●言い出しっぺへの敬意

この8月13日の
〈国際左利きの日〉「International lefthanders Day」
について書かれるネット記事の大半は、
この日本語版Wikipediaの情報を基に書かれているようで、
この1992年起源説が示されています。

趣旨は同じなので、誰が言い出しっぺでもいいようなもの、
と思われるかもしれません。

しかし、
やはり最初に言い出した人に敬意を表して欲しい
と言う気持ちがあります。

それが歴史というものだと思います。


永遠に生きる人はいません。
永遠に続く組織というものもありません。

今は亡き人が、今は亡き組織が始めたものが
別の人、別の組織によって継続されている場合でも、
先駆者に対する敬意は示すべきだろうと思います。

それが後に続く者の義務ではないでしょうか。


 ●『タイム TIME』誌「左利き解放」記事

ここからは少し違った話になります。

先ほどの話にあった先駆者に関するお話です。


これは、あくまでも私の推測にすぎないのですが――。

〈国際左利きの日〉「International lefthanders Day」を始めた
「Lefthanders International」の主宰者Dean R. Campbell氏は、
1975年に、
アメリカ合衆国カンザス州北東部に位置する同州の州都
トピカ(Topeka)という町で左利き用品の専門店を始めました。


その2年前の1973年12月ごろ?に発行された、
『タイム TIME』誌という世界的にも有名な雑誌の
1974年1月7日号に、
中国系アメリカ人のチャング氏による
「左利き解放(レフティ・リベレイション)」
という記事が掲載された、といいます。
 
ここには、
「左利き友の会」の主宰者でもあった故箱崎総一氏も
当時の日本の左利き事情を報告したそうです。

(箱崎総一『左利きの秘密』立風書房 1978 および、
 後出『新版・自然界における左と右』による)


ちなみに、
麻丘めぐみ「わたしの彼は左きき」は
同年7月5日発売だったようです。

当然、この情報も報告されたことでしょう。

その結果、

マーティン・ガードナー『新版・自然界における左と右』
 (坪井忠二・児島弘訳 紀伊国屋書店 1992)

「9章 人のからだ」に反映された可能性があります。

(ここには、
 キャンベル氏が"Lefthander Magazine"を発行していること、
 イギリス・ロンドンの左利き用品店Anything Left Handedが
 1968年に開店したこと、麻丘めぐみ「わたしの彼は左きき」
 がヒットしたことが日本における左利きの希望だ、といった
 記述があります。)


さて、話を戻して――。

私の推測は、
Dean R. Campbell氏がお店を始めたのは、
この『タイム TIME』誌の記事がきっかけだったのではないか、
ということです。

少なくとも一年半程度の準備期間はあったはずです。

その間に、
「左利きの人のための道具を販売するお店を始めよう」
という構想が生まれてもおかしくはないでしょう。

なにしろ、イギリス・ロンドンでは1968年に、
すでに左利き用品店が誕生しているのですから。

そしてそれを実行に移した。


 ●私の場合

以上、勝手な想像ですが、可能性は大だと思っています。


実は、私にもそれに似た経験があるからです。

私が現在のこの活動を始めるきっかけは、
36歳の年に巡り合った左手用カメラでした。

そして、活動を始めた3か月後、
新聞である雑誌の広告を見ました。

それが、今や伝説と言ってもいいでしょう。
『モノ・マガジン』の左利き特集号でした。

『モノ・マガジン』1991年4月2日号 No.188
「特集/左を制するものは時代を制す/左利きの商品学」
  ワールド・フォトプレス 1991(平成3/3)


そこには、正に左利きの総特集とでもいうべきもので、
左利き用品のカタログとも言うべきもの、海外の左利き情報、
そして、左右対称の電化製品とともに、
私を左利きに目覚めさせるきっかけとなった左手用カメラ
京セラ・サムライZ-L(私の愛機は、廉価版のZ2-L)
も紹介されていました。

これらの製品を探し歩くことから始め、
のちには、
海外の左手・左利き用品店や左利きの会
(イギリス・ロンドンの店「Anything Leht-Handed」
 およびその顧客からなる会「Lefthanders club」や
 Campbell氏の「Lefthanders International」)
と連絡を取ることになりました。


 ●左利きテーマをライフワークに

Campbell氏の件ですが、
一つの可能性として、つじつまは合っているように思います。

ちょっとしたはずみで物事は動きだすもの。
人の心を動かすのも最初はちっちゃな出来事がきっかけでしょう。

私のこのメルマガやブログも、そういうきっかけになれば、
という思いで続けています。


毎年のように大学生の卒論に、
左利きをテーマに取り上げる人がいると聞いています。

(以前は、私にもそういう人たちから連絡がありました。)


私の思いは、
「左利きを自分のライフワークにする人」
が出てくればいいのになあ、というものなのです。


でも、
今のところこれといった人物は現れていないような感じです。

単に私が知らないだけかもしれませんけれど。


出でよ、「左利きライフ」研究家! 
出でよ、「左利き解放(レフティ・リブ)」活動家!

――というところです。


※参考文献:
・『左利きの秘密』箱崎総一 立風書房・マンボウブックス
 昭和54年 1979.6
http://www.amazon.co.jp/dp/B000J8GO3A/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22
・『新版・自然界における左と右』マーティン・ガードナー
 坪井忠二・児島弘訳 紀伊国屋書店 1992
http://www.amazon.co.jp/dp/4314005769/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22


------------------------------------------------------------
 ◆更新情報◆  ~『レフティやすおのお茶でっせ』~
2016.8.10 今年もやります!8月13日レフチャス(LEFTEOUS)の日―
国際左利きの日
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2016/08/813lefteous-826.html
http://blog.goo.ne.jp/lefty-yasuo/e/b24241c93aa1ce7bbf990f4b543831d5
 ~『左利きライフ研究家レフティやすお左組通信』~
http://lefty-yasuo.cocolog-nifty.com/
 ~『レフティやすおの作文工房』~
2016.7.31 人間の不思議、人生の深さ―新潮角川集英社3社<夏の
文庫>フェア2016から ―第180号「古典から始める
 レフティやすおの楽しい読書」別冊 編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-12185289791.html
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2016/07/2016-5068.html
 ~レフティやすお @lefty_yasuo ~ (Twitter)
https://twitter.com/lefty_yasuo
------------------------------------------------------------
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ●《響きと怒り》「週刊ヒッキイ」読者のお便り
  ↓(あなたのご意見ご感想をお寄せください)↓
  http://form.mag2.com/pochevouph
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ━読者のお便り募集中!━ 読者のお声が聞きたい私です。
 ━お友達にも紹介してね!━ 新しい読者を求める私です。
 ━<左利きムーヴメント>宣言!━ 仲間が欲しい私です。
------------------------------------------------------------
左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii/発行:レフティやすお
 発行『まぐまぐ!』http://www.mag2.com/ 
読者登録解除(配信中止) http://www.mag2.com/m/0000171874.htmlhttp://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/mm-hikkii.html
ご感想はこのメルマガに「返信」するか『左組通信』メールへ
 → http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/an.mail.html 
Copyright(c) 2005-2016 by L.YASUO

★レフティやすおのもう一つのメルマガ★
『古典から始める レフティやすおの楽しい読書』~最新号~
http://archives.mag2.com/0000257388/index.html
◆2016(平成28)年7月31日号(No.180)-160731-
「新潮社・角川書店・集英社―3社<夏の文庫>フェア2016から
 人間の不思議、人生の深さ」
--

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

RSSを登録する
発行周期 月二回(第一・第三土曜日)
最新号 2017/11/18
部数 237部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

RSSを登録する
発行周期 月二回(第一・第三土曜日)
最新号 2017/11/18
部数 237部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

井出ひろゆき 最速不動産オーナーへの道
日本で唯一の不動産満室コンサルタント。 普通の人を不動産オーナーにする スペシャリスト&不動産オーナーに満室コーチング行い、 口コミで無料面談は、常にキャンセル待ち状態。 30代OL、   90日で家賃年収756万円。 40代会社社員 150日で家賃年収1586万8000円。 過去最短でコンサル開始後144日で 20代高利回り2棟家賃年収1456万8千円を記録!!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
あなたは何のために生きていますか?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。あなたの人生をむなしくする心の闇とは?今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法。本当の生きる意味とは何か。仏教史上初のウェブ通信講座を開設して年間受講者数日本一、5万部突破のベストセラー『生きる意味109』の著者・中村僚が、現代の葬式法事の仏教界では失われた、生きている人を心から幸せにする仏教の秘密を分かりやすく公開。発行者サイトでも隠された仏教の教えを知る秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

石渡浩の不動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越えを―
大学院修了時に資本金990万円で作った投資不動産保有会社の石渡住宅サービスを9年後の2016年に上場企業フィンテックグローバル子会社ベターライフサポートホールディングス等に約5億円で売却(株式譲渡)して上場会社連結子会社にして石渡住宅サービス(現商号:ベターライフプロパティ)名誉会長に就任した石渡浩が,自己資金数千万円規模の一般投資家さんを主対象に,銀行融資を活用してアパート経営を成功させ不動産賃貸業を本業にするためのノウハウを伝授します. 主著:『たった4年! 学生大家から純資産6億円を築いた私の投資法- 借りて増やす技術-』ソフトバンククリエイティブ(2012)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング