左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii 第150号「初めての生活技術(4)左利き編み物」


カテゴリー: 2008年09月13日
■―150号到達!『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』―■
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>< 

                    左利きで生きるには
          (レフティやすおの左組通信 メールマガジン)
                    週刊ヒッキイhikkii

><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><

 右利きにも左利きにも優しい左右共存共生社会の実現をめざして 
  左利きおよび利き手についていっしょに考えてゆきましょう!

><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><

        第150号(No.150) 2008/9/13 
       「初めての生活技術(4)左利き編み物」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
─目次― 
 ▲左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ▲ ..第二土曜日掲載
  ―その16― 初めての生活技術(4)左利き編み物
 〓左利き子育て( ..)φメモ〓 自分自身を肯定できる子供に!
 ▼レフティやすおのサイト案内▼・・更新情報・・
 ▼次号案内▼
 ▼バックナンバーの閲覧▼
 ▼c(^0^)y レフティやすおの編集後記 ( ..)φ▼
欄外 ≪初歩的古典入門メルマガ「楽しい読書」第9号のお知らせ≫
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

------------------------------------------------------------
 ▲左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ▲ ..第二土曜日掲載
  ―その16― 初めての生活技術(4)左利き編み物
------------------------------------------------------------

  もし古人が、あるいはだれかが、星について語らなかったら、
 星が夜道のたよりになることを、人はみずから経験するまで知ら
 ないであろう。経験は「語ること」を強い、語られた経験は技術
 となっていきる。...

    中野幸次/著『プラトン 人と思想・5』
               清水書院 Century Books(1967)
        「第II部 学の構成とその方法の成立」159pより

 ・・・

今回は、読者さんからお寄せいただいたお便りに基づき、
「左利きの編み物」について、考えてみましょう。

初めての具体的な生活技術の紹介が「編み物」というのは…、
と疑問を持たれるかも知れません。

まあ、これには特に意味はありません。

種を明かせば、
他にこれといった有力な情報の提供がなかったから、
というわけです。


 ―――――――――――――――
 ◆ 左利きでの編み物の方法 ◆
 ―――――――――――――――

編み物の技術が、生活技術としてどれほどの価値があるのか、
編み物について無知ゆえに、私にはなんともいえません。

必要不可欠な技術とはいえないかもしれませんが、
私のサイトでも
過去に左利きでの編み物の方法についての問い合わせが
あったことも事実ですし、
ネット上でも結構数多く取り上げられています。

必要なかたには(当然のことですが)、重要な情報です。

また、学校でお子さんが一つの授業として選択する
というケースも考えられます。

ここは一つ、しっかりと押さえておきたいところです。


実際に左利きの人たちがどのように編み物しているか、
を調べてみますと、
その方法は3パターンに分かれるようです。

(1)右利きの人と同じ方法
(2)左利きには左利きの方法がある―として
 (2A)右利きの人と全く逆の左右反転した方法
 (2B)部分的に<左利き>流を適当に取り入れる方法


一般的な意見としましては、

 (2A)「左右の手を逆に使い、反転させた図を利用する」

というアイデアが支持されているようです。

特に「左手でないとうまく行かない」という人にとっては
これが一番のようです。


左利きでは糸のよりが戻ってしまう、
といったことを書いているケースもあります。

実際にはどうなのか私にはなんともいえません。

しかし、
手芸・編物専門の出版社から
左利きでの方法として、左右が反転した形で紹介されている、
という事実に照らしまして、
まずは問題ないのではないか、と想像できます。


 ―――――――――――――――――――
 ◆ 右利きの人が教える場合の注意点 ◆
 ―――――――――――――――――――

さて、左利きの人に右利きの人が教える場合です。


【基本】(1)

 ◆ 向かい合って鏡写しのように教える


互いに向こう側とこちら側から
左右の手と手をつき合わせるようにして動きを真似るのです。

あるいは身体の動きを。


背後、もしくは横から直接手に手を取って教えようとしないこと、
これがポイントでしょう。

どうしても勝手が違うので、うまく行きません。


【基本】(2)

 ◆ 左右を反転させるとき、
  「翻訳」をどちらが行うかをあらかじめ決めておく


左右を反転させる教える場合、
左右の言葉の翻訳も含めて、どちらが反転して考えるのか、
教える側が翻訳するのか、
教えてもらうほうが自分で翻訳するのかを、
しっかりと決めておくことが、第二のポイントです。

さもないと左右の混乱が起き、収拾できなくなります。


【基本】(3)

 ◆ 根気よく粘り強く教える


何事でも同じですが、ものを教えるときは、
一に根気、二に根気、三四がなくて、五に根気です。

誰も始めは新人です。
最初からうまくできる人ばかりではありません。

ましてや利き手の「壁」があるのですから。


 ―――――――――――――――――――――――――――
 ◆ 日本ヴォーグ社「手づくりタウン」:かぎ針あみ編 ◆
 ―――――――――――――――――――――――――――

では、編み物の情報を―。

当方、編み物の経験がありませんので、全く知識がありません。
何がどうと問われても分からない状況ですので、
以下、サイトより拾った情報をただ列記するだけに留めます。


棒針編みは両手に棒を持つのに対して、
かぎ針編みでは片手にかぎ針を持つので、
左利きの編み方は、かぎ針編みのみの紹介となっています。

 ・・・

読者さんによりますと、
「思っていたより左右平等が進んでいる」といいます。


日本ヴォーグ社が運営する「手づくりタウン」というサイト 
http://www.tezukuritown.com/

のなかで、
各作業手順を右利きのやり方の図で一通りの説明の後、
動画を使って「右利きの場合」と「左利きの場合」との
両方を紹介しています。

 ↓

ホーム > 編む > 編み方の基本 かぎ針編み > まず初めに
http://www.tezukuritown.com/lesson/knit/basic/kagibari/index.html

 糸端の出し方  
 糸のかけ方  
 糸のかけ方(左利き用)  
 かぎ針の持ち方  
 かぎ針の持ち方(左利き用)  

 ↓

作り目の仕方
http://www.tezukuritown.com/lesson/knit/basic/kagibari/tukurime.html

 最初の目の作り方  
 鎖編みの作り目  
 最初の目の作り方(左利き)  
 鎖編みの作り目(左利き) 

 ↓

基本の編み方
http://www.tezukuritown.com/lesson/knit/basic/kagibari/howto.html

 細編みの編み方  
 細編みの編み方(左利き用)  
 細編みの2段目以降の編み方  
 細編みの2段目以降の編み方(左利き用)  
 長編み  
 長編み(左利き用)


 ――――――――――――――――――――――――
 ◆ まとめ―「動画でレッスン」:かぎ針あみ編 ◆
 ――――――――――――――――――――――――

―日本ヴォーグ社「手づくりタウン」より―

編み方が見て分かる「動画でレッスン」:かぎ針あみ編 
http://www.tezukuritown.com/special/0805doily/movielist.html


 ――――――――――――――――――――――――
 ◆ 左利きと右利きの人の写真を並列掲載する本 ◆
 ――――――――――――――――――――――――

次に、本の情報があります。

同じ日本ヴォーグ社から出版されている新刊(2008年3月、4月刊)


 ◆『日本ヴォーグ社の基礎BOOK かぎ針あみ』監修/今泉史子 
 
説明
 「かぎ針あみ」の基本の編み方がひと目でわかる大きなイラスト
 と、かぎ針あみが初めての人にもすぐに役立つテクニックがいっ
 ぱいです。ビギナーから経験者まで参考書として欲しい1冊です。 

エディターズレビュー
 ひと目でわかる大きなイラストとこれまで「その先が解からなか
 った」というところを解決しました。いつも手元に置いて欲しい
 1冊です。 

こちら↓のページから「立ち読み」ができます。(16ページ分)
http://book.nihonvogue.co.jp/search/searchDetail.do?productId=624

そのなかで、「編んでみましょう」や「わの作り目」のページで、
「右ききの人」「左ききの人」と両方の例を写真で添えています。


 ◆『日本ヴォーグ社の基礎BOOK かぎ針あみのモチーフ』
   監修/今泉史子 
 
説明
 大人気のモチーフつなぎの基礎本。初心者の方には編み方、つな
 ぎ方、糸の始末の仕方など基本となる技法を明確に解説。コマ送
 りをきめ細かくしたイラストで解説しているので先生に習ってい
 るかのように分かりやすい内容。ベテランの方にも技法を再確認
 していただくのに最適。左利きの方のためのワンポイントアドバ
 イスつき。 

エディターズレビュー
 カラフルなイラストで、疑問点を解決します。自己流で編んでい
 た方にも目からウロコの技法が満載です。モチーフが大好きな方
 にぜひお持ちいただきたい1冊です。 

こちら↓のページから「立ち読み」ができます。(16ページ分)
http://book.nihonvogue.co.jp/search/searchDetail.do?productId=3192

説明にも「左利きの方のためのワンポイントアドバイスつき。」
とありますように、
少しは左利きに対する目配りの利いた本になっています。
 

 ――――――――――――――――
 ◆ 左右差のない社会への一歩 ◆
 ――――――――――――――――

こちらは私も実際に書店で実物を見ました。
たとえ一枚二枚にしろ、
右利き用と並列で左利き用の写真を入れている点は、
画期的だと思いました。


従来は、右利き用の図版や写真があるだけでした。
せいぜい左利きについてのアドヴァイスが添えられているかどうか、
といったところ。

しかし、これらの本では、
始めの段階に右利き用と左利き用の二通りの写真が、
並べられているのです。


即ち最初から「左利きの人もいる」ということを想定している、
ということです。

「左利きの人は左手主導でやってくださいね」、
「それでいいんですよ」
という意思表示です。

残念ながら、
その後の展開は右利き用の図版のみとなっていますが、
現状ではこれは致し方ないところでしょう。

それでも、これは大きな一歩だと思います。


これらの情報が、左利きの人にとってどの程度の便宜となるのか、
私にはわかりません。

それでも、こうした本の存在や
動画による説明がなされたサイトが増えることは、
非常に喜ばしいことであり、大いに歓迎すべき傾向だと思います。

それに引きかえ、
実際に「左利きのニュース」として(左利き系のサイト等でも)、
こういう事実が報道されない現状というのは、残念なことです。

(これは私自身への自戒も込めた言葉です。)

 ・・・

冒頭に引用しましたように、

  経験は「語ること」を強い、
  語られた経験は技術となっていきる。

この世の中には、目立たずともがんばっている人たちがいます。

そして、実際に自分の経験を語る人たちがいます。
技術を伝えようと努力している人たちが…。

大事にしたいなあと思います。


※ 参考サイト:

-惑い星の惑い人-
・2006-09-14 [左利き] 左利きで編物
http://d.hatena.ne.jp/arbachev/20060914
・2006-01-06 [左利き] 編物
http://d.hatena.ne.jp/arbachev/20060106
 「中学生の時に初めてマフラーの編み方を母に教えてもらった。
 /編物に利き手があるとは露程も知らず、母が教えてくれるが侭
 に編んでいった。/高校生になって家庭科の授業で手袋を編むこ
 とになって、/そこで初めてみんなと逆だという事に気付いた。」
 「私が左利きで苦労した事がなかったのは、母が苦労してくれた
 から。/そして、親が苦労しなければ子供が苦労するという事を
 知り本当に感謝した。」

-3人産んでこうなりました-
・2008年8月29日 動画、あるじゃん!  [編み物]   
http://plaza.rakuten.co.jp/gabochan2007/diary/200808290000/
・2008年9月1日 テキストも有りました  [編み物]  
http://plaza.rakuten.co.jp/gabochan2007/diary/200809010000/

※ 参考文献:

・『日本ヴォーグ社の基礎BOOK かぎ針あみ
 大きな図解でわかりやすい80種のテクニック
 はじめての人にもよくわかる基礎の本』
  監修/今泉史子 (2008.3) 
http://www.amazon.co.jp/dp/4529044793/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22
・『日本ヴォーグ社の基礎BOOK かぎ針あみのモチーフ
 詳しい図解でわかりやすい70種のテクニック
 はじめての人にもよくわかる基礎の本』
  監修/今泉史子 (2008.4) 
http://www.amazon.co.jp/dp/4529045250/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22

*
『プラトン 人と思想・5』中野幸次/著 清水書院 Century Books
(1967)
http://www.amazon.co.jp/dp/4389410059/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22

※
 このシリーズ「左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ」は、
ウェブログ「レフティやすおのお茶でっせ」で始めた、左利きのお
子さんをお持ちの親御さんへの左利きの問題にどう対処すべきかに
ついての独断的アドヴァイス、および提案です。

・既発表分(その1〜6) ↓
『レフティやすおの左組通信』「レフティやすおの左利き私論3」
http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/hg.siron03.html
・「その7」以降 ↓
「週刊ヒッキイ」バックナンバー参照
・左手書字に関する考察
「―その13― 字は右手で書くものか?」
「左手で字を書く・実践編」
「―その14― 左手で字を書くために」 
 ↓
『―左組通信』
「左手で字を書くために―レフティやすおの左利き私論4―」
http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/hg.siron04.lhw.html

・「左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii」掲載分一覧
第135号 2008年初夏臨時増刊
「テーマ別BN3/左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ」
http://archive.mag2.com/0000171874/20080531074500000.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 〓左利き子育て( ..)φメモ〓 自分自身を肯定できる子供に!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
アリストテレスは、善い人とは以下のような人だという。

(1)自分のために善を願い
(2)自分の存在を肯定し
(3)自分自身と時を過ごし(自分に安らぎ)
(4)自己分裂をもたず
(5)悲しみも喜びもそのまま受け入れる

善い人はこの自己肯定を善い他者のうちに見い出し、
もう一人の自己として認め合い、互いに友となる。

「それゆえに、
自分を肯定できない人
 <左利きはいけないことだと思い込み>、
自分のうちに分裂をもつ人
 <右手を使うべきか左手を使うべきか思い悩み>、
自分を憎む人
 <自分は悪い人間で自分さえいなければ、
  親に心配をかけることもなく、人に迷惑を及ぼさないのに>
は、
自分自身を肯定できないだけでなく、友人を持つこともできない。」

と、岩田靖夫氏は、著書『いま哲学とはなにか』の中で
アリストテレスのフィリアー論を説明しています。
(<>内は、筆者補記)


私のサイトには、
「このサイトを見て初めて自分はひとりぼっちじゃないと分かった」
といった感想を寄せた方が過去に(複数)いらっしゃいました。

とても悲しい体験をされているようで、
少しでもお役に立てたのなら、よかったなあ…、
という気持ちになりました。


子供の左利きに対して、マイナスのイメージを植えつけるような
言行(言葉と行い)を与えることは、
子供に自己否定観を持たせることになり、自尊心を奪い、
生きてゆくための前向きの力を奪うことになりかねません。

左利きの子供の指導には、常に
このようなリスクが存在することに留意して欲しいと思います。

しかもこのリスクは、
どのような指導を行うかの選択を下す
「親自身が負うもの」ではなく、
必ず「子供自身が負わなければならないもの」である、
ということを忘れないで欲しいのです。

「子供のため」といいつつ、
実は子供を追い込むことにつながることもある、
ということを十分頭に入れて
何事においても、判断を下して欲しいと思います。

※
  岩田靖夫/著『いま哲学とはなにか』岩波新書(2008)
http://www.amazon.co.jp/dp/4004311373/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22

------------------------------------------------------------
 ●レフティやすおのサイト案内●・・更新情報・・
  ―今週更新された主な記事―
------------------------------------------------------------
・レフティやすおの左組通信
 http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/
・レフティやすおのお茶でっせ
9.12 左利きプチ・アンケート第56回左利きや利き手の情報をどこ
 から仕入れますか?(アンケートのお知らせ)
 http://lefty-yasuo.tea-nifty.com/ochadesse/ 
・レフティやすおの本屋
 http://myshop.7andy.jp/myshop/lefty-yasuonohonya  
・「レフティやすおの本屋」店長日記
 http://yaplog.jp/lefty-yasuo/ 
・レフティやすおの新しい生活を始めよう! 
「お茶でっせ」より左利き記事 1本転載 
 http://blog.goo.ne.jp/lefty-yasuo/ 
・レフティやすおの作文工房
 http://ameblo.jp/lefty-yasuo/ 
・左利きの願い事―左組掲示板
http://8821.teacup.com/leftyyasuo/bbs
・新『左利きを考える レフティやすおの左組通信』掲示板 
http://lefty-yasuo.green.coocan.jp/
・「左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii」コミュニティ
 http://magnet.mag2.com/pc/page_f_home/6410
・「レフティやすおの楽しい読書」コミュニティ
 http://magnet.mag2.com/pc/page_c_home/486

------------------------------------------------------------
 ▼次号案内▼
------------------------------------------------------------
 第151号(No.151) 2008/9/13 
 「左手書字の研究―実技編(8)」(予定)

内容:
  ≪左利き学入門≫「左手書字の研究―実技編」..第三土曜日掲載
  (8)縦画・横画の指使い
  
  前回の忘れ物―文字の縦画・横画を書く際の指の動きの説明を
  新たに付け加えておきます。
  これが「左利きの書き方」の肝心な点である、と思います。

------------------------------------------------------------
 ▼バックナンバーの閲覧▼
------------------------------------------------------------
・『まぐまぐ』「左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii」 
http://archive.mag2.com/0000171874/index.html 
・『左組通信』「左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii」
http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/mm-hikkii.html
・第37号 2006年夏季臨時増刊「既刊号一覧」創刊号〜2006年前期
http://archive.mag2.com/0000171874/20060707075000000.html
・第62号 2006年冬季臨時増刊「既刊号一覧・2006年後期」
http://archive.mag2.com/0000171874/20061230075000000.html
・第75号 2007年春季臨時増刊「テーマ別BN1/左利き実用講座」
http://archive.mag2.com/0000171874/20070331074500000.html
・第88号 2007年夏季臨時増刊「既刊号一覧・2007年前期」
http://archive.mag2.com/0000171874/20070630074500000.html
・第114号 2007年冬季臨時増刊「既刊号一覧2007年後期」
http://archive.mag2.com/0000171874/20071229074500001.html
・第126号 2008年春季臨時増刊「テーマ別BN2/左利きQ&A」
http://archive.mag2.com/0000171874/20080329074500000.html
・第135号 2008年初夏臨時増刊
「テーマ別BN3/左利きのお子さんをお持ちの親御さんへ」
http://archive.mag2.com/0000171874/20080531074500000.html
・第148号 2008年夏季臨時増刊「既刊号一覧2008年前期」
http://archive.mag2.com/0000171874/20080830074500000.html
------------------------------------------------------------
 ▼c(^0^)y レフティやすおの編集後記 ( ..)φ▼  
------------------------------------------------------------
 ここに来てやっと天候も落ち着いてきました。運動会の練習が始
まった学校もあるようです。季節は確実に進んでいます。わが週刊
ヒッキイも確実に三周年に近づいています。わが人生も着々と○○
に近づいているようです…。真剣に人生というものを考える時期と
いうのが、一生のうちに何度かあるように思います。私も二十歳頃
の青年期に、そして今また50歳も半ばに近づいてあれこれと考え
ることが増えています。このメルマガもそういうわが人生の中の一
つの到達点であり、通過点となっています。私にとってこのメルマ
ガを書き続けることは、遊びであり楽しみであり、期待であり希望
であり、喜びでありかつ悲しみであり、また苦しみであり嘆きでも
あります。ある意味、今では私の人生そのものともいえそうです。
これが私なりの幸福―「他者との交わり」のつもりなのですが…。

  「... 人間の生とは、しっかり自分で自分の人生の目的を立て
  て、それに向かって努力するということです。これが人間の生
  にふさわしい自己実現ですが、... 」(27p)
  「... 人生の不思議な点は、実は自己実現には、人間の本当の
  喜びがないということなのです。生きる喜びは... 幸福は他者
  との交わりのうちにあるのです。」(33p)
     岩田靖夫/著『よく生きる』ちくま新書(2005)より
http://www.amazon.co.jp/dp/4480062688/ref=nosim/?tag=hidarikikidei-22

では、次週まで、さいならサイナラさいなら /~~~
------------------------------------------------------------

一二三四五六七八九十一二三四五六七八九十一二三四五六七八九十
●本文フッタテンプレート 
左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii/発行:レフティやすお
 発行システム:『まぐまぐ!』http://www.mag2.com/ 
読者登録の解除(配信中止)はこちら
 → http://www.mag2.com/m/0000171874.htmlhttp://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/mm-hikkii.html
ご感想はこのメルマガに「返信」するか『左組通信』メールへ
 → http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/an.mail.html 
Copyright(c) 2005-2008 by L.YASUO
------------------------------------------------------------

 ◆ 初歩的古典入門古典の名作名著を楽しむための入口メルマガ
      「レフティやすおの楽しい読書」第9号のお知らせ ◆

第9号では、明治以降、日本で最も有名で最も読まれている宗教書
といわれます『歎異抄』を取り上げました。

 2008(平成20)年8月31日号(No.9)-080831-
 『歎異抄』弱きを救う阿弥陀さま
http://archive.mag2.com/0000257388/20080831074500000.html

*『レフティやすおの作文工房』「別冊編集後記」
2008.8.31『歎異抄』弱きを救う阿弥陀さま
 ―第9号「楽しい読書」別冊編集後記
http://ameblo.jp/lefty-yasuo/entry-10132959283.html

※ 登録及び解除(配信中止)は、こちら ↓
http://www.mag2.com/m/0000257388.html
『左組通信』「レフティやすおの楽しい読書」のページ
http://homepage3.nifty.com/lefty-yasuo/tanosiidokusho.html
・「レフティやすおの楽しい読書」コミュニティ
http://magnet.mag2.com/pc/page_c_home/486

---
・「まぐまぐ!」発行全メルマガ中でのランキング履歴:
 ↓「メールマガジンのランキング屋さん」
http://pro.que.ne.jp/magzine/mag2/search/search.cgi?index=0000171874

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

RSSを登録する
発行周期 月二回(第一・第三土曜日)
最新号 2018/07/07
部数 226部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii

RSSを登録する
発行周期 月二回(第一・第三土曜日)
最新号 2018/07/07
部数 226部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング