左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii 第176号「名作の中の左利き(1)『カラマーゾフの兄弟』」


カテゴリー: 2009年04月18日
★ 祝 ★【創刊三周年】 「石の上にも三年」…がんばりました!
前人未到 第176号! <日本一>の左利きメルマガ「週刊ヒッキイ」
◆2008年12月発売の『左利きの人々』渡瀬けん/著(中経の文庫)
「参考サイトその他」欄に「週刊ヒッキイ」が掲載されました!
http://www.amazon.co.jp/dp/480613256X/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22
◆2007年12月、雑誌『R25』メルマガ『親力』で紹介されました!
http://r25.jp/b/honshi/a/ranking_review_details/id/1112007120616
http://archive.mag2.com/0000119482/20071227011750000.html
┏【おまけコーナー】----------------------【左利きの雑誌】┓
{4/14} 『週刊そーなんだ!3訂版全国版』2009年4月28日号
マンガでわかる不思議の科学【第28号】デアゴスティーニ・ジャパ
ン発行●なるほど調査隊(よく使うのはどっちの手?/なぜ右きき
と左ききの人がいるの?)―子供向け週刊科学雑誌で左利きの話題
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><

      左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii
 【左利きを考えるレフティやすおの左組通信】メールマガジン

><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><
 右利きにも左利きにも優しい左右共存共生社会の実現をめざして 
  左利きおよび利き手についていっしょに考えてゆきましょう!
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><

 第176号(No.176) 2009/4/18 
             「名作の中の左利き(1)『カラマーゾフの兄弟』」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
─目次― 
欄外 おまけ...【左利きの雑誌】『週刊そーなんだ!』4月28日号
新コーナー
 ≪左利き学入門≫ ■名作の中の左利き■ ..第三土曜日掲載
  ―その1― ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』
 ▼レフティやすおのサイト案内▼・・更新情報・・
 ▼次号案内▼
 ▼バックナンバーの閲覧▼
 ▼c(^0^)y レフティやすおの編集後記 ( ..)φ▼
欄外≪初歩的古典入門メルマガ「楽しい読書」第15号のお知らせ≫
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 《NEW!》今月から第三土曜日は新コーナーを始めます。

  名作に登場する「左利き」さんの姿を紹介したり、
  名作の中の「右利き」さんや「利き手/足/側」、
  「左手・右手」などにまつわるお話を紹介しながら、
  「左利き」や「利き手」について考えてみよう、
  というコーナーです。

------------------------------------------------------------
新コーナー
 ≪左利き学入門≫ ■名作の中の左利き■ ..第三土曜日掲載
  ―その1― ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』
------------------------------------------------------------ 
新訳本がベストセラーにもなった、ドストエフスキーの名作
『カラマーゾフの兄弟』に登場する左利きさんについては、
以前本誌でも「左利き講座<左利きQ&A>(19)
鞄の持ち方で利き手がわかる?」で取り上げました。
では今回は、どんな観点から取り上げましょうか…?

 ・・・

  「僕が君みたいな鞄をさげていたころには、右手ですぐ出せ
  るように、鞄を左側にさげていたもんだよ。君は鞄を右側に
  さげてるけど、それじゃ出しにくいだろ」 [...]
  「だって、そいつは左ぎっちょだもの」 [...]
  「石を投げるのも、ぎっちょだよ」...
     ドストエフスキー/著『カラマーゾフの兄弟(上)』
      原卓也/訳 新潮文庫
      (昭和54年発行/平成16年改版/平成18年62刷)
  「第二部/第四編 病的な興奮/三 中学生たちとの結びつき」
   434p


カラマーゾフ家の三男アリョーシャは、子供好きで
子供を見るとつい声をかけたくなるという人物。

しかも、子供に気軽に話しかけて仲良くなるのも上手。

その作戦の一つが、先に掲げた一文です。


さて、ここで、
この訳者・原卓也は「左ぎっちょ」と訳しています。


一時期ベストセラー・リストをにぎわしました、
亀井郁夫の新訳本『カラマーゾフの兄弟』
では、この部分をこんなふうに訳しています。


  「君たちとおんなじようなカバンをぶらさげていたころ、ぼ
  くらは左から右にかけていたもんさ。右手ですぐに取り出せ
  るようにね。でも、君は右から左にカバンをかけているんだ
  ね。それって取り出しにくくない?」  [...]
  「だって、こいつ左利きだもん」 [...]
  「石を投げるのも左なんだ」 ...
     ドストエフスキー/著『カラマーゾフの兄弟(2)』
      亀井郁夫/訳 光文社古典新訳文庫
      (2006.11.20初版第1刷発行/07.8.10第6刷)
    「第2部/第4編 錯乱/3 小学生たちと知り合った」48p


もう一つ例を挙げてみましょう。 


  「僕が君たちと同じようにカバンをさげてたころには、みん
  なカバンを左側にくるようにかけてたもんだがねえ、右手で
  すぐに本がだせるからね。ところが君は右側にくるようにか
  けているけど、それでうまく本がだせるかねえ」 [...]
  「だってこいつ左ききなんだよ」 [...]
  「こいつは石を投げるんでも左なんだ」 ...
     ドストエフスキー/著「カラマーゾフの兄弟」(前半)
     小沼文彦/訳 筑摩世界文学全集39『ドストエフスキー
     II』(昭和49年1月10日初版第1刷発行)「第二部/第
     四編 感情の激発/三 小学生と近づきに」162p


今度は「左きき」です。


 ――――――――――――――――――
 *** 「ぎっちょ」は差別言葉か? ***
 ――――――――――――――――――

別に翻訳を比較研究するわけではありません。

ただ、左利きの表記の違いがおもしろいと感じたのです。

まず「左ぎっちょ」という言葉は、
一部では「差別(用)語」「放送禁止用語」とされています。

新聞社や放送局によって、この見解は異なるようです。

ある会社では「×」でも、
別の会社では「○」というケースがあるようです。


私は、子供の頃に差別のための言葉として使われて
嫌な思いをした経験があります。

二十代の若い頃(30年以上前)にも、
一部でそういう発言をする人がいました。

そのため、あまりいい思い出はありませんでした。

「差別(用)語」「放送禁止用語」とされるのも納得がゆきます。


 ―――――――――――
 *** 二通りの解釈 ***
 ―――――――――――

ところが、最近はめっきり聞かなくなりました。

そのせいか、このごろは考えが変わりました。

もうそろそろ「差別(用)語」「放送禁止用語」から
はずしてやってもいいのでは、と思うようになりました。


本来この言葉にも、ほめ言葉とする説と、
悪い意味の言葉とする説の二通りの解釈があります。

左利きの人は、
右利きの人のできないようなことができる器用な人だ、
という意味の「左=器用」がなまった、というもの。

もう一つは、
「不器用」を「ぶきっちょ」ともいうように、
この「ぶきっちょ」がなまったもの、という「不器用」説。


元々そういう風に、二通りの解釈ができる言葉であるのなら、
字面だけでは差別表現とは言い切れない、と思うからです。

本来、差別意識をなくすための方策として、
啓蒙のために広報的な意味合いで始められたのが、
これら「差別(用)語」「放送禁止用語」だったのでしょう。

それならば、一応の役目を済ませたものは、
除外してやってもいいように思います。


実際に上の例でも、
差別しようという意図で使われているわけではなく、
一般名詞として使われているだけではないでしょうか。


 ――――――――――――――――――
 *** 麻生首相の「ぎっちょ」発言 ***
 ――――――――――――――――――

以前、麻生首相がぶら下がり会見の席で、
記者が左手にペンを持っているのを見て
「おお、ぎっちょか」と声をかけたそうです。


asahi.com > ニュース > 政治国政記事
郵政見直し「内容こうしろと言う立場にない」5日の首相
http://www.asahi.com/politics/update/0205/TKY200902050332.html


これも、別にその記者を差別しての発言というものではなく、
「左利き」を意味する表現でしょう。

一概にはいえませんが、比較的年配者に多くみられるようです。

目ざとく見つけたこと、口に出したことをどう解釈するか、
という深読みの仕方もあるにはあるでしょけれど…。

さほど問題ではないはずですし、
実際に自民党嫌い、反権力と目されているA新聞等も
問題視しませんでした。

(えっ、左利きの問題自体を相手にしていないって? 
ウーン、それは問題?!)


 ――――――――――――――――
 *** 「左利き」と「左きき」 ***
 ――――――――――――――――

次に、「左利き」と「左きき」の表記の違い。

これはどういうことでしょうか。


圧倒的に前者「左利き」が多数派でしょう。
一般的な表現としてはこちらを書きます。

「左きき」のほうがネット検索でヒットする数でも
圧倒的に少ないのが実情です。


では、なぜこちらを使うのでしょうか。

子供にもわかりやすい、といった理由が考えられます。


しかし、ネットの書き込みなど見てみましても、
「左聞き/効き」などの誤変換が多数あります。

漢字にはそれぞれ意味があります。
そして、意味によって使い分けるのが普通です。

「聞き」だと、
声や音を「聞く」聴覚や人にものを聞く=訊ねる場合など、

「効き」だと、
薬の効き目などという、作用や効果を表します。

「利き」は、どちらかというと、
この「効き」に近いものがあります。

しかし、
漢字「利」の意味は、
「すらりと刃が通って、鋭いさま。」や
「都合よい」という意味があります。
(『スーパー大辞林』第三版)

一方、「効」では、
「ききめ、しるし、効能。」といった意味になり、
これは意味合いが異なります。


これは、一つは好みの問題でもあるかもしれませんが、
ごく一般的に「左利き」が標準的な表現でしょう。


 ―――――――――――――――――――
 *** ひらがなで書けばやさしいか? ***
 ―――――――――――――――――――

余談になりますが、

ひらがなで書けば「易しい=難しくない」表現になる
と私は、考えません。

かえって、あいまいな表現になってしまい、
時にはより難しいものにしてしまうこともある、と思います。

たとえば、「やさしい」。

これには、「心が優しい」という場合の表現と、
「問題が易しい」というときのそれとがあります。

(もちろん両者には、微妙に似通った部分、
共通する概念の部分もありますが。)

ただ「やさしい」だけでは、
この二つの「やさしい」のどちらの意味かわかりません。

文脈でわかるということもいえますが、
漢字を書き分けることで、よりわかりやすくなると思います。

しかも、
読むときの速さに影響が出てきます。

漢字だけを拾い読むことで、ある程度の意味が通じるのです。

漢字の効用です。

 ・・・

話がそれました。


「左利き」という表現が、

(「ぎっちょ」の使用をやめろ、とはいいませんが、)

一般的に使用する上では、何かと差し障りもなく、
一番わかりやすく、標準となっている言葉だろう、
翻訳の上でも、一番ふさわしいだろう、

というのが私の今回の結論です。


※ 参照:

 レフティやすおの左組通信
* <左利きプチ・アンケート>
第48回 「ぎっちょ」は差別的な言葉だと思いますか?
http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/hg.enq048.html
(現在の結果/コメント)
http://personal-dictionary.com/enq/view/enq.asp?EID=54688
* 左利きphoto gallery〈HPG2〉左利きの本だなぁ
「小説で読む左利き」
http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/hg.hph2.html
* 左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii
・第136号(No.136)2008/6/7「<左利きQ&A>(19)鞄と利き手」
http://archive.mag2.com/0000171874/20080607074500000.html
 ★左利き講座<左利きQ&A>★
 (19)鞄の持ち方で利き手がわかる?
  〜『カラマーゾフの兄弟』の中の左利き

ドストエフスキー/著
『カラマーゾフの兄弟(上)』原卓也/訳 新潮文庫
http://www.amazon.co.jp/dp/4102010106/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22
『カラマーゾフの兄弟(2)』亀井郁夫/訳 光文社古典新訳文庫
http://www.amazon.co.jp/dp/4334751172/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22
『ドストエフスキーII』(前半)小沼文彦/訳 筑摩世界文学全集39

------------------------------------------------------------
 ●レフティやすおのサイト案内●・・更新情報・・
  ―今週更新された主な記事―
------------------------------------------------------------
・左利きを考える レフティやすおの左組通信
 http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/
・レフティやすおのお茶でっせ
 ◆『モノ・マガジン』2008.2.2号(No.598)「特集・左利きグッズ
  大図鑑」で紹介されました
 ◆日経BPnet SJの親野智可等先生の連載コラム『父親のための親
 力養成塾』第45回「左利きを直す必要はない」で紹介されました
 http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/ 
・レフティやすおの本屋
 http://myshop.7andy.jp/myshop/lefty-yasuonohonya  
・レフティやすおの新しい生活を始めよう!  
 http://blog.goo.ne.jp/lefty-yasuo/ 
・レフティやすおの作文工房
 http://ameblo.jp/lefty-yasuo/ 
・左利きの願い事―左組掲示板
http://8821.teacup.com/leftyyasuo/bbs
・新『左利きを考える レフティやすおの左組通信』掲示板
http://lefty-yasuo.green.coocan.jp/

------------------------------------------------------------
 ▼次号案内▼
------------------------------------------------------------
 第177(No.177) 2009/4/25 
 「<左利きプチ・アンケート>第59回の経過」(予定)

内容:
 ●<左利きプチ・アンケート>● ..第四土曜日掲載 
  第59回

    <左利きプチ・アンケート>第59回のその後の経過は?

------------------------------------------------------------
 ▼バックナンバーの閲覧▼
------------------------------------------------------------
(バックナンバーは以下のページからご覧ください。)
・『まぐまぐ』のバックナンバー・ページ
http://archive.mag2.com/0000171874/index.html 
・『左組通信』「週刊ヒッキイ」のページ
http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/mm-hikkii.html
(最新のバックナンバー一覧号)
・第148号 2008年夏季臨時増刊「既刊号一覧2008年前期」
http://archive.mag2.com/0000171874/20080830074500000.html
・第165号 2009/1/31冬季臨時増刊号「既刊号一覧2008年後期」
http://archive.mag2.com/0000171874/20090131074500000.html
------------------------------------------------------------
 ▼c(^0^)y レフティやすおの編集後記 ( ..)φ▼  
------------------------------------------------------------
 色々と時間を取られ、今週は手抜きで行こうと考えました。せっ
かくの新コーナー第一回目、充実したものにしようと意気込んでい
たはずなのですが…、困ったものです。ボチボチと、中身の質をあ
げてゆくつもりです。もう少し見守ってください。
 今週は以上です。報告するべきことは色々あるのです。ブログの
ネタも一月の分から溜まっていますが、みんなほったらかしです。 
 あしからず!

では、次週まで、さいならサイナラさいなら /~~~

 ━読者のお便り募集中!━ 読者のお声が聞きたい私です。
 ━お友達にも紹介してね!━ 新しい読者を求める私です。
 ━<左利きムーヴメント>宣言!━ 仲間が欲しい私です。
------------------------------------------------------------
左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii/発行:レフティやすお
 発行システム:『まぐまぐ!』http://www.mag2.com/ 
読者登録の解除(配信中止)はこちら
 → http://www.mag2.com/m/0000171874.htmlhttp://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/mm-hikkii.html
ご感想はこのメルマガに「返信」するか『左組通信』メールへ
 → http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/an.mail.html 
Copyright(c) 2005-2008 by L.YASUO
------------------------------------------------------------

 ◆ 初歩的古典入門古典の名作名著を楽しむための入口メルマガ
      「レフティやすおの楽しい読書」第15号のお知らせ ◆

第15号では、SFの祖とも呼ばれる
ジュール・ヴェルヌの『地底旅行』を取り上げます。
『地底旅行』は、ヴェルヌの<驚異の旅>シリーズ初期の代表作
の一つであり、映画化もされた名作です。
ヴェルヌは、明治初期、
本国での刊行に遅れること数年というほぼ同時に翻訳が出版され、
西洋の諸科学を伝える啓蒙書的な意味合いもあり、
新時代の読み物として、広く読まれました。

戦後も一貫して、科学の預言者として、
ヒューマンな児童文学の書き手として、人気を博しています。

一方、フランス文学者としての文壇での地位は評価が低く、
その作品も一部の名作のみの紹介であり、
伝記・研究書もほとんど紹介されないまま、
不遇な状況が続いています。
ぜひ、この機会にヴェルヌの再評価をよろしくお願い致します。

 2009(平成21)年3月号(No.15)-090331-
 『地底旅行』ジュール・ヴェルヌ<驚異の旅>

*『レフティやすおの作文工房』「別冊編集後記」
2009.3.31(予定)『地底旅行』ジュール・ヴェルヌ<驚異の旅>
 ―第15号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10232720838.html

※ 登録及び解除(配信中止)は、こちら ↓
http://www.mag2.com/m/0000257388.html
『左組通信』「レフティやすおの楽しい読書」のページ
http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/tanosiidokusho.html
---
・「まぐまぐ!」発行全メルマガ中でのランキング履歴:
 ↓「メールマガジンのランキング屋さん」
http://pro.que.ne.jp/magzine/mag2/search/search.cgi?index=0000171874
---

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

RSSを登録する
発行周期 月二回(第一・第三土曜日)
最新号 2017/09/16
部数 238部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

RSSを登録する
発行周期 月二回(第一・第三土曜日)
最新号 2017/09/16
部数 238部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者7000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング