左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii 第258号「<左利きプチ・アンケート>第68回」


カテゴリー: 2011年04月30日
◆◇◆◇◆ 左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii ◆◇◆◇◆ 
【左利きを考えるレフティやすおの左組通信】メールマガジン
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><
 右利きにも左利きにも優しい左右共存共生社会の実現をめざして 
  左利きおよび利き手についていっしょに考えてゆきましょう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 第258号(No.258) 2010/4/30 「<左利きプチ・アンケート>
  第68回 小1書写教科書に左手書き(左利き)例を入れるべきか?」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●<左利きプチ・アンケート>
 第68回 小1書写教科書に左手書き(左利き)例を入れるべきか? 

昨年(2010年)の教科書会社各社の小学1年生書写教科書では、
巻頭で、字を書く時に注意するべき点が詳細に説明されています。
イラストや写真を使い、実際に机に腰かける時の姿勢、
鉛筆を持って字を書くところが示されています。

男女平等の思想の現れ(性差別解消への対応)か、
モデルには男女児童をそれぞれ配しているように見えました。
(全身座像が男子なら、鉛筆を持つ部分像では女子を使う、
あるいはその逆など、明らかに配慮が伺えます。)

「百聞は一見に如かず」ということわざがあるように、
やはり視覚から入る情報は重要で、かつ効果的です。
見たまんまに真似ればよいのですから。

しかし、これらのお手本は各社ともに、
みな右手に鉛筆を持つ例ばかりでした。

まるで左手で字を書く子供がいないかのように。
あるいは、左手で字を書いてはいけない、と言うかのように。

昔のように一律に、
右手で字を書くのが正しい作法と考える人ばかりではありません。
左利きの子供は左手を使って良いと考える人も増えています。

これでは左手で字を書く(左利きの)子供は戸惑います。
また、左手で字を書く(左利きの)子供を持つ親も
教科書を見て子供の予習や復習を手助けすることができません。

この現実を前にしますと、
「他のことはともかく、字だけは右手で書かせたい」
と考える親御さんがいても無理はない、という気がします。

以前、ある教科書会社のホームページには、
教師用の指導書には、
左利きの子供への指導のポイントが書かれている
というような記述がありました。

教師用のみでは、教師が左利きの子供を指導することはできても、
教科書しか持たない子供自身による自習や、
親の指導は期待できません。

教師が率先して右手書き(右利き)の子供とともに
左手書き(左利き)の子供への指導を行っているのなら、
問題はありません。

しかし、そうでないならば、
子供自身が訴えるか、教師が気付かない限り、
左手書き(左利き)の子供は指導を受けることができません。

もし教師が率先して指導しているのなら、
その援護のためにも左手書き例が示される方がよいでしょう。

当然、左手書き(左利き)の手本例も
右手書き(右利き)の例とともに掲載するべきではないか、
と考えられます。

モデルで男女平等に気遣う配慮がなされるのなら、
文字を書く手の違い(利き手の違い)への配慮も必要でしょう。

あなたはどのように考えますか?

・左手書き(左利き)の手本例も右手書き(右利き)の例と同等に、
 ともに掲載する。
・右手例は多数なので大きく、少数派の左手例は小さくてもよい。
・いや、まったく不要である、
 左手書き(左利き)は少数なので自分で考えればよい。

あなたがふさわしいと思うものを一つ選んでお答えください。

*投票者の「利き」の区分で選択肢を用意しています。
 ご自身で「右利きの人」「左利きの人」、その「中間的な人」
 いずれか判断した上で投票してください。

「右利きの人」―大抵のことを右で行う、強い右利きの人
「左利きの人」―大抵のことを左で行う、強い左利きの人
「中間的な人」
 ―上記以外の人
  ・利き手と利き足、利き目などで左右の利きが異なり、
   身体各部で利きにねじれがある人
  ・複数の動作で右/左利きが入り混じっている人
  ・ある程度左右が使える右/左利きの中間の人(両利き) など

*一言言わせて、という方は投票後に表示されます
 一番下の「ご意見ボード」をご利用ください。
 貴方のご意見ご感想をお聞かせください。


<左利きプチ・アンケート>
第68回 小1書写教科書に左手書き(左利き)例を入れるべきか?

1(右利きの人)左右対等にのせる
┗http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321670774
2(  〃  )右手(大)左手(小)でもよい
┗http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321670775
3(  〃  )左手例はいらない
┗http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321670776
4(中間的な人)左右対等にのせる
┗http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321670777
5(  〃  )右手(大)左手(小)でもよい
┗http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321670778
6(  〃  )左手例はいらない
┗http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321670779
7(左利きの人)左右対等にのせる
┗http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321670780
8(  〃  )右手(大)左手(小)でもよい
┗http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321670781
9(  〃  )左手例はいらない
┗http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321670782


 ※ 現在の結果を見るのは、こちら↓
http://personal-dictionary.com/enq/view/enq.asp?EID=58665
  
 ※ このアンケートは、『レフティやすおの左組通信』
  <左利きプチ・アンケート>欄に、先行して実施しています。
    後日「第68回 小1書写教科書に左手書き例を入れるべきか?」
  のページに掲載します。

 ※ 関連<左利きプチ・アンケート>:
第7回 04.8.15 左利きでも字は右手で書くべきか?
http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/hg.enq007.html
第29回 06.6.4 左手での毛筆(習字/書道)は是か非か?
http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/hg.enq029.html
第55回 08.7.27 書字は右手左手どちらですか?
http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/hg.enq055.html
第50回 08.2.24 左利き環境は昔よりよくなったか?
http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/hg.enq050.html
第63回 09.9.27 左利き対応してもらったことがありますか
http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/hg.enq063.html

 <左利きプチ・アンケート>目次
http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/hg.enq000.html

------------------------------------------------------------
◆更新情報◆『レフティやすおのお茶でっせ』
4.26 フェリシモ新・左きき友の会ウェブサイト
(フェリシモの新「左きき友の会」のウェブサイトのこと)
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2011/04/post-30bf.html
4.23 週刊ヒッキイhikkii257 見えぬけれどもあるんだよ
(先週号の編集後記のようなもの―書ききれなかったことなど)
http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/2011/04/hikkii257-4fb9.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ●《響きと怒り》「週刊ヒッキイ」読者のお便り
  ↓(あなたのご意見ご感想をお寄せください)↓
  http://form.mag2.com/pochevouph
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ━読者のお便り募集中!━ 読者のお声が聞きたい私です。
 ━お友達にも紹介してね!━ 新しい読者を求める私です。
 ━<左利きムーヴメント>宣言!━ 仲間が欲しい私です。
------------------------------------------------------------
左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii/発行:レフティやすお
 発行『まぐまぐ!』http://www.mag2.com/ 
読者登録解除(配信中止) http://www.mag2.com/m/0000171874.htmlhttp://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/mm-hikkii.html
ご感想はこのメルマガに「返信」するか『左組通信』メールへ
 → http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/an.mail.html 
Copyright(c) 2005-2011 by L.YASUO

★もう一つのメルマガ★
『古典から始める レフティやすおの楽しい読書』
2011(平成23)年4月30日号(No.56)-110430-簡素で高貴な生活
『ウォールデン 森の生活』H・D・ソロー
http://archive.mag2.com/0000257388/20110430120000000.html
--

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

RSSを登録する
発行周期 月二回(第一・第三土曜日)
最新号 2018/07/07
部数 226部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

RSSを登録する
発行周期 月二回(第一・第三土曜日)
最新号 2018/07/07
部数 226部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング