西行辞典

西行辞典 第343号(170212)


カテゴリー: 2017年02月12日
************************************************************

      ◆◆◆◆  西行辞典  ◆◆◆◆
                        
                  vol・343(不定期発行)
                   2017年02月12日号

************************************************************
 
             今号のことば    

          まかり・まかる 09

************************************************************ 

       ◆ まかり・まかる 09 ◆

【まかり・まかる】

動詞「まかる」の連用形です。出る、行くという言葉の謙譲語・
丁寧語として使われます。

西行歌にはたくさんの「まかり」が使われています。ほぼ同じ行為を
表す「行く」「参る」「詣でる」「まかる」を使い分けているのは、
それなりの必然があったからでしょう。
西行本人の歌に対しての感覚や言語センスに基づきながら、人物や
事象との距離感がいくつかの言葉を使い分けた原因ではないかと
思います。
また、歌の韻律になじみにくいと思われる「まかる」の用法は、ほぼ
詞書に用いられています。それも西行の見識の一つでもあったのでは
ないでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      十月十二日、平泉にまかりつきたりけるに、雪ふり
      嵐はげしく、ことの外に荒れたりけり。いつしか衣川
      見まほしくてまかりむかひて見けり。河の岸につきて、
      衣川の城しまはしたる、ことがらやうかはりて、ものを
      見るここちしけり。汀氷りてとりわけさびしければ

50 とりわきて心もしみてさえぞ渡る衣川見にきたる今日しも
         (岩波文庫山家集131P羈旅歌・新潮1131番)

○十月十二日

この歌は始めての奥州行脚の時の歌だとほぼ断定できます。
京都を花の頃に旅立って、平泉に着いたのは10月12日。半年以上
を費やして平泉に行っています。何箇所かに逗留して、ゆっくりと
した旅程だったはずです。

○平泉と中尊寺

現在の岩手県西磐井郡平泉町のこと。清原(藤原)清衡が1100年
頃に岩手県江刺郡から平泉に本拠を移して建設された仏教都市。
清衡が建立した中尊寺の金色堂は1124年に完成した時のままで、
一度も焼失していません。奇跡的に残りました。
金色堂には清衡・基衡・秀衡の三代の遺体(ミイラ)があります。

○見まほしくて

「あらまほし」などと同様の用い方です。
「見」「まく」「ほし」が接合して、縮めて使われている言葉です。
「見」は見ること。「ま」は推量の助動詞「む」の未然形。「く」
は接尾語。「ほし」は欲しい、のことで形容詞。
(強く見たいと思って)というほどの意味です。
 
○衣川の城  

藤原氏の衣川の館のこと。もともとは奥州豪族の安倍氏の柵(城)
がありました。古くは「衣の関」でしたが、関跡に奥羽六郡の覇者
であった安倍氏が柵を築いていたものです。この柵は前九年の役で
源頼義と清原氏の連合軍が1062年に勝利してから清原氏(藤原氏)が
治めていました。
後に藤原秀衡のプレーンでもあり藤原泰衡の祖父でもあった藤原
基成の居住していた館だといわれます。

余談ですが、義経の衣川の館は最後に平泉に落ち延びて以後に
建てられた高館のことです。(義経記から)
ここが源義経の最後の地と言われます。現在は「高館義経堂」と
呼ばれています。小高い丘にあり、中尊寺からも衣川からも少し
離れています。
義経は1187年2月ころには平泉に着いていましたので、その頃に
建てられたものでしょう。当然に西行は京都に戻っていると
考えられますので、義経のこの館は見ていないはずです。

○しまはしたる

衣川の館は城構えのため、館の外側を垣などで囲んでいる設備や
その状態を指しています。

○ことがらようかはりて

「事柄、様変わりて」のことです。
この歌自体が初度の旅の時のものとみなされますので、再度の
旅の時に初度の旅のことを振り返って・・・という意味ではない
はずです。
事柄とは、自身で見たことはないけど、かねて聞き及んでいた
安倍氏の衣川の柵(衣川の城)の状況と対比させているものと
思われます。

○今日しも

「しも」は十月十二日という「今日」を特に強調する言葉です。

(50番歌の解釈)

「平泉に着いたその日、折りから雪降り嵐がはげしく吹いたので
あったが、早く衣川の城が見たくて出かけ、川の岸に着いて、
その城が立派に築かれているのを見、寒気のなかに立ちつくし
ながら詠んだ・・・(略)
衣川の城を見に来た今日は、とりわけ心もこごえて冴えわたった
ことだ、というのである。寒い冬の一日、はるばると来て、歌枕
であり、また、古戦場でもある衣川を初めて見た西行の感慨が
出ている歌である。」
             (安田章生氏著「西行」から抜粋)

「衣河を見に来た今日は今日とて、雪が降って格別寒い上、とり
わけ心にまでもしみて寒いことである。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      あひ知りたりける人の、みちのくにへまかりけるに、
      別の歌よむとて

51 君いなば月待つとてもながめやらむあづまのかたの夕暮の空
    (岩波文庫山家集105P離別歌・新潮1046番・西行上人集・
              山家心中集・新古今集・西行物語) 

○あひ知りたりける人

誰か個人名は不明です。作歌年代も不明です。西行の知遇のある人が
陸奥まで旅をするということ。

○みちのくに

「道の奥の国」という意味で陸奥の国のことです。陸奥(むつ)は
当初は(道奥=みちのく)と読まれていました。
927年完成の延喜式では陸奥路が岩手県紫波郡矢巾町まで、出羽路
が秋田県秋田市まで伸びていますが、初期東山道の終点は白河の関
でした。白河の関までが道(東山道の)で、「道奥」は白河の関
よりも奥という意味です。

○別の歌

旅立つ人との別れの歌ということ。

○君いなば

(いなば)は「往ぬ・去ぬ」の漢字を用います。どこかに行くこと。
去ること。死亡することも「去ぬ」と言います。

○あづまのかた

陸奥の国及びそれまでの道中のこと。

(51番歌の解釈)

「あなたがみちのくへの旅に出発したならば、月の出を待つのだと
でもいって、東の方の夕暮の空をながめやりましょう。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      西國へ修行してまかりける折、小嶋と申す所に、
      八幡のいははれ給ひたりけるにこもりたりけり。
      年へて又その社を見けるに、松どものふる木に
      なりたりけるを見て

52 昔みし松は老木になりにけり我がとしへたる程も知られて
         (岩波文庫山家集117P羈旅歌・新潮1145番)

○西國へ修行して 

西行の西国行脚は確かなことは二度です。上の歌の詞書によって、
それは確実だと言えます。安芸の一宮に行った時の歌もありますが、
何度行ったのかということが確定できる資料はありません。

○小嶋と申す所

地名。岡山県倉敷市児島のこと。瀬戸内海に面しています。

○年へて又その社を見ける

この詞書によって児島の八幡宮には過去にも行っていることが
わかります。

○昔みし

昔、見たということ。松は常盤木と言われますが若い頃に見た松の
木を再び見て、年の隔たりを思っての述懐の歌です。

○老木

年古りた木のことですが、年齢が高くなった人、老いた人という
解釈で間違いありません。私も老木となりました。

(52番歌の解釈)

「昔ここ児島の八幡に参籠した時に見た松はすっかり老木に
なった。私もそれだけ年を取ったということが知られる。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

「昔この八幡宮の社殿に参籠した折に見た松は、今度見ると
すっかり老木になってしまっている。それにつけ、自分がいかに
年をとったかも知られて……。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

       秋ものへまかりける道にて

53 心なき身にもあはれは知られけり鴫たつ澤の秋の夕ぐれ
     (岩波文庫山家集67P秋歌・新潮470番・西行上人集・
 山家心中集・御裳濯河歌合・新古今集・御裳濯集・西行物語)

○秋ものへまかりける

現在であれば「秋、ものへまかり」で「、」が必要でしょう。
「ものへ」も非常にわかりにくい表現です。「者」ではなくて「物」
のことですが、あえて目的を持たない散歩や小旅行の時に行く漠然と
した「場所」のことです。曖昧さをもたせた言い方です。
現在においては、こういう用い方は類例がないと思います。平安
時代には「もの」の使い方も多様性に富んでいました。西行以前にも
同様の使い方をした詞書がいくつかありますから例証として古今集
から挙げておきます。
ちなみに西行歌にはこの一度のみしか使われていません。

  物思ひけるころ、ものへまかりける道に野火の
  もえけるを見てよめる

 冬がれの野べとわが身を思ひせば もえても春を待たましものを
                (伊勢 古今和歌集791番)

○心なき身

俗世間に心を置いていないということ。俗世間のことごとからは
遊離した気持ちのこと。出家者であることを表します。

○鴫

シギ科に属する鳥の総称。アオアシシギ、ハマシギ、コシャクシギ
など、世界で50種類以上が分布しています。
体長は10センチ強から60センチほどで、種類によって差があります。
日本には渡りをする途中に立ち寄ることが多いようです。
         
○鴫立つ澤

(鴫の飛び立つ澤)ということで、普通名詞です。固有名詞では
ありませんから場所については特定できません。
西行物語を参考にすれば、陸奥までの行程の途次での歌のよう
です。場所は現在の神奈川県藤沢市の片瀬川(境川)付近で詠わ
れた歌であるとみられています。
しかし山家集採録の歌ですから、詠われた場所は畿内であれ四国
や中国であれ、どこだって可能性があります。二度目の奥州行脚
より以前の歌と断定できます。
 
(53番歌の解釈)

「俗世間のことは捨てたはずの世捨人のわが身にも、しみじみと
したあわれが知られることである。この、鴫が佇立する沢の秋の
夕暮は・・・」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

「心なき歌」と三夕歌について

新古今集には361番から364番まで結句を「秋の夕暮れ」とする歌が
4首並んでいます。このうち、寂蓮、西行、定家の歌が三夕歌と言わ
れています。

 さびしさはその色としもなかりけりまき立つ山の秋の夕暮
               (新古今集361番 寂蓮法師)

 こころなき身にもあはれは知られけりしぎたつ澤の秋の夕ぐれ
               (新古今集362番 西行法師)

 見わたせば花も紅葉もなかりけり浦のとまやの秋の夕ぐれ
             (新古今集363番 藤原定家朝臣)

いずれの歌にも共通しているのは三句最後の「けり」と、結句の
「秋の夕暮」です。
「けり」という助動詞には断定しての強い言い切り、そして小休止
や転調を促す役割があります。いずれの歌も4句で具体的な実景表現
につながり、結句は「秋の夕暮れ」です。すべての歌は、一首全体
が個人個人の想起する「秋の夕暮れ」の中に収斂する詠い方をされ
ています。それぞれの情景の元での秋の夕暮れが実景を通して、
それが人々の心の内に照応するものとして捉えられます。

実景という言葉を使いましたが、寂蓮歌にしろ定家歌にしても、
実際に実景を見て詠った歌ではなかろうと思います。頭の中でそう
いう情景を思い浮かべて、レトリックを駆使しての歌なのでしょう。

この3首はともに味わい深い歌ですが、個人的には、やはり西行詠を
ひいきにしたいと思ます。それにしても西行歌は他人の視線を意識
してポーズをとっているような感じもして、血気盛んな若い時代の
感覚を残した歌だろうと思います。

 「(鴫立つ)という叙べ方は(鴫が飛び立つ)という動的な内容
 表現に似合わしくないという感じもないわけではないが、しかし
 (夕暮)の沢べであって、すなわち主題の鴫が作者の心に迫った
 のは、見えていたという視覚より突然に聞いた羽音という聴覚から
 であるとみる方が自然だと思われるからである。(中略)
 静的なものより動的な契機があって、それから命持つものの
 (あはれ)を感受したものであろうと思われるのである。」
             (宮柊二氏著「西行の歌」から抜粋)

 「俊成が千載集に採らなかった理由は何か。思うに、彼は下句の
 この景を賞しつつも、作者自身の意識や姿勢をあからさまに表明
 したこの上句に対して、反撥めいたものを感じたのではないであ
 ろうか。(中略)上句は・・・説明的である。・・・いはば押し
 付けのようなものが感じられる。(中略)
 西行にとっては、どうしてもこのように自己の心情を説明しない
 ことにはすまなかったのであろう。彼にとっては風景の描写は
 (鴫立つ澤の秋の夕暮)という下句だけで十分なのであって、問題
 はそれに向う(心なき身)である自身の(心)にあったのだろう。
           (久保田淳氏著「山家集入門」から抜粋)

 「秋の夕暮の沢は、水墨画を思わせるようなさびしく深い色合い
 のなかに沈んでいたにちがいないが、そこに群れていた鴫は、
 西行の姿ないしは足音におどろいて、おそらくは数十羽、鳴きな
 がら夕暮の空に羽音をひびかせて飛び立ったのである。(中略)
 天地の深いさびしさを感じさせるような風景を背景とすることに
 よって、かえってするどく命のそよぎとでもいうようなものを、
 西行に感じさせたのだといえよう。」
               (安田章生氏「西行」から抜粋)

この歌を鎌倉付近での現地詠という少し乱暴な解釈をするなら、
初度の旅の時か、あるいは再度の奥州旅行より前に武蔵あたりまで
の旅行を試みたことがあり、その時の歌なのか判然としません。
現地には両度の陸奥までの旅以外に行っていないのであれば、初度
の奥州までの旅の時の詠歌というしかありません。
あるいは、初度の旅の事を思い出して、後年に詠んだものでしょう。
しかし歌の感じからみて初度の旅の時の歌とは思えないという印象
が私には抜きがたくあります。やはり30歳代後半から40歳代頃に
武蔵あたりまでの旅をしたことがあって、その時に詠まれた歌では
なかろうかと想像します。

「井蛙抄」と鴫立つ沢

頓阿(1289~1372)の「井蛙抄」に、この歌についてのエピソード
があります。

「或人云千載集の比西行在東国けるか勅撰有と聞て上洛しける道
 にて登蓮にあひにけり勅撰の事尋けるにはや披露して御うたも
 多く入たると云けり鴫たつ沢の秋の夕暮と云哥入りたりととひ
 けれはみえさりしとこたへけれはさてはみて要なしとてそれより
 又東国へ下りけると云々」
                  (井蛙抄)

「(千載集)撰集のことを、東国にいて聞いた西行は、早く見よう
 と上洛する途で登蓮に逢い、撰集の模様を尋ねたところ、すでに
 披露されて西行の作品も多数撰入されているとのことであったが、
 「鴫たつ沢の秋の夕暮」の歌が撰ばれていないということを知って、
 そのような集ならば見る必要がないといって、また東国へ下ったと
 いうエピソードが伝えられている」
               (安田章生氏「西行」から抜粋)

登蓮法師は勅撰集歌人ですが生没年は不詳です。岩波文庫山家集の
260ページに出てくる人物ですが、1182年に没したと見られています。
千載集が後白河院によって下命されたのが1183年、撰者藤原俊成に
よる最終的な撰集奏覧が1188年です。その前年の1187年9月に形式的
総覧がなされていて、「井蛙抄」にいう(すでに披露されて・・・)
はこの時のことでしょう。登蓮法師が1182年に没したことが事実だと
したら、井蛙抄の上記文言は誤まりだということになります。

この話の原型は「今物語」に出ていて、登蓮法師という固有名詞では
なくて、単なる「知人」として出ているそうです。
(井蛙抄)の記述は、今物語から転載したものでしょう。

1187年9月と言えば西行は再度の陸奥までの旅を終えて、京都嵯峨の
草庵に落ち着いていた頃です。従って、東国へ下るということは、
1183年から1186年の間のことと解釈されますが、この期間には再度
の陸奥下向があります。ただしこれは重要な使命を帯びての旅です
から、使命を放棄して上洛するなどということは考えられなく、
そのほかに直近での東国行脚の可能性も少ないと思われます。
やはり、こういう話自体が西行伝説の一つとして創作され、流布した
ものだろうと思います。

(鴫立庵=しぎたつあん)

1600年代の中頃、小田原に住む崇雪という人が大磯の地に庵を構え
ました。西行の「こころなき」歌から採って「鴫立庵」と名づけた
のが始まりのようです。この時に「湘南」という言葉も始めて使わ
れています。近くの小流を「鴫立つ沢」ともしたようです。
西行は一つの情景として「鴫立つ沢」と詠んだはずですのに、以後
は「鴫立つ沢」は固有名詞となります。「鴫立つ沢」以外の沢で、
鴫が飛び立っている光景を見ても、「鴫たつ澤」と詠むには無謀な
ことにもなりますから、罪なことをしたものだと思います。
こんなことは個人的には残念なことです。
西行物語その他によって、西行伝説が人口に膾炙して広く伝播して
いたことの証明でもあります。

 「鴫立沢というのは固有名詞ではなく、鴫の立つ沢の意で、昔の
 連歌師や好事家がいいかげんにつけた地名であることを大人に
 なってから知ったが、私の鴫立沢は、やはり大磯のあすこ以外に
 ない。何度私はあの松林の中に立って、縹渺と霞む海のかなたに、
 鴫が飛び立つ風景を夢みたことか。歌枕とはそうしたものであり、
 それでいいのだと私は思っている。」
               (白州正子氏「西行」から抜粋)

(大淀三千風)

1639年~1707年。俳人。伊勢の出身。芭蕉と親交があったようです。
長く松島、仙台に住み晩年には鴫立庵を再興して居住しました。
鴫立庵には1695年から13年間住んだということです。
今西行と自他共に認めていたようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     しほ湯にまかりたりけるに、具したりける人、九月晦日に
     さきへのぼりければ、つかはしける。人にかはりて

54 秋は暮れ君は都へ帰りなばあはれなるべき旅のそらかな
         (岩波文庫山家集140P羇旅歌・新潮1122番)

○しほ湯

神戸市北区にある有馬温泉のことと見られています。
難波住吉の「塩湯」説もあり、有馬と断定はできないようです。

○具したりける人

大宮の女房加賀を指し、加賀は複数人で有馬温泉に行ったという
ことです。西行は一緒に行ったのか、温泉で偶然に加賀の一行と
出会ったのかわかりません。

○さきへのぼりければ

先に都に行くという意味。
都が中心であり、都を出ることを「下る」、都に行くことを「上る」
と言います。ここでは都から下って有馬に来たので、先に都に帰る
ということを意味します。
加賀が塩湯から都に向かって出発する時に、有馬の地で人に代わって
代作した歌のはずです。

○人にかはりて

ある人物に代わって歌を詠んだということですが、誰に代わったのか
具体的な個人名は確定していません。

○露けさ

雨が降りそうな天候と、別れの切なさを掛け合わせている言葉。

(54番歌の解釈)

「秋は終り、あなたは都へ帰ってしまうとしたら、しみじみと
あわれの催される旅の空といえましょうよ。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

************************************************************

  (後記)

2月如月。寒い日々が続いています。京都市内でもこの数日は雪の
ちらつく天気です。今朝もうっすらと雪化粧していました。新聞
報道によれば京都府の北部では1メートルほどの積雪の地域もある
そうです。他府県の豪雪地帯も含めて、雪の被害が軽くて済むよう
にと願いあげます。

しかし季節は着実に春の色を感じさせつつあり、そこかしこから
梅便りも聞こえてきます。早咲きの梅はすでに満開の樹もあります。

昨日に城南宮に行ってみましたが枝垂れの白梅は5分咲き程度。紅梅は
まだまだでしたが、今月の末頃には素晴らしい咲き具合でしょう。
北野天満宮や梅宮大社、二条城などの他の梅どころにも近いうちに
行って鑑賞してくる予定です。

梅の次には待望の桜です。山桜や染井吉野はまだ1か月半ほど待た
なくてはなりませんが、寒桜、河津桜、陽光桜と次々に咲きだします。
今年も来月の初め頃からあちこちの桜の追っかけをします。それを
今から楽しみにしています。

************************************************************

■  登録/解除の方法
  http://www.mag2.com/m/0000165185.htm

 ◎ メールマガジン「西行辞典」 は、
   上記URLよりいつでも登録及び解除が可能です。

■ ご要望、ご意見は下記アドレスまで。
  siokaze308@yahoo.co.jp

=============================

  ◎ 「西行辞典」第343号 2017年02月12日発行 

  ◎ 発行責任者 阿部 和雄
   http://sanka11.sakura.ne.jp/

  ◎ 発行システム インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
     利用させていただいています。
   『まぐまぐ』 URL: http://www.mag2.com/

=============================

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/09/10
部数 126部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/09/10
部数 126部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者7000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング