西行辞典

西行辞典 第342号(170129)


カテゴリー: 2017年01月29日
************************************************************

      ◆◆◆◆  西行辞典  ◆◆◆◆
                        
                  vol・342(不定期発行)
                   2017年01月29日号

************************************************************

           今号のことば    

        まかり・まかる 08

************************************************************ 

       ◆ まかり・まかる 08 ◆

【まかり・まかる】

動詞「まかる」の連用形です。出る、行くという言葉の謙譲語・
丁寧語として使われます。

西行歌にはたくさんの「まかり」が使われています。ほぼ同じ行為を
表す「行く」「参る」「詣でる」「まかる」を使い分けているのは、
それなりの必然があったからでしょう。
西行本人の歌に対しての感覚や言語センスに基づきながら、人物や
事象との距離感がいくつかの言葉を使い分けた原因ではないかと
思います。
また、歌の韻律になじみにくいと思われる「まかる」の用法は、ほぼ
詞書に用いられています。それも西行の見識の一つでもあったのでは
ないでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      あづまの方へ、相知りたる人のもとへまかりけるに、
      さやの中山見しことの、昔になりたりける、思ひ
      出でられて

45 年たけて又こゆべしと思ひきや命なりけりさやの中山
         (岩波文庫山家集128P羇旅歌・西行上人集・
                   新古今集・西行物語)

○あづまの方へ

二度目の奥州行脚の時の歌です。京都から見たら「あづま」は広義
には逢坂山以東を指しますが、この時には伊勢を出発して平泉に
行きました。だから平泉を指していると解釈して良いでしょう。

○相知りたる人=【藤原秀衡】

この歌にある「相知りたる人」はそのまま解釈すると誰か不明です。
藤原秀衡の個人名は山家集にはありません。西行上人集などにも
「秀衡」名は出てきません。もちろん「藤原秀郷」名も出てきません。
西行は出家後の若い頃に陸奥旅行をしています。その時に秀衡と
面識があったと解釈できますから「相知りたる人」とは藤原秀衡と
断定して良いでしょう。
                         
藤原秀衡は生年未詳。没年1187年10月。没年齢不詳。65歳頃死亡?
JTBキャンブックス「古寺巡礼・中尊寺」によれば、1122年ほどの
出生のようですから、1118年生の西行よりは少し年少です。
藤原北家魚名流の藤原秀郷を祖とし、その九代の後裔です。西行の
佐藤家も秀郷を遠祖としていると言われます。それゆえに少なからず
同族意識が互いにあったものと思います。

○さやの中山

東海道の難所の一つです。現在の静岡県掛川市にある坂路で、
東海道の日坂宿と金谷宿を結んでいます。
現在の道は舗装整備されていて歩きやすく、西行当時の通行の
困難さが偲びにくいものです。

「小夜の中山は歌枕として有名だが、その詠まれている多くの
例歌からみると、難所で、荒涼として寂しい場所であり、旅の
寂しさや苦痛が身にしみるところであった。
西行の詠歌の発想は、しみじみと40年前の旅を想いださせるのに
十分な孤独感を味わわせる、小夜の中山の風土にあったと思われる。
そして「思ひきや」の表現によって、ふたたびこの地にくることが
できたという喜びが内包されている。しかし、この一首からうける
はげしい感動のみなもとは、「命なりけり」に凝集されたところに
ある。すなわち、西行自身、わが心をみつめて、生きながらえて
いるわが命を実感し、それを喜び感動している心と姿が、読者に
強く訴えてくる迫力になっているのだと思われる。
(中略)
景物としての、伝統的な小夜の中山を詠んだだけのものでなく、
伝統的な歌枕の地で、西行がわが命を直視した結果から生まれる 
喜びの、感動の詠出であったと理会したい。」
         (集英社刊 有吉保氏著「西行」から抜粋)

○年たけて

69歳という自身の年齢を言っています。「たけて」は高くなって
ということ。高齢ということを意味します。

○又こゆべし

再度、小夜の中山の急峻な峠道を越えるということ。このことに
よって、初度の陸奥までの旅の帰途は東海道ではなくて東山道を
たどったという、その可能性を思わせます。
ちなみに小夜の中山の峠道は西行時代からはずいぶんと改変され
ているらしくて、現在では特別な難所という感じはしません。

○命なりけり

(命)という名詞に(なり・けり)をつける用法には少しく疑問
がありますが、こういう用い方が和歌的な用法かもしれません。
 
(命が続いてきたからこそだなー)という詠嘆の言葉です。自身
のこれまでの来し方を振り返っての個人に根ざしたさまざまな
思いが凝縮している言葉です。必然として詠者は高齢である
ことを証明しているともいえます。

(45番歌の解釈)

「年を取ってまたこの山を越えるであろうと思ってもみただろうか。
命があってのことだなあ、佐夜の中山を越えるのは。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

○「命なりけり」歌について

「長い人生の時間を一瞬にちぢめてのはげしい詠嘆とともに、
また、ここまで年輪を刻んできた自らの命をしみじみと見つめ
いとおしんでいる沈潜した思いが、一首にはある。調べも、そう
いう内容にふさわしく、反語を用いての三句切れの後、さらに第
四句でもするどく切れるという、小刻みに強い調べによって激情
を伝えた後、名詞止めの結句によって、そういう激情はしっかりと
受け止められているのである。(中略)
「命あればこそ」の感慨は50歳を過ぎた西行の心中でいよいよ深
まりつつあったのだと思われるが、その後さらに十数年を経て、
思い出の地を通ったとき、その思いはいっそう痛烈に沸いたので
あった。「命なりけり」、この平凡ではあるが重い感慨を心に深く
いだきつつ、老いたる西行は、すでにはるかに過ぎてきた自らの
人生の旅路を思ったのである。」
        (彌生書房刊 安田章生氏著「西行」から抜粋)

「命なりけり」という言葉は西行が始めて使った言葉ではなくて
先例がいくつもあり、西行以後にも使われています。
「命なりけり」のフレーズのある歌は合計31首あるそうです。その
うち30首は結句に用いられ、それ以外の一首が西行の「年たけて」
歌とのことです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      あづまへまかりけるに、しのぶの奧に
      はべりける社の紅葉を

46 ときはなる松の緑も神さびて紅葉ぞ秋はあけの玉垣
          (岩波文庫山家集130P羈旅歌・新潮482番)

○しのぶの奥にはべりける社

社は福島県福島市信夫山に鎮座する羽黒神社とみられています。
この神社まで参詣したことがあります。境内には巨大な草履が
飾られています。

○ときはなる

松の木は常緑樹であることを言います。

(ときは=常盤)の原意は(永遠に、しっかりと同一の性状を保って
いる磐)のことです。それから転じて永久に不変のものを指します。

○神さびて

長い歴史があって、大変厳かであること。敬虔さを感じさせる
ような雰囲気のこと。
「神さび」は他に歌に2例、詞書に1例あります。

○あけの玉垣

神社の神域を表すために設置された朱色の垣根のことです。
(玉)は美称です。
常磐木は紅葉しませんから(紅葉ぞ秋は)は蔦紅葉と解釈するしか
ないように思います。神域にある落葉樹の紅葉かもしれません。

(46番歌の解釈)

「いつも常盤の色を見せる松の緑に、秋は紅葉した蔓草がから
まって、あたかも朱の玉垣を思わせ、一層神々しく見えることだ。」
             (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     みちのくにへ修行してまかりけるに、白川の関にとまりて、
     所がらにや常よりも月おもしろくあはれにて、能因が、
     秋風ぞ吹くと申しけむ折、いつなりけむと思ひ出でられて、
     名残おほくおぼえければ、関屋の柱に書き付けける

47 白川の関屋を月のもる影は人のこころをとむるなりけり
    (岩波文庫山家集129P羈旅歌・新潮1126番・西行上人集・
         山家心中集・新拾遺集・後葉集・西行物語) 

○みちのくに

「道の奥の国」という意味で陸奥の国のことです。陸奥(むつ)は
当初は(道奥=みちのく)と読まれていました。
927年完成の延喜式では陸奥路が岩手県紫波郡矢巾町まで、出羽路
が秋田県秋田市まで伸びていますが、初期東山道の終点は白河の関
でした。白河の関までが道(東山道の)で、「道奥」は白河の関
よりも奥という意味です。

大化の改新の翌年(646年)に陸奥の国ができました。
陸奥は現在の福島県から北を指しますが、その後、出羽の国と分割。
一時は「岩城の国」「岩背の国」にも分割されていましたが、
西行の時代は福島県以北は陸奥の国と出羽の国でした。
陸奥の国は現在で言う福島県、宮城県、岩手県、青森県を指して
います。
出羽の国は山形県と秋田県を指します。

○白川の関

白河の関はいつごろに置かれて関として軍事的に機能していたのか、
明確な記録がなくて不明のままです。
陸奥の白河の関、勿来の関、そして出羽の国の念珠が関を含めて
古代奥羽三関といいます。

「白河の関は中央政府の蝦夷に対する前進基地として勿来関(菊多関)
とともに4~5世紀頃に設置されたものである。」
                (福島県の歴史散歩から抜粋)

ところが文献にある白河の関の初出は799年の桓武天皇の時代という
ことです。それ以前の奈良時代の728年には「白河軍団を置く」と
年表に見えますので、関自体も早くからあったものと思われます。

朝廷の東進政策、同化政策によって早くから住んでいた蝦夷と呼ば
れていた人々との対立が激化していきました。その過程で朝廷側
からすれば関は必要だったのですが、730年頃には多賀城が造られ、
800年代初めには胆沢城ができ、朝廷の直轄支配地は岩手県水沢市
付近にまで伸びていました。そうなると、白河の関は多賀城や胆沢城
に行くための単なる通過地点にしかすぎなくなります。前進基地と
しての軍事的な関の役割もなくなってしまって、いつごろか廃されて
関守りも不在となりました。

能因と西行では130年の隔たりがあります。西行の時代でも関の
建造物が残っていたということは奇跡的なことなのかも知れません。
あるいは能因の見た関の建物と、西行の見た関の建物は同一のもの
ではないのかも知れません。能因の時代以後に新たに関屋を建てる
可能性はほぼ考えられないので、同一のものであろうとは思います。

この関はどこにあるかよく分かりませんでしたが、白河藩主松平定信
(1758~1829)が1800年に古代白河の関跡と同定して「古関蹟」という
碑を建てました。1959年からの発掘調査によってもさまざまな遺物が
発見され、「白河の関」として実証されています。
この関の前を東西に通る県道76号線が古代の東山道に比定されますから、
能因や西行もこの道をたどったものと断定して良いものと思います。

現在は関の森公園として整備されています。隣接して古刹の『白河神社』
があります。私が08年4月14日に行ったときはカタクリの花が群生して
いました。

○能因

中古三十六歌仙の一人です。生年は988年。没年不詳。俗名は
橘永やす(たちばなのながやす)。
若くして(26歳頃か)出家し、摂津の昆陽(伊丹市)や古曾部
(高槻市)に住んだと伝えられます。古曾部入道とも自称して
いたようです。
「数奇」を目指して諸国を行脚する漂白の歌人として、西行にも
多くの影響を与えました。
家集に「玄玄集」歌学書に「能因歌枕」があります。

「永やす」の(やす)は文字化けするため使用できません。

○関屋

関に付随して建てられた施設。

(47番歌の解釈)

「奥州(東北地方)へ修行の旅をして行った時に、白河の関に
とどまったのであるが、白河の関は場所がらによるのであろうか
月はいつもよりも面白く、心に沁みるあわれなもので、能因が
「都をば霞とともにたちしかど秋風ぞ吹く白河の関」と歌を
詠んだ折は、いつごろであったのかと自然と思い出されて、名残
多く思われたので、関屋の柱に書きつけた、その歌」

「白河の関屋(関守のいる所)も荒れて、今は人でなく月がもる
(守ると洩るとをかける)のであるが、その月の光はそこを訪ね
る人を関守(月が)として人をとどめるように人の心に深い感動
をあたえて心をとめるのであったよ。(もる、とむる、関屋の縁語)
        (渡部保氏著(西行山家集全注解)から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      みちのくににまかりたりけるに、野中に、常よりもと
      おぼしき塚の見えけるを、人に問ひければ、中将の
      御墓と申すはこれが事なりと申しければ、中将とは
      誰がことぞと又問ひければ、實方の御ことなりと申し
      ける、いと悲しかりけり。さらぬだにものあはれに
      おぼえけるに、霜がれの薄ほのぼの見え渡りて、後に
      かたらむも、詞なきやうにおぼえて

48 朽ちもせぬ其名ばかりをとどめ置きて枯野の薄かたみにぞ見る
           (岩波文庫山家集129P羈旅歌・新潮800番・
         西行上人集・山家心中集・新古今集・西行物語)

○みちのくに

前述参照。

○まかりたる

出向いて行くこと。

○常よりもとおぼしき

普通より、ということ。野中にはありえない立派な塚・・・と
いう意味になります。
没後150年ほどを経ても実方の墓として誰かに管理されていたと
解釈していいものと思います。

○中将の御墓
    
藤原実方の墓のこと。現在も宮城県名取市愛島の野中にあります。
「朽ちもせぬ」歌の石碑も立っていますが文面は風化していて
判読できません。
現在の歌碑は藤原実方800年遠忌のために1798年に建立されました。

○さらぬだに

そうでなくとも・・・という意味。墓は他の場所よりも哀感を
覚えさせるということを言っています。

○朽ちもせぬ

藤原実方の歌の名声は不朽のものであり、歌人としての名前は
いつまでも忘れられないものであるということ。

○枯野の薄

現在も藤原実方のお墓に行く前に薄が植えられています。いかにも
とって付けたようで笑ってしまいました。
あろうことか、外国産の薄のようです。

○あだに命の露

(あだ)は誠意がない、空しい、意味がない…などを表す言葉。
(命の露)は短く、はかないことを言う「露の命」と同義です。

○知られず知らぬ人

自分が死亡した後の事だから当然に事後のことは自分では知る
ことができないし、かつ、ずっと後の世の人も自分が生きてきた
ことなどは知ることもないということ。

(48番歌の解釈)

「不朽の名声だけをこの世に残して、実方中将はこの枯野に骨を
埋めたというが、その形見には霜枯れの薄があるばかりだ。」
               (和歌文学大系21から抜粋)

【藤原実方】

生年不詳、没年は998年11月とも12月とも言われます。陸奥守として
陸奥に赴任中に客死しました。40歳に満たない年齢と思われます。
藤原北家流師尹(もろただ)の孫。父の定時が早世したので叔父の
済時の援助を受けて育ったといわれます。
左近将監、侍従、左近少将、右馬頭などを歴任して、994年に左近
中将。翌年に陸奥守として陸奥に赴任。

「古事談」によると、藤原行成との軋轢があり「歌枕見て参れ」
と一条天皇から命を受けて陸奥守に左遷されたとあります。
実方が陸奥に赴任したのは、その説以外にも自発説ほかいくつか
の説があります。どれが本当か分かりません。
「源平盛衰記」によると陸奥国笠島の道祖神社の前を下馬せずに
通り過ぎたために、道祖神の怒りに触れて、落馬して命を落としたと
書かれています。
お墓は現在の宮城県名取市愛島にあります。1798年建立の西行の
「朽ちもせぬ」歌の歌碑も建っています。ただし碑文は殆ど読み
取れません。
家集に「実方朝臣集」があります。中古三十六歌仙の一人です。

この歌は確実に初度の旅の時の歌ですが、同じ旅の時の一連の
歌から離れて一首のみ、ぽつんと採録されています。そのことが
気にはなります。

なお、芭蕉の「おくのほそ道」では、芭蕉は行き過ぎて実方の墓
には行かなかったのですが、人から聞いたこととして、「形見の
薄今にあり」と書いています。
「おくのほそ道」は脚色が多くて、そのままでは信用できません。
ですが、同行した曽良随行日記と照らし合わせると旅の実際の
様子が分かります。曽良は「行過テ不見」とのみしたためて
います。従って芭蕉が行った当時は「形見の薄」があったのか
どうかは不明です。

白州正子氏は「西行」の中で以下のように記述しています。
「竹林の入り口に、勅使河原流の外国産の枯尾花が植えてあり、
大げさに(かたみの薄)と記してある。いうまでもなく「奥の
細道」の「かた見の薄今にあり」の薄で、歌枕もここまでリアリ
ズムに徹すれば何をかいわんや。」

実方は死後に雀に姿を変えて都に戻ってきたという伝説があり
ます。もとは中京区にありましたが移転して現在は左京区にある
「更雀寺」が、その伝説を留めています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     奈良の僧、とがのことによりて、あまた陸奧國へ遣は
     されしに、中尊寺と申す所にまかりあひて、都の物語
     すれば、涙ながす、いとあはれなり。かかることは、
     かたきことなり、命あらば物がたりにもせむと申して、
     遠國述懐と申すことをよみ侍りしに

49 涙をば衣川にぞ流しつるふるき都をおもひ出でつつ
           (岩波文庫山家集131羈旅歌・新潮欠番 
                 西行上人集・山家心中集) 

○奈良の僧、とがのこと

奈良の僧侶15名が悪僧として陸奥の国に配流となったのは1142年
のことのようです。西行26歳の年に当たります。
これにより「涙をば・・・」歌は初度の陸奥の旅の時の歌とする
説が殆どです。
「西行の研究」の窪田章一郎氏は詞書から受ける印象や山家集に
なくて西行上人集に採録されていることを挙げられて、再度の
陸奥の旅の時の歌であると推定されています。
 
○かたきこと

この歌には「かたき」というフレーズがあります。しかし詞書の
性質から考えて「かたき」ではなく「ありがたき」でなくてはなら
ないでしょう。よってこれは岩波文庫山家集にたくさんある記述
ミスの一つかもしれません。「ありがたき」の省略語の可能性は
ないものと思います。
出典の「西行上人集」と「山家心中集」は共に「ありがたき」と
記述されています。

○衣川
 
平泉の中尊寺の北側を流れている小流で、北上川に注いでいます。

○ふるき都

当時の都である平安京から見て古い都を言い、奈良の都のこと。
平城京のこと。

(49番歌の解釈)

「故郷なつかしさの涙を衣川、そして衣の袖に流したよ。古い
奈良の都を思い出しながら。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

************************************************************

  (後記)

日々は矢のように過ぎて行き、つい先日に新年になったと思ったら、
もう一月も末頃です。本日29日は旧暦1月2日。今年は3年ぶりに新年に
なってから立春がやってきた年です。

旧暦のいたずらで年内立春は頻繁におきます。まだ年が明けないうちに
立春がやってくるという歌が西行に何首かあります。年内立春は私も
ちょっと居心地の悪い感覚を味わいますが、日々は旧暦で動いていた
西行時代当時の人達でも慣れてしまえば、それほと奇妙なことでも
なかったのでしょう。

1月15日、京都も雪景色に変わりました。朝早く出発して、これまでに
まだ雪景色を見ていない貴船神社に参詣しました。叡山電鉄の貴船口駅
から雪の中を歩いて貴船神社に向かいました。ついでに鞍馬寺にも立ち
寄りました。むろん白一色ではないにせよ、早朝の神々しい世界でした。
なぜか一つの宿題を果たした思いがしました。

あるがままに老いゆくことを生き、泰然として時間や季節が与えて
くれるものを喜び、風景の中に溶け込んだような、そんな日々を
過ごしたいものです。

************************************************************

■  登録/解除の方法
  http://www.mag2.com/m/0000165185.htm

 ◎ メールマガジン「西行辞典」 は、
   上記URLよりいつでも登録及び解除が可能です。

■ ご要望、ご意見は下記アドレスまで。
  siokaze308@yahoo.co.jp

=============================

  ◎ 「西行辞典」第342号 2017年01月29日発行 

  ◎ 発行責任者 阿部 和雄
   http://sanka11.sakura.ne.jp/

  ◎ 発行システム インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
     利用させていただいています。
   『まぐまぐ』 URL: http://www.mag2.com/

=============================

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/07/02
部数 128部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/07/02
部数 128部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

ハロー株式
読者2万人超。「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、3年連続「まぐまぐ大賞マネー部門第1位!」、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見通し・投資ノウハウ、有望銘柄情報を10年以上に渡って配信しています。是非ともご活用下さい!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング