アメリカ-ベイエリアから☆

☆アメリカ-ベイエリアから☆ 「日本語が話せます」それから・・・


カテゴリー: 2014年03月30日
------------------------------------------------------------------
           
.     ☆☆☆  アメリカ-ベイエリアから ☆☆☆
------------------------------------------------------------------
. 
                                                  2014-03-30 No.41
 
.        「日本語が話せます」それから・・・

昨年、成田の搭乗ゲートで搭乗を待っていると、目の前を横切った青年に
見覚えがあった。 しかし雰囲気が以前とは違って感じたので、確信は
もてなかった為、私はゆっくりと彼の顔が見える位置に移動した。
やっぱり彼だ。 あの近所のスーパーで働いていた「日本語が話せます」
というシールを胸に貼っていた、青年Kだ。
以前の彼は、少年らしさを残した自信なさ気なちょっとひ弱な感じの雰囲気
だったが、今や物静かで荘厳さをも醸しだす立派な青年に成長していた。

最初に会った時青年Kは、コミュニティーカレッジに通っていて、それから
家から通える州立大学へ編入た。 州立大学へ入ってからも、同じ店で働き
続け、いわゆる苦学生として学生生活を送っていた。

州立大へ編入する際には
「祖母が学費を払ってくれるんだ。高額だよね。」
と祖母に対し感謝の気持ちが現れた言い方で、とても印象に残っている。

アメリカの大学の学費は様々で、一般的に高い順から私立、国立、州立となる。
州立大は苦学生が多く、コミュニティーカレッジから編入する生徒の多くは
働きながら学生生活を送る。 奨学金や学費ローンなど様々なサポートも
あるが、それでも不足分を補うために働く学生も多い。

青年Kは州立大を卒業後に日本へ渡り、語学学校で英語の教師をして、そこで
彼の好きな日本の文化を堪能しお金も貯め、アメリカへ帰り法律の
大学院へ進んだのだ。 大学院を卒業するには、これから2年くらいあって
そして彼は弁護士になるのだという。

日本の大学では、大学入学時の学部で、その後の人生が決まるようなものだ。
例えば文学部に入れば医者になることはない。つまり高校卒業時の18歳で
己の人生の設計を建てなければならない。 しかし人生の設計など建てれ
ないのが現実だ。 高校の後半など受験勉強に追われ、人生についてなど
考えることはないのが現実だ。 
社会を知ることもなく、職業についても大雑把なことしか知らず、人生設計
など建てることはできない。 今のようなインターネットが普及している
世の中なら、情報も得られるであろうが、私が高校生の時の社会に対しての
知識など、本当に限られたものであった。 教師や親のアドバイスはある
だろうが、一生に関わる学部の選択が、18歳のあの時期に行われるのだから
大変なものである。

アメリカの教育の素晴らしさは、一旦学校を離れても(退学したり、卒業
して社会人になっても)学ぶ意志があれば、いつでも学校に戻れることだ。
学校に戻り、資格を得て再び就職する際に、卒業年齢ではないからなどと
いうハンデはない。 年齢によるハンデが全くないとは言い切れないが
社会に出たことがある事が立派な経験として評価されることが多い。 
なのでアメリカの大学の学生は年齢が様々で、先生より年上の生徒も少なく
ない。 子育てに一段落した人、会社の中でもっと上を目指して一部の科目
を就学しに来た人、定年退職したので別の分野を学んでみたい人など本当に
いろいろだ。

「ところで今回の日本への旅の目的は?」
と聞いたら
「婚約者に会ってきたんだよ。 4ヶ月前に婚約したんだ。」
と嬉しそうに話してくれた。 婚約者は日本人で、彼が日本で働いていた時に
出会ったという。
日本のアニメが好きで、日本文化が好きになり、コミュニティーカレッジで
日本語のクラスを取って、憧れの日本で仕事をして、未來のお嫁さんに
出会ったってことなのね。
彼は将来のビジョンを今やはっきりと描くことが出来て、それが以前の自信の
ない様な感じから、落ち着いた魅力ある青年に成長したのだ。

アメリカンドリームという言葉があるが、アメリカで夢が叶うという意味
なのではあるが、夢なんかそうそう叶うものではない。
簡単に叶うのはハリウッド映画の中だけである。 教育の門はいつでも大きく
開かれているのだが、それをくぐり抜けて出るまでは、並大抵の苦労ではない。
まして、青年Kの様に働きながら卒業し、仕事を得て貯蓄し、大学院に入る
のには、大変なことだったと思う。
まだ彼は大学院生で、夢を叶えるには何段階かの苦労があが、しっかりと前を
向き歩み始めた彼は、いつか夢を叶えるに違いない。 

ゆ
 
------------------------------------------------------------------
アメリカはとても広い国で、州ごとに法律が異なります。 
気候、習慣、雰囲気、気質など、地域によってかなり違っている
場合があります。 ベイエリア(サンフランシスコとその近郊)
に在住の私、ゆるりが日常に体験したこと、感じたことを書いて
いますので、それをご理解いただいた上で読んでいただくよう、
よろしくお願いいたします。
このメールマガジンの内容の無断転載・引用はご遠慮ください。
 
メール
socks94549@yahoo.co.jp

ブログ「なんでもかんでもベイエリア」
http://bayareausa.exblog.jp/

ブログ「アメリカの柴犬」
http://shibainusa.exblog.jp/

------------------------------------------------------------------

このメルマガは現在休刊中です

アメリカ-ベイエリアから☆

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2014/03/30
部数 46部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

アメリカ-ベイエリアから☆

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2014/03/30
部数 46部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

ゼロから始める不動産投
はじめまして、椙田拓也です。このメルマガでは、ゼロから不動産投資を始めるための具体的な手法を解説しています。 ◎ゼロから始めて4年で14棟102室を購入した方法を大公開! ◎書籍『空室率70%でもキャッシュが回る非常識な不動産投資術』(ごま書房新社)になった方法を大公開! ◎メルマガ読者特典として、椙田が運営する不動産投資会社で無料個別面談を実施中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
経営コンサルタントが実践から得た経験や知恵を基に、経営に役立つ「本日の経営者への一言」と、実際にあった話を基に実名を出さずに「実話風読物(カードローン取立との戦い等)」に仕立てた読物との2部構成で綴られたメルマガです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング