西行辞典

西行辞典 第354号(170924)


カテゴリー: 2017年09月24日
************************************************************

      ◆◆◆◆  西行辞典  ◆◆◆◆
                        
                  vol・354(不定期発行)
                   2017年09月24日号

************************************************************

          今号のことば    

                1 みがき…(02)
         2 御神楽
         3 御影(01)

神楽→第89号「神楽・かぐら」参照

************************************************************ 

       ◆ みがき… 02◆

【みがき…02】

「みがき」の言葉のある歌は4首を数えます。「みがき」は磨きであり、
項目化するほどのこともないのですが、「みがきいでて・みがきかえて」
が気になって、ここで記述することにします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      美福門院の御骨、高野の菩提心院へわたされけるを
      見たてまつりて

02 今日や君おほふ五つの雲はれて心の月をみがき出づらむ
    (岩波文庫山家集201P哀傷歌・新潮欠番・西行上人集)

○美福門院

1117年から1160年在世。11月23日没。44歳。藤原長実の娘、
得子のこと。
鳥羽天皇の女御。八条院暲子内親王や近衛天皇の母。二条天皇の
准母。1141年12月皇后、1149年8月院号宣下。
美福門院の遺言により、1160年12月4日(2日とも)に遺骨は高野
山の菩提心院(蓮台院とも。窪田章一郎氏「西行の研究」)に
納められました。この遺骨の移送に、藤原成道や藤原隆信も供奉
したとのことです。西行は高野山で、美福門院の遺骨を迎えたこと
になります。この日、高野山は大雪に見舞われていたそうです。
鳥羽の安楽寿院の近衛天皇陵は、もともとは美福門院陵として
造営がなされました。1155年に崩御した近衛天皇は船岡山の東に
あった知足院に葬られていましたが、1163年に現在地に改葬され
ました。

○菩提心院

高野山にあった寺院ですが現在はありません。

○見たてまつりて

この言葉によって美福門院の遺骨が高野山に葬られ、西行もその場に
いたことが分かります。
1160年11月のこの時、藤原成通と藤原隆信は美福門院の遺骨を高野山
に持って行って納めています。

○君

死亡している美福門院への呼びかけ。

○五つの雲

(五つの障)(五つの某)と同義。五障のこと。

「五障」

1 女性が持たされている五つの障礙(しょうげ)のこと。
 帝釈天、梵天王、魔王、転輪聖王、仏身となりえぬこと。

2 修道上の五つの障りのこと。
 煩悩、業、生、法、所知の五つの障礙。

3 五善根の障礙となるもの。
 欺、恨、怨、怠、瞋(いからす・いかる)の五つの障礙。
                 (広辞苑第二版を参考)

今の時代であれば明らかな女性蔑視と言われそうです。仏教の包摂
する頑迷固陋さを思わせますが、当時はこういうことが疑いも無い
真実として受け入れられていたものでしょう。

○心の月
 
仏教の信仰上のことで、比喩的に心の中にあるとする架空の月を
言います。仏教でいう悟りの境地を指すための比喩表現です。

○みがき出づらむ

自分の中にある月を磨き出して真如の境地に到達するということ。
真如とは煩悩に束縛されることのない、迷いのない真理の世界を
言います。それは同時に涅槃や解脱を意味することだと思います。
死者に対しての敬意をこめた言葉なのでしょう。

(02番歌の解釈)

「女人の五障の雲が晴れて、菩提を得られるだろうというのが
歌意であるが、型にはまったもので、儀礼の域を出ない。」
          (窪田章一郎氏著「西行の研究」から抜粋)

「今日女院は五障の雲も晴れて、お心のうちに宿していられた月
(仏性)を輝き出させるのであろうか。」
                 (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     恋によりて後の世を思ふといふことを人々よみけるに

03 物おもふ涙を玉にみかきかへてころものそてにかけてつつまむ
                    (松屋本山家集)

○涙を玉に

身体の現象としての涙を、仏道上の得難いものに転化してほしいと
いう願いの言葉。一途に人を思っての純粋な涙を流すことを機縁と
して、仏道に向かって欲しいという思いが込められています。

○みかきかへて

大事なものを慈しみつつ、想い続けて真理に目覚めてほしいと
いうこと。

○そてにつつまむ

大切なものをなくさないよに保持し続けるという解釈でよいと
思います。

(03番歌の解釈)

「恋の物思いをして流す涙を玉に換えてこれを磨いて、衣の袖に
掛けて包もう。恋の歎きを機縁として本来備わっている道心に
目覚め、仏の教えに帰依しょう。」
               (和歌文学大系21から抜粋)

松屋本山家集は、西行時代当時の句読点や濁点のない表記をして
います。そのことによって当時の表現方法に忠実だともいえます。
「みかき」は「みがき」、「そて」は「そで」のことです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

04 光をばくもらぬ月ぞみがきける稲葉にかかるあさひこの玉
    (岩波文庫山家集82P秋歌・新潮969番・西行上人集・
                   山家心中集・夫木抄)

○光をばくもらぬ月ぞ

転調には富んでいますが主体が分かりにくく、それが味わいにくい
歌にしているように思います。新古今調というよりも推敲が不足して
いるような気もします。

○あさひこの玉

新潮版では「朝日子の玉」という文字をあてています。そして
「子」は親愛の情を示す接尾語とのことです。
朝日子とは朝日のことであり、玉とは露を意味します。
稲の葉に宿り、朝日を浴びてきらきらと輝いている露を「あさひこ
の玉」という、しゃれた呼び方をしています。 

(04番歌の解釈)

「清澄な月が一晩中照らし続けて光を磨きあげたのである。稲葉
の上に朝日を浴びて煌く露が白玉のように美しい。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

「朝日子の玉」は古くには二首のほど用例があるようですが、歌人
たちが普通に用いていた言葉ではないようです。
(稲葉)は因幡の国を掛けた掛詞という説もあります。

◎朝日子や今朝はうららにさしつらん田面の鶴の空に群れ鳴く
                (藤原顕仲 堀川百首)

◎わたの原豊さかのぼる朝日子のみかげかしこき六月の空
                     (賀茂真淵)

************************************************************ 

       ◆ 御神楽 ◆

【御神楽】

この歌の場合は「おかぐら」ではなくて「みかぐら」と読む方が
良いでしょう。一般に行われる里神楽ではなくて宮中で行われる
神楽を言います。
神楽とは神を祀るために神社などで神前に奏される舞楽のことです。
現在でもたくさんの地域で神楽が行われています。九州の高千穂
神楽などが有名です。神楽歌は神楽舞のときに奏でる音曲です。

神楽歌は平安時代に発達したとのことです。現在でも90程度の神楽歌
が残されています。

「御神楽」という言葉は加茂祭の時に一度のみ詞書に使われています。
他に詞書や歌に「神楽」の言葉がある歌を以下に記述します。以下は
歌や詞書に「御」がないため、ここでは割愛します。
興味のある方は「西行辞典89号」を、ご参照願います。

01 かぐら歌に草とりかふはいたけれど猶其駒になることはうし
         (岩波文庫山家集220P釈教歌・新潮899番)

     神樂に星を

02 ふけて出づるみ山も嶺のあか星は月待ち得たる心地こそすれ
           (岩波文庫山家集224P神祇歌・新潮欠番)

     神樂二首

03 めづらしなあさくら山の雲井よりしたひ出でたるあか星の影
         (岩波文庫山家集224P神祇歌・新潮1523番)

04 名残りいかにかへすがへすも惜しからむ其駒にたつ神楽どねりは
         (岩波文庫山家集225P神祇歌・新潮1524番)

      夏神樂

05 しのにをるあたりもすずし河やしろ榊にかかる波のしらゆふ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     加茂の臨時の祭かへり立の御神楽、土御門内裏にて
     侍りけるに、竹のつぼに雪のふりたりけるを見て

01 うらがへすをみの衣と見ゆるかな竹のうら葉にふれる白雪
     (岩波文庫山家集99P冬歌・新潮536番・西行上人集・
           西行上人集追而加書・言葉集・夫木抄)

○加茂の臨時の祭

陰暦11月の下の酉の日に行われる賀茂社の祭りです。
889年より始められて、899年には「賀茂社臨時祭永例たるべし」
と定められています。
応仁の乱により中絶、江戸時代に復興。明治3年廃絶しています。   

○かへり立

帰路につくこと。他には以下の意味があります。

「加茂社または男山の岩清水社や奈良の春日社などの臨時の祭りが
終了したあと、祭りの舞人や楽人などの祭りの関係者が宮中に
戻って、清涼殿の東庭に並んで神楽を演じ、宴を賜り、禄をいた
だくこと。還り遊び、還饗(かえりあるじ)ともいう。」
              (講談社「国語大辞典」から抜粋)

○土御門内裏

鳥羽・崇徳・近衛三天皇の里内裏のこと。場所は現在の烏丸通り
西、上長者町通り付近。1117年新造。1138年と1148年に火災に
遭っています。1153年頃、方忌みにより廃絶しました。
西行の歌は1148年までのものと解釈できます。おそらくは出家前
の歌でしょう。

○竹のつぼ

竹の植えられている中庭のこと。

○おみの衣

小忌の衣。神事用の衣服のこと。

(01番歌の解釈)

「前栽の竹の末葉に降った白雪は、舞人が着ている小忌衣を
ひるがえして舞っている、その袖のように見えるよ。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

************************************************************ 

       ◆ 御影 ◆

【御影】

「面影」を敬って言う言葉です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

01 宮ばしらしたつ岩ねにしきたてゝつゆもくもらぬ日の御影かな
  (岩波文庫山家集124P羇旅歌、261P聞書集260番・新潮欠番・
         西行上人集追而加書・新古今集・西行物語)

○宮ばしら

皇居の柱、宮殿の柱、神殿の柱などをいいます。

○したつ岩ね

(下つ)のことで(つ)は格助詞です。(の)と同様の働きを
しますが、(の)よりも用法が狭く、多くは場所を示す名詞の
下に付きます。
(したつ岩ね)で、下の方の岩、底の方の岩になります。
下にある岩盤のことです。

○しきたてて

この歌では「敷き立てる」こと。倒れないように堅固に、見た目も
立派に建てること。

○つゆもくもらぬ

少しも曇りの無いこと。伊勢神宮の御威光をいいます。

(01番歌の解釈)

「宮柱を地下の岩にしっかりと立てて、少しも曇らない日の光が
射す、神宮のご威光よ。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    御跡に三河内侍さぶらひけるに、九月十三夜人にかはりて

02 かくれにし君がみかげの恋しさに月に向ひてねをやなくらむ
     (西行歌)(岩波文庫山家集205P哀傷歌・新潮793番)

◎ 我が君の光かくれし夕べよりやみにぞ迷ふ月はすめども
   (三河内侍歌)(岩波文庫山家集205P哀傷歌・新潮794番)

○ねをやなくらむ

「音をや泣くらむ」で、あたりはばからず声を上げて泣く事です。

○光かくれし

「光」は天皇。「かくれし」は崩御したということ。

○夕べより

ここでは昨日の夕方という意味ではなく、二条院が死亡した
7月28日の夕べということです。

(02番歌の解釈)

「あまりの月の美しさに、亡き天皇の面影が恋しくなって、月に
向かって声を上げて泣いていらっしゃるのでしょうか。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

(三河内侍歌の解釈)

「我が天皇が崩御されたその夕方から、私は光を失って、闇路に
迷っております。どんなに月が美しくても、天皇の光には及ぶ
べくもありません。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

【三河内侍】

寂念の娘です。生没年未詳。西行とは15歳から20歳ほどの年齢差が
あるようです。各歌合に出席しており、千載集初出の勅撰歌人です。
三河内侍は後白河天皇の子である二条天皇に仕えていました。
下の歌は二条院が1165年7月28日に23歳で崩御したあと、50日の
忌明けの時の歌です。7月28日から9月13日では、ひなちが若干ずれて
いるようにも思います。ひよっとしたら二条院崩御はもう少し早い
のかもしれません。

三河内侍の歌は千載集に3首あります。

◎ 衣手に落つる涙の色なくは露とも人にいはましものを
              (二条院内侍三河 千載集740番)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     公卿勅使に通親の宰相のたたれけるを、五十鈴の畔にて
     みてよみける

03 とくゆきて神風めぐむみ扉ひらけ天のみかげに世をてらしつつ
             (岩波文庫山家集261P聞書集258番)


○勅

天皇が下す命令を言います。
勅撰、勅許、勅勘、勅命、勅願、勅宣、勅使などの成語があります。

○勅使

「勅使」とは天皇の命令を伝える使者のこと。

03番歌の詞書の(公卿=くぎょう)とは朝廷の位階で参議以上の人を
言います。
参議はほぼ三位以上の人を言いますが、四位であっても参議で
あれば公卿です。
公卿は「公」と「卿」に分けられます。
「公」は太政大臣、右大臣、左大臣、内大臣など。
「卿」は大納言、中納言、少納言、などを言います。

○通親の宰相

村上源氏。内大臣源雅通の長男として1149年出生。1202年、54歳
で死亡。
久我(こが)及び、土御門(つちみかど)とも称しました。
後白河院、後鳥羽院などに仕えて活躍しています。通親の養女が
土御門天皇を産んでからは外祖父として権勢をふるいました。
平氏全盛期では平氏にべったりで、初めの妻を離縁して清盛の姪を
めとり、平氏が凋落する間際には、後白河院にすり寄っています。
清盛の姪とも離縁して、後白河院近臣貴族の娘を妻にもしています。
権謀術数に長けた独裁政治家として、政敵の九条兼実も失脚させ
ました。非常にいやらしい政治家としての印象を受けます。

源通親が公家勅使として都を立ったのが寿永二年(1183年)4月
26日のこと。通親35歳。西行66歳。
この月、伊勢神宮の主な祭りもなく、皇室にも特に慶事もあり
ませんでしたので、何のための勅使であるか不明です。源平の
争乱期でもあり、国家安泰の祈願のためであるのかもしれません。

1183年7月、平氏一門は都を捨てて西海に遁走、後白河院や通親は
平氏勢力に取りこまれることを避けて比叡山に逃れています。
この後、壇ノ浦の合戦で平氏滅亡。1185年3月のことです。

○五十鈴

伊勢神宮内宮を貫流する五十鈴川のこと。
五十鈴川は賀歌や神祇歌に詠まれていますが、しかし、別称の
御裳濯川の方がはるかに多くの歌に詠み込まれている川名です。
西行歌の場合でも「五十鈴」の名称はわずかに03番歌の詞書に
一度見えるばかりです。それに比して御裳濯川は歌に五首、詞書に
三回あります。

○とくゆきて

「疾く行きて」の意味。勅使の通親に早く行きなさい、と、
進めていることば。

○神風

伊勢神宮の神威によって吹く風。

○み扉ひらけ(みとひらけ)

「み」は美称の接頭語。御扉とも表記できます。
神殿の扉を開けなさい…ということ。

○天のみかげ

「あめ」は天(あま)の転化した読み方。
「天のみかげ」は、下に紹介する「日のみかげ」とともに、対を
なしていて、大祓えの祝詞の中にもある用語です。
「御蔭」の漢字をあてています。
伊勢神宮内宮に祀られている「天照大神」を指して「天の御陰」
というものなのでしようが、伊勢神宮は天皇家のものでもあり、
同時に天皇家をも指して「天のみかげ」と言っているはずです。

(03番歌の解釈)

「勅使よ早く行って神風をお恵み下さる御戸を開け、そうすれば
大神は神殿に鎮座しながら世を照らし続けるよ。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

************************************************************

  (後記)

本日は20017年9月24日。秋らしい柔らかな日差しが降り注いでいます。
「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉通りに、過ごしやすい一日です。
今日はこのマガジンを発行するべく、パソコンと向かい合っています。

    奈良の法雲院のこうよ法眼の許にて、立春をよみける

  三笠山春をおとにて知らせけりこほりをたたくうぐひすの瀧
 (岩波文庫山家集262P残集01番、15P春歌・新潮欠番・夫木抄) 

5日前の19日に5年4か月ぶりに若草山に登りました。表側から登り、
山頂から「鶯の瀧」を見て、新薬師寺方面に下山しました。
若草山も鶯の瀧も当然のように昔日の日と変わらないままにそこに
ありました。
10キロとない短い距離でしたが、目の手術以後は運動らしい運動は
控えていましたから、少しの筋肉痛を味わいました。それは覚悟の
うちでしたし、行って良かったな、と思っています。
またまだ今年の秋の日を楽しみたいものです。それがごくささやかな
ものであれ、楽しめることは良いことに違いありません。
皆さんも、この秋をできるだけ楽しんでほしいものです。

************************************************************

■  登録/解除の方法
  http://www.mag2.com/m/0000165185.htm

 ◎ メールマガジン「西行辞典」 は、
   上記URLよりいつでも登録及び解除が可能です。

■ ご要望、ご意見は下記アドレスまで。
  siokaze308@yahoo.co.jp

==============================

  ◎ 「西行辞典」第354号 2017年09月24日発行 

  ◎ 発行責任者 阿部 和雄
   http://sanka11.sakura.ne.jp/

  ◎ 発行システム インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
     利用させていただいています。
   『まぐまぐ』 URL: http://www.mag2.com/

==============================

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/10/23
部数 124部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/10/23
部数 124部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

超一流の年収を稼ぐスーパービジネスマンになる方法
全国700社以上の顧客を持つ経営コンサルタントで累計15万部のビジネス書作家の吉江勝が定価20万円で販売した集客が今の10倍楽になるセミナー動画を期間限定無料プレゼン中【※詳細は著者サイトへ】 【創刊17年まぐまぐオススメの殿堂入りメルマガ】借金まみれだった会社員が全米フォーチュン500や東証一部上場企業を指導する人気コンサルに転身できた方法を公開 【こんな方にオススメ】起業したい、出版したい、会員制ビジネスで安定的な収入を稼ぎたい、コンサル、コーチ、カウンセラー、セミナー講師等で活躍したい、マーケティングと潜在意識を身につけて儲けの仕組みをマスターしたい方に役立つ情報を連日配信
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2017年に7000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億2000万円に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者8000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング