西行辞典

西行辞典 第373号(180615)


カテゴリー: 2018年06月15日
************************************************************

      ◆◆◆◆  西行辞典  ◆◆◆◆
                        
                  vol・373(不定期発行)
                   2018年06月15日号

************************************************************

          今号のことば    

         1 御幸・みゆき 02
         2 みるめ
         3 むかはし
         4 むぐら・葎 01

み雪→第312号「ふり・ふる (2)」参照
御代→第311号「ふり・ふる他 (1)」参照
み吉野→第274号「春+雪 (1)」参照
麦笛→第284号「人々よみける(3)」参照

************************************************************ 

       ◆ 御幸・みゆき 02 ◆

【御幸・みゆき 02】

御幸(みゆき・ごこう)=上皇、法皇、女院などの外出を指します。
行幸(みゆき・ぎょうこう)=天皇の外出を指します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      上西門院の女房、法勝寺の花見られけるに、雨の
      ふりて暮れにければ、帰られにけり。又の日、
      兵衛の局のもとへ、花の御幸おもひ出させ給ふ
      らむとおぼえて、かくなむ申さまほしかりし、
      とて遣しける

02-1 見る人に花も昔を思ひ出でて恋しかるべし雨にしをるる
       (西行歌)(岩波文庫山家集27P春歌・新潮101番・
            西行上人集・山家心中集・西行物語)
 
02-2 いにしえを忍ぶる雨と誰か見む花もその世の友しなければ
      (兵衛局歌)(岩波文庫山家集27P春歌・新潮102番・
            西行上人集・山家心中集・西行物語)

     若き人々ばかりなむ、老いにける身は風の煩はしさに、
     厭はるることにてとありけるなむ、やさしくきこえける
     (西行の詞書)(岩波文庫山家集27P春歌・新潮102番・
            西行上人集・山家心中集・西行物語)

 上記二首は兵衛の局との贈答歌です。

○上西門院

鳥羽天皇を父、待賢門院を母として1126年に出生。統子(とうこ・
むねこ)内親王のこと。同腹の兄に崇徳天皇、弟に後白河天皇、
覚性法親王がいます。1189年7月、64歳で崩御。
幼少の頃(2歳)に賀茂斎院となるが、6歳の時に病気のため退下。
1145年に母の待賢門院が没すると、その遺領を伝領しています。
1158年8月に上西門院の一歳違いの弟の後白河天皇は、にわかに二条
天皇に譲位して上皇となります。統子内親王は、後白河上皇の准母
となり、1159年2月に上西門院と名乗ります。
それを機にして、平清盛が上西門院の殿上人となり、源頼朝が蔵人
となっています。
同年12月に平治の乱が起こり、三条高倉第にいた後白河上皇と二条
天皇、そして上西門院は藤原信頼・源義朝の勢力に拘束されています。
1160年1月に義朝は尾張の内海で殺され、3月には頼朝が伊豆に配流
されています。
上西門院は1160年に出家していますが、それは平治の乱と関係がある
のかも知れません。生涯、独身で過ごしています。
          
高野山に蓮華乗院を建立した五辻斎院頌子内親王や八条院暲子内親王は
異母妹になります。

○法勝寺

法勝寺は白河天皇の御願寺として1075年に造営に着手されました。
もともとは藤原氏の「白河殿」があった場所です。この地は白河
天皇が藤原師実から献上を受け、そこに法勝寺は建立されました。
1077年の末には洛慶供養が営まれています。順次、伽藍が増築され
て1083年には高さ82メートルという八角九重の塔が完成しています。
ところが、この塔も約100年後の京都大地震で「うへ六重ふり落とす
(平家物語巻十二、大地震)」と被災しています。1185年7月のこと
です。
九重塔は度重なる落雷や火災に見舞われ、1342年の火事で焼亡
してからは再建されていません。
場所は現在の京都市動物園を中心にした一帯です
現在、動物園内に九重の塔の碑文があります。

『法勝寺及び六勝寺』
  
六勝寺は、この法勝寺の近くの「勝」の文字が用いられた六寺を指し
ます。すべて法勝寺の付近、岡崎公園一帯にありました。現在も
法勝寺、円勝寺、最勝寺、成勝寺は町名として残っています。
いずれも焼亡などにより応仁の大乱後までには廃寺になっています。
  
尊勝寺は堀川天皇のご願により建立。1102年落慶供養。 
最勝寺は鳥羽天皇のご願により建立。1118年落慶供養。
円勝寺は待賢門院のご願により建立。1128年落慶供養。
成勝寺は崇徳天皇のご願により建立。1139年落慶供養。
延勝寺は近衛天皇のご願により建立。1149年落慶供養。 

角田文衛氏著「平安の都」では、地震による被害については
触れていません。1169年、1174年、1176年、1208年に落雷被害が
あったと記述されています。

○兵衛の局

待賢門院と上西門院に仕えた女性です。西行と親しかった歌人です。
詳しくは290号・291号の「兵衛の局」の項を参照願います。

○花の御幸

「花の御幸」とは、百錬抄の1124年2月12日条にある「両院、臨幸、
法勝寺、覧、春花・・・於、白河南殿、被、講、和哥」とある花見を
指しているもののようです。新潮版の山家集でも、そのように解釈
されています。
とするなら、1124年は西行6歳。上西門院の出生は1126年ですから、
この2年後に生まれたということです。1185年頃に死亡したとみられる
兵衛の局は、この詞書と歌を信じるなら、すでに待賢門院には仕えて
いて、花の御幸に随行したということでしょう。1105年ほどの出生に
なるのでしょうか。 

「花も昔」「いにしへ」の言葉も、1124年のこの花見のことを指します。

○友しなければ

この歌の場合「友」とは花の友である兵衛自身をいいます。
「し」は強意の副助詞で「し」の前の言葉を強調します。

(02-1番歌の解釈)

「かつての御幸に随われた人が桜を見に来られたので、桜の花も
あなたと同じように昔の事を思い出して恋しく思ったのであり
ましょう。懐旧の涙にぬれてしおれております」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

(02-2番歌の解釈)

「花見御幸の昔をしのんで涙が雨となったとは誰が見ましょうか。
桜の花もその昔の友である私がいなかったことですから」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

◎歌と詞書から類推すると兵衛の局は風邪のために欠席したようにも
 受け止められます。しかし実際には参加していました。

◎この贈答歌は詞書にある「上西門院の女房、法勝寺の花みられけるに」
 によって、1159年から1160年頃の詠歌とみなされます。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

           讃岐の位におはしましけるをり、みゆきの
            すずのろうを聞きてよみける

03 ふりにける君がみゆきのすずのろうはいかなる世にも絶えずきこえむ
            (岩波文庫山家集184P雑歌・新潮1446番)

○讃岐の位
 
讃岐の院としてあったということ。讃岐院のこと。
保元の乱後に讃岐の国に配流され、1156年から1164年崩御まで讃岐に
住んだ崇徳院のこと。1177年に崇徳院の諡号が贈られましたから、
「讃岐の位」とは1156年から1177年までの崇徳上皇を指します。

○みゆきのすずのろう

「すずのろう」は「鈴の奏」のことです。
天皇の行啓の際に用いる鈴を賜るように少納言が奏上することです。

○ふりにける

ここでは鈴を振ること。同時に古くなったことを意味します。
天皇の御幸の時に、先触れとして鈴を振り鳴らしていたそうです。

「讚岐の位におはしましけるをり」という文言をそのまま受けとめ
れば、「古り」の意味が強くなります。しかし、この歌は崇徳天皇の
永遠の治世を願い寿ぐ歌なのですから、崇徳天皇在位中(1123年~1141年)
の詠歌の可能性があります。そうであれば「ふり」は「振り」の
意味が強くなります。

(03番歌の解釈)

「崇徳天皇の行幸。鈴の下賜を願い出る奏上が聞こえて、鈴が
高らかに鳴り響く。いつまでも永遠に鈴は鳴り続けることだろう。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     をさめまゐらせける所へ渡しまゐらせけるに

04 道かはるみゆきかなしき今宵かな限のたびとみるにつけても
     (岩波文庫山家集202P哀傷歌・新潮783番・西行上人集・
                宮河歌合・玉葉集・西行物語)

○をさめまゐらせける所

この歌は鳥羽院崩御後の「今宵こそえ思ひしらるれ…」に続く歌です。
崩御後の「をさめまゐらせける所」とは同じ鳥羽離宮の安楽寿院の
三重塔を言います。

○道かはる

現世で生活してきた道から、来世への道をたどるということ。

○限のたび

安楽寿院と三重塔はほんの少し離れています。物理的にはその
短い距離を「たび=旅」とみなしているものでしょう。
しかし気持ちの上では生者から死者に、そして死者が冥界を辿る旅です。

(04番歌の解釈)

「冥界への御幸を今夜拝見するのが悲しい。最後には避けられない
旅路とわかってはいても。」
               (和歌文学大系21から抜粋)

「最後の御幸としての葬送を歌っているが、西行としては在俗の
ころの供奉の数々が思い浮かべられるのであって、この一首のうち
には、10代からの歴史が受けとめられている。」
         (窪田章一郎氏著「西行の研究」から抜粋)

************************************************************ 

       ◆ みるめ ◆

【みるめ】

「海松」と書いて「みる」と読みます。海草の一種です。
「みるめ」は「みる」と同義で「海松布」「海松藻」と表記
します。食用にしていました。
他には男女が会うことの意もあります。
古今集では「見た目」のことを言う「見る目」と海産物の「みるめ」
とを掛け合わせている歌があります。

 しきたえの枕の下に水はあれど 人をみるめは生ひずぞありける
                 (紀友則 古今集595番)

 早き瀬にみるめおひせば 我が袖の涙の河にうゑましものを
               (読人しらず 古今集531番)

また「海松色=みるいろ」というのがあって、染色の色の一つです。
黒色を基調とした萌黄色を言います。だから「みるめ」という名詞は
歌人たちもよく知っていたものと思います。  

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

01 いかにせんこむよのあまとなる程にみるめかたくて過ぐる恨を
           (岩波文庫山家集155P恋歌・新潮708番)

○こむよのあま

来む世で、来世には海人として生まれ変わるということ。

○みるめかたくて

海草の「海松布ーみるめ」と「見る目」を掛けています。
見た目が良くないということではなくて、再会するために時間が
かかり、早く逢うのは難しいという意味のようです。

(01番歌の解釈)

「どうしょう。来世は海人に生れ変るとしてそれまでの間、逢う
ことがむずかしくて過ぎる恨みを。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

02 磯菜つまんいまおひそむるわかふのりみるめきはさひしきこころぶと
          (岩波文庫山家集116P羇旅歌・新潮1381番)

 新潮版では以下です。読みも記述します。

 磯菜摘まん 今生ひ初むる 若布海苔 海松布神馬草 鹿尾菜石花菜  

いそなつまん いまおひそむる わかふのり みるめぎばさ ひじきこころぶと

○磯菜

磯に自生する海草のこと。

○わかふのり

生えたばかりの布海苔のことです。少し赤色の海苔で、昔は接着剤
として糊の原料にもなったようです。
 
○みるめ 前述参照

○きはさ

岩波書店の古語辞典、大修館の「古語林」にも載っていません。
和歌文学大系21や新潮日本古典集成山家集では「神馬草」と表記
しています。
ネットでは「神馬藻」「神馬草」として(じんばそう)と読み、
海草のホンダワラのこととあります。
この神馬草が(きはさ・ぎばさ)と呼ばれていたのは、東北の山形県
などであり、庄内地方の方言とのことです。
この方言がなぜ西行の歌に取り入れられたのかは不明です。

○こころぶと

天草(てんぐさ)の異称。天草を煮詰めて加工したものが「ところてん」
です。

(02番歌の解釈)

「さあ、今生え初めた海藻を採ろう。若布海苔・みるめ・
ほんだわら・ひじき・てんぐさ等を。」
           (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

************************************************************ 

       ◆ むかはし◆

【むかはし】

岩波文庫山家集では「むかはし」の「し」の横に(らイ)と記述が
あります。新潮版山家集や和歌文学大系21、西行全家集では当該
箇所は「むかはら」となっていますので、ここでも「むかはら」と
解釈します。

古語辞典によると「むかは・る」(自ラ四)とあり、「因果が巡って
くる。報いがくる」の意としています。

この言葉から派生したものと思いますが江戸時代に使われていた
らしい「むかはり」があります。
意味は一年、または一か月が経巡ってくることを指します。

それより古く、日本書記にも「むかはり」という言葉があって、
「身代わり・人質」を表わすそうですから、時代とともにその意味が
変遷した言葉の一つなのかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

01 むかはしは我がなげきのむくいにて誰ゆゑ君がものをおもはむ
     (岩波文庫山家集152P恋歌・新潮667番・西行上人集・
                   山家心中集・夫木抄)

 むかはらば われが嘆きの 報いにて 誰ゆゑ君が ものを思はん
               (新潮古典集成山家集667番)

○むくいにて

仏教的な因果応報の思想に基づいていると考えますが、三句までの
上句と下句との関連性が分かりづらい歌ではないかと思います。

○君がものをおもはむ

なんだか呪詛的な響きさえ感じますが、これは女性の立場から過去に
関係のあった男性に対して「いずれ報いをうけるだろう」という解釈も
成立するのかもしれません。

(01番歌の解釈)

「もし因果はめぐり同じことが起るとしたら、自分を嘆かせた報いで、
今度は誰によって恋しい人が同じ嘆きをするであろう。」
           (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

************************************************************ 

       ◆ むぐら・葎 ◆

【むぐら・葎】

雑草のアカネ科のヤエムグラ属・フタバムグラ属などの総称です。
ヤエムグラ・キクムグラ・ヤマムグラ・クルマムグラなどの10種ほどが
あります。この他に、クワ科にアラハナソウ属のカナムグラなども
あります。歌に詠まれている季節が秋の終わり頃、霜の降りる頃の
歌もありますから、葎の種類までは判明しません。寒くなった季節の
葎はクワ科のカナムグラの可能性もあると思います。

歌では、葎は荒れ果てて寂しい光景の例えとして使われます。
西行の葎歌は9首あります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      嵯峨に住みける頃、となりの坊に申すべきこと
      ありてまかりけるに、道もなく葎のしげりければ

01 立ちよりて隣とふべき垣にそひて隙なくはへる八重葎かな
         (岩波文庫山家集190P雑歌・新潮471番)

○嵯峨

京都市右京区にある地名。西行は嵯峨に庵を構えていたことは確実
です。二尊院境内には「西行庵跡」の碑があります。

○となりの坊

誰の房なのか、誰が住んでいたか不明です。

○まかりける

動詞「まかる」の連用形です。出る、行くという言葉の謙譲語・
丁寧語として使われます。

西行歌にはたくさんの「まかり」が使われています。ほぼ同じ行為を
表す「行く」「参る」「詣でる」「まかる」を使い分けているのは、
それなりの必然があったからでしょう。
西行本人の歌に対しての感覚や言語センスに基づきながら、人物や
事象との距離感がいくつかの言葉を使い分けた原因ではないかと
思います。
また、歌の韻律になじみにくいと思われる「まかる」の用法は、ほぼ
詞書に用いられています。それも西行の見識の一つでもあったのでは
ないでしょうか。

○ひま・隙

基本的には「すきま」のこと、空間のことです。
物と物との切れ間のこと、物事と物事の切れ間のこと、心の中の
すきまのことなども「ひま」という言葉で表わされます。
さらには「手抜かりの無いように準備すること」や、「人と人との
関係が疎遠になること」なども意味していて、多様な用法があり、
解釈に戸惑う言葉であるとも言えます。

現代使われている「暇がある」という、時間的な余裕を表す用い方も
当時からされていました。「暇」はまた「暇乞い=いとまごい」と
いう言葉でも知られるように、人と人との関係性の断絶をも意味
しますから、「ひま」という語彙は実に多様性に富んだ言葉であると
思います。
「ひま」の用法が一番拡大していたのは平安時代であり、以後は時代
とともに空間的な意味では用いられなくなったようです。

(01番歌の解釈)

「隣の僧坊との境の垣は隣を訪れるのに立ち寄る必要があるのに、
八重葎が隙間なくびっしり繁茂していて、しばらく往来がなかった
ことが思われた。」
               (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     山家夏ふかしと云へることをよみけるに

02 山里は雪ふかかりしをりよりはしげるむぐらぞ道はとめける
             (岩波文庫山家集236P聞書集71番)

○雪ふかかりしをり

山里における葎の繁茂の状態を、積雪と対比させています。植物の
雑草の生命力の旺盛さなどを、あるいは考えた上での歌かもしれ
ませんが葎それ自体を詠んでいるわけではありません。

(02番歌の解釈)

「山里は雪が深かった時よりは、夏になって繁る葎の方が道は
止めるものだったよ。」
               (和歌文学大系21から抜粋)

************************************************************

  (後記)

 磯菜つまんいまおひそむるわかふのりみるめきはさひしきこころぶと
          (岩波文庫山家集116P羇旅歌・新潮1381番)

今号紹介歌の中にある海藻の「きはさ」を食する機会がありました。
その名も「ぎばさ定食」。以前にも同じ飲食店で食した経験があります。
ご飯の上にハマチやイカなどの他の魚類とともに乗っている丼物ですが、
味付けが良いのか、美味と感じました。栄養価も高いものらしいです。
「きはさ」は「アカモク」として流通、販売されてもいます。

それにしても平安時代当時に食用にされていた海藻が現在も食されて
いることに、かすかな驚きを感じました。同じ歌にある「みるめ」も
加工されて別の商品名として流通しているのかもしれません。
こんな海産物の固有名詞を西行法師が知っていたことにも、かすかに
驚きもします。

こうして平安時代に記述された海産物の名前からも、今日までの
連綿と続いてきた歴史を思わせますし、かつ人々の営みの普遍性と
いう事にまで思いをいたしたものでした。

梅雨らしく、このところ天候不順の日々です。この季節はほぼ毎年、
年中行事のように豪雨によるいたましい被災がありますが、今年は
何ごともなく過ぎ去るよう切に願います。

************************************************************

■  登録/解除の方法
  http://www.mag2.com/m/0000165185.htm

 ◎ メールマガジン「西行辞典」 は、
   上記URLよりいつでも登録及び解除が可能です。

■ ご要望、ご意見は下記アドレスまで。
  siokaze308@yahoo.co.jp

==============================

  ◎ 「西行辞典」第373号 2018年06月15日発行 

   「西行辞典創刊号発行 2005年08月10日」

  ◎ 発行責任者 阿部 和雄
   http://sanka11.sakura.ne.jp/

  ◎ 発行システム インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
     利用させていただいています。
   『まぐまぐ』 URL: http://www.mag2.com/

==============================

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/07/14
部数 127部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/07/14
部数 127部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング