西行辞典

西行辞典 第358号(171203)


カテゴリー: 2017年12月03日
************************************************************

      ◆◆◆◆  西行辞典  ◆◆◆◆
                        
                  vol・358(不定期発行)
                   2017年12月03日号

************************************************************

           今号のことば    

         1 見し世・みしよ 02
         2 水茎・水ぐき
         3 水こひ鳥 
         4 みすり
         5 御袖
              6  みたけ・御嶽 01

************************************************************ 

       ◆ 見し世・みしよ 02 ◆

【見し世・みしよ】

過去に見て、なじんでいた時代。昔の頃のこと。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

         嵯峨野の、みし世にもかはりてあらぬやうになりて、
     人いなんとしたりけるを見て

04 此里やさがのみかりの跡ならむ野山もはてはあせかはりけり
         (岩波文庫山家集195P雑歌・新潮1423番)

○嵯峨・嵯峨野

東は太秦、西は小倉山、北は上嵯峨の山麓、南は大井川(桂川)
を境とするほぼ平坦な野。往古は葛野川(現桂川)の溢水による
沼沢地で、未墾地が大半を占めていたが、秦氏一族が川を改修し、
罧原堤(ふしはらつつみ)の完成によって田野の開拓が進み、
肥沃な地となった。
「三代実録」882年12月条には平安遷都後は禁野とされて、天皇、
貴族はここで遊猟し、若菜を摘んで遊楽をした、とある。
嵯峨天皇の嵯峨院(現大覚寺)、後嵯峨上皇の亀山殿(現天竜寺)、
檀林皇后の檀林寺などをはじめ、兼明親王の雄蔵殿(おぐらどの)や
歌人藤原定家の山荘など、貴神の邸館や大寺が営まれ、文学の舞台
ともなった。        
         (以上、平凡社刊「京都市の地名」より引用)

○みし世にもかはりて

西行が在俗時代に実際に見た頃と違って・・・というような解釈
で良いと思います。しかし書物なりで読み、人からも聞いたりして
西行出生より前の嵯峨野が賑わっていた頃までもを指しているとも
受け取れます。

○あらぬやうになりて

荒廃しているということ。以前と比較して廃れていること。

○さがのみかり

嵯峨野における春の桜狩、秋の紅葉狩を言います。
しかし西行が出生してから出家するまでの間に皇室の御幸は記録
がないようですし、公の行事は無かったものでしょう。

(04番歌の解釈)

「この里が、昔桜狩や紅葉狩の行われた嵯峨野の跡であろうか。
今はすっかり荒れはて、昔の栄華の跡も色褪せ変わってしまった
ことだ。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

************************************************************ 

       ◆ 水茎・水ぐき ◆

【水茎・水ぐき】

「筆や筆跡」のことです。
「水茎」という言葉が、なぜ筆や筆跡を表す言葉として使われ
だしたか、それはどんな理由からなのかは不明のようです。
万葉集では「水にひたる城」という意味で使われていました。
「筆あるいは筆跡」を表す言葉としては平安時代から使われ
だしたようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

          はかなくなりて年へにける人の文を、物の中より
           見出でて、むすめに侍りける人のもとへ見せに
           つかはすとて

01 涙をやしのばん人は流すべきあはれにみゆる水ぐきの跡
         (岩波文庫山家集206P哀傷歌・新潮804番・
                西行上人集・山家心中集)

○はかなくなりて

死亡したことを言います。

○年へにける人の文

亡くなってから年数が経っている人のこと。その人から生前に手紙を
頂いていたことを言います。

○むすめに侍りける人

(むすめ)とは誰のことか、個人名の記述がなく不明です。

○あはれにみゆる

亡くなった人の生前を偲んで、感傷に浸ることを言います。

(01番歌の解釈)

「亡き父上を偲んでおいでのあなたは、さぞ涙を流されることで
しょう。しみじみ感慨を催される生前の筆跡をご覧になって。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
           
      新院さぬきにおはしましけるに、便につけて
      女房のもとより

02  水茎のかき流すべきかたぞなき心のうちは汲みて知らなむ
 (讃岐の院の女房歌)(岩波文庫山家集184P雑歌・新潮1136番)
 
03  程とほみ通ふ心のゆくばかり猶かきながせ水ぐきのあと
       (西行歌)(岩波文庫山家集184P雑歌・新潮1137番)

○新院

1141年に退位してから1156年の保元の乱後に讃岐に配流される
までの崇徳上皇の呼称です。
山家集にある「一院」は鳥羽上皇を言い、「新院」は崇徳上皇、
「院」は後白河上皇を指します。

○さぬき

旧国名で、現在の香川県のこと。
瀬戸内海に臨み、県庁所在地は高松市。
弘法大師空海の生地や、崇徳院の墓所があります。

○女房

1156年の保元の乱に敗れて讃岐に配流となった崇徳院に付き添って
讃岐に渡った女性だと思われます。
名前までは分かっていないようですが、崇徳院の長子である重仁
親王の母である兵衛佐局とみていいのではないかと思います。

讃岐の院の女房歌は実際には崇徳院の歌だと言われています。
こういう体裁を採らないままでは、西行との和歌の贈答でさえも
差し障りがあったものでしょう。それだけの監視の中での配流生活
であったものでしょう。

○かたぞなき

どうして良いかわからない、どうすべきか、その方法がないと
いうこと。

○程とほみ 

場所と場所の距離的な遠さを表します。 

○猶かきながせ

たくさん手紙を書いて下さいという西行の願望。
     
(02番歌の解釈)

「手紙をどのようにしたためたらよいか分かりません。
私の心の中はどうぞお察し下さい。」
  (讃岐の院の女房歌)(新潮日本古典集成山家集から抜粋)

(03番歌の解釈)

「讃岐とは遠く隔たっているので、通うこともできず、心が
通うだけだから、せめて気のすむまで心の中を手紙にしたためて
下さい。」
       (西行歌)(新潮日本古典集成山家集から抜粋)

************************************************************ 

       ◆ 水こひ鳥 ◆

【水こひ鳥】

カワセミ科の「アカショウビン」の古称です。東南アジア周辺から
夏に来日する渡り鳥。全体的に赤褐色をした鳥で、「火の鳥」とも
呼ばれています。
主に森林に生息し、サワガニ、トカゲ、カエル、昆虫類などを捕食
します。水こひ鳥の歌はこの1首のみです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

01 山ざとは谷のかけひのたえだえに水こひ鳥の聲きこゆなり 
           (岩波文庫山家集167P雑歌・新潮957番・
             西行上人集・山家心中集・夫木抄)

○かけひ

水を通すための設備です。当時は生活用水も竹などを半分割して、
それを用いて泉や池から水を導いていたものでしょう。
この歌では山の谷あいに設置しているということ。生活の場は、
里とはあっても集落ではなくて、おそらくは山の中の庵でしょう。

○たえだえ

絶え絶えのこと。途切れ途切れのこと。
山里の谷に設置している筧から流れてくる水が乏しくて、途切れ
途切れであることと、水こひ鳥の鳴き声が途切れ途切れに聞こえて
来ることとを掛け合わせています。

(03番歌の解釈)

「山里では谷の筧に絶え絶えに水が通うように、水乞鳥らしい声が
絶え絶えに聞こえてくるよ。」
             (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

私見ですが、筧からの水の乏しさに困っている心情が、水乞鳥と
いう名詞を導きだしています。困っている人の心情に、水乞鳥の
絶え絶えの鳴き声が共鳴し、重なりあって響いてきます。
水乞鳥はまた水恋鳥でもあります。

************************************************************

       ◆ みすり ◆

【みすり】

名詞とは思いますが、意味不明な言葉です。
デジタル大辞泉では
「衣に花・葉などで色を染めつけること。」とあります。でもそれ
では意味が通じません。

この歌は松屋本山家集にしかありません。和歌文学大系21によれば、
以下の二首の間に「ふなそこに…」歌は書き込まれているとのこと
です。従って、琵琶湖の水運に関係する歌だと考察されています。

 おぼつかないぶきおろしの風さきにあさづま舟はあひやしぬらむ
         (岩波文庫山家集169P雑歌・新潮1005番・
           西行上人集・山家心中集・夫木抄)

 くれ舟よあさづまわたり今朝なせそ伊吹のたけに雪しまくなり
     (岩波文庫山家集169P雑歌・新潮1006番・夫木抄)

「みすり」については「水もれの意か」としています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

01 ふなそこにみすりしぬへし心せよのみのさせるをたのまさらなむ
                    (松屋本山家集)

  舟底にみすりしぬべし心せよのみのさせるを頼まざらなん
                (和歌文学大系21の表記)

○しぬへし

解釈に迷う言葉です。「し」+「ぬ」+「べし」なのでしょう。

「し」は、当時の「する」のサ行変格活用の連用形。
「ぬ」は強意を表す完了の助動詞。
「べし」は推量の助動詞「べし」の終止形。
「しぬべし」で当然にそうしているはずだ、という強い確信を持って
いる時の言葉です。
通して解釈すると「舟底には確実に水が入って来ているだろう」と
いう意味になりそうです。

○のみのさせる

「のみ=(竹かんむりに如)環境依存文字でマガジンでは使用不可」
とは、樹のヒノキの内皮を剥いで、砕いて柔らかくしたものです。
それを舟や桶などの水漏れ防止用、修繕用に水の漏れている所、
漏れそうな所に詰めて使います。
「のみのさせる」で「のみ」を詰めていることを言います。

○たのまさらなむ

「頼まざらなむ」で、頼みにしてはいけない、当てにしてはならない
ことであり、常に注意が必要であるということ。

(01番歌の解釈)

「舟底に水漏れがするだろう。用心しろ。「のみ」が差して
あるのをあてにするな。」
                (和歌文学大系21から抜粋) 

************************************************************ 

       ◆ 御袖 ◆

【御袖】

御袖のある二首はともに人の着る着物の袖を詠った歌ではなく、
比喩として用いられています。
01番歌は二条院の慈愛に満ちた治世という意味であり、02番歌は
住吉大社の神の着る衣の袖という意味です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

01 かひありな君が御袖におほはれて心にあはぬことしなき世は
          (岩波文庫山家集171P雑歌・新潮1197番・
                 西行上人集・山家心中集)

上の歌は1189番からの貝合わせに寄せての連作9首のうちの最後の
一首です。この連作では袖貝、雀貝、桜貝、簾貝などの名称も
あり、縁語も多用していて、知的で楽しいものとなっています。
連作の前の詞書では
「内に、貝合せんとせさせ給けるに、人に代わりて」とあります。
人とは個人名は不明ですが、女房の一人に代わっての詠作でしょう。
二条院(1143~1165)在世中の1162年に行われた貝合わせとみら
れています。

○かひありな

貝があるということと、二条院の治世下に生まれ合わせたことの
甲斐がある、ということを掛け合わせています。

○君が御袖

君の袖のこと。君とは二条院のことであり、二条院の袖の中という
ことで、二条院に庇護された心安らかな状態を言います。

○ことしなき世

「ことし」の「し」は語調を整え、「こと」を強調する言葉です。
心に合わない(ことはない世)という意味です。

(01番歌の解釈)

「この世に生まれ合わせてよかった。盛大な貝合の行事をなさる
二条院の庇護のもと、満たされないことなど一つもなく、貝の
合うようにすべてぴたりと心に合う世の中なのだから。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     人々住吉にまゐりて月を翫びけるに

02 片そぎの行あはぬ間よりもる月やさして御袖の霜におくらむ
           (岩波文庫山家集76P秋歌・新潮409番・ 
                  西行上人集・夫木抄)

○住吉

摂津の国の住吉大社そのもの、または住吉の地をいいます。
住吉大社は航海安全などを祈願する海の神様であり、同時に歌の
神様としても崇敬されていました。

○片削ぎ

片側を人工的に削いでいるということ。
「行きあい」の言葉を導き出すための枕詞です。
神社の建築物の屋根にある「千木」にかかる言葉です。
千木は男性神の場合は外側に垂直に切り、女性神の場合は水平に
切るとのことです。
住吉大社では神宮皇后を祀る第四本宮の千木が水平になっています。
和歌では「片削ぎの千木」とは住吉大社を特定するようです。

○行あはぬ間

千木の両方の間にある空間を指すものと思います。

(02番歌の解釈)

「住吉大社の片削ぎの千木を漏れる月が、あまりに冷たく美しい
から神の袖に霜が降りたように見えるのだろうか。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

************************************************************

       ◆ みたけ・御嶽 01 ◆

【みたけ・御嶽】

奈良県から三重県に渡る大峰奥駆道にあり、大峰修験道の聖地で
ある山上が岳を指します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     みたけよりさうの岩屋へまゐりたりけるに、もらぬ
     岩屋もとありけむ折おもひ出でられて

01 露もらぬ岩屋も袖はぬれけると聞かずばいかにあやしからまし
         (岩波文庫山家集121P羇旅歌・新潮917番・
           西行上人集・山家心中集・西行物語)

○さうの岩屋

「岩屋」は岩窟のこと。

奈良県の大峰山中にある靡(なびき)の一つに「笙の窟(いわや)」
があります。奥駈道の靡は75番まであり、熊野本宮大社からの順峰
の順で言うと、熊野本宮大社が1番靡、吉野川が75番靡となります。
その第62番目の靡が「笙の窟」です。

大普賢岳の近くにあり、数百メートルの断崖の下にある洞窟が
「笙の窟」です。山岳修験者の冬ごもりは毎年、ここで行われて
いたようです。

○もらぬ岩屋も

行尊僧正の下の歌にある句のことです。

 草の庵をなに露けしと思ひけんもらぬ窟(いはや)も袖はぬれけり 
                 (行尊 金葉集 雑上)

尚、123ページにある次の歌も行尊僧正を思っての歌です。

 あはれとも花みし嶺に名をとめて紅葉ぞ今日はともに散りける
    (岩波文庫山家集123P羇旅歌・新潮1114番・西行物語)

○露もらぬ

天井から水分が少しも漏れ落ちてこないこと。

○聞かずば

笙の岩屋のことを詠った行尊僧正の歌を知らなかったならば・・・
という意味です。

○あやしからまし

行尊僧正の歌にある「袖はぬれけり」についてです。西行も実際に
岩屋に来てみて、行尊僧正の歌の意味が感得できたということ。
そうでなければ岩屋に来て、自分の流す涙の意味が分からなかった
だろうということ。

(01番歌の解釈)

「笙の窟は雨露がまったくもれないはずなのに、私の袖は法悦
の涙の露で濡れてしまった、と詠んだわが敬愛する行尊の歌を
知らずにこの地に立っていたら、私のこの涙をどう説明したら
いいのかわからなかったよ。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

(行尊僧正)

1035年~1135年まで存命。81歳にて入寂。
三条天皇敦明親王の孫で源基平の子。12歳で園城寺(三井寺)にて
出家。17歳で園城寺を出てから諸国遍歴し、熊野などで修行。
山岳修験の第一人者と目されていたようです。
あと、園城寺長史、天台座主、平等院別当などを歴任しています。
家集に「行尊大僧正集」があります。
百人一首歌人でもあり、次の歌が第66番に採られています。

 もろともにあはれと思へ山桜 花よりほかに知る人もなし
           (大僧正行尊 百人一首66番・金葉集)

************************************************************

  (後記)

 暮れ果つる秋のかたみにしばし見む紅葉散らすなこがらしの風
         (岩波文庫山家集89P秋歌・新潮488番)

この歌にある思いと似た気持ちで、今年はいつの年にもまして多くの
紅葉を見る機会を得ました。台風21号の影響で染まり具合が良くない
という説も仄聞しましたが、実際にはまずまずの染まり具合でした。
しかしその紅葉の美しさも、葉の色素に加えて光の作用が導き出す
ものです。
散りゆく間際に一瞬の輝きを放って終わる紅葉は、高齢者として
括られる年代にになったからこそ味わえ楽しめるのかもしれません。
残された時間との競争という意識も、あるいは紅葉に対しての渇望
めいた気持を深めて、なおさらに美しく感じさせるのでしょう。

ともあれ、私には納得の秋であり、納得の紅葉でした。

今号発行は予定より遅れてしまいました。年内に何とかあと2回は
出したいものと思っています。

************************************************************

■  登録/解除の方法
  http://www.mag2.com/m/0000165185.htm

 ◎ メールマガジン「西行辞典」 は、
   上記URLよりいつでも登録及び解除が可能です。

■ ご要望、ご意見は下記アドレスまで。
  siokaze308@yahoo.co.jp

==============================

  ◎ 「西行辞典」第358号 2017年12月03日発行 

  ◎ 発行責任者 阿部 和雄
   http://sanka11.sakura.ne.jp/

  ◎ 発行システム インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
     利用させていただいています。
   『まぐまぐ』 URL: http://www.mag2.com/

==============================

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/12/03
部数 123部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/12/03
部数 123部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング