左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii 第201号「左利きのお子さんを...<特別編>」


カテゴリー: 2009年12月12日
前人未到 第202号!《日本唯一》の左利きメルマガ「週刊ヒッキイ」
◆2009年4月 東京書籍発行『左利きの子』「参考資料」欄に掲載!
http://www.amazon.co.jp/dp/4487803799/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22
◆2008年12月発売の『左利きの人々』渡瀬けん/著(中経の文庫)
「参考サイトその他」欄に「週刊ヒッキイ」が掲載されました!
http://www.amazon.co.jp/dp/480613256X/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22
◆2007年12月、雑誌『R25』メルマガ『親力』で紹介されました!
http://r25.jp/b/honshi/a/ranking_review_details/id/1112007120616
http://archive.mag2.com/0000119482/20071227011750000.html
┏【おまけコーナー】--------------------【左利きのカメラ】┓
{11/30}ユニークな形状のデジタル一眼レフカメラ「Nova DSLR」
―アメリカのデザイナーErin Fong氏が製作した“羽がついている
かのようなデザインのカメラ。ハンドル部分が自由に動かせるので、
使用状況に合わせて好きな持ち方ができ、ワンハンドルでの使用も
可能。レリーズボタンの位置を自由に変えたいという人にはいいか
もしれません”という。もちろん左利き・左手でも使用可能。これ
ぞ、発想力の賜物です! できれば誰でも使えるコンパクトカメラ
でも欲しいですね。たとえばピストルのような形状のもの(例:サ
ンヨーの縦型ムービー・カメラ、ザクティXacti)でパネルを上に
展開すれば、右手でも左手でも使えるのでは? チャレンジを!
・左利きでもシャッターが楽に切れるデジタル一眼レフカメラ 
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20091130_nova_dslr/ 
┏【おまけコーナー】----------------------【左利きの調査】┓
{11/17}    NHK『天才てれびくん』で利き手の謎を調査
―11月17日放送分のNHK教育番組『天才てれびくん』「特命!天
てれ調査隊」で『どうして右手と左手は同じようにつかえないのか
?』が調査されたそうです。『なぜ人間には利き腕があるのか?』
という疑問を解決する、名古屋女子大学・坂野登教授。『右手と左
手を自由自在に同時に使うことが出来る』という音楽芸人・こまつ
さんや国学院大学・北本拓教授から左手を鍛える方法を聞く。
・11月17日放送分の天てれ感想
http://ttkworld.blog60.fc2.com/blog-entry-1052.html
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><

      左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii
 【左利きを考えるレフティやすおの左組通信】メールマガジン

><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><
 右利きにも左利きにも優しい左右共存共生社会の実現をめざして 
  左利きおよび利き手についていっしょに考えてゆきましょう!
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><

 第201号(No.201) 2009/12/12
      「左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ<特別編>」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
─目次― 

欄外 おまけ...【左利きのカメラ】一眼レフデジカメ「Nova DSLR」
欄外 おまけ...【左利きの調査】NHK『天才てれびくん』利き手...
 ▲左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ▲ ..第二土曜日掲載
  ―その16― 初めての生活技術(11)
   <特別編>原点に戻って―最初につまずかないこと
   または、左利き人間の生き方にはコツがある
 ▼次号案内▼
 ▼バックナンバーの閲覧▼
 ▼c(^0^)y レフティやすおの編集後記 ( ..)φ▼
欄外≪初歩的古典入門メルマガ「楽しい読書」第28号のお知らせ≫
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------------------ 
 ▲左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ▲ ..第二土曜日掲載
  ―その16― 初めての生活技術(11)
   <特別編>原点に戻って―最初につまずかないこと
   または、左利き人間の生き方にはコツがある
------------------------------------------------------------
   今回は<特別編>として、左利きの子供への対処について、
   もう一度少し異なる面から考えてみます。

   昨年末に出版され、右利きの人たちの間でも好評を得た
   『左利きの人々』(中経の文庫)の著者・渡瀬謙氏の新著、
   『内向型人間の人づきあいにはコツがある』(大和出版)
   は、ビジネスにおける人間関係の悩みに答える本です。
   これを読んでいましたところ、ここに示されている
   内向型の人が苦手とする人との付き合いをスムーズにする
   ための方策は、そのまま、左利きの人の生き方にも応用で
   きるのではないか、と思えたのです。

   そこで、この本を読みながら、
   私が共通すると感じた部分、応用できると思われる部分を
   ピックアップし、それぞれ考えを述べてみます。


 ――――――――――――――――――――
 ◆ 左利き人間の生き方にはコツがある ◆
 ――――――――――――――――――――

この本『内向型人間の人づきあいにはコツがある』の帯には、

 「あなたは、あなたのままでいい!」

と、キャッチ・コピーが印刷されています。

これは、このまま私も拝借しようと思います。

 「左利きのあなたは、左利きのあなたのままでいい!」

のです。

ここで、私は「左利きの人」と書きましたが、
これは単に狭義の「左利き」―利き手テストの分布図で
左側に大きく偏った強度の左利き―の人に限らず、
「左利きの要素を持った人全般」―利き手テストの分布図で、
中央に位置する人たち、一般に「両利き」と呼ばれたりする
「利き」が混合しているような人たち、
簡単に言えば、一様な「右利き」ではない、という
「非右利き」の人たちも含めての意味です。


人は、誰でも自分の利き側に応じた生き方をすればよい、
ということです。

手が右利きでも足が左利きなら、それに合わせて。
また、文字は右手でも箸は左手なら、それはそれで。

右利きの人が、右利きのままで生きているように。

社会の在り方がどうであるとか、人がどう言うとか、
だから左は損だ右が得だとか、
そういった外的な条件は一切気にせず、
自分自身の内的な条件に合わせて生きるべきなのです。


 ―――――――――――
 ◆ 考え方を変える ◆
 ―――――――――――

「はじめに/内向型の性格は、決してデメリットではない」
のなかで、
営業には向かない人付き合いの苦手な内向型の著者が、
どうしてリクルートでトップ営業マンになれたのか、
その理由を述べています。

「じつは、性格を変えたのではなく、考え方を変えたのです」
と太字で印刷されています。

持って生まれた性格を変える、というのは、
なかなか難しいものです。

血液型性格占い、というのがあります。
A型は几帳面、B型は偏屈、O型は社交的…とかなんとか。

本当かどうかはわからないのですが、
なんとなく当たっているような気がするところが人気です。

そのように決め付けられるほど、
持って生まれた性格というものは不変なもののようです。


で、
左利きにおいても、重要なのはここだ、と思います。

左利きというのも持って生まれた性質で、
元々変えるのが難しいというか、できない性質です。

それなら、左利きという性質を変えるのではなく、
考え方を変えてみるのです。


 ――――――――――――――――
 ◆ こう考えればうまくいく! ◆
 ――――――――――――――――

本書は、序章をへて第1章から5章まで、
「こう考えればうまくいく!」という、39の助言を行っています。

左利きに共通する項目、応用できる項目を列挙してみましょう。


1.
もって生まれた性格は簡単には変えられないことを知っておこう
↓
もって生まれた性質は簡単には変えられないことを知っておこう
(これはすでに述べました。)

2.
性格ではなく、やり方を変えてみよう
↓
性質ではなく、やり方を変えてみよう
(性質を変えるのではなく、
 自分に合った方法を考えよう、ということです。)

3.
もう、自分にムリするのはやめよう
↓
(無理やり自分をまわりの状況に合わせるのはやめよう。)

4.
自分をじっくり観察することからスタートしよう
↓
(自分の性質を見極めよう、ということです。
 自分の利き手や利き足・利き目はどうなのか、
 利き手は左でも、動作によっては右手でないとできない
 ということもあるかもしれない、などなど…)

5.
性格の違いによし悪しはない
↓
利き手の違いによし悪しはない
(利き手の違いは、その人の持って生まれた性質の違いであり、
 例えて言えば、体格の違い、背の高い低いというようなもので、
 どちらがいいとか悪いとかいう問題ではないのです。
 確かに背が高いほうが見場がいい、と思う人もいるでしょう。
 でも、だからといって背の高い方がいい人だ、とは限りません。
 ましてや―わかりきったことですが―、
 人間の価値は、背の高さでは決まりません。
 右利きや左利きの違いも同じです。)


 ――――――――――――――――――
 ◆ できないことより、できること ◆
 ――――――――――――――――――

すこしとびます。

10.
神経質な性格を逆手にとろう
↓
自分の性質を逆手にとろう
(自分の持っている性質を見極めて有効に活用しよう、
 ということです。
 人間には長所と短所があります。
 自分の持っている利き側の性質に合わせて、
 時に左右を使い分けしてみる、ということも現実的で、
 有効な対処法です。)

12.
苦手な分野は避けて通ってもかまわない
↓
(左利きでは不便なこと、不向きなことも多々あります。
 無理にやらなければならないことはありません。
 できないことはできない、でいいのです。)

14.
備えがあれば、たいていのことは対応できる
↓
(ものごとは、あらかじめ起こりそうな事態を予想して、
 そのための準備をしておく事が大事です。
 たいていのことは何とかなるものです。
 先の「苦手なことは避ける」という教訓に順ずることです。
 たとえば、右手用のハサミが使えないとすれば、
 使えるように努力する必要はありません。
 そういう状況に陥ってもよいように、
 左手用を常に準備しておけばよいのです。)

15.
できないことよりも、できることにフォーカスしよう
↓
(先の「苦手なことは避ける」という教訓に順ずることです。
 できないことにこだわって、自分を貶めるのではなく、
 できることを伸ばしてゆくことで、自信をつけることが大事です。
 何事にも積極的に取り組んでゆく人こそ、
 価値のある人と評価されます。
 そういう自信をつけるためには、
 まずできることを積み重ねてゆくことです。)


 ――――――――――――――――――――
 ◆ 一見異なる分野の助言でも役に立つ ◆
 ――――――――――――――――――――

この辺で半分ほどになります。

残りの半分はまた次回ということにしましょう。

まだまだたくさんの教訓となるような、
おもしろい考え方が披露されています。


人間は「カベ」にぶつかることで、
初めて「考える」という作業を始めるものです。

しかし、あらかじめわかっていることもたくさんあります。

「カベ」にぶつかった時にどう対処すればよいのか、
たいていのことなら、
すでに多くの先人たちが様々な方法を考案しているものです。

一見、異なる分野の助言に見えても、
その奥にあるものは、普遍的な真実を含んでいるものです。

私たちは、そういう情報を活用することで、
確実によりよい生活をエンジョイできるようになっているのです。

有効に活用しましょう。


 ―――――――――――――
 ◆ 「強化の条件付け」 ◆
 ―――――――――――――

何事も最初につまづかないことが、人生における成功の秘訣です。
   
「失敗は成功の母」という言葉もありますが、
最初の失敗は、人の心をくじきます。やる気を奪います。

特に子供の場合は、原因が理解できないまま、
自信喪失につながり、取り返しの付かないことになりかねません。

子供は小さい頃のことなど覚えていない、と考えがちですが、
実際には、無意識のうちにトラウマになっている
ということがよくあります。


発達心理学でも、「オペラント条件づけの原理」というようで、
行動の結果が良い場合は、その行動をくり返す(強化)。
しかし、結果が悪いと、行動をやめる(弱化)そうです。

たとえば、落書きした場合、
上手に描けたねと褒められたら、また描こうというのが、
「強化の条件付け」。
叱られたからもうやめよう、としょんぼりするのが、
「弱化の条件付け」。

さらに、強化にも「正の強化」と「負の強化」があり、
たとえば、お手伝いをする場合でも、
「褒められたから、自分から進んでもっとやろう」という
積極的な態度に変える場合が、「正の強化」で、
「叱られるからやろう」という消極的な態度の場合が、
「負の強化」です。


良い結果を積み重ねる、よい結果につながるように誘導する、
そうして、よい循環に繋げて行く。

「弱化」ではなく、「強化」を。
「負の強化」ではなく、「正の強化」を、と心掛ける。

これが大切ではないでしょうか。


※ 参考文献
『内向型人間の人づきあいにはコツがある』渡瀬謙/著 
 大和出版(2009)
http://www.amazon.co.jp/dp/480471748X/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22
『面白くてよくわかる!発達心理学』林洋一/著
 アスペクト(2009)
http://www.amazon.co.jp/dp/4757216831/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22


------------------------------------------------------------
 ▼次号案内▼
------------------------------------------------------------
 第202号(No.202) 2009/12/19 
 「<左利きムーヴメント>宣言!(6)
 【2009年を振り返って】(後)」(予定)

内容:
 ━<左利きムーヴメント>宣言!━ ..第一土曜日掲載
 <左利きムーヴメント>宣言!(6)【2009年を振り返って】(後)
   第三土曜日掲載「名作の中の左利き」は、お休みとし、
   「<左利きムーヴメント>宣言!(6)【2009年を振り返って】
   (後)」をお送りします。
   7-12月にはどのような左利きニュースがあったでしょうか。

<左利きムーヴメント> "THE LEFTHANDER'S MOVEMENT"
左利き・利き手/利き側の違いの問題を社会全体で考えましょう!

------------------------------------------------------------
 ▼バックナンバーの閲覧▼
------------------------------------------------------------
(バックナンバーは以下のページからご覧ください。)
・『まぐまぐ』のバックナンバー・ページ
http://archive.mag2.com/0000171874/index.html 
・『左組通信』「週刊ヒッキイ」のページ
http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/mm-hikkii.html
(最新のバックナンバー一覧号)
第194号(No.194)2009/8/29夏季臨時増刊「既刊号一覧2009年前期」
http://archive.mag2.com/0000171874/20090829074000000.html
------------------------------------------------------------
 ▼c(^0^)y レフティやすおの編集後記 ( ..)φ▼  
------------------------------------------------------------
 今週は左利き仲間で友人でもある渡瀬謙さんの新著『内向型人間
の人づきあいにはコツがある』をネタに使わせてもらいました。こ
の本の前著『内向型営業マンの売り方にはコツがある』に関して、
内向型の人と左利きの人には共通点がある、という話をしていまし
た。彼も私もそうでした。左利きで内向型。もちろん左利きの人の
すべてが内向型の性格だというわけではありません。しかし、左利
きであるがゆえに、つい後ろに引いてしまう、そういう性格になる
ということはあると思うのです。少なくとも昔はそういう傾向にな
らざるを得ない部分があったように思います。ということで、この
本を読んだときも最初に感じたのが、左利きへの応用でした。今回
はまだ半分ぐらいまでです。まだ後半分の中にも、お話したくなる
ような助言があります。そこで来年になってしまいますが、もう一
回お世話になりたいと思います。読書の皆様もお付き合いください。

では、次週?まで、さいならサイナラさいなら /~~~

 ━読者のお便り募集中!━ 読者のお声が聞きたい私です。
 ━お友達にも紹介してね!━ 新しい読者を求める私です。
 ━<左利きムーヴメント>宣言!━ 仲間が欲しい私です。
------------------------------------------------------------
左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii/発行:レフティやすお
 発行システム:『まぐまぐ!』http://www.mag2.com/ 
読者登録の解除(配信中止)はこちら
 → http://www.mag2.com/m/0000171874.htmlhttp://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/mm-hikkii.html
ご感想はこのメルマガに「返信」するか『左組通信』メールへ
 → http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/an.mail.html 
Copyright(c) 2005-2009 by L.YASUO
------------------------------------------------------------

 ◆ 初歩的古典入門古典の名作名著を楽しむための入口メルマガ
      「レフティやすおの楽しい読書」第28号のお知らせ ◆

第28号は、引き続き
「私の読書論-8-年の数ぐらいのオススメ本を持とう」
をお送りします。

自分の本棚(ライブラリー)を持ち、その内容を充実させる。
その時できれば、自分のその時その時の年齢分ぐらいの冊数の
人に自信を持ってオススメできる本を持っていたいものです。

 2009(平成21)年12月15日号(No.28)-091215-
 「私の読書論-8-年の数ぐらいのオススメ本を持とう」

*『レフティやすおの作文工房』「別冊編集後記」
2009.12.15(予定)
「私の読書論-8-年の数ぐらいのオススメ本を持とう」
 ―第28号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/

※ 登録及び解除(配信中止)は、こちら ↓
http://www.mag2.com/m/0000257388.html
『左組通信』「レフティやすおの楽しい読書」のページ
http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/tanosiidokusho.html
---

ついでに読みたい

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

RSSを登録する
発行周期 月二回(第一・第三土曜日)
最新号 2017/02/18
部数 243部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。 平成24年より投資顧問業(助言)を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 2016年12月1日『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』が日本実業出版社より発売!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

へなちょこ社長中松のだるだる日記
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年1月現在8400人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額900億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 テリー伊藤のまる金ライダー8に毎週、代表の峯島がコメンテーターでレギュラー出演中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング