左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii 第180号「名作の中の左利き(2)『黄金虫』ポー」


カテゴリー: 2009年05月16日
★ 祝 ★【創刊三周年】 「石の上にも三年」…がんばりました!
前人未到 第180号! <日本一>の左利きメルマガ「週刊ヒッキイ」
◆2008年12月発売の『左利きの人々』渡瀬けん/著(中経の文庫)
「参考サイトその他」欄に「週刊ヒッキイ」が掲載されました!
http://www.amazon.co.jp/dp/480613256X/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22
◆2007年12月、雑誌『R25』メルマガ『親力』で紹介されました!
http://r25.jp/b/honshi/a/ranking_review_details/id/1112007120616
http://archive.mag2.com/0000119482/20071227011750000.html
●発行部数300部ピンチです! お友達にもオススメください!
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><

      左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii
 【左利きを考えるレフティやすおの左組通信】メールマガジン

><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><
 右利きにも左利きにも優しい左右共存共生社会の実現をめざして 
  左利きおよび利き手についていっしょに考えてゆきましょう!
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><

 第180(No.180) 2009/5/16
                    「名作の中の左利き(2)『黄金虫』ポー」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
─目次― 
新コーナー
 ≪左利き学入門≫ ■名作の中の左利き■ ..第三土曜日掲載
  ―その2―『黄金虫』エドガー・アラン・ポー
 ▼レフティやすおのサイト案内▼・・更新情報・・
 ▼次号案内▼
 ▼バックナンバーの閲覧▼
 ▼c(^0^)y レフティやすおの編集後記 ( ..)φ▼
欄外≪初歩的古典入門メルマガ「楽しい読書」第17号のお知らせ≫
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

------------------------------------------------------------
新コーナー
 ≪左利き学入門≫ ■名作の中の左利き■ ..第三土曜日掲載
  ―その2―『黄金虫』エドガー・アラン・ポー
------------------------------------------------------------ 
   この作品の前半宝探し編を面白くさせているのは、黒人の従
   者が左と右を取り違えるというミスを犯すところでしょう。
   実はこの男は左利きだったのです…。


 ―――――――――――――――――
 *** ポーの名作『黄金虫』から ***
 ―――――――――――――――――

  「じゃ、ちゃんとやれよ―されこうべの左の目を見ろ」
  「いや、はや! おったまげた! 目なんて残ってねえでが
  す」
  「この馬鹿者! おまえは自分の右手と左手の区別がちゃん
  とできるんだろうな」
  「そんりゃもう―そんなことぐれえ、もうちゃんとわかっと
  るでがす―おらが薪さ割るほうの手が左手で」
  「なるほど! おまえは左ききだったな。とすると、おまえ
  の左目はおまえの左手とおなじ側にあることになる。あ、こ
  れでされこうべの左の目が見つかるはずだ―むかし左の目が
  あった場所が見つかるはずだ。見つかったか?」
   長い沈黙のすえに、黒人の声がきき返してきた。
  「しゃれこうべの左目っちゅうもんは、やっぱし、しゃれこ
  うべの左手といっしょの側にあるべか? なにせ、しゃれこ
  うべちゅうやつには手ってものがさっぱりねえもんで―なに、
  心配なか!―左目さ見つけたでがす―さあ、こいつあ左目だ
  べ! これをどうするとで?」 

    ポオ/作 八木敏雄/訳「黄金虫」より
    『黄金虫・アッシャー家の崩壊 他九篇』岩波文庫(2006)


元奴隷の黒人の下僕ジュピターと主人ルグランドの会話です。


 ―――――――――――――――――――――――
 *** 左と右を間違うと失うものは大きい…? ***
 ―――――――――――――――――――――――

この作品は世界的名作でもあり、広く読まれている小説です。

推理小説の創始者とも言われるポー(ポオ)の
「モルグ街の殺人」とともに推理小説の元祖的な作品でもあり、
詳しいあらすじは不要でしょう。
また、ネタ晴らしをしてもよいかとも思います。

前半はこの宝探しです。

その昔、カリブ海を荒らしまわった
海賊キャプテン・キッドは奪った財宝の数々をどこかに隠した。
その財宝の隠し場所を暗号で記した紙片をルグランドが
偶然手に入れた所から話は始まります。
そして、ルグランドと語り手の私と、
手伝い役のジュピターの三人が宝探しを始めるのですが…。

結局、宝物は見つかりません。
暗号を見事に解いたと思ったのに…。

しかし、そのとき、ルグランドは気付きます。

ジュピターが右と左を間違っていたら…。

そうです、間違っていたのです。
改めて、左目から計測すると…。
正解でした!

後半はこの暗号の謎解き編になります。


 ―――――――――――――――――――――
 *** 左利きの人は右と左をよく間違う? ***
 ―――――――――――――――――――――

左利きの話題の一つに、
右と左を取り違えることが多い、というものがあります。

<左利きプチ・アンケート>
第8回 04.9.12 左と右を間違うことがありますか

でも扱っています。

一般に左利きの人は、言葉の上で、

 右のつもりで「左」と言い、
 左のつもりでつい「右」と言ってしまう

すなわち、頭の中のイメージと言葉が食い違う。

あるいは、動作を伴う場合も、

 右手を示しながら「左」と言い、
 左手を示しながら「右」と言ってしまう

と言うように、身体の動きと言葉が入れ違う。

そういう経験が度々ある、といいます。


私もよくやるミスなのですが、
これって本当に左利きの人に特有のものなのでしょうか。

必ずしも左利きの人に限ったことではない
ような気もするのですが…。

しかもこれは、小さい頃に「右手変更指導」を受けた人に多い、
という説もあります。

これも本当のところどうなのか、
あまり確度の高い調査がないようで、私は納得できないのですが。


 ―――――――――――――――――――
 *** 右と左を間違う理由―箸と茶碗 ***
 ―――――――――――――――――――

子供の場合は特に左利きに限らず、よく間違うものです。
でも、いつしか成長の過程で身につけます。

ではこれは、知能の問題なのでしょうか。
私には難しいことはよくわかりません…。

左右を間違うことは左利きの専売特許だ、
と世間的には言われているようです。

もちろん、それも理解できます。


何しろ、子供に左右を教える方法といいますと、まずは、

 「お箸を持つのが右手、お茶碗は左手」

というのがあります。

これは、実に「明快」な教え方で、
それゆえに左手で箸を使う子にとっては、「迷惑」な話です!

これでは、左利きの子は右と左を間違えろ、
といわんばっかりです!


 ――――――――――――――――――――
 *** 右と左を間違う理由―左右の翻訳 ***
 ――――――――――――――――――――

さらに、もう一つ、間違いやすくなる理由は、

何かにつけて、新しい技術を身につける際の指導で、
右利き仕様の説明になりがちだ、というところにあります。

説明はほとんどの場合、

 右利きの子が右手で行うやり方に偏っている、

という事実があります。

そこで、左利きの子は、
自分の頭の中で、言葉の「左右」を入れ替えて
即ち「<右>→<左>、<左>→<右>」と翻訳して、覚えます。

「<右>手でこうして」という場面では、
「<左>手でこうして」と置き換えるのです。

こういうことを日常茶飯事的に行っているのですから、
ついつい右と左が入れ替わってしまっても致し方ありません。


 ――――――――――――――――――――――
 *** 右と左を間違う少年『左手のパズル』 ***
 ――――――――――――――――――――――

左と右を間違う少年、といえば、こんなお話がありました。

 『左手のパズル』萩尾望都/文 東逸子/絵 新書館(1995)
 ファンタスティックな絵物語。左利きの彼は右と左がわからない。
 その裏には隠された秘密があった…。左利きの彼の物語。
http://www.amazon.co.jp/dp/4403032028/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22

次回は、この少年のお話を―。

--
『黄金虫・アッシャー家の崩壊 他九篇』ポオ/作 
八木敏雄/訳 岩波文庫(2006)
http://www.amazon.co.jp/dp/4003230639/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22

* レフティやすおの左組通信
<左利きプチ・アンケート>
第8回 04.9.12 左と右を間違うことがありますか
http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/hg.enq008.html
左利きphoto gallery〈HPG2〉左利きの本だなぁ
「小説で読む左利き」
http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/hg.hph2.html
* 左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii
 ■名作の中の左利き■ 第1回
・第176号(No.176) 2009/4/18
「名作の中の左利き(1)『カラマーゾフの兄弟』」
http://archive.mag2.com/0000171874/20090418074500000.html
* レフティやすおの楽しい読書
2008(平成20)年9月号(No.10)-080930-
『黄金虫』海賊ゴッコから探偵ゴッコへ
http://archive.mag2.com/0000257388/20080930074500000.html
*『レフティやすおの本屋』支店「海外名作文学館 英米文学」
http://myshop.7andy.jp/md_fair/foreignbooks/lefty-yasuonohonya/-/shelf_id/08
左利きの本棚/小説で読む左利き
http://myshop.7andy.jp/myshop/lefty-yasuonohonya/-/shelf_id/02

------------------------------------------------------------
 ●レフティやすおのサイト案内●・・更新情報・・
  ―今週更新された主な記事―
------------------------------------------------------------
・左利きを考える レフティやすおの左組通信
 http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/
・レフティやすおのお茶でっせ
 ◆『モノ・マガジン』2008.2.2号(No.598)「特集・左利きグッズ
  大図鑑」で紹介されました
 ◆日経BPnet SJの親野智可等先生の連載コラム『父親のための親
 力養成塾』第45回「左利きを直す必要はない」で紹介されました
5.12 左利きプチ・アンケート第60回将来どんな社会になれ... 
 http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/ 
・レフティやすおの本屋
 http://myshop.7andy.jp/myshop/lefty-yasuonohonya  
・レフティやすおの新しい生活を始めよう! 
「お茶でっせ」より左利き記事 1本転載 
 http://blog.goo.ne.jp/lefty-yasuo/ 
・レフティやすおの作文工房
5.15 その2―読書の三種類(続)―第17号「楽しい読書」別冊編
集後記
 http://ameblo.jp/lefty-yasuo/ 
・左利きの願い事―左組掲示板
http://8821.teacup.com/leftyyasuo/bbs
・新『左利きを考える レフティやすおの左組通信』掲示板
http://lefty-yasuo.green.coocan.jp/

------------------------------------------------------------
 ▼次号案内▼
------------------------------------------------------------
 第181(No.181) 2009/5/23 
 「<左利きプチ・アンケート>第61回」(予定)

内容:
 ●<左利きプチ・アンケート>● ..第四土曜日掲載 
  第61回 左利きに関する本を読みますか?
 
  昨年末あたりから、また左利きに関する本があれこれと出てい
  ます。うれしいことです。でも最近は、本を読む人が減ってい
  るともいいます。情報源として本を利用する人が確実に減って
  いるように思います。あなたは左利きの本を読みますか?

------------------------------------------------------------
 ▼バックナンバーの閲覧▼
------------------------------------------------------------
(バックナンバーは以下のページからご覧ください。)
・『まぐまぐ』のバックナンバー・ページ
http://archive.mag2.com/0000171874/index.html 
・『左組通信』「週刊ヒッキイ」のページ
http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/mm-hikkii.html
(最新のバックナンバー一覧号)
・第148号 2008年夏季臨時増刊「既刊号一覧2008年前期」
http://archive.mag2.com/0000171874/20080830074500000.html
・第165号 2009/1/31冬季臨時増刊号「既刊号一覧2008年後期」
http://archive.mag2.com/0000171874/20090131074500000.html
------------------------------------------------------------
 ▼c(^0^)y レフティやすおの編集後記 ( ..)φ▼  
------------------------------------------------------------
 もう一つのメルマガ「楽しい読書」を今月から月二回の発行とし
ました。別に余裕があるというわけではなく、単に書きたいことが
あったから、にすぎません。こちらのメルマガでも本に関する情報
を色々と書くようになりました。今回のシリーズ「名作の中の左利
き」もそうです。「本が友達」な私には、本について書くことが今
一番の楽しみです。昔はもう少し色々な楽しみがあったように思い
ます。でも年々好奇心が薄れてくるのか、目新しいことに気を惹か
れることが少なくなるようです。そういうなかで、本が一番です。
なんといっても本の魅力は、自分のペースで対することができる点
にあります。本は待ってくれますから。不平も言いません。怒りも
しません。逃げも隠れもしません。ただじっとこちらがその気にな
るまで待ってくれます。けなげなものです。テレビにしろ、ネット
にしろ、ドンドン流れてしまいます。ゲームでも勝手にゲームオー
ヴァーになってたり、動けなくなったりします。もちろん、人はと
なると、全く思うようには行きません。こちらがいいときは向こう
がダメだったり、向こうの都合のいいときはこっちがダメだったり
します。生き物を育てるのも同じです。何ものにも替えることので
きない、かけがえのない感動はありますが、こっちの思うようには
育ってくれません。その点、本は最高! 人生最高の友達です。

では、次週まで、さいならサイナラさいなら /~~~

 ━読者のお便り募集中!━ 読者のお声が聞きたい私です。
 ━お友達にも紹介してね!━ 新しい読者を求める私です。
 ━<左利きムーヴメント>宣言!━ 仲間が欲しい私です。
------------------------------------------------------------
左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii/発行:レフティやすお
 発行システム:『まぐまぐ!』http://www.mag2.com/ 
読者登録の解除(配信中止)はこちら
 → http://www.mag2.com/m/0000171874.htmlhttp://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/mm-hikkii.html
ご感想はこのメルマガに「返信」するか『左組通信』メールへ
 → http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/an.mail.html 
Copyright(c) 2005-2009 by L.YASUO
------------------------------------------------------------

 ◆ 初歩的古典入門古典の名作名著を楽しむための入口メルマガ
      「レフティやすおの楽しい読書」第17号のお知らせ ◆

第17号は、GW特別編「私の読書論」の続編です。

前回は、三通りの読書法について書きました。
今回はその一番目、
(イ)楽しみとしての読書(1)感じる読書(一)暇つぶしの読書
について―。

今月から月二回の発行とします。
月の前半で「私の読書論」といった読書エッセイを、
後半では、従来どおりの古典の名作・名著の作品紹介を、
と考えています。

よろしくお願い致します。

 2009(平成21)年5月15号(No.17)-090515-
  私の読書論―その2―読書の三種類(続)

*『レフティやすおの作文工房』「別冊編集後記」
2009.5.15 その2―読書の三種類(続)
 ―第17号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10260789345.html

※ 登録及び解除(配信中止)は、こちら ↓
http://www.mag2.com/m/0000257388.html
『左組通信』「レフティやすおの楽しい読書」のページ
http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/tanosiidokusho.html
---
・「まぐまぐ!」発行全メルマガ中でのランキング履歴:
 ↓「メールマガジンのランキング屋さん」
http://pro.que.ne.jp/magzine/mag2/search/search.cgi?index=0000171874
---

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

RSSを登録する
発行周期 月二回(第一・第三土曜日)
最新号 2017/09/16
部数 238部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

RSSを登録する
発行周期 月二回(第一・第三土曜日)
最新号 2017/09/16
部数 238部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者7000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング