西行辞典

西行辞典 第357号(171111)


カテゴリー: 2017年11月11日
************************************************************

      ◆◆◆◆  西行辞典  ◆◆◆◆
                        
                  vol・357(不定期発行)
                   2017年11月11日号

************************************************************

          今号のことば    

         1 みさび
         2 三島・みしまえ
         3 見し世・みしよ 01

みしめ→第171号「注連・しめ」参照
みすの山風→第121号「熊野・熊野御山・熊野詣」参照
簾貝→第293号「吹上」参照
みづ垣→第171号「注連・しめ」参照
みそぎ→第249号「ぬさ・幣」参照
見せがほ→第272号「春+霞 (2)」参照

************************************************************ 

       ◆ みさび ◆

【みさび】

水に含まれている渋のこと。水の錆びのこと。要するに水垢です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

01 みさびゐて月も宿らぬ濁江にわれすまむとて蛙鳴くなり
           (岩波文庫山家集40P春歌・新潮168番)

○みさびいて

水垢が水面に浮いている状態。

○月も宿らぬ

水面が汚れていて、月が水面に映り込まないこと。

○すまむとて

住もうと思って…。

(01番歌の解釈)               

「水あかが浮かんでいるために月影も宿らない濁江に、澄む月の
代りに自分が住もうと、かわずが鳴いていることである。」
           (新潮日本古典集成山家集から抜粋)
            
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

02 月のためみさびすゑじと思ひしにみどりにもしく池の浮草
          (岩波文庫山家集61P秋歌・新潮1021番)

○みさびすゑじ

「水錆据えじ」で、この場合は水垢を発生させない、という意味。

○池のうき草

池に浮いている草。水面に漂っている草のこと。

(02番歌の解釈)

「月を美しく映すために水錆が生じないよう心がけていたが、
浮草が繁茂して池は一面に緑になった。これはこれで月が
出たら美しかろう。」
               (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      池上の月といふことを

03 みさびゐぬ池のおもての清ければ宿れる月もめやすかりけり
       (岩波文庫山家集72P秋歌・新潮320番・夫木抄)

○みさびゐぬ

池に水錆が浮いていないことを言います。「ゐぬ」は無いこと。

○めやすかりけり

漢字表記をすれば「目安かりけり」です。
「めやす」は形容詞ク活用です。「見た目に感じが良い、見苦しく
ない」という意味があります。
現在では「おおよその見当、一応の基準」という意味で「目安」は
使われますが、当時は上記のような意味でも用いられていました。

(03番歌の解釈)

「池に映った清澄な月光に浮雲がかかった、と思ったら
払い残した池面の水垢だった。」
               (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      同じこころを遍昭寺にて人々よみけるに

04 池にすむ月にかかれる浮雲は拂ひのこせるみさびなりけり
          (岩波文庫山家集72P秋歌・新潮322番・
             西行上人集・山家心中集・夫木抄) 

○遍照寺
         
「遍照寺」は下京区と右京区に現存しますが「大澤・広澤」の固有
名詞によって、右京区にある「遍照寺」と断定できます。
岩波文庫山家集では「遍昭寺」ですが、正しくは「遍照寺」です。

1600年代末葉に、この辺りを歩いて著した黒川道裕の「嵯峨行程」に、
「遍照寺の本尊不動、ならびに正観音及び寛朝の像は、池の南の方、
池の裏の小庵にあり」とあります。『都名所図会』参考。
この「小庵」が現在の「遍照寺」です。

もともとの遍照寺は広沢の池の北側にある浅原山(遍照寺山)の中腹に
ありました。花山天皇の勅願により、宇多天皇の孫にあたる寛朝
僧正が989年に開創したものです。
東寺真言密教広沢流の本源地として隆盛を極めていたこの遍照寺も
時代の流れの中で次第に衰退して行きました。

尚、六歌仙及び三十六歌仙の一人である遍昭僧正(816~890)とは
何の関係もないようです。

○人々よみけるに

人々の個人名や、いつ頃開催された歌会なのかは分かりません。

○池にすむ

「すむ」は(澄む)と(住む)の掛詞です。

(04番歌の解釈)

「池の面に澄んだ姿を宿している月に、浮雲がかかって
いるように見えるのは、実は雲ではなく、池の面を払った際
残った水銹であったことだ。」
           (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

************************************************************ 

       ◆ 三島・みしまえ ◆

【三島・みしまえ】

三島江は摂津の国の歌枕です。淀川の河口近くの西岸にあり、
現在の大阪府高槻市三島江を中心としていた浦を指します。
三島・三島江・三島江の浦・三島の入江・三島川などの形で
地名が詠み込まれ、万葉集以来、薦や葦などのある情景を 
詠まれて来ました。

03番歌は摂津の国ではなくて近江の国の歌。ただし余呉湖周辺に
「三島」は確認できなく、従って掛詞として解釈するのは無理が
ありそうです。単純に「見し間」と解釈するべきでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

       知らせでくやしむ恋

01 吾が恋は三島が沖にこぎいでてなごろわづらふあまの釣舟     
          (岩波文庫山家集156P恋歌・264P残集12番・
               西行上人集追而加書・夫木抄) 

○三島が沖

(三島・みしま)の所在地は不明です。大阪府高槻市の「三島江」は
海ではなく淀川沿いにありますから、歌意とは若干適合しないように
思います。
 
○なごろ

なごろ=余波
風が静まってのちも、なおしばらくは立っている波。
             (岩波書店「古語辞典」から抜粋)    

風が荒く波が高く、潮のうねること。また、そのうねりのこと。
                 (広辞苑第二版から抜粋)

(01番歌の解釈)

「わたしの恋は、あたかも三島の沖に漕ぎ出して、うねりに進み
かねている海人の釣り舟のようなもの。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

02 風吹けば花咲く波のをるたびに櫻貝よるみしまえの浦
          (岩波文庫山家集171P雑歌・新潮1191番・
            西行上人集・山家心中集・夫木抄)

○花咲く波

打ち寄せた波が砕けて白い泡になっている状態を「波の花」と言い
ます。西行時代にもそういう言葉があったものでしょう。
古今集でも「伊勢」や「文屋康秀」に「浪の花」の歌があります。
参考までに山家集に「波と花」のフレーズのある歌を記述します。

 過ぐる春潮のみつより船出して波の花をやさきにたつらむ
          (岩波文庫山家集41P春歌・新潮170番)

 霞しく波の初花をりかけてさくら鯛つる沖のあま舟
        (岩波文庫山家集116P羇旅歌・新潮1379番)

 山もなき海のおもてにたなびきて波の花にもまがふ白雲
     (岩波文庫山家集168P雑歌・新潮995番・夫木抄)

 おもひいでに花の波にもながればや峯のしら雲瀧くだすめり
            (岩波文庫山家集249P聞書集185番)
 
 風吹けば花の白波岩こえてわたりわづらふ山がはのみづ
          (岩波文庫山家集272P補遺・新勅撰集)

 波とみる花のしづ枝のいはまくら瀧の宮にやおとよどむらむ
           (岩波文庫山家集279P補遺・夫木抄)


白波を花に見立てて桜貝の縁語としてはいますが「波の花」と
いうには微妙なズレを感じます。
もちろん、そのズレがあっても差し障りは感じません。

○波のをるたびに

「波の折るたびに」のこと。寄せては返す波の運動のこと。

○櫻貝・さくら貝

「浅海の砂底にすむニッコウガイ科の二枚貝。殻長約3センチ。
殻高約1.3センチ。
殻は扁平で薄く、桃色花弁状で光沢がある。貝細工用。
北海道から九州、朝鮮半島に分布。」
          (講談社刊「日本語大辞典」から引用)

桜貝の歌はもう1首あります。

 花と見えて風にをられてちる波のさくら貝をばよするなりけり
             (岩波文庫山家集234P聞書集56番)

(02番歌の解釈)

「風が吹くと花が咲いたように白波が幾重にも折れかえって見え
るが、その度ごとに桜貝が打ち寄せられる三島江の浦だよ。」
           (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      我見人不知恋

03 余吾の湖の君をみしまにひく網のめにもかからぬあぢのむらまけ
 (岩波文庫山家集248P聞書集163番・西行上人集追而加書・夫木抄)

○余吾の湖

滋賀県にある余呉湖のことです。琵琶湖の北にあります。
賎が岳の古戦場で有名。

○君をみしまに

君を見ている間に・・・という意味です。「みしま」は「三島」の
掛詞のようでもありますが、掛詞である理由がわかりません。
         
○むらまけ

語意不明。群れている様を指すのでしょうか。群れがすばやく
散る様を指すのでしょうか。198Pに以下の歌があります。

 宇治川の早瀬おちまふれふ船のかづきにちかふこひのむらまけ
      (岩波文庫山家集198P雑歌・新潮1391番・夫木抄)

(03番歌の解釈)

「余呉の湖の三島に引く網の目にもかからない味鴨の群れのように、
あなたを見た間に私はあなたの目にかかることもない。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

************************************************************ 

       ◆ 見し世・みしよ 01 ◆

【見し世・みしよ】

過去に見て、なじんでいた時代。昔の頃のこと。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

01 きしかたの見しよの夢にかはらねば今もうつつの心地やはする
          (岩波文庫山家集192P雑歌・新潮761番)

○きしかた

これまで過ごしてきた人生。過去のこと。

○うつつ

現実・正気のこと。

○やはする

「やは」は係助詞で、この場合は反語表現となります。
「いや・・・しない」ということになり、うつつとは思えないと
いう意味です。

(01番歌の解釈)

「今まで過ぎて来た年月が、寝た間に見たはかない夢にかわらな
いので、現在もうつつの心地がしょうか、夢の続きのように
思われることだ。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

02 ふるさとは見し世にもなくあせにけりいづち昔の人ゆきにけむ
          (岩波文庫山家集195P雑歌・新潮1030番・
                西行上人集・山家心中集)

○ふるさと

本来の意味は、自分が生まれ育った家のある土地・集落を言います。

そこから転じて、和歌では多様性を持った言葉として使われています。
生まれた土地、家、出身地ということだけにとどまらず、自分が
過去に関わりを持って、なじんでいた場所、更には平城京や平安京
などの旧の都を「ふるさと」と詠まれてもいます。

「荒廃の語感を持ち、当時人々に愛用された語」と新潮古典集成
山家集にはあります。
「ふるさと」という言葉に通底するものは、古くなって寂れて
しまった地や物事、あるいは大切にしたい思い出などを時が経って
振り返り見た時に感じる、もの悲しく哀切な感情を込めた言葉
だということです。

○あせにけり

褪せること。新鮮さがなくなったこと。寂れてしまった状況。

○いづち

どちらの方角、どちらの方向・・・という意味です。
方角における不定称で副詞的に用いられ、(いづく)よりも
漠然と方角を指します。
               (岩波古語辞典を参考)

(02番歌の解釈)

「昔住んでいた所は、以前とは似ても似つかず変わって荒れはてて
しまった。かつてともに住んでいたあの人はどこへ行ってしまった
ことだろう。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

03 昔おもふにはにうき木をつみおきて見し世にも似ぬ年の暮かな
        (岩波文庫山家集聞書集100番・西行上人集・ 
         宮河歌合・新古今集・玄玉集・西行物語) 

○うき木

ここでは正月用の薪とするために、年末に拾い集めてきた木片と解釈
できます。在俗の頃は年越し用のためにたくさんの薪を用意しておく
風習があったものでしょう。
必ずしも水に浮かんでいる木片を拾い集めたわけではなくて、仏教
的な関連で「うき木」としたものです。

1 水の上に浮かんでいる木片
2 船。筏。
3 マンボウの別名

「盲亀(もうき)の浮木(ふぼく)」

《大海中に住み百年に一度水面に出てくる目の見えない亀が、よう
やく浮木に遭いその穴に入るという「涅槃経」などにある話から》
めったに会えないこと。また、仏法に出会うことが困難である
ことのたとえ。
                 (デジタル大辞泉から抜粋)

(03番歌の解釈)

「昔を思う草庵の庭に年越しのため拾い集めた浮木を積んておいて、
かつて過ごした時に似もしない年の暮れだな。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     北まつりの頃、賀茂に参りたりけるに、折うれしくて
     待たるる程に、使まゐりたり。はし殿につきてへいふし
     をがまるるまではさることにて、舞人のけしきふるまひ、
     見し世のことともおぼえず、あづま遊にことうつ、
     陪従もなかりけり。さこそ末の世ならめ、神いかに
     見給ふらむと、恥しきここちしてよみ侍りける

04 神の代もかはりにけりと見ゆるかな其ことわざのあらずなるにて
         (岩波文庫山家集224P神祇歌・新潮1221番)

○北まつり

岩清水八幡宮の南祭に対して、賀茂社の祭りを北祭りといいます。
ともに朝廷が主催する官祭でした。
 
○使いまゐり

天皇の勅使が来着したこと。

○はし殿

賀茂両社に橋殿はあります。この詞書ではどちらの神社か特定
できません。
 
○へいふし

新潮版では「つい伏し」となっています。
膝をついて平伏している状態を指すようです。

○東遊び

神楽舞の演目の一つです。現在も各所で演じられています。
 
○ことうつ陪従

(陪従)は付き従う人と言う意味ですが。その陪従が神楽舞で
琴を打つということです。
しかしこの時には勅使に付き従ってくる琴の奏者である陪従も
いなかったということになります。

(04番歌の解釈)

「賀茂祭の頃に賀茂社に参詣したのですが、具合良く、少し待った
だけで朝廷からの奉幣の勅使が到着しました。勅使が橋殿に着いて
平伏して拝礼されるところまでは、昔ながらのしきたりのままでした。
ところが東遊びの神楽舞を舞っている舞人の舞い方は昔に見た
ものと同じ舞とは思えないほどにお粗末で、舞に合わせて琴を打つ
人さえいません。これはどうしたことでしょう。いくら末法の時代
とはいえ、この事実を神はどのように御覧になっていることだろう。
まったく、恥ずかしい気がします。」

「人の世のみならず、神の代もすっかり変わってしまったと見える
ことだ。琴の陪従もいなくなり、祭のことわざ、舞人の振舞も昔の
ようではなくなったことにつけても」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

************************************************************

  (後記)

 千鳥なく絵嶋の浦にすむ月を波にうつして見る今宵かな
        「岩波文庫山家集95P冬歌・新潮版553番・
             西行上人集追而加書・夫木抄」

11月2日、思い立って淡路島北端にある絵島に行ってきました。
神戸からはバス、明石からはフェリーで行くことができますが、
今回は明石港から明石海峡を渡って「岩屋」で下船。岩屋港の
すぐそばに絵島があります。
事前に検索して知っていましたが、絵島は一周してもものの数分で
回れる小島です。砂岩でできている島なので浸食が激しく、島の相は
奇観とも言えます。特色のある島であることに違いありません。

昨日の10日は博物館で開催中の「国宝」展に行ってきました。
お目当ての「一品経和歌懐紙」は今回は展示されていなくて、見る
ことができませんでした。西行自筆の懐紙は以前にも確かに見た
記憶があるのですが、もうはるかな昔のことで定かには覚えていま
せん。志賀島から出土した有名すぎる「金印」、源頼朝像、平家納経、
御堂関白記なども展示されていて、それなりに興味もあったのですが、
多くの拝観者の人いきれで疲れてしまいました。結局すべてを見て
回ることは断念して、出てしまいました。

さて、いよいよ紅葉シーズン突入です。今年もできるだけ多くの、
秋の形見の紅葉に酔いたいものです。

************************************************************

■  登録/解除の方法
  http://www.mag2.com/m/0000165185.htm

 ◎ メールマガジン「西行辞典」 は、
   上記URLよりいつでも登録及び解除が可能です。

■ ご要望、ご意見は下記アドレスまで。
  siokaze308@yahoo.co.jp

==============================

  ◎ 「西行辞典」第357号 2017年11月11日発行 

  ◎ 発行責任者 阿部 和雄
   http://sanka11.sakura.ne.jp/

  ◎ 発行システム インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
     利用させていただいています。
   『まぐまぐ』 URL: http://www.mag2.com/

==============================

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/11/11
部数 124部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/11/11
部数 124部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

【六単塾】1日数分で英単語・英文をあきれるほど覚える方法
「英語をやり直したいけど面倒なことはしたくない」「英会話したいけど時間がない」「TOEICスコアが急に必要になった」そんなあなたに。1日10分、たった6単語で英語が話せるようになるためのメルマガを1日1通お送りします。登録は2秒で終了。今すぐ登録してくださいね。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

井出ひろゆき 最速不動産オーナーへの道
日本で唯一の不動産満室コンサルタント。 普通の人を不動産オーナーにする スペシャリスト&不動産オーナーに満室コーチング行い、 口コミで無料面談は、常にキャンセル待ち状態。 30代OL、   90日で家賃年収756万円。 40代会社社員 150日で家賃年収1586万8000円。 過去最短でコンサル開始後144日で 20代高利回り2棟家賃年収1456万8千円を記録!!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング