西行辞典

西行辞典 第369号(180421)


カテゴリー: 2018年04月21日
************************************************************

      ◆◆◆◆  西行辞典  ◆◆◆◆
                        
                  vol・369(不定期発行)
                   2018年04月21日号

************************************************************

          今号のことば    

         1 みやだて
         2 宮柱
         3 宮人
         4 御山・み山 01

宮瀧川→第367号「宮河」参照
宮の法印→第322号「法印」参照
宮ばら→第335号「まからむ」参照

************************************************************ 

          ◆ みやだて ◆

【みやだて】

出家前に召使いをしていた女性の名前。吉野に住んでいて、高野山の
西行に「くだもの」の贈り物をしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      みやだてと申しけるはしたものの、年たかくなりて、
      さまかへなどして、ゆかりにつきて吉野に住み侍り
      けり。思ひかけぬやうなれども、供養をのべむ料に
      とて、くだ物を高野の御山へつかはしたりけるに、
      花と申すくだ物侍りけるを見て、申しつかはしける

01 をりびつに花のくだ物つみてけり吉野の人のみやだてにして
  (西行歌)(岩波文庫山家集133P羈旅歌・新潮1071番・夫木抄)
                    
02 心ざし深くはこべるみやだてを悟りひらけむ花にたぐへて
    (みやだて歌)(岩波文庫山家集133P羈旅歌・新潮1072番)

新潮版では下のように異同があります。

01 思ひつつ 花のくだもの つみてけり 吉野の人の みやたてにして

○はしたもの

身分の低い女性のこと。雑用係などをしている女性のこと。
平安時代当時は「はしたもの」は、召使い、雑用係の女性の呼称
だったようです。
男性に対しても言うと思いますが、手持ちの古語辞典二冊では女性と
特定しています。(はしため=端女)と言う言葉もあり、(はしたもの)
と対をなす言葉とも考えがちですが、(はしたもの=はしため)で、
同義のようです。
(端童=はしたわらわ)という呼称もあって、この場合は「召使の少女」
と岩波古語辞典にあります。大修館書店の古語林では「召使の子供」
とあり、性別は特定していません。

○さまかへ

年老いてから出家したということ。

○ゆかりにつきて

みやだて個人の縁故が高野山にあったとみなされます。

○花と申すくだ物

「くだ物=餅菓子」の一種だろうと思います。
あるいは花で有名な吉野からの贈り物だから、「花の吉野から
の果物」という意味合いがあるのかもしれません。
花弁状した餅菓子の名前。吉野の蔵王権現では正月に供えていた
餅を二月に砕いて僧俗多数に配ったとのことです。

鎌倉時代のことですが、東寺領の荘園の領民に課している様々な
年貢のうちの一つに「菓子(果物)八十合(80はこ)」とあります。
ですから果物という菓子については、案外、知られていたものと
思います。

○をりびつ

ヒノキなどの薄板を折り曲げて作った箱のこと。菓子、肴などを
盛る。形は四角や六角など、いろいろある。おりうず、ともいう。
                (和歌文学大系21から抜粋)

○志ざし深くはこべる

(志ざし)とは、自分の死後の安楽を願う(みやだて)の願望の
ことです。深い祈願の気持ちを「くたもの」に託して、はこんだ
(送った)ということ。

(01番歌の解釈)

「自分の桜の花を愛する心を知って花という名の菓子を送って
下さったあなたを思いながら、供養の料としての花の菓子を
仏様の前に積みお供えしましたよ。吉野の人であるみやたてに
ふさわしいお供えものとして。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

(02番歌の解釈)

「後世安楽を願い、供養を願う深い志で花をお送り致しました
私を、花の開く春になぞらえて、どうか悟りを開かせて下さい。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

************************************************************

          ◆ 宮柱・宮ばしら ◆

【宮柱・宮ばしら】

皇居の柱、宮殿の柱、神殿の柱などをいいます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

01 みもすその岸の岩根によをこめてかためたてたる宮柱かな
         (岩波文庫山家集225P神祇歌・新潮1532番)

○みもすそ・みもすその岸

伊勢神宮内宮を流れる五十鈴川の別称。伝承上の第二代斎王の
倭姫命が五十鈴川で裳裾を濯いだという言い伝えから来ている
川の名です。
正式名称である「五十鈴川」は山家集には261ページの「いかばかり…
こころは」歌の詞書の一回のみしかありません。それに比して
御裳濯川は歌に五首、詞書に三回あります。

「平安和歌歌枕地名索引」では「五十鈴川」が22首、「御裳濯川」が
40首あります。五十鈴川よりも御裳濯川の別称の方がが多く詠み
込まれています。

「みもすその岸」は五十鈴川(御裳濯川)の岸辺のこと。

○岩根

岩の根元のこと。不動の根のように大地にしっかりと納まって
安定している岩。土から盛り上がっている、どっしりとした岩。
「岩根踏み」「岩根松」という形で多くの歌が詠まれています。
「岩根松」は常盤木の松としっかりとした岩との組み合わせに
より、万代を寿ぐ賀歌として詠まれています。
「岩根」の「根」は接尾語とも言われます。

○よをこめて

「将来に渡っての世の平安を願って」ということ。

○かためたて

硬度が強いこと。しっかりと合わさっていること。
状況や形が変化しないものについていう言葉。

(01番歌の解釈)

「御裳濯川の岸の岩根に、君の千代八千代をかけて祈願し、
しっかりと固め立てた宮柱であるよ。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

02 宮ばしらしたつ岩ねにしきたてゝつゆもくもらぬ日の御影かな
  (岩波文庫山家集124P羇旅歌・261P聞書集260番・新潮欠番・
         西行上人集追而加書・新古今集・西行物語)

○したつ岩ね

(下つ)のことで(つ)は格助詞です。(の)と同様の働きを
しますが、(の)よりも用法が狭く、多くは場所を示す名詞の
下に付きます。
(したつ岩ね)で、下の方の岩、底の方の岩になります。
下にある岩盤のことです。

○しきたてて

この歌では「敷き立てる」こと。倒れないように堅固に、見た目も
立派に建てること。

○つゆもくもらぬ

少しも曇りの無いこと。伊勢神宮の御威光をいいます。

○日の御影

「天のみかげ」は「日のみかげ」と対をなしていて大祓えの祝詞の
中にもある用語です。

「日」は日の神・天の神の天照大神を指しています。天照大神は
伊勢神宮内宮に祀られています。
歌では「天照大神」の神徳・神威を指して「日の御影」と言って
います。伊勢神宮は天皇家のものでもあり、同時に天皇家をも指して
「日の御影」と言っているはずです。

(02番歌の解釈)

「宮柱を地下の岩にしっかりと立てて、少しも曇らない日の光が
射す、神宮のご威光よ。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

************************************************************

          ◆ 宮人 ◆

【宮人】

宮仕えをする人々のこと。宮中を仕事場としている人々の総称。
神社の神官も宮人と言います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     男山二首  放生會

01 みこしをさの聲さきだてて降りますをとかしこまる神の宮人
         (岩波文庫山家集225P神祇歌・新潮1528番)

○男山

京都府八幡市にある標高143メートルの山。山頂には859年勧請の
岩清水八幡宮があります。
この山は神域として保護されてきたため、照葉樹林中心の天然林
となっています。
男山の西北には宇治川、木津川、桂川の三川が合流していて、淀川
と名称を変えて大阪湾に注いでいます。

○みこしをさ
  
神輿長のことです。祭りで神輿の運行を管轄する責任者です。

○かしこまる

目上の人や権威を敬い恐縮すること。おそれ慎むこと。
ここでは八幡宮の神威を恐れ敬い、へりくだった気持になること。

(01番歌の解釈)

「神輿長の警蹕(けいひつ)の声を先立てて神輿が下りられると
「おう」と答えて神官はかしこまることだ。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

「警蹕」とは、昔、天皇の出入りなどに先払いが声をかけて人々
に注意したこと。その声。現在も、神事のときに神官が行う。
                  (日本語大辞典を参考)

【岩清水八幡宮】

859年、九州の宇佐八幡宮に参詣した奈良の大安寺の僧の行教が
平安京の近辺に八幡宮を移座して国家鎮護の役目をになわせる
ために、朝廷に奏上したのが岩清水八幡宮の起こりといいます。
宇佐八幡宮の神官が都に進出したいための策謀という説もあります。

天皇・貴族の崇敬もきわめて厚く、この八幡宮で三月の午の日に
行われていた臨時祭は朝廷の管掌する「南祭り」として、加茂社の
「北祭り」と対をなすものです。

また弓矢の神としての武門源氏との関係も深く、源義家はここで
元服して八幡太郎義家と名乗りました。
河内源氏の祖である源頼信「?~1048」が晩年に岩清水八幡宮に
願文を奉納してから八幡神が源氏の氏神となりました。
それで代々の源氏の崇敬を受けていたため、源頼朝もしばしば
石清水八幡宮に参詣しています。
源氏足利氏の六代将軍のくじ引きもここで行われ、義教(よしのり)
が室町幕府第六代征夷大将軍になってもいます。

岩清水八幡宮は応仁の乱で衰退しましたが、信長、秀吉、秀頼、
家康、家光などが復興に尽力しました。明治維新の廃仏毀釈運動
で壊滅状態になり、多くの仏像や仏具が破壊されてしまったのは
残念としかいえません。

尚、源頼信の「岩清水願文」では源満仲、頼信と続く系統の源氏
は第56代清和天皇ではなくて清和天皇の子の第57代陽成天皇の
源氏であるとしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      賀茂ニ首

02 みたらしにわかなすすぎて宮人のま手にささげてみと開くめる
         (岩波文庫山家集225P神祇歌・新潮1525番)

○賀茂

京都にある地名及び神社名です。
左京区にある下鴨神社(賀茂御祖神社)と、北区にある上賀茂神社
(賀茂別雷神社)を総称して加茂社と呼びます。
古くからの由緒ある神社であり、5月15日に葵祭りが行われます。

○わかなすすぎて

この場合は正月七日の七草の日のために摘んだ若菜のことでしょう。

○宮人

賀茂社に仕える人のこと。

○ま手

左右の手のこと。両手を言います。「真手」と表記します。

○みと

「御戸・御扉」のことです。

○開くめる

「める」は推量の助動詞「めり」の連体形。「めり」は実際に目で
見た、あるいは見えたようなことを表す助動詞なので、西行は実際に
その場を目撃したこともあるものと思います。

(02番歌の解釈)

「正月七日には賀茂神社境内の御手洗川で若菜を洗い清め、神官
が両手に捧げて本殿の御扉を開いて供えるように見えた。」
              (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     屏風の繪を人々よみけるに、春の宮人むれて花見ける
     所に、よそなる人の見やりてたてりけるを

03 木のもとは見る人しげし櫻花よそにながめて我は惜しまむ
           (岩波文庫山家集29P春歌・新潮95番)

○屏風の絵を人々よみけるに

屏風に描かれている絵を見て、それに讃をつけるための歌でしょうか?
絵に讃は付けずに、ただ歌を詠んだものとも解釈できます。
「讃」とは、絵の傍らに書かれている絵にちなんだ文章のことです。
絵の側に書かれている歌も「讃」と言います。

○春の宮人

「春宮」に仕える人々のこと。「春宮」とは「東宮」とも言われ、
皇太子のこと、または皇太子の住む宮殿を指します。
桜が咲いている季節の宮人という意味もあります。

○よそなる人

絵に描かれている人物で、春宮に仕える人々とは違う人のこと。
「よそなる人」の言葉には作者自身も込めているはずです。

(03番歌の解釈)

「樹下には花見の人が群がっている。桜花よ。私は東宮に仕えて
いないので、遠くからお前を眺めて、その美しさを愛惜しょう。」
                (和歌文学大系21から抜粋)  

************************************************************

         ◆ 御山・み山 01 ◆

【御山・み山】

「御=み・お」は美称の接頭語です。言葉の調子を整える意味でも
「み・御」の文字が用いられます。
皇族や特定の人物の陵墓がある場合はその神聖さのためにも敬って
「御」の文字を前置します。また仏教関係の聖地ともいえる山も
同様に「御」をつける場合が多くあります。

「深山=みやま」の意のある場合は、奥深い山を言います。
山家集には「み山」と(み)がひらがな表記の場合の多くは深山の
意を表しています。もちろん例外もあります。

―――――――――――――――ーーーーーーーーーーーーーーー

◎み山・御山のある歌について

01 穗に出づるみ山が裾のむら薄まがきにこめてかこふ秋霧
          (岩波文庫山家集60P秋歌・新潮268番)

02 晴れやらぬみ山の霧の絶え絶えにほのかに鹿の聲きこゆなり
          (岩波文庫山家集62P秋歌・新潮300番・
                西行上人集・山家心中集)

03 木葉ちれば月に心ぞあくがるるみ山がくれにすまむと思ふに
          (岩波文庫山家集92P冬歌・新潮495番)

04 くやしくも雪のみ山へ分け入らで麓にのみも年をつみける
         (岩波文庫山家集100P冬歌・新潮1492番)

05 ときはなるみ山に深く入りにしを花さきなばと思ひけるかな
          (岩波文庫山家集283P補遺・西行上人集) 

06 わけ入りし雪のみ山のつもりにはいちじるかりしありあけの月
        (岩波文庫山家集228P聞書集17番・夫木抄)

07 ふけて出づるみ山も嶺のあか星は月待ち得たる心地こそすれ
         (岩波文庫山家集224P神祇歌・新潮欠番)

08 思ひいでてみ山おろしのかなしさを時々だにもとふ人もがな
            (岩波文庫山家集241P聞書集112番)

09 さまざまに錦ありけるみ山かな花見し嶺を時雨そめつつ
                    (岩波文庫山家集88P秋歌・新潮477番・
                                西行上人集・山家心中集)

10 思ひあれやもちにひと夜のかげをそへて鷲のみ山に月の入りける
            (岩波文庫山家集227P聞書集08番)

11 花のいろの雪のみ山にかよへばや深きよし野の奧へいらるる
            (岩波文庫山家集235P聞書集63番)

◎歌に「御山」表記のあるもの

12 雲晴るるわしの御山の月かげを心すみてや君ながむらむ
        (岩波文庫山家集211P哀傷歌・新潮890番)

◎詞書に「御山」表記のあるもの

13 ふかく入りて神路のおくを尋ぬれば又うへもなき峰の松かぜ
         (岩波文庫山家集124P羇旅歌・新潮欠番・
            御裳濯河歌合・千載集・西行物語) 

14 流れてはいづれの瀬にかとまるべきなみだをわくるふた川の水
        (岩波文庫山家集243P聞書集122番・夫木抄)

15 をりびつに花のくだ物つみてけり吉野の人のみやだてにして
(西行歌)(岩波文庫山家集133P羈旅歌・新潮1071番・夫木抄)

16 あまくだる名を吹上の神ならば雲晴れのきて光あらはせ
         (岩波文庫山家集136P羈旅歌・新潮748番)

◎歌及び詞書に山名の固有名詞があるもの

10番歌からの7首にあります。
(御山)として(御)の文字が使われている場合は山名もほぼ明記
されています。

高野山 3回。詞書09番・詞書13番・詞書16番。
鷲の山「霊鷲山」2回。歌10番・歌12番。 
吉野山 1回。歌11番。
熊野山 1回。詞書14番。

◎類題本での表記について

岩波文庫山家集の底本は江戸時代の松本柳斎による「山家集類題」です。
山家集類題には当然に聞書集や補遺での歌は採録されていません。
以上16首のうち類題本には05.06.08.10.11.13.14番の7首があり
ません。残りの9首のうち「み山・御山」の表記を記します。

「ミ」に似た変体仮名+山 01.02.04.07.08番の5首
「み」に似た文字+山 03の1首。
「御」の崩し文字+山 12.15.16の3首。以上9首。

◎岩波文庫「西行全歌集」での表記について

「深+山」01.02.03.04.06.07.08.09.11番の9首。
「御+山」10.14.16番。このうち10番は「みやま」のルビあり。
     他の2首はルビなし。
「み+山」05.12番の2首
「御山」のある詞書自体が13番はなし。16番は他本により詞書のうち
「御山」部分はなし。以上合計16首。

************************************************************

  (後記)

世は新緑の季節。瑞々しく良い季節ですのに、セクハラや改竄などの
あきれた問題も噴出していて、世情はかまびすしいですね。
日本を支える立場にいる一部の方々の、見識や常識のなさには驚きます。
困ったことだと憂慮します。

先号既報のように4月10日は予定通りに大阪・南河内の「弘川寺」に
久し振りに参詣しました。10数年ぶりの弘川寺でした。染井吉野は
殆ど終わっていましたが、天然記念物という花海棠もまだ見頃でし
たし、遅咲きの山桜や八重桜も咲いていました。
前回に伺った時はハラハラと桜の花びらの舞う西行墳前広場で充実
した少しの時間を過ごしましたが、今回は今回で、行って良かったと
思っています。また機会を作って行きたいものです。

今号の「御山・み山」の構成には随分と迷いました。いたずらに長く
なったようにも思います。詳述することもないという思いもありまし
たが、まあ良しとします。次号に個別詳述予定です。

************************************************************

■  登録/解除の方法
  http://www.mag2.com/m/0000165185.htm

 ◎ メールマガジン「西行辞典」 は、
   上記URLよりいつでも登録及び解除が可能です。

■ ご要望、ご意見は下記アドレスまで。
  siokaze308@yahoo.co.jp

==============================

  ◎ 「西行辞典」第369号 2018年04月21日発行 

   「創刊号発行 2005年08月10日」 

  ◎ 発行責任者 阿部 和雄
   http://sanka11.sakura.ne.jp/

  ◎ 発行システム インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
     利用させていただいています。
   『まぐまぐ』 URL: http://www.mag2.com/

==============================

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/05/18
部数 127部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/05/18
部数 127部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ポンポコ先生のライタースクール
『大富豪のおじいさんの教え』(ナナブックス)『一瞬で心をつかむ77の文章テクニック』(高橋書店)『うまいと言われる文章の書き方』(日本実業出版)などでおなじみの作家&スピリチュアル・ヒーラーの高橋フミアキ(ポンポコ先生)が、原稿用紙5枚程度のおもしろい小説を書くためのツボとコツを教えます。小説以外にもスピリチュアルな考え方や、言葉で人を癒す方法なども伝授。「このメルマガで元気をもらってます」「高橋先生はものの本質を教えてくださいます」と読者からの声もいっぱい!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年8月現在9200人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額1000億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

副業ペラサイト量産で月100万稼ぐ♪さぼてんのサイトアフィリ秘メルマガ☆
サイトアフィリエイトに役立つ情報を発信! 月100万を稼ぐアフィリエイターさぼてんがサイトアフィリを実践し、その状況を実況中継しながら、アフィリエイトに役立つ情報・テクニックをお伝えするメルマガ。 普通のサラリーマンとして働きながら、副業として1日2時間の作業で月100万を効率的に稼ぐ秘密とは? アフィリエイトに挑戦したい初心者の方からの質問メール大歓迎。 丁寧に回答します♪
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

システマティックな「ま、いっか」家事術
食べるのは大好きだけど、作るのは超苦手。棚拭きとアイロンがけが何より嫌い。 そんな家事オンチだった私がソレナリに家事をこなせるようになったワケ。 家事全体を見渡して、最小の手間で最大のリターンを得る、具体的なシステムをお知らせするメールマガジンです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング