西行辞典

サンプル誌


カテゴリー:
***********************************************************

      ◆◆◆◆  西行辞典  ◆◆◆◆
                        
                  vol・01(不定期発行)
                   2005年08月01日号

**********************************************************

       今号のことば    

  あひの中山・あをね山・青柳の糸

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  ◆ あいの中山(あひの中山・間の中山)◆

 1 東路やあひの中山ほどせばみ心のおくの見えばこそあらめ
                           (岩波文庫山家集 154P 恋歌)

(歌の解釈)

 あづまの国(東国)に向う道の道中にある「あひの中山」の
 その間が狭くてものの見えないように、恋人の心が見えない
 のだが、その見えない恋人の心のおくが見えたら、それこそ
 うれしいのだが、見る方法もない。
        (西行山家集全注解 渡部保氏著から抜粋)

「あひの中山」とは、どこにあるのか定かではありません。
相模の国の歌枕(和歌文学大系21)ということですが、西行の歌の
場合はどこなのか特定はできません。「東路や・・・」とあります
ので、下の2番か3番と解釈していいと思います。ただし「奥」が
陸奥の掛詞と解釈するなら、陸奥にあるという「あひの中山」
かもしれません。
「あひの中山」は固有名詞であるのか普通名詞であるのかも判然
としない言葉です。山家集では「・・・中山」という言葉は他に
「小夜の中山」が二首、「越の中山」が二首あります。

1 伊勢の国 

 伊勢市の古市、内宮間にある長峰のこと。長峰は間山
 (あいのやま)とも呼ばれるそうです。
 古市には江戸期の五大遊郭の一つがありました。伊勢神宮
 参拝後の精進落としのために発展したそうです。
  哀調に富んだ「間の山節」で有名とのことです。

2 駿河の国

 現在のところ、私には所在地が確認できていません。具体的な
 地名はどの資料にもありません。
       
3 相模の国

 神奈川県津久井郡相模湖町の正覚寺に伝承されているようです。
 間の山は「嵐山」と呼称されています。
 下は正覚寺の案内ページ。

  http://www2u.biglobe.ne.jp/~shgkj-hk/shousai2.htm

4 陸奥の国

 岩手県二戸郡一戸町の中山峠という説もあります。
 しかし当時、一戸までの東山道は通じていませんから、西行は
 実際には一戸までは行っていないと思います。題詠としても、
 陸奥の中山峠が著名な歌枕とはいえませんので、陸奥の国の
 可能性はほぼないと思います。

 伊勢物語十五段にある下の歌が本歌といえるでしょうか。

 しのぶ山忍びて通ふ道もがな人の心の奥も見るべく

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ◆ あおね山(あをね山・青根山)◆
  
 1 あをね山苔のむしろの上にして雪はしとねの心地こそすれ 
              (岩波文庫山家集 154P 恋歌) 

○ あをね山=青根山=青根が嶺=奈良県吉野山の主峰。
      山頂付近に金峯神社がある。 

○ 苔のむしろ=万葉集以来、青根山は「苔のむしろ」の言葉が
       詠みこまれている。 
  
○ しとね=敷物のこと。転じて寝床のこと。「雪のしとね」
      で雪深いところであるということを表している。 

(歌の解釈) 

 苔がさ筵のように一面に生えた青根山のまさにその上に
 雪がふれば、まさに真っ白い布団のような感じだね。 
              (和歌文学大系21から抜粋) 

◎ 美吉野の青根が峯の苔筵誰か織りけむ経緯なしに 
             (万葉集 巻七 作者不詳)
 
◎ 今朝はしも青根が峯に雪積みて苔の狭筵敷き返つらん
               (源俊頼 散木寄歌集) 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

   ◆ 青柳の糸(あをやなぎのいと・青柳のいと) ◆

1 見渡せばさほの川原にくりかけて風によらるる青柳の糸
            (岩波文庫山家集 23P 春歌)

2 なかなかに風のおすにぞ乱れける雨にぬれたる青柳のいと
            (岩波文庫山家集 23P 春歌)

3 風ふくと枝をはなれておつまじく花とぢつけよ青柳の糸
            (岩波文庫山家集 33P 春歌)

4 吹みだる風になびくと見しほどは花ぞ結べる青柳の糸
            (岩波文庫山家集 39P 春歌)

5 青柳のいとをしきけのしたるかなむすぼほれたるうぐひすの声
                  (山家集 松屋本)

○青柳の糸
 
 春になって芽吹いて、黄緑色に繁る枝先を垂れているさまに
 生命力の旺盛さとか、強靭さ、しなやかさを感じることが
 できるでしょう。「青柳の糸」はまた春を象徴する表現でも
 あって、古来、たくさんの歌に詠まれてきました。
 
○さほの川原

 大和(奈良県)の佐保川のことです。歌では「佐保姫」は
 春を象徴していて、対になっている「立田姫」は秋を象徴
 しています。

○くりかけて

 糸の縁語。紡いだ糸をかけて巻く工具と、そのありさまを指す。

○風のおすにぞ

 「風の乾すにぞ」の意味。風が水分を取り払って、かえって
 乱れるという状態をいいます。

○おつまじく

 「落ちまじく」の意味。青柳の糸を裁縫の糸に見立てていること
 が分かります。この歌にある「花」は柳の花ではなくて、桜の
 花びらのことです。
 詞書が「花のうた十五首よみけるに」ですから、この場合は
 「柳の枝にふりかかる桜の花びらを落ちないように閉じつけて
 ほしい」という願望を詠っています。

(4の歌の解釈)

青柳が吹きみだす風になびくのだと見ていると、そうではなくて、
その柳の糸で花を結んだ青柳の糸であったよ。
         (西行山家集全注解 渡部保氏著から抜粋)

◎ 青柳の糸のくはしさ春風に乱れぬい間に見せむ子もがも
                    (万葉集 巻十)

◎ 青柳の糸よりかくる春しもぞ乱れて花のほころびにける
                   (古今集 紀貫之)

◎ 花見にはむれてゆけども青柳の糸のもとにはくる人もなし
                  (拾遺集 読人不知)
      
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

   (後記)
       
メールマガジン「西行辞典」を発刊いたします。不定期発行です。
刊行中の「西行の京師」の姉妹紙ともいえます。
私のページの「山家集の研究」にある西行辞典の「あ」から順番に
書き綴っていく予定です。かなりの時間を費やしそうです。
さらなる勉強を私は求められますが、私のライフワークのつもりで、
自分でも楽しみながら、発行を続けて行きたいと思います。

5年ほどの長い時間を要すると思いますが、西行法師や、和歌、
そして古典に興味のある方にお付き合い願えたらと思います。

個人でやる限りは限界がありますので、どのようなことでも
よろしいですから、ご教示、ご助言をいただければとても
うれしいことです。

2005年8月1日、不安の強い航海ですが、まずは船出をしましょう。
よろしくお願いいたします。
        
=============================         
■ 姉妹紙 「西行の京師」

    http://www.mag2.com/m/0000087906.htm

=============================
              
■  登録/解除の方法
  http://www.mag2.com/m/0000165185.htm

 ◎ メールマガジン「西行辞典」 は、
   上記URLよりいつでも登録及び解除が可能です。
   また、『まぐまぐ』 のページで下記マガジンID
   をキーに使って、解除することもできます。
 ◎ まぐまぐマガジンID 0000165185

■ ご要望、ご意見は下記アドレスまで。
  kazuo99a@apricot.ocn.ne.jp

=============================

  ◎ メールマガジン 「西行辞典」
   2005年8月01日発行  
  ◎ 発行責任者 阿部 和雄
    http://sanka.web.infoseek.co.jp/index.html
  ◎ 発行システム インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
     利用させていただいています。
   『まぐまぐ』 URL: http://www.mag2.com/

=============================

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/10/09
部数 124部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/10/09
部数 124部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

超一流の年収を稼ぐスーパービジネスマンになる方法
全国700社以上の顧客を持つ経営コンサルタントで累計15万部のビジネス書作家の吉江勝が定価20万円で販売した集客が今の10倍楽になるセミナー動画を期間限定無料プレゼン中【※詳細は著者サイトへ】 【創刊17年まぐまぐオススメの殿堂入りメルマガ】借金まみれだった会社員が全米フォーチュン500や東証一部上場企業を指導する人気コンサルに転身できた方法を公開 【こんな方にオススメ】起業したい、出版したい、会員制ビジネスで安定的な収入を稼ぎたい、コンサル、コーチ、カウンセラー、セミナー講師等で活躍したい、マーケティングと潜在意識を身につけて儲けの仕組みをマスターしたい方に役立つ情報を連日配信
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2017年に7000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億2000万円に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者8000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング