西行辞典

西行辞典 第348号(170505)


カテゴリー: 2017年05月05日
************************************************************

      ◆◆◆◆  西行辞典  ◆◆◆◆
                        
                  vol・348(不定期発行)
                   2017年05月05日号

************************************************************

          今号のことば    

         01 真袖
         02 松がね
         03 松虫

     松島→226号「遠く修行」参照
     松の尾の山→第214号「玉がき・玉垣」参照
     松山→第187・188号「新院・讃岐の院・崇徳天皇」参照
     末の松山→第190号「末の松山」参照

************************************************************ 

       ◆ 眞袖・まそで ◆

【眞袖・まそで】

「そで・袖」歌が108首あります。別に袖の文字を使った「袖貝」歌が
1首。項目化してすべての歌に触れる必用もないと判断して「袖」の
項目を設けないままでした。
108首は膨大な歌数であり全てを記述するとなると大変な紙幅を費や
します。特に採り上げたい歌もないと思った果てでの無項目化です。
ここでは「眞袖・まそで」歌のみを取り上げます。
「眞袖・まそで」は両方の袖という意味。「眞・ま」は接頭語。

袖は涙を暗示させる名詞です。涙は袖の縁語の一つです。縁語は直接に
関係する言葉ではなく、意味や発音の関係する言葉を意図的に用いて
歌を面白く、かつ、ふくらみのあるものとするための修辞法です。

袖の縁語は他に「濡れる」「そぼつ」「露」「泣く」なぞがあります。
岩波文庫所収恋歌263首の内「袖」は36首、「袖+涙」は13首。
袖歌108首の内、恋歌で36首ということは、特に恋歌に集中していると
いうわけではありません。そのことがちょっと意外でもあり不思議です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

01 白妙の衣かさぬる月影のさゆる眞袖にかかるしら露
          (岩波文庫山家集149P恋歌・新潮630番)

○白妙=しろたえ

原意は植物の繊維で織った白い布のことです。衣、波、雪、雲などに
かかる枕詞です。

 田子の浦にうち出でてみればしろたへの富士の高嶺に雪は降りつつ
          (山部赤人 新古今集675番・百人一首4番)

○白妙の衣

白い衣のこと。この歌では月光に照らされて白く見える状態を言います。

○衣かさぬる

男女の共寝のこと。同衾のこと。
男女が同衾することは「袖交わす」「袖交ふ」などとも詠み、それは
西行以前も西行以後も詠まれました。

○さゆる真袖

衣の両袖が冴え冴えとしていること。真袖は両袖のこと。差し入る
月光が神秘的なほどに神々しいこと。

(01番歌の解釈)

「月が澄み切った光をおとし、まるで白妙の衣を重ねて共寝して
いるようだが、その両袖に白露のようなもの思う涙がかかり、
月の光が宿っている。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

02 神路山岩ねのつつじ咲きにけりこらがまそでの色にふりつつ
             (岩波文庫山家集280P補遺・夫木抄) 

○神路山

伊勢神宮内宮の神苑から見える山を総称して神路山といいます。
内宮の南方にある連山とも言われます。
標高は150メートルから400メートル程度。

○こらがまそで

(こらがまそで)は(小良)の(真袖)のことです。

こら=物忌の子を(小良=こら)という。
物忌には大物忌、物忌父、小良があり、宮守、地祭りなどの
御用を勤めるもので、童男女を用いた。
            (和田秀松著「官職要解」を参考)

○色にふりつつ

ツツジの色が衣服の袖に染まっているように見えるということ。

(02番歌の解釈)

「神路の岩つつじの花が咲いた。大神宮に奉仕する少女らの着て
いるあこめの衣の袖の赤い色に染まって。」
          (渡部保氏著「山家集全注解」から抜粋)

************************************************************ 

       ◆ 松がね・松が根 ◆

【松がね・松が根】

松の木の根のこと。
01番歌の場合は「松がね」という言葉は、岩田という名詞を導き
出すための枕詞的用法として用いられています。
西行歌には「松がね」歌は4首あります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      夏、熊野へまゐりけるに、岩田と申す所にすずみて、
      下向しける人につけて、京へ同行に侍りける上人の
      もとへ遣しける

01 松がねの岩田の岸の夕すずみ君があれなとおもほゆるかな
         (岩波文庫山家集119P羇旅歌・新潮1077番・
         西行上人集・山家心中集・玉葉集・夫木抄)

○熊野

和歌山県にある地名。熊野三山があり修験者の聖地ですが、特に
平安時代後期には皇室をはじめ庶民も盛んに熊野詣でをしました。
京都からは往復で20日間以上かかりました。

○岩田

紀伊の国にある地名。和歌山県西牟婁郡上富田町岩田。
白浜町で紀伊水道に注ぐ富田川の中流に位置します。中辺路経由
で熊野本宮に詣でる時の途中にあり、水垢離場があったそうです。
岩田では富田川を指して(岩田川)とも呼ぶようです。

○下向

熊野詣でを済ませて帰途についている人を指しています。

○同行に侍りける上人

しばしば一緒に旅をしている西住上人のことです。
新潮版での詞書は「同行に侍りける上人」ではなくて「西住上人
の許へ」となっています。

○おもほゆるかな

思われること。思える、ということ。
          
(01番歌の解釈)

「松の根が岩を抱える岩田川の川岸で水垢離を取った。身も清め
られたが、暑気を払う夕涼みとしても心地よかった。君も一緒
だったら、と思ってしまいましたよ。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

「熊野詣での途中、岩田の岸で夕涼みをして、あなたと一緒で
あったらなあと、しきりに思われることですよ。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      海邊重旅宿といへることを

02 波ちかき磯の松がね枕にてうらがなしきは今宵のみかは
         (岩波文庫山家集140P羇旅歌・新潮1053番)

○波ちかき

この歌は「檜原の峯」と『天王寺」の歌の間にポツンと置かれて
いて、詞書にある「海邊重旅宿」ということとは前後の脈絡があり
ません。岩波文庫改訂者の佐佐木信綱博士が他本から補入した歌
でもなく、元から山家集に収録されていた歌です。
従って、海辺の旅とはどのあたりの旅を指すのか推定するのも意味が
ないことと思います。私は、西行はこういう旅を何度かしていると
いう程度の認識です。

○松がねを枕

野宿をしながら道中の多くを過ごしたものと思わせます。きちんと
予定を立てての旅でないことは、当時の時代背景を考えれば至極
当然のことです。

○うらかなしい

通常の「なんとなく悲しさがこみ上げてくる」という「うらがなしい」
という感覚の中に、海辺の村である「浦」を重ねています。

(02番歌の解釈)

「波がすぐ近く寄せる磯に生える松の根を枕にして、夜ごと浦々に
旅寝を重ねるが、波の音、松風の音にうら悲しいのは今宵だけで
あろうか。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      俊恵天王寺にこもりて、人々具して住吉にまゐり
      歌よみけるに具して

03 住よしの松が根あらふ浪のおとを梢にかくる沖つしら波
         (岩波文庫山家集223P神祇歌・新潮1054番・
       西行上人集・山家心中集・続拾遺集・西行物語)

○俊恵

1113年出生、没年は不詳ですが1191年頃とみられています。
西行より5年早く生まれ、1年は遅く没しています。
父は源俊頼、母は橘敦隆の娘です。早くに出家して東大寺の僧と
なったのですが、脇目もふらずに仏道修行一筋に専念してきた僧侶
ではありません。僧の衣をまとっていたというだけで僧侶らしい
活動はほとんどしなかったようです。自由な世捨て人という感じ
ですが、多くの歌人との幅広い交流がありました。

白川の自邸を「歌林苑」と名付け、そこには藤原清輔・源頼政・
殷富門院大輔など多くの歌人が集って歌会・歌合を開催しました。
歌林苑サロンとして歌壇に大きな影響を与えたともいえます。
「詞花和歌集」以降の勅撰集歌人。
家集に「林葉和歌集」があります。

小倉百人一首第85番に採られています。

 よもすがらもの思ふころは明けやらぬ 閨のひまさへつれなかりけり
       (俊恵法師「千載和歌集」765番・百人一首85番)

○天王寺にこもりて

摂津の国の四天王寺にこもっていたということです。
四天王寺の本尊は救世観世音菩薩ですから観音信仰による堂籠り
をしたということです。
四天王寺は日本最初の官製のお寺です。

○人々具して

複数の人たちと一緒にということですが、他に誰々が同行したのか、
人物名は不詳です。
俊恵の歌林苑関係者ではなかろうかと思わせます。

○住吉

摂津の国の住吉大社そのもの、または住吉の地をいいます。
航海安全などを祈願する海の神様であり、同時に歌の神様としても
崇敬されていました。

○梢にかくる

松の梢にまで波がかかりくる、海の荒れた情景を言います。当時は
海のすぐ側に住吉大社はありました。

(03番歌の解釈)

「普段は住吉の松の根を洗うように波が寄せているが、沖に風が
立つと下枝どころか梢にまで白波がかかるのが聞こえる。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

この歌は俊恵の祖父の源経信の下の歌を参考にして詠んでいます。
俊恵に対しての礼儀みたいな気持ちが西行にあったものでしょう。

◎ 沖つ風吹きにけらしな住吉の松の下枝を洗ふ白波
                (源経信 後拾遺集1063番)

『天王寺こもりのこと』

平安時代中期には観音信仰が高まり、滋賀の石山寺、奈良の長谷寺
などの観音を本尊とするお寺などは、観音の縁日である十八日などに、
籠る風習があったそうです。奈良の長谷観音への参詣は「初瀬詣」
として、京都からも頻繁に行っていたことが「源氏物語」でも描か
れています。また、晦日籠りなども盛んに行われていました。
           「平凡社 (京都市の地名) より抜粋」

山家集では清水寺や広隆寺の堂籠りの時の歌があります。
清水寺本尊は十一面千手観音、広隆寺は阿弥陀如来坐像を本尊と
しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

       雙輪寺にて、松河に近しといふことを人々の
       よみけるに

04 衣川みぎはによりてたつ波はきしの松が根あらふなりけり
         (岩波文庫山家集260P聞書集251番・夫木抄)

○双林寺

双林寺は西行とは格別にゆかりのあるお寺です。出家してしばらくは
東山のこのお寺あたりに庵を構えてもいました。
円山公園の南、高台寺の北に位置します。
  
桓武天皇の勅願により、最澄が開基として創建したという由緒ある
お寺です。広大な寺域に多数の塔頭がありました。1141年には鳥羽
天皇内親王の「あや御前」が住持し、1196年には土御門天皇の
「静仁親王」が住持していましたので、その盛時が偲ばれます。
そういう時代の双林寺の敷地内か、その付近に西行は庵を結んで
いたということです
  
元弘の乱で戦場となって荒廃し、国阿上人が中興しましたが、応仁の
乱でも焼亡しています。1605年の高台寺造営の時に寺域を削られ、
また、明治3年(1870)及び、円山公園造営のために明治19年(1886)
にも大幅に削られました。現在は小さな本堂一宇を残すのみです。

鹿ケ谷の変で、平家打倒を企てて鬼界が島に流された平康頼は、
許されて都に戻ってから、ここで「宝物集」を書いたそうです。
「西行物語」では、西行はこのお寺で入寂したと書かれています。
西行と頓阿と平康頼の小さな墓があります。
「都名所図絵」によると、西行は宮城野萩を持ち帰って高台寺
辺りに植えていたようです。
               
○松河に近し

「松の木が川に近い」という事を題にして詠み合ったということです。
松河は地名の可能性がないかと、いろんな資料にあたったのですが、
固有名詞にはありません。当時は句読点を表記する制度自体がなくて、
文字は続けて書いていました。
日本古典全書山家集では、「雙林寺にて、松汀に近し…」とあります。

○人々よみける

これは「歌合」などの場ではなくて、親しい歌人たちが任意に集って
歌を詠みあったということです。「歌会」とも言えるでしょう。
たとえば寂念は「住吉社歌合」「広田社歌合」「賀茂社歌合」などに
参席していることが知られていますが、西行の場合は「宮河歌合」と
「御裳濯河歌合」という二つの自歌合に歌合の歌があるばかりです。
いずれにしても公的な歌合の場には参加していないらしく、その代わり
に私的な歌会には頻繁に参加していることが多くの「人々よみける」
という詞書によって分かります。西行は同時代の親しい歌人たちとの
歌を通しての交流を重ねて来た歌人です。
しかし多くの場合「人々よみける」の「人々」の個人名までは判明
していません。

○衣川

岩手県南西部にある土地名及び川名のこと。
陸奥の国の歌枕。(衣)を掛けて詠われます。
衣川は平泉の中尊寺の北側を流れている小流で、北上川に注いでいます。
土地名としては「岩手県胆沢(いさわ)郡衣川村」のことです。
古代、安倍氏の「衣の関」がありました。 

(04番歌の解釈)

「衣河の汀に寄って立つ波は、そうか岸の松の根を洗うの
だったよ。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

************************************************************ 

       ◆ 松虫 ◆

【松虫】

コオロギ科の昆虫で秋に鳴くマツムシのこと。
「チンチロリン」と聞こえるようです。
歌では多くは「松虫」の「松」を「待つ」に掛けて秋歌に詠われます。

古くは現在の松虫は「鈴虫」のこと。逆に鈴虫は「松虫」のこと
だったという説があります。しかし、総体的にはそのようには断定
してしまうことはできないとも言われています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

01 露ながらこぼさで折らむ月影にこ萩がえだの松虫のこゑ
       (岩波文庫山家集74P秋歌・新潮394番・夫木抄)

○露ながら

水滴が付いているのを落とさずに、付いたままの状態で。

○こ萩

「小萩」という植物名ではなくて、小さな萩のこと。幼い萩のこと。

○松虫のこゑ

この歌は視覚に聴覚を合わせた実景的な表現ですが、恋歌としても
読むことができます。「折らむ」「こ萩」「松虫」などは恋の縁語と
しても解釈可能です。

(01番歌の解釈)

「露をそのままこぼさないように折り取ろう。萩の枝の露には
月も映せば、松虫の声まで宿っているから。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

02 あきの野の尾花が袖にまねかせていかなる人をまつ虫の聲
          (岩波文庫山家集64P秋歌・新潮453番)

○尾花

(薄・すすき)はイネ科の多年草。山野に自生し、高さは1~2メートル。
葉は線形。秋の七草の一つです。

秋になると茎の先に20センチから30センチ程度の花穂をつけます。
この穂が出た状態を「花薄」「尾花」と言います。
薄は、その穂が風に盛んに揺れなびいている様子から人を招いて
いるように見立てて詠まれた歌が多くあります。

○尾花が袖に

ススキの穂が風に揺れ、靡いている状態を、人が袖で他者を招い
ているように見立てた和歌的表現。

 人も着ぬ尾花が袖に招かればいとどあだなる名をや立ちなむ
                     (伊勢 伊勢集)

(02番歌の解釈)

「風になびく秋の野の花薄に人を招かせて、松虫は一体誰を待って
鳴いているのだろうか。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      秋の末に松虫の鳴くを聞きて

03 さらぬだに聲よわりにし松虫の秋のすゑには聞きもわかれず
          (岩波文庫山家集66P秋歌・新潮475番)

○さらぬだに

「然らぬだに」と書きます。
そうでなくとも、そうでなくてさえ・・・という意味。
ラ行変格活用「さり」の未然形「さら」に打ち消しの助動詞「ぬ」
が付いたことば。
「だに」は副助詞で「さえ、さえも」の意味です。

○聞きもわかれず

声を聞いてもそれを正しく聞き分けることができないということ。

(03番歌の解釈)

「それでなくても松虫は鳴き声が小さいので、とんな虫も衰える
晩秋にもなれば、聞き分けることもできない。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

************************************************************ 

  (後記)

つい1か月前は桜の協奏曲が鳴り響いていたのですが、五月の声も聞き、
暦は夏にもなっていれば、さすがに遠いかなたの出来事のような気が
します。たかだか1か月前のことなのにと思うと、人間の感覚のおも
しろさに気付きます。

今は初夏の新緑がとても優し気に目に飛び込んできます。桜は見る側
から桜の中に飛び込んで行って味わうという気もします。言うなれば
とても心地よい桜との格闘なのでしょうか。それは非常にうれしい
ことです。しかしそれにはエネルギーも体力も要する気がしますが、
新緑の場合は、ただ受け入れるだけで充ち足りるようにも思います。

こんな思いは、あるいは私の年齢のせいでもあるのでしょう。
自分の年齢に合わせての桜との過ごし方、感じ方、付き合い方という
ものがあるはずです。そしてそれは時間や季節というものに対しての
場合と共通するものなのでしょう。

笑われてしまいますが、来年の春には桜が私の中にどういう感じで
位置を占めているか、そのことを楽しみにしたいと思います。

************************************************************

■  登録/解除の方法
  http://www.mag2.com/m/0000165185.htm

 ◎ メールマガジン「西行辞典」 は、
   上記URLよりいつでも登録及び解除が可能です。

■ ご要望、ご意見は下記アドレスまで。
  siokaze308@yahoo.co.jp

=============================

  ◎ 「西行辞典」第348号 2017年05月05日発行 

  ◎ 発行責任者 阿部 和雄
   http://sanka11.sakura.ne.jp/

  ◎ 発行システム インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
     利用させていただいています。
   『まぐまぐ』 URL: http://www.mag2.com/

=============================

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/07/02
部数 128部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/07/02
部数 128部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

坂本よしたか「せどりエイト」成功術
せどり転売とアフィリエイトを組み合わせた「せどりエイト」を実践している坂本よしたかが、せどりとアフィリエイトのノウハウ、考え方、成功談、失敗談、せどりとアフィリエイトの融合方法などを配信しています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者6000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング