西行辞典

西行辞典 第365号(180224)


カテゴリー: 2018年02月24日
************************************************************

      ◆◆◆◆  西行辞典  ◆◆◆◆
                        
                  vol・365(不定期発行)
                   2018年02月24日号

************************************************************

            今号のことば    

         1 みまかり・身まかり 
         2 みまくさ
             3 見ましや
         4 見まほしくて・見せまほしくて 

************************************************************

         ◆ みまかり・身まかり ◆

【みまかり・身まかり】

「身」に「まかり」の接続した言葉で、死亡したという意味。
この世から去ること。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     浅からず契りありける人の、みまかりにける跡の、
     をとこ心のいろかはりて、昔にも遠ざかるやうに
     聞えけり。
     古郷にまかりたりけるに、庭の霜を見て

01 をりにあへば人も心ぞかはりけるかるるは庭のむぐらのみかは
             (岩波文庫山家集240P聞書集107番)

○浅からず契りありける人

詞書から西行自身のことではなくて、西行の知人である「をとこ」に
ついての聞き知った話を歌にしていることがわかります。
(契りありける人)が亡くなった後の男の心情についての歌です。
ですから(契りありける人)は(をとこ)の妻とも考えられます。とも
あれ、(をとこ)と相応の関係のあった女性だと解釈できます。

○をとこ心のいろかはりて

深い関係にあった女性が死亡してから、亡くなった女性やその家に
対しての男の気持ちが薄れてきたということ。気持が冷めてきたこと。
(心の色)は心のありよう、心情のこと。

○古郷にまかりたり

(古郷)は女性が長年住んでいた家のこと。(まかりたり)は西行が
実際にそこに行ってみたということ。
偶然に行ったのか、意図して行ったのか不明ですが、亡くなった
女性と西行は面識はあったものと思わせます。

○をりにあへば

できごとのあったその時に…ということ。「あへば」は出合うこと。

○のみかは

(かは)は「……だろうか?いや、そうではない」という反語です。
問いかけの形で(むぐらのみ)と言い、その反語として「むぐらのみ
ではない」と逆のことを示す用法です。

○むぐら

クワ科(ムグラ科とも)のカナムグラ、アカネ科のヤエムグラの
総称です。歌では荒れ果てて寂しい光景の例えとして使われます。
ただし、霜の降りる季節に枯れる「八重葎」はふさわしくはなく、
クワ科のカナムグラの可能性があります。

(01番歌の解釈)

「その時になれば人も心が変わるのだなぁ、枯れるのは庭の葎だけ
ではなく、人の心も離れてしまうのだ。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     院の二位の局身まかりける跡に、十の歌、
     人々よみけるに

02 流れゆく水に玉なすうたかたのあはれあだなる此世なりけり
         (岩波文庫山家集208P哀傷歌・新潮817番・
              西行上人集追而加書・玉葉集) 

○院の二位

紀伊守藤原兼永の娘の朝子のこと。父親の官職名で「紀伊」と
呼ばれます。
藤原通憲(入道信西)の後妻。藤原成範、脩範の母。待賢門院の
女房の紀伊の局のこと。
後白河院の乳母。従ニ位になり、紀伊ニ位、院の二位とも呼ばれ
ます。1166年1月に没して、船岡山に葬られました。その時に西行は
追悼の歌を10首残しています。残りの歌9首は割愛します。

○身まかりける跡

身罷ることであり、亡くなった跡、葬送をした跡ということ。
「跡」とは、船岡山を指しているものと思います。

○うたかた

水に浮かぶ泡のこと。
消えやすく、はかない物事の例えとして使われます。

○あはれあだなる

誰の生であれ、人間の一生ははかなく、はかなさを約束された生を
生きることを言います。

(02番歌の解釈)

「流れて行く水に玉となって浮ぶ泡がすぐ消えてしまうように、
あわれではかないこの世であることだ。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

************************************************************ 

          ◆ みまくさ ◆

【みまくさ】

馬の飼料で「秣=まぐさ」のこと。馬が食べる草です。「み」は
接頭語。稲の美称とも言われます。
また、馬の飼い主を敬って言う場合もあるようです。

当時は朝廷の馬を飼育する「御牧」が京都市伏見区淀美豆町にも
ありました。「御牧」には当然に「みまくさ」が繁茂していた
はずです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

01 みまくさに原の小薄しがふとてふしどあせぬとしか思ふらむ
          (岩波文庫山家集52P夏歌・新潮236番・
        西行上人集・山家心中集・万代集・夫木抄)

○原の小薄

(薄・すすき)はイネ科の多年草。山野に自生し、高さは1~2メートル。
葉は線形。秋の七草の一つです。
「小薄」の「小」は接頭語で、(小さい・若い)などの意味を持ちます。

秋になると茎の先に20センチから30センチ程度の花穂をつけます。
この穂が出た状態を「花薄」や「尾花」と言います。
薄は、その穂が風に盛んに揺れなびいている様子から人を招いて
いるように見立てて詠まれた歌が多くあります。

○しがふ

草などを刈り束ねて、その端を結びあわせること。

○ふしどあせぬ

「あせぬ」は褪せること。「褪せる」には(浅くなる)という
意味があります。
鹿の寝床とは決まった所があるのかどうかわかりませんが、
いつも寝ている寝床が薄を刈ったために荒れて浅くなっている…と
いうことです。
鹿は薄の原で寝るものか疑問ですが、あえて薄のなかで寝ると想像
しての歌なのでしょう。
ところが02番歌では鹿の寝床を見たとありますから、それは実際の
体験に基づく歌であるとも思わせます。

○しか

鹿のこと。別称に「すがる」「かせぎ」があり、西行に「鹿」の
歌は34首あります。他に他人詠が2首あります。

(01番歌の解釈) 

「皇室の牧場の馬草にするために野原の薄を刈って束ねていると、
きっと鹿は寝床が荒らされて浅くなったと思うことだろう。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

02 みまくさにはら野のすすきかりにきて鹿のふしとをみおきつるかな
             (松屋本山家集・万代集・夫木抄)

○はら野

薄の生い茂っている原野。そこに馬の食用として薄を刈りに来た
ということ。

○鹿のふしと

(ふしと)は(臥所)と表記して、寝る場所のこと。

(02番歌の解釈) 

「みまくさにするために原野のすすきを刈りに来て、鹿の夜来て
臥す処をしっかりと見ておいたことだ。」
          (渡部保氏著「山家集全注解」から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

尚、新潮古典集成山家集の下の歌の上句に「まくさ」がありますが、
この場合は「みまくさ」とは関係ありません。「裏吹きかへす」の
フレーズや、一首全体の感じから「葛」の歌と断定できます。
岩波文庫山家集では「まくず」となっています。

山里は そとものまくさ 葉をしげみ 裏吹きかへす 秋を待つかな
              (新潮日本古典集成山家集252番)

山里はそとものまくず葉をしげみうら吹きかへす秋を待つかな
      (岩波文庫山家集55P夏歌・新潮252番・西行上人集・
                 山家心中集・続後撰集)

************************************************************ 

          ◆ 見ましやは ◆

【見ましやは】

「やは」は係助詞「や」に係助詞「は」が接続して一語となった言葉。
疑問の形で表現しながら、反語として機能しています。
「やは」は万葉集などによくある反語の終止形の「やも」が変化した
形です。平安時代には「やは」が多く使われています。
「見ましやは」で「見ることなどないだろう…」という意味になります。
山家集では「見ましやは」の用例が合計二首あります。
もう一首の03番歌にある「見ましや」も同等の「見られないだろう」
という意味。
              (大修館書店刊「古語林」参考)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

01 よしの山花をのどかに見ましやはうきがうれしき我が身なりけり
   (岩波文庫山家集34P春歌・新潮欠番・西行上人集・御裳濯集)

○よしの山

大和の国の歌枕。地名。奈良県吉野郡吉野町。
青根が峯を主峰とする広い範囲を指します。
西行も吉野山に庵を構えて住んでいたとみられていて、奥の千本
には西行庵があります。
ただし、現在の西行庵のある場所に実際に西行の住んでいた庵が
あったかどうかは不詳のようです。
岩波文庫山家集には「吉野山」の名詞のある歌は59首あります。

○うきがうれしき

「憂き」ことが嬉しいとする屈折した感情。
桜の季節になって、多くの花を見たいという期待に満ち溢れ、躍動
する西行の心理の状態がよく出ている歌だと思います。

(01番歌の解釈)

「吉野山の花をのどかに見るだろうか。のどかになど見られない
から憂くつらい。しかしそのことがうれしい私なのだ。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

02 山里に家ゐをせずば見ましやは紅ふかき秋のこずゑを
           (岩波文庫山家集104P冬歌・新潮欠番)

○家ゐ

家を作って住むこと。住居に住むこと。
ここでは山里の草庵に住むこと。

(02番歌の解釈)

「山里に山家を持たなかったら見ることができたであろうか。
秋の梢のこの深い紅色の美しさを。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     信解品 是時窮子 聞父此言 即大歡喜 得末曾有

03 吉野山うれしかりけるしるべかなさらでは奧の花を見ましや
          (岩波文庫山家集226P聞書集4番・夫木抄)

○しるべ

たどるべき道を指し示すもの。手引き、道案内のこと。

実際の道案内標識だけではなくて、人の穏やかな成仏を願い、死後に
たどると信じられていた山路を迷うことなく歩くための、臨終の
際の導師の役割も「しるべ」と言います。

この歌は法華経信解品を題材として読まれた歌です。花を見るための
道案内のたとえとして詠まれてはいます。が、人生の指針という
ほどの広範な意味を持ったものとして詠まれている歌なのでしょう。

○さらでは

そうでなかったら…の意味。

(03番歌の解釈)

「吉野山で嬉しかったのは道案内だなあ。それがなくては
奥の花を見られなかっただろう。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

************************************************************

         ◆ 見まほしくて ◆

【見まほしくて】

「あらまほし」などと同様の用い方です。
「見」「まく」「ほし」が接合して、縮めて使われている言葉です。
「見」は見ること。「ま」は推量の助動詞「む」の未然形。「く」
は接尾語。「ほし」は欲しい、のことで形容詞。
(強く見たいと思って)というほどの意味です。
02番歌の「見せまほしくて」は、見てほしい言う気持ちのこと。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      十月十二日、平泉にまかりつきたりけるに、雪ふり
      嵐はげしく、ことの外に荒れたりけり。いつしか衣川
      見まほしくてまかりむかひて見けり。河の岸につきて、
      衣川の城しまはしたる、ことがらやうかはりて、ものを
      見るここちしけり。汀氷りてとりわけさびしければ

01 とりわきて心もしみてさえぞ渡る衣川見にきたる今日しも
         (岩波文庫山家集131P羈旅歌・新潮1131番)

○十月十二日

この歌は始めての奥州行脚の時の歌だとほぼ断定できます。
京都を花の頃に旅立って、平泉に着いたのは10月12日。半年以上
を費やして平泉に行っています。何箇所かに逗留して、ゆっくりと
した旅程だったはずです。

○平泉と中尊寺

現在の岩手県西磐井郡平泉町のこと。清原(藤原)清衡が1100年
頃に岩手県江刺郡から平泉に本拠を移して建設された仏教都市。
清衡が建立した中尊寺の金色堂は1124年に完成した時のままで、
一度も焼失していません。奇跡的に残りました。
金色堂には清衡・基衡・秀衡の三代の遺体(ミイラ)があります。

○まかりつき

動詞「まかる」の連用形です。出る、行くという言葉の謙譲語・
丁寧語として使われます。

西行歌にはたくさんの「まかり」が使われています。ほぼ同じ行為を
表す「行く」「参る」「詣でる」「まかる」を使い分けているのは、
それなりの必然があったからでしょう。
西行本人の歌に対しての感覚や言語センスに基づきながら、人物や
事象との距離感がいくつかの言葉を使い分けた原因ではないかと
思います。
また、歌の韻律になじみにくいと思われる「まかる」の用法は、ほぼ
詞書に用いられています。それも西行の見識の一つでもあったのでは
ないでしょうか。
 
○衣川の城  

藤原氏の衣川の館のこと。もともとは奥州豪族の安倍氏の柵(城)
がありました。古くは「衣の関」でしたが、関跡に奥羽六郡の覇者
であった安倍氏が柵を築いていたものです。この柵は前九年の役で
源頼義と清原氏の連合軍が1062年に勝利してから清原氏(藤原氏)が
治めていました。
後に藤原秀衡のプレーンでもあり藤原泰衡の祖父でもあった藤原
基成の居住していた館だといわれます。

余談ですが、義経の衣川の館は最後に平泉に落ち延びて以後に
建てられた高館のことです。(義経記から)
ここが源義経の最後の地と言われます。現在は「高館義経堂」と
呼ばれています。小高い丘にあり、中尊寺からも衣川からも少し
離れています。
義経は1187年2月ころには平泉に着いていましたので、その頃に
建てられたものでしょう。当然に西行は京都に戻っていると
考えられますので、平泉で義経とは出会っていないはずです。

○しまはしたる

衣川の館は城構えのため、館の外側を垣などで囲んでいる設備や
その状態を指しています。

○ことがらようかはりて

「事柄、様変わりて」のことです。
この歌自体が初度の旅の時のものとみなされますので、再度の
旅の時に初度の旅のことを振り返って・・・という意味ではない
はずです。
事柄とは、自身で見たことはないけど、かねて聞き及んでいた
安倍氏の衣川の柵(衣川の城)の状況と対比させているものと
思われます。

○今日しも

「しも」は十月十二日という「今日」を特に強調する言葉です。

(01番歌の解釈)

「平泉に着いたその日、折りから雪降り嵐がはげしく吹いたので
あったが、早く衣川の城が見たくて出かけ、川の岸に着いて、
その城が立派に築かれているのを見、寒気のなかに立ちつくし
ながら詠んだ・・・(略)
衣川の城を見に来た今日は、とりわけ心もこごえて冴えわたった
ことだ、というのである。寒い冬の一日、はるばると来て、歌枕
であり、また、古戦場でもある衣川を初めて見た西行の感慨が
出ている歌である。」
             (安田章生氏著「西行」から抜粋)

「衣河を見に来た今日は今日とて、雪が降って格別寒い上、とり
わけ心にまでもしみて寒いことである。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      年頃申しなれたりける人に、遠く修行するよし申して
      まかりたりける、名残おほくて立ちけるに、紅葉の
      したりけるを見せまほしくて侍りつるかひなく、いかに、
      と申しければ、木のもとに立ちよりてよみける

02 心をば深きもみぢの色にそめて別れて行くやちるになるらむ
          (岩波文庫山家集105P離別歌・新潮1086番) 

○年頃申しなれたりける人

長い間懇意にしていた人のこと。個人名も性別も不明です。しかし
西行の身内の女性ではないかとも思わる詞書の内容です。

○遠く修行するよし申して

西行自身が遠い所に旅立つので、その報告のために出向いて行った
ということ。行先や年代は不明です。

○紅葉のしたりける

この詞書の解釈は難解です。説明が決定的に足りないと思います。
時制や彼我の位置がよくわからないままです。
あえて推測するなら、「紅葉のしたりける~いかに」までは申しなれ
たる人の発語なのでしょう。「したり」は紅葉の樹なので変な気も
します。普通に解釈すれば「枝垂り」です。

○見せまほしくて

見て欲しいと思う気持ちのこと。

「まほしは平安時代に現れた語で希求の助動詞。動詞の未然形を承け、
形容詞シク活用と同じ活用をする。
奈良時代にあった「まくほし」の転じたもの。平安時代に「まく
ほし」は音便によって「まうほし」となり、さらに音がつまって
「まほし」となった。
                 (岩波古語辞典を参考)

上の歌のように「まほし」のある西行歌は6首、詞書は5回、合計
11回あります。

○ちるになるらむ

紅に染まった紅葉が散るということに、離れて行くこと、さらには
自分の人生が終わりになるかも知れないという、その可能性を匂わ
せている言葉です。

(02番詞書の解釈)

「多年、親しくつきあって来た人に、遠く修行の旅に出ることを
申してかえって来た。そのとき、名残り多く別れを惜しんで立って
いたが、(発つをかけているか)その人の言うには紅葉をした美しい
木を(一本によれば紅葉をした枝が垂れているのを)見せたくて
待っていたかいもなく、葉が散ってしまった(散らぬうちに来てくれ
なかった)が、あなたは、どうして今日まで来なかったと言ったので、
紅葉の散った木の下に立ちよってよんだうた。」
       (渡部保氏著「西行山家集全注解」から抜粋)

(02番歌の解釈)

「あなたが私のことを思って下さる深いお心を、濃い紅葉の色の
ようにわが心に染めて、別れて行くのは、紅葉でいえば散る
ことになるでしょうか。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

************************************************************

  (後記)

この数日は寒気も少しばかり緩んで来ました。ことのほか寒さに
弱い私には暖かくなるのは朗報です。しかし未だ如月。春まだ浅く、
今後も寒さ厳しい日が当然にあるでしょう。体調管理に心したい
ものです。

日本中を沸かせているらしい韓国での冬季五輪も明日25日で終わり
ます。同年代の人でもスケート競技に熱中しつつテレビ観戦をされ
ている方も存じています。それだけ選手の方々の熱戦でもあるはず
ですが、70歳で熱中できるものがあるのは、あるいは大変にすばら
しいことかもしれません。
顧みれば、私は老人といわれる年代に達してから、物事に対しての
関心の持ちよう、その度合いが徐々に薄れてきたことを自覚します。
ゆえに70歳という年代であっても、そして自身が実際にできようも
ないことであっても関心は持ち続けたいものと思ったりします。

いろんなことに対して興味も疑問も、そして、やる気も失わない
ようにしたいものです。自戒します。

************************************************************

■  登録/解除の方法
  http://www.mag2.com/m/0000165185.htm

 ◎ メールマガジン「西行辞典」 は、
   上記URLよりいつでも登録及び解除が可能です。

■ ご要望、ご意見は下記アドレスまで。
  siokaze308@yahoo.co.jp

==============================

  ◎ 「西行辞典」第365号 2018年02月24日発行 

   「創刊号発行 2005年08月10日」 

  ◎ 発行責任者 阿部 和雄
   http://sanka11.sakura.ne.jp/

  ◎ 発行システム インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
     利用させていただいています。
   『まぐまぐ』 URL: http://www.mag2.com/

==============================

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/05/18
部数 128部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/05/18
部数 128部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年8月現在9200人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額1000億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

副業ペラサイト量産で月100万稼ぐ♪さぼてんのサイトアフィリ秘メルマガ☆
サイトアフィリエイトに役立つ情報を発信! 月100万を稼ぐアフィリエイターさぼてんがサイトアフィリを実践し、その状況を実況中継しながら、アフィリエイトに役立つ情報・テクニックをお伝えするメルマガ。 普通のサラリーマンとして働きながら、副業として1日2時間の作業で月100万を効率的に稼ぐ秘密とは? アフィリエイトに挑戦したい初心者の方からの質問メール大歓迎。 丁寧に回答します♪
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

システマティックな「ま、いっか」家事術
食べるのは大好きだけど、作るのは超苦手。棚拭きとアイロンがけが何より嫌い。 そんな家事オンチだった私がソレナリに家事をこなせるようになったワケ。 家事全体を見渡して、最小の手間で最大のリターンを得る、具体的なシステムをお知らせするメールマガジンです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング