左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii 第325号「左利きとマナー(7)」


カテゴリー: 2012年08月11日
◆◇◆◇◆ 左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii ◆◇◆◇◆ 
【左利きを考えるレフティやすおの左組通信】メールマガジン
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><
 右利きにも左利きにも優しい左右共存共生社会の実現をめざして 
  左利きおよび利き手についていっしょに考えてゆきましょう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 第325号(No.325) 2012/8/11
 「左利きとマナー(7) 茶道(茶の湯)を考える」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------------------
 ▲左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ▲ ..第ニ土曜日掲載
 ―その19― 左利きとマナー(7) 茶道(茶の湯)を考える
------------------------------------------------------------
 過去二回は、ネットで見つけた
 「作法」に関する記事 ↓ に関連して、
 小笠原宗家の礼法・作法における考え方について紹介しました。

・小笠原宗家礼法総師範・源松斎菱高氏のお話
箸を持つ手はどっち?:左利きは不作法か  
http://web.sugiyama-u.ac.jp/~yamane/sahou/left.html
・[作法トピックス]作法はなぜかた苦しいの?
http://web.sugiyama-u.ac.jp/~yamane/sahou/top-Fset.html

この方が、左利きと作法について考えるようになられた
そもそもの始まりは、大学でのお茶(茶道)の授業で、
先生から右手を使うように言われた経験からでした。

では、お茶(茶道・茶の湯)では、
左利きは問題となるのでしょうか。


 ●茶道における左利きの問題

某相談掲示板では、左利きは右利きの作法に慣れるしかない、
といった回答が大勢でした。

それは、
右利きをよしとする文化の上に成り立ったもので、
茶室の構造そのものが右利きの所作を前提にしている、
道具の配置も右利きを前提に工夫されていて、
左利きは考慮されていない。

―といったところでしょうか。

基本的に日本の伝統文化は、
みな右利きを前提にしたものであるから、
左利きはこれに倣うしかない、
といった意見です。


しかし、茶道の伝統と言いましても、
流派により違いがあるようです。

このシリーズの始めに私は、

ルールは、
 社会全体の構成員が守らなければならない絶対な法、

マナーは、
 言ってみれば流派であって、
 そのグループ内での決まりごとにすぎない、

というふうに説明しました。


 全体がルールの領域
┏━━━━━━━━┓
┃        ┃
┃ ○      ┃
┃マナーAの領域 ┃
┃        ┃
┃ ●      ┃
┃マナーBの領域 ┃
┃        ┃
┗━━━━━━━━┛


茶道に置きましても
流派により、厳格に伝統を守るところと、
比較的自由な部分のあるところとがあるようです。

私自身勉強をしていませんので、
具体的にどこがどうということは言えません。


 ●本来は茶道は男性専科だった!?

ただ、伝統と申しましても、
本来、茶道(茶の湯)というものは、
武家のたしなみとして伝わってきたものと聞いています。

私が読んだ本によりますと、

谷晃(たに・あきら)著
『茶人たちの日本文化史』(講談社現代新書 2007.2.20)
http://www.amazon.co.jp/dp/4061498789/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22
『わかりやすい茶の湯の文化』(淡交社 2005.4.29)
http://www.amazon.co.jp/dp/4473032183/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22

明治時代以前の茶会の記録というものを見ても、
女性が参加した例というのは、あまりないようです。

ただし、最初に記録に見えるのは、かなりの初期からで、
茶会記というものによりますと、初めて女性が参加したのは、
文禄四(1595)年九月二十五日の小早川隆景の茶会だそうです。
大名の婦人連が参加した模様です。
『御湯殿上日記』の十五世紀末から茶会に女性が参加していた
と言います。
(『茶人たちの日本文化史』「女性と茶の湯―跡見花蹊」p.231-2)
そして、江戸時代末期になると、
女性がかなりおおっぴらに茶の湯を学ぶようになりつつあったが、
それでも一般化していたとはいえない、と言います。
(同書p.234)

本来は男性専科だったのですね。

ましてや女性の茶道の先生などというのは、
当時はいなかったわけです。


 ●女子教育として

明治時代に入り、武家社会が崩壊し、
茶道が存亡の危機に陥った時、
当時始まった女性教育に生き残りの場を見出した、
というのが、女性と茶道の結びつきのように思われます。

裏千家の家元が熱心であったとか。
私立の女学校に置いて創立者が茶の湯教育に熱心であったとか。

その一人が、跡見学園を開講した跡見花蹊だそうです。

また、富国強兵の国策を支える基盤としての家庭の重要性から、
家庭の管理ができる良妻賢母に仕立てる女子教育、
花嫁修行の一環としての礼儀作法を教える場として、
茶道(茶の湯)が取り入れられた、と言います。

伝統にこだわらない、革新的なことだった、
と言えるのではないでしょうか。

この時期、外国の人のために、
テーブル席での茶道も考案されたそうです。


 ●時代とともに変化してもよい

何が言いたいのか、と言いますと、

 時代とともに変化する部分があっていい

ということです。

よく言われることですが、

「力の強いものが生き残るのではない。
 変化に対応できるものが生き残るのだ。」

ということですね。


茶道(茶の湯)にしろなんにしろ、
時代の常識が変化すれば、それに対応すべきではないか、
ということです。

かつては左利きは直すべき悪癖とされていました。
日本の文化はみな、左利きを排除してきたのです。

しかし現代では、「左利きは左利きのままで」という考えが
一般化しています。

それなら、茶道(茶の湯)も同様に、
左利きにも対応したものに変化しても良いと思います。

少なくてもそういう流派があってもいいでしょう。


 ●大事なことは「おもてなしの心」では?

現実にネットでは、そういう意見もあります。

一つは、

 左利きに変えられる部分は変えてもよいのではないか、

であり、さらに

 左利きの点前という流派があってもよいのではないか、

といった意見です。

後者はともかくとしても、
前者は当然と考える人も少なくない、と思います。

箸遣いとか、特定の動作だけでも、
左使いを受け入れることでかなり敷居が低くなる、と考えられます。

そうすれば、今あるような
女性専科のような茶道から脱却できるかもしれません。
女性に比べて、左利きの度合いが強いといわれる男性も、
気軽にお茶を習えるようになるかもしれません。

左利きだからという理由だけで、敬遠されてしまうとしたら、
残念なことです。


大事なことは「おもてなしの心」だと言います。

現実に、お茶を習いに行ってたがやめた、という人の口から、
形式がすべてで、心の伴わない師範の先生や弟子たちのお話は
よく耳にします。
「あの人たちはいったい何を習っているのか」という話を―。

もちろんそんな人たちばかりではないのですけれど…。

------------------------------------------------------------
◆更新情報◆ ~『レフティやすおのお茶でっせ』~
2012.8.9 左手でも切りやすいハサミとは?:まとめ編~左利きで
生きるには 週刊ヒッキイhikkii324号 (先週号のお知らせ)
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2012/08/hikkii324-bd28.html 
http://blog.goo.ne.jp/lefty-yasuo/e/bd82ef422d2d0071f9676b55ee149b6c
------------------------------------------------------------
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ●《響きと怒り》「週刊ヒッキイ」読者のお便り
  ↓(あなたのご意見ご感想をお寄せください)↓
  http://form.mag2.com/pochevouph
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ━読者のお便り募集中!━ 読者のお声が聞きたい私です。
 ━お友達にも紹介してね!━ 新しい読者を求める私です。
 ━<左利きムーヴメント>宣言!━ 仲間が欲しい私です。
------------------------------------------------------------
左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii/発行:レフティやすお
 発行『まぐまぐ!』http://www.mag2.com/ 
読者登録解除(配信中止) http://www.mag2.com/m/0000171874.htmlhttp://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/mm-hikkii.html
ご感想はこのメルマガに「返信」するか『左組通信』メールへ
 → http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/an.mail.html 
Copyright(c) 2005-2012 by L.YASUO

★もう一つのメルマガ★ ~最新号・7月15日正午発行~
『古典から始める レフティやすおの楽しい読書』
2012(平成24)年7月31日号(No.86)-120731-  
名著・名作の“一冊”―各社<夏の文庫>フェアから
http://archive.mag2.com/0000257388/20120731120000000.html
--

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

RSSを登録する
発行周期 月二回(第一・第三土曜日)
最新号 2017/09/16
部数 238部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

RSSを登録する
発行周期 月二回(第一・第三土曜日)
最新号 2017/09/16
部数 238部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者7000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング