西行辞典

西行辞典 第347号(170421)


カテゴリー: 2017年04月21日
************************************************************

      ◆◆◆◆  西行辞典  ◆◆◆◆
                        
                  vol・347(不定期発行)
                   2017年04月21日号

************************************************************

           今号のことば    

         1 まさき・正木
         2 槇
         3 ますほ・ますを
         4 ませ
        
      ますらを→第05号「通草」参照

************************************************************

       ◆ まさき・正木 ◆

【まさき・正木】

「柾・正木と表記。ニシキギ科の常緑低木。高さ3メートル程度。
海岸に多く自生する。庭木、生垣用に用いられる。
葉は厚く長楕円形。6月頃に淡緑色の四弁花を多数つけ、冬に
球形の果実が開裂して赤橙色の種子を出す。」
             (講談社「日本語大辞典」を参考)

ことば通りに解釈するなら、この「マサキ」のことです。「マサキ」
は京都市内でもよく見かける植物です。笠取山は海とは遠く隔たって
いますが、「マサキ」は海辺ではなくとも生育します。

「まさき・正木」歌にある「まさき・正木」は以上のニシキギ科の
マサキではなく、蔓性植物のテイカカズラ、サンカクヅル・ツル
マサキ(マサキツル)などが該当するようです。「まさき」は蔓性
植物「まさきのかづら」の略称として各解説書では解釈されてきま
した。しかし今号記述の04番歌のみが蔓性植物の「マサキ」と容易に
解釈できますが、他の3首の場合には疑念が残ります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     かつらぎを尋ね侍りけるに、折にもあらぬ紅葉の
     見えけるを、何ぞと問ひければ、正木なりと
     申すを聞きて

02 かつらぎや正木の色は秋に似てよその梢のみどりなるかな
         (岩波文庫山家集119P羇旅歌・新潮1078番・
                    西行物語・夫木抄)  

○かつらぎ

この歌の場合は地名の「葛城」に植物の「まさきのかづら」を
想起させるように詠まれています。

地名を表す場合は「かつらぎ」と読んで良いのですが、植物の
歌の場合は正しくは「かづらき」です。地名の場合も古くは
「かづらき」とのことです。
 
「葛城」は地名で固有名詞です。奈良盆地の西南部一帯を指し、
古代豪族の葛城氏のゆかりの地です。
「葛城の山」は標高959メートル。金剛山の北側に位置します。
「葛城の神」は葛城山の奈良県側にある一言主神社の一言主神を
指しています。役行者小角が金剛山から吉野に石橋を架けるために
一言主の神も使役したのですが、あまりの仕事の遅さに腹を立てて、
一言主の神を捕縛して谷底に捨ててしまった、という伝説もあります。
また、古事記の雄略天皇の条では天皇は一言主の神にひれ伏したと
いうことが書かれています。

○折にもあらぬ紅葉

秋の紅葉ではなくて他の季節の紅葉。「みどりなるかな」で緑色を
強調することによって季節は春から初夏を思わせます。

○正木なり

どの植物を指すのか確定していないようです。
初冬にも紅葉するけど初夏にも紅葉するカズラのようです。
テイカカズラなど諸説ありますが、テイカカズラは全体的には紅葉
しないので、別種のカズラのようです。ただしテイカカズラのごく
一部の葉がきれいに紅葉しているのは見かけたことがあります。

(01番歌の解釈)
 
「ここ葛城山ではまさきのかずらの色は秋に似て紅葉し、他の
木の梢は緑であることよ。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

03 神人が燎火すすむるみかげにはまさきのかづらくりかへせとや
            (岩波文庫山家集279P補遺・夫木抄) 

○神人

神に仕える人。神社の神官。祭主、禰宜、神主などのことです。
この歌の場合は、神楽を奏する人も言うようです。神官が神楽舞を
演じていたとも解釈できます。

○燎火(にわび)

神楽を奏する場所を浄化し、明かるくするための焚き火のこと。

○みかげ

「御影」という言葉は天皇を敬って言う場合もあります。
この歌にある「みかげ」は単純な「光と影」の「影」ではなくて、
深遠な意味が込められているような感じがします。

○まさきのかづら

どの植物なのか特定されていません。いずれにしても蔓性植物ですが、
そのうちの「テイカカズラ」や「マサキツル」などが可能性のある
植物として考えられています。
個々の植物名ではなくて蔓性植物の総称とも考えられます。

尚、テイカカズラは藤原定家と式子内親王の絡みで名付けられた
植物名であり、西行の在世時代にはこの植物名は当然にありません。

○くりかへせとや

「深山には霰降るらし外山なる正木の葛色づきにけり色づきにけり」
という神楽歌の最後の部分「色づきにけり」の繰り返しを言っている
ものでしょう。

(03番歌の解釈)

「神主が庭火を盛んに焚いている神のみかげは、まさきのかづら
をくるようにくりかえせというのであろうか。」
          (渡部保氏著「山家集全注解」から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

04 松にはふまさきのかづらちりぬなり外山の秋は風すさぶらむ
           (岩波文庫山家集89P秋歌・新潮欠番・
        御裳濯河歌合・新古今集・御裳濯集・玄玉集)  

○ちりぬなり

この歌にある「ちりぬなり」という表現などから見て、葉は大型
のものを思わせます。テイカカズラなどのごく小さな葉を言う
には、ふさわしくない言葉でしょう。這うように生える蔓性の
葛の葉が「散る」というのも少しくふさわしくない気もします。

○外山

人里に近い山のこと。里山、端山のこと。奥山、深山の対語。
現在は「里山」という言葉がよく用いられます。「外山」の
言葉のある歌は04番歌以外には4首あります。   

01 雪わけて外山をいでしここちして卯の花しげき小野のほそみち
             (岩波文庫山家集236P聞書集70番) 

02 秋しのや外山の里や時雨るらむ生駒のたけに雲のかかれる
           (岩波文庫山家集90P冬歌・新潮欠番・
          宮河歌合・新古今集・玄玉集・西行物語)  

03 時鳥ふかき嶺より出でにけり外山のすそに聲のおちくる
           (岩波文庫山家集47P夏歌・新潮欠番・
       御裳濯河歌合・新古今集・御裳濯集・西行物語)  

04 雪分けて外山が谷のうぐひすは麓の里に春や告ぐらむ
          (岩波文庫山家集22P春歌・新潮1065番)

(04番歌の解釈)

「松の木に這いかかっている正木のかづらの葉は散ってしまったよ。
もう秋も終りだから、さだめし里近い山の秋のこのごろは、風が
吹き荒れることであろう。
          (渡部保氏著「山家集全注解」から抜粋)

************************************************************

       ◆ 槇 ◆

【槇】

前号の「真木」と同義で、漢字表記が違うだけです。
「真木」の項で、うっかりして「槇」を忘れていましたので今号で
補筆します。歌番号も前号から続きます。

「真木・槙」という漢字を当てて、スギやヒノキなどのスギ科の
植物を言います。
「まき」とは杉の木も言いますが、これとは別に「杉」の樹の歌も
6首あります。従ってここにある「まき」は杉以外のヒノキ科の樹
なのかもしれません。歌では「杉」と「真木」の厳密な区別が
なされて詠まれているのかどうかわかりません。
古語辞典によると「真木」とはスギやヒノキ以外にも建築用材として
用いられている樹も指すようです。立派な樹の意味もあるようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

07 槇の屋の時雨の音を聞く袖に月ももり来てやどりぬるかな
     (岩波文庫山家集95P秋歌・新潮欠番・西行上人集)
 
○槇の屋

和歌文学大系21では「真木の屋」としています。「槇」の漢字表記は
岩波文庫山家集校訂者の佐佐木信綱博士が選択した文字です。
「真木」「槇」のどちらでも差し支えありません。
ともあれ「槇の屋」は山中の急こしらえの粗末な草庵ではなくて、
ある程度は家としての体裁の整った建築物だと思わせます。
屋は屋根をも言い、草庵のように粗末な木組みの家なのに、屋根のみ
真木を使った建築物というのは、ちょっと考えられないことです。

○聞く袖に

時雨の音を聞いて過ごしているという状況に、着物の袖も涙で濡れて
いることを暗示させます。時雨自体は家の中に洩れ落ちることはない
けど、涙で濡れた袖に洩れ届いた月の光が宿るということ。
「聞く袖」だけを取り上げるなら不可解な表現ですが、時雨が暗喩と
して涙を暗示させていて、「時雨」+「袖」が和歌の共通認識として
人の持つ普遍的な哀れさを表しています。よって、「時雨の音を聞く、
袖」でなくてはならないものと思います。

(07番歌の解釈)

「真木で屋根を葺いた家に降るしぐれの音を聞いて涙に濡れた
わたしの袖に月の光が洩れてきて宿ったよ。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

08 夜もすがらささで人待つ槇の戸をなぞしもたたく水鷄なるらむ
            (岩波文庫山家集273P補遺・雲葉集)   

○ささで人待つ

(閉ざさないで人を待っている)ということです。
(ささで)は(然々で)のことで、自然に、あるがままにという
ことを意味します。
でもそのように解釈してしまうのも、どこか違うような気もします。

○なぞしも

(なぜ、どうして?)という疑問符の付く状態をいう言葉です。
(何にぞ)に副助詞の(しも)が接続して、(なぜ、どうして)
を強調します。

○水鶏

(くいな)と読みます。
水辺の草むらに住むクイナ科の鳥の総称です。
体色は黄褐色で30センチほど。ミミズや昆虫などを捕食します。
北海道で繁殖し、冬は本州以南に渡ってくる渡り鳥です。

和歌に詠われている水鶏は、クイナ科の一種のヒクイナであり、
20センチ強。このヒクイナは東南アジアやインドなどに分布して
おり、日本には夏に飛来して繁殖します。
  
(08番歌の解釈)

「一晩中、戸を閉ざさないで来る人を待つ槇造の戸をなんで開けて
くれとたたく水鶏なのであろうか。戸はすでにあけてあるのに。」
          (渡部保氏著「山家集全注解」から抜粋)

************************************************************

       ◆ ますを・ますほ ◆

【ますを・ますほ】

真赭(まそほ)の転化した言葉と言われます。真赭は辰砂
(水銀と硫黄の化合物)と関係があるという説もあります。
いずれにしても赤い土のこと、赤い色のことを指しています。
赤色染料として用いられた植物の蘇芳(すおう)は、真赭と何か
しらの関係があるのか分かりかねています。蘇芳は今昔物語にも
記載されている植物です。しかし鉱物ではない植物は赤色に関係する
とはいえ、(赤い土)に関係するとは思えません。
最近よく見かける春に紅色の小弁花をつけるマメ科のハナズオウは
江戸時代に日本に入ってきて、蘇芳と良く似ているのでハナズオウ
と名付けられたものであり、ここでは関係のない植物です。
植物の場合は単純に色具合だけが「ますほ色」と似ていると言えます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

01 しほそむるますをのこ貝ひろふとて色の浜とはいふにやあるらむ
           (岩波文庫山家集171P雑歌・新潮1194番・
                西行上人集追而加書・夫木抄)  

○しほそむる

(赤い貝が海水を染めているように海の色が赤く見える)という
ことと、(海水の作用によって貝は赤く染め上げられる)という
解釈が成立します。
貝の赤色のために海水の色が部分的に赤く見えるという説の方が
自然で説得力があると思います。

○色の浜

福井県敦賀市の敦賀湾に面している「色浜」のことだと言われて
います。色浜の沖合すぐに「水島」があり、近年、海水浴場として
有名になったらしくて、私が一昨年夏に行った時にもたくさんの
水泳客を見かけました。
渡船で水島に渡って「ますをのこ貝」をいくつか拾ってきました。

○いふにやあるらむ

「色の浜」と言えば良いのであろうか、という、わずかに疑問符の
ついた言葉です。
西行歌では「いふにやあるらむ」歌は4首あります。

01 山おろしに鹿の音たぐふ夕暮を物がなしとはいふにやあるらむ
         (岩波文庫山家集69P秋歌・新潮433番)

02 浪にしく紅葉の色をあらふゆゑに錦の嶋といふにやあるらむ
       (岩波文庫山家集126P羇旅歌・新潮1441番・
             西行上人集追而加書・夫木抄)

03 長月のあまりにつらき心にていむとは人のいふにやあるらむ
        (岩波文庫山家集145P恋歌・新潮613番)

(01番歌の解釈)

「潮の色まで染めるほどの真っ赤な貝を拾うことができるから、
ここを色の浜と言うのであろうか。」 
                (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                 
02 花すすき月の光にまがはまし深きますほの色にそめずば
       (岩波文庫山家集74P秋歌・新潮386番・夫木抄)

○花すすき

(薄・すすき)はイネ科の多年草。山野に自生し、高さは1~2メートル。
葉は線形。秋の七草の一つです。

秋になると茎の先に20センチから30センチ程度の花穂をつけます。
この穂が出た状態を「花薄」「尾花」と言います。
薄は、その穂が風に盛んに揺れなびいている様子から人を招いて
いるように見立てて詠まれた歌が多くあります。

「幽霊の正体見たり枯れ尾花」という成語もあります。
           
○ますほの色

赤い色。丹の色をいいます。
この歌では「真麻穂」として麻の赤い穂から来た言葉のようです。

 花薄まそほの糸をくりかけて絶えずも人を招きつるかな
                  (源俊頼 散木奇歌集)

上の歌の「まそほ」も「ますを・ますほ」と同義です。

(02番歌の解釈)

「薄の穂は白銀の月光の中に紛れて見分けられなかっただろう。
深紅に色を染めなかったならば。」
                 (和歌文学大系21から抜粋)

************************************************************ 

       ◆ ませ ◆

【ませ】

(ませ)は(ませ垣)や(籬=まがき)と同義で垣根のこと。
(籬=まがき)については334号・335号を参照願います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

01 ませなくば何をしるしに思はまし月もまがよふ白菊の花
          (岩波文庫山家集86P秋歌・新潮469番)

○思はまし

「思は+まし」で 「思ふ」の未然形+推量の助動詞「まし」
の終止形が接続した言葉。反実仮想の意味があります。
「おもうだろう」というほどの意味です。

○月もまがよふ

(紛よふ)。自動詞ハ行四段活用。
入り混じったり似通ったりしていて見分けがつかないこと。
            (大修館書店「古語林」から抜粋)

(01番歌の解釈)

「ませ垣がなかったら、月の光に照らされて輝く白菊の花を、月光と
区別することもできなかったであろうに(ませ垣によって白菊の花と
知ることもできたよ)。」
           (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

02 ませにさく花にむつれて飛ぶ蝶の羨しきもはかなかりけり
          (岩波文庫山家集24P春歌・新潮1026番)

○ませにさく

花とは桜の代名詞ですが、あるいはここにある花は桜と解釈する
必用もなく、他の花であっても良いのかもしれません。
それとは別に、写実的な実景としての歌ではなくて、蝶を自身と
同一化させた上で諦観に満ちた観想の世界を詠った少し自虐的な
歌であるという解釈も成り立ちます。

○花にむつれて

普通は「花」とは桜を指します。
ともあれ、花と戯れるように蝶が飛び回っている光景を言います。

垣根用に桜の木を使っているというのも頷けない気がしますが、
垣根にある低い桜の木に花が開いたということでしょう。
(ませ)を敷地の境界として解釈すれば、境界近くにある桜の木は
高木であっても不自然さはないようにも思います。

(02番歌の解釈)

「籬に桜の花が咲き、花に戯れるように蝶が飛ぶ。羨ましいと
思ったりしたが、同時にむなしく感じてしまう。」
               (和歌文学大系21から抜粋)

「結句は花への愛着が六道輪廻を繰り返さざるをえない
(自分を含めた)生き方に対していう。」
            (和歌文学大系21の補注から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      撫子のませに、瓜のつるのはひかかりたりけるに、
      小さき瓜どものなりたりけるを見て、
      人の歌よめと申せば

03 撫子のませにぞはへるあこだ瓜おなじつらなる名を慕ひつつ
     (岩波文庫山家集52P夏歌・新潮欠番・西行上人集)

○撫子
    
秋の七草の一つ。夏から秋に淡紅色の可憐な花をつけます。
秋の七草とは「萩・葛・薄(尾花)・撫子・女郎花・藤袴・朝顔」の
七種を言います。女郎花・藤袴・朝顔の代わりに、木槿・桔梗・
昼顔とする説もあります。

○撫子のませ

(ませ)は垣根のこと。ませ垣とも言います。ここでは撫子を垣根
代わりにしているということとも解釈できますが、単純に垣根に
撫子の花があって、それに、あこだ瓜の蔓が絡んでいたことを
言っているものでしょう。

○あこだ瓜

ウリ科の植物。セイヨウカボチャの一種。実は小さく丸く赤くて、
装飾用に使われたようです。

○おなじつらなる

あこだ瓜の吾子と撫子の言葉の類似性、内包する意味の近似性から
「同じ連なる」としたもの。垣根に撫子とあこだ瓜が一緒に生えて
いることをもあわせています。

(49番歌の解釈) 

「なでしこの咲くまがきにあこだ瓜の蔓が這いかかっているよ。
 同じく「子」という名を持っているなでしこを慕って。」
               (和歌文学大系21から抜粋)

************************************************************

  (後記)

京都の桜も終わってしまいました。あっという間の10日間ほどでした。
桜の頃はたいてい天候不順なのですが、今年はことにひどく感じました。
記録を見ると桜の最盛期の一週間ほど連続で青空が見えませんでした。
雨の日も多く、桜を十分に楽しめなかったという自覚があります。
桜が散るまでは天候と競争めいた気もしましたが、今年は完敗。仕方が
ありません。鬼が笑いますが来年を期します。

江戸期の著名な国学者の一人に本居宣長がいます。
下は彼の詠んだ歌なのですが、こんな歌は私は好きにはなれません。

 しきしまの大和心を人とはば 朝日に匂う山桜花

私はこの歌を十分に正しく理解しているとは言いがたいので、言及は
避けた方が良いのですが、西行ならこんな詠み方をするだろうか…と
思うとき、やはり宣長の歌は計算が先に立っているようでもあり、
作為が強いと思います。新古今の歌風ともまた違うでしょう。

西行は本当に自然のままに、あるがままに、自分の感じるままに桜の
歌を詠んだと思います。そしてそれが良いのだろうと思ったりします。
桜との交感を最も素直な形で詠んだ歌人なのではないでしょうか?。

************************************************************

■  登録/解除の方法
  http://www.mag2.com/m/0000165185.htm

 ◎ メールマガジン「西行辞典」 は、
   上記URLよりいつでも登録及び解除が可能です。

■ ご要望、ご意見は下記アドレスまで。
  siokaze308@yahoo.co.jp

=============================

  ◎ 「西行辞典」第347号 2017年04月21日発行 

  ◎ 発行責任者 阿部 和雄
   http://sanka11.sakura.ne.jp/

  ◎ 発行システム インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
     利用させていただいています。
   『まぐまぐ』 URL: http://www.mag2.com/

=============================

ついでに読みたい

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/04/21
部数 127部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。 平成24年より投資顧問業(助言)を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 2016年12月1日『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』が日本実業出版社より発売!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング