西行辞典

西行辞典 第329号(160605)


カテゴリー: 2016年06月05日
************************************************************

      ◆◆◆◆  西行辞典  ◆◆◆◆
                        
                  vol・329(不定期発行)
                   2016年06月05日号

************************************************************

           今号のことば    

        1 ホトトギス歌総覧 02
        2 ほのほ・炎・ほむら
       
     ほふる→第125号「くろがねのつめのつるぎ」参照

************************************************************ 

◎ホトトギス歌総覧 02

【時鳥】 29首
「山家集21・聞書集2・残集1・西行上人集4・御裳濯河歌合1」

◎山家集(21首)

01 時鳥なごりあらせて帰りしか聞き捨つるにも成にけるかな
          (岩波文庫山家集47P夏歌・新潮200番)

02 時鳥きかぬものゆゑまよはまし花を尋ねぬ山路なりせば
          (岩波文庫山家集45P夏歌・新潮188番・
               西行上人集・山家心中集)

03 時鳥そののちこえむ山路にもかたらふ聲はかはらざらなむ
          (岩波文庫山家集45P夏歌・新潮192番)

04 時鳥なかで明けぬと告げがほにまたれぬ鳥のねぞ聞ゆなる
          (岩波文庫山家集43P夏歌・新潮186番・
               西行上人集・山家心中集)

05 時鳥なくなくこそは語らはめ死出の山路に君しかからば
        (岩波文庫山家集137P羇旅歌・新潮751番・
          西行上人集・山家心中集・西行物語)

06 時鳥人にかたらぬ折にしも初音聞くこそかひなかりけれ
         (岩波文庫山家集44P夏歌・新潮179番・
          西行上人集・山家心中集・新後撰集)

07 なかん聲や散りぬる花の名残なるやがて待たるる時鳥かな
         (岩波文庫山家集45P夏歌・新潮1463番)

08 初聲を聞きての後は時鳥待つも心のたのもしきかな
         (岩波文庫山家集46P夏歌・新潮1467番)

09 春くれてこゑに花咲く時鳥尋ぬることも待つもかはらぬ
         (岩波文庫山家集45P夏歌・新潮1464番)

10 山里の人もこずゑの松がうれにあはれにきゐる時鳥かな
         (岩波文庫山家集46P夏歌・新潮1448番)

11 よるの床をなきうかされむ時鳥物思ふ袖をとひにきたらば
         (岩波文庫山家集46P夏歌・新潮1471番)

12 わが宿に花たちばなをうゑてこそ山時鳥待つべかりけれ
   (岩波文庫山家集43P夏歌・新潮182番・西行上人集)

13 時鳥ふかき山邊にすむかひは梢につづく聲を聞くなり
         (岩波文庫山家集46P夏歌・新潮1470番)

14 時鳥まつ心のみつくさせて聲をば惜しむ五月なりけり
         (岩波文庫山家集43P夏歌・新潮184番)

15 かたらひしその夜の聲は時鳥いかなる世にも忘れんものか
         (岩波文庫山家集45P夏歌・新潮195番)

16 きかで待つ人思ひしれ時鳥ききても人は猶ぞまつめる
        (岩波文庫山家集45P夏歌・新潮1465番)

17 聞きおくる心を具して時鳥たかまの山の嶺こえぬなり
        (岩波文庫山家集45P夏歌・新潮190番・
              西行上人集・山家心中集)

18 五月雨の晴間もみえぬ雲路より山時鳥なきて過ぐなり
  (岩波文庫山家集44P夏歌・新潮198番・西行上人集・
        山家心中集・御裳濯河歌合・御裳濯集)

19 さらぬだに帰りやられぬしののめにそへてかたらふ時鳥かな
        (岩波文庫山家集144P恋歌・新潮586番)

20 尋ぬれば聞きがたきかと時鳥こよひばかりはまちこころみむ
         (岩波文庫山家集43P夏歌・新潮183番)
              
21 時鳥きく折にこそ夏山の青葉は花におとらざりけれ
         (岩波文庫山家集44P夏歌・新潮欠番)
              
◎聞書集(2首)

22 たちばなのさかり知らなむ時鳥ちりなむのちに聲はかるとも
           (岩波文庫山家集259P聞書集248番・
                 西行上人集・雲葉集)
            
23 我ぞまづ初音きかまし時鳥まつこころをも思ひしられば
           (岩波文庫山家集259P聞書集247番)

◎残集(1首)

24 たちばなのにほふ梢にさみだれて山時鳥こゑかをるなり
             (岩波文庫山家集263P残集7番・
             西行上人集追而加書・夫木抄)

◎西行上人集(4首)

25 うき世おもふわれかはあやな時鳥あはれもこもる忍びねの聲
  (岩波文庫山家集47P夏歌・西行上人集・御裳濯河歌合)   

26 時鳥ふかき嶺より出でにけり外山のすそに聲のおちくる
         (岩波文庫山家集47P夏歌・西行上人集・
     御裳濯河歌合・新古今集・御裳濯集・西行物語)

27 時鳥こゑのさかりになりにけりたづねぬ人にさかりつぐらし
         (岩波文庫山家集274P補遺・西行上人集)

28 うき身知りて我とは待たじ時鳥橘にほふとなりたのみて
         (岩波文庫山家集46P夏歌・西行上人集)

◎御裳濯河歌合(1首)

29 つくづくとものおもひをれば時鳥こころにあまる聲きこゆなり
   (岩波文庫山家集273P補遺・御裳濯河歌合・御裳濯集)

◆このうち21番歌は陽明文庫版の山家集を底本とする「新潮古典
集成山家集」にはありません。

==============================================================
             
【郭公】14首
「山家集12・聞書集0・残集0・西行上人集2」

◎山家集(12首)

01 郭公卯月のいみにゐこもるを思ひ知りて来鳴くなるかな
          (岩波文庫山家集44P夏歌・新潮180番)

02 郭公きかで明けぬる夏の夜の浦島の子はまことなりけり
          (岩波文庫山家集43P夏歌・新潮187番)

03 郭公ききにとてしもこもらねど初瀬の山はたよりありけり
          (岩波文庫山家集44P夏歌・新潮199番・
             西行上人集追而加書・夫木抄)

04 郭公月のかたぶく山の端に出でつるこゑのかへりいるかな
         (岩波文庫山家集46P夏歌・新潮1472番)

05 郭公なべて聞くには似ざりけり深き山べのあかつきの聲
         (岩波文庫山家集46P夏歌・新潮1469番)

06 嬉しとも思ひぞわかぬ郭公春きくことの習ひなければ
         (岩波文庫山家集41P春歌・新潮169番・
               西行上人集・山家心中集)

07 さみだれの晴間尋ねて郭公雲井につたふ聲聞ゆなり
         (岩波文庫山家集46P夏歌・新潮1468番)

08 所から聞きがたきかと郭公さとをかへても待たむとぞ思ふ
         (岩波文庫山家集45P夏歌・新潮1466番)

09 ならべける心はわれか郭公君まちえたる宵のまくらに
         (岩波文庫山家集46P夏歌・新潮1449番)

10 まつ人の心を知らば郭公たのもしくてや夜をあかさまし
          (岩波文庫山家集44P夏歌・新潮185番)

11 里なるるたそがれどきの郭公きかずがほにて又なのらせむ
          (岩波文庫山家集44P夏歌・新潮181番・
       西行上人集・山家心中集・玉葉集・万代集)

12 まつことは初音までかと思ひしに聞きふるされぬ郭公かな
         (岩波文庫山家集45P夏歌・新潮189番・
            西行上人集追而加書・続千載集)

◎西行上人集(2首)

13 郭公いかなるゆゑの契りにてかかる聲ある鳥となるらむ
     (岩波文庫山家集47P夏歌・西行上人集・雲葉集)
             
14 世のうきをおもひし知ればやすきねをあまりこめたる郭公かな
         (岩波文庫山家集46P夏歌・西行上人集)
             
==============================================================

【杜鵑】3首
「山家集0・聞書集0・残集3・西行上人集0」

◎残集(3首)

01 誰がかたに心ざすらむ杜鵑さかひの松のうれに啼くなり
              (岩波文庫山家集263P残集4番・
              西行上人集追而加書・夫木抄)

02 待つやどに来つつかたらへ杜鵑身をうのはなの垣根きらはで
              (岩波文庫山家集263P残集5番)

03 杜鵑さつきの雨をわづらひて尾上のくきの杉に鳴くなり
             (岩波文庫山家集263P残集8番)

==============================================================

【呼子鳥】1首
「山家集1・聞書集0・残集0・西行上人集0」

◎山家集(1首)

01 山ざとに誰を又こはよぶこ鳥ひとりのみこそ住まむと思ふに
           (岩波文庫山家集24P春歌・新潮49番)

(参考)

 駒なづむ木曾のかけ路の呼子鳥誰ともわかぬこゑきこゆなり
           (岩波文庫山家集280P補遺・夫木抄)

==============================================================

【子規】1首
「山家集1・聞書集0・残集0・西行上人集0」

◎山家集(1首)

01 大井河をぐらの山の子規ゐせぎに聲のとまらましかば
          (岩波文庫山家集45P夏歌・新潮188番・
               西行上人集・山家心中集)

(参考)

      不尋聞子規といふことを、賀茂社にて
      人々よみけるに

 郭公卯月のいみにゐこもるを思ひ知りても来鳴くなるかな
          (岩波文庫山家集44P夏歌・新潮180番)

==============================================================

【杜宇】1首
「山家集0・聞書集0・残集0・西行上人集1」

◎西行上人集(1首)

01 待ちかねて寝たらばいかに憂からましやま杜宇夜を残しけり
         (岩波文庫山家集273P補遺・西行上人集)

==============================================================

【蜀魂】1首
「山家集1・聞書集0・残集0・西行上人集0」

◎山家集(1首)

01 蜀魂おもひもわかぬ一聲を聞きつといかが人にかたらむ
          (岩波文庫山家集44P夏歌・新潮193番・
          西行上人集・山家心中集・新拾遺集)

==============================================================

【死出の田長】1首
「山家集0・聞書集1・残集0・西行上人集0」

◎聞書集(1首)

01 ふゆ聞くはいかにぞいひてほととぎす忌む折の名か死出の田長は
            (岩波文庫山家集237P聞書集79番)

==============================================================

◎ 【松屋本山家集】5首

01 ほととぎすいそぐ早苗を取りさして鳴きつる方へ心をぞやる
                    (松屋本山家集)

02 ほとときすたた一こゑのしのひねをきくあはれなるあかつきの空
                    (松屋本山家集)

03 時鳥しのたのもりの一こゑは夜たにあけはとおもはれぬかな
                    (松屋本山家集)

04 ひるはいててすかたの池にかけうつせ聲をのみきくやま時鳥
                (松屋本山家集・夫木抄)

05 あやめふく宿のしるしに郭公一こゑなりとねをもかけなむ
                    (松屋本山家集)

==============================================================

◎ 【夫木抄】2首

01 ほととぎすなきわたるなる波の上にこゑたたみおく志賀の浦風
            (岩波文庫山家集273P補遺・夫木抄)

02 駒なづむ木曾のかけ路の呼子鳥誰ともわかぬこゑきこゆなり
            (岩波文庫山家集280P補遺・夫木抄)

==============================================================

◎ 【西行物語】1首

01 郭公都へゆかばことづてむ越えくらしたる山のあはれを
  (岩波文庫山家集47P夏歌・西行上人集追而加書・西行物語)

==============================================================

◎ 【他者詠歌】堀川の局歌 1首

01 此世にてかたらひおかむ郭公しでの山路のしるべともなれ
   (堀川局歌)(岩波文庫山家集137P羇旅歌・新潮750番・
   西行上人集・山家心中集・新後撰集・玉葉集・西行物語)

==============================================================

◎ 【詞書にあって歌にホトトギス表記のない歌】 1首

       夢にほととぎす聞くといふことを

01 ひとかたにうつつ思はぬ夢ならば又もや聞くとまどろみなまし
              (岩波文庫山家集263P残集8番)

=============================================================

以上ですが混乱してしまいますので詞書は割愛しました。

「子規」歌でも歌に1首と詞書にも一度ありますが、こんな場合も
歌のみに限定してカウントしましたので、その旨ご了解願います。

詞書に「時鳥」とあり、歌には「ほととぎす」と表記されている如く、
詞書と歌の表記違いもたくさんあります。従ってあくまでも岩波文庫
山家集所収歌にある表記をもとにして計算しています。岩波文庫の
この表記はもちろん法則性などはなく恣意的な表記です。

「ほととぎす」28首、「時鳥」29首、「郭公」14首、「杜鵑」3首、
「呼子鳥」1首、「子規」1首、「杜宇」1首、「蜀魂」1首、「死出の
田長」1首になります。このうち「死出の田長」歌は「ほととぎす」
歌と重複していますので1首差し引くと合計78首が西行の「ほととぎす」
歌ということになります。

これに松屋本山家集・夫木抄・西行物語、堀川局歌を含めると9首。
合計すると「ホトトギス」歌87首。
ただし松屋本・夫木抄・西行物語所収歌は西行歌と断定するには
強い疑念があります。

************************************************************ 

       ◆ ほのほ・炎・ほむら 01 ◆

【ほのほ・炎・ほむら】

赤く燃え上がる火のこと。火炎のこと。漢字では「炎・焔」と
書きます。
例えとして、心の中に沸き上がる激しい感情のことをも言います。

ほのほ・ほむら歌は7首あり、すべて聞書集の中の「地獄絵を見て」
という詞書のある連作27首の中の歌です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

01 一つ身をあまたに風の吹ききりてほむらになすもかなしかりけり
         (岩波文庫山家集251P聞書集206番・夫木抄)

○一つ身をあまたに

人間の肉体のこと。死後の遺体のこと。
一つの肉体をたくさんの小片にするということ。
「あまた」は「数多く」という意味。

○風の吹ききり

人の肉体を吹き切るほどの威力を持った風。もちろん架空の風です。

(01番歌の解釈)

「一つの身を数多くの断片に風が吹き切り裂いて、それらを炎に
するのも悲しいことよ。」
                (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      黒き炎の中に、をとこ女もえけるところを

02 なべてなきくろきほむらの苦しみはよるのおもひの報いなるべし
         (岩波文庫山家集251P聞書集208番・夫木抄)

〇なべて

「並べて」と書き、すべて、一帯に、全般に、一般的、普通のこと、
一緒であること、という意味を持つ副詞です。

「おしなべて」も副詞で、意味は「なべて」とほぼ同義です。全体に
同じ傾向である、全般的にどこも一様である、全て一緒である・・・
ということ。    

(なべてなき)は(なべて)の逆となり、普通ではない、並ではない。
他にはないという意味になります。    

○くろきほむら

仏教では白色は善、黒色は悪と解釈するようです。(くろき)で夜の
闇や、悪しき思いを想起させます。
ここでは地獄に落ちた人たちが焼かれるという焦熱地獄のことなの
ですが、その原因を詞書にある「をとこ女」という言葉から、また
歌にある「よるのおもひ」という言葉から、過度の愛欲に浸ったこと、
それを原因として起きた事々によって焦熱地獄に落とされたと解釈
できます。
「男女」を人間全般と解釈すれば、おのずから意味が異なってきます。

(02番歌の解釈)

「並大抵でない黒い炎の中の苦しみは、夜の邪悪な思いの
業火の報いに違いない。
                (和歌文学大系21から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

03 たらちをのゆくへを我も知らぬかなおなじほのほにむせぶらめども
            (岩波文庫山家集252P聞書集212番)

〇たらちを

父のことです。「垂乳男」と表記して「たらちね」から派生して
できた言葉とのことです。

【たらちね】

「垂乳根」と書き、本来は母親のことです。しかし母親だけでなくて
父親も指します。「親」のイメージを引き出すための枕詞です。
母親のみを指す場合には「垂乳女=たらちめ」とも使われます。

○おなじほのほ

父はどの辺にいるか分からないけれども、地獄の同じ業火の中に
自分も父も共にいるという意味。父親も同じように炎熱の阿鼻地獄に
落ちて、ずっと焼かれ続けているということになります。

(02番歌の解釈)

「父の行方を私も知らないことだな、私と同じ炎の中にむせび
泣いているだろうけれども。」
               (和歌文学大系21から抜粋) 

************************************************************

  (後記)

桜が終わった頃から、なんとなく気持ちが優れないままです。
何をしても「楽しい」という実感に欠けます。ブログも中断したまま
ですし、気になりながら歌も詠もうともしません。楽しいはずの
写真撮影も今一つ気持ちが乗りません。これも桜のなせる業なので
しょうか。
あるいは桜は怖い花、ある魔力を秘めた花なのかも知れません。
もしそうだとしたら、老いてもなお桜の歌を詠んだ西行もその
魔力に捉われた一人だったとも言えるでしょうか?

あるいは五月病?。もちんそんなはずでは無いのですが、自身を叱咤
しながら、これからの季節を建設的に過ごしていきたいものです。

感じとしては時に緩慢ではありながら、実際には急ぎ足で過ぎ行く
季節は、すでに入梅。旧暦でも本日から五月。昨年よりは半月早い
五月です。五月雨の月ですが、約束のように見舞われる水害による
実害は最小限であってほしいものです。
ともあれ大過なく梅雨明けを迎えるように望みます。

************************************************************

■  登録/解除の方法
  http://www.mag2.com/m/0000165185.htm

 ◎ メールマガジン「西行辞典」 は、
   上記URLよりいつでも登録及び解除が可能です。

■ ご要望、ご意見は下記アドレスまで。
  siokaze308@yahoo.co.jp

=============================

  ◎ 「西行辞典」第329号 2016年06月05日発行 

  ◎ 発行責任者 阿部 和雄
   http://sanka11.sakura.ne.jp/

  ◎ 発行システム インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
     利用させていただいています。
   『まぐまぐ』 URL: http://www.mag2.com/

=============================

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/11/11
部数 124部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/11/11
部数 124部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

【六単塾】1日数分で英単語・英文をあきれるほど覚える方法
「英語をやり直したいけど面倒なことはしたくない」「英会話したいけど時間がない」「TOEICスコアが急に必要になった」そんなあなたに。1日10分、たった6単語で英語が話せるようになるためのメルマガを1日1通お送りします。登録は2秒で終了。今すぐ登録してくださいね。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

井出ひろゆき 最速不動産オーナーへの道
日本で唯一の不動産満室コンサルタント。 普通の人を不動産オーナーにする スペシャリスト&不動産オーナーに満室コーチング行い、 口コミで無料面談は、常にキャンセル待ち状態。 30代OL、   90日で家賃年収756万円。 40代会社社員 150日で家賃年収1586万8000円。 過去最短でコンサル開始後144日で 20代高利回り2棟家賃年収1456万8千円を記録!!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング