西行辞典

西行辞典 第351号(170702)


カテゴリー: 2017年07月02日
************************************************************

      ◆◆◆◆  西行辞典  ◆◆◆◆
                        
                  vol・351(不定期発行)
                   2017年07月02日号

************************************************************

          今号のことば    

        1 まだ・・・(02)
        2 まつめる
        3 松浦の舟
        4 ま手
        5 まとい

まなべ→第169号「しはくの島」参照
眞野の萩原→第257号「萩(02)」参照
まんだら寺→第217号「ちぎり・契り (2)」参照
萬燈会→第294号「ふくる・更くる」参照

************************************************************ 

       ◆ まだ・・・(02) ◆

【まだ・・・】

山家集でも「まだ」という言葉は、下の用例歌でも理解できるように、
現在と同じ意味で用いられています。

 霞まずは何をか春と思はましまだ雪消えぬみ吉野の山
            (岩波文庫山家集19P春歌・新潮11番・
              西行上人集追而加書・続後撰集)

「まだ」は「今もなお・・・」「未だに」という意味で、現在時点
でも以前の状態が続いている様子を表しています。それ自体は平易な
言葉でもあり、わざわざ項目化していないのですが、少し気になる
言葉もあり、4首のみ記述します。

04番歌の「まだ」は岩波文庫山家集にたくさんある校正ミスの一つ
だと思います。正しくは濁点のない「また」であり、和歌文学大系21
でも新潮日本古典集成でも「また」としています。
濁点のあるなしの違いですが歌の意味は異なってきます。

ただし句読点は明治時代になって使われだしたもので当然に西行
時代は「だ」はなく、「た」の使用です。岩波文庫改訂版の校正
ミスと記述しましたが、「また」「まだ」のどちらも意味が通じ
ますし、ミスと言い切るには微妙な部分であり言葉です。あるいは
佐佐木信綱博士が確信を持って採用した言葉なのかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

02 まだきより身にしむ風のけしきかな秋さきだつるみ山ベの里
          (岩波文庫山家集54P春歌・新潮250番)

○まだき

副詞。早くも、もう…という意味。まだその気持ちや、時期に到達
していないのに…ということ。

これとは別に下の歌に「いまき」があります。

 鳥邊野を心のうちに分け行けばいまきの露に袖ぞそばつる
          (岩波文庫山家集192P雑歌・新潮757番・
                西行上人集・山家心中集)

「いまき」とは古来に大陸から新しく日本にやって来た人たちを言い、
京都の平野神社では「今来神」を祀っています。
ただしこの歌の「いまき」は次のように解釈されています。

新潮版は(いぶき)、板本の類題本では(いまき)、西行法師家集
では(いそぢ)、和歌文学大系21では(伊吹)としています。
(いぶき)であるとしても(息吹)では意味が通りません。

(伊吹)は伊吹山のことではなくて植物の名詞としての伊吹
(ヤマヨモギ)を指しているとのことです。(和歌文学大系21)
百人一首51番藤原実方の(さしも草)と同義。そして伊吹を息吹に
掛けていると解説されています。
ヒノキカシワのことを(伊吹)といいますが、ヤマヨモギを(伊吹)
と言うのは知りませんでした。

○風のけしき

風の吹き具合や寒暖などの状況のこと。

○秋さきだつる

まだ秋ではないのに吹いている風の中に、確かに秋を感じている
状況を言います。
五体の感覚が、自然の中で研ぎ澄まされているのでしょう。

(02番歌の解釈)

「風が吹くとまだ夏なのに秋風のように身に染みる。私の山家は
山深いので秋を先取りしているのだ。」
                (和歌文学大系21から抜粋) 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

03 道もなし宿は木の葉に埋もれぬまだきせさする冬ごもりかな
          (岩波文庫山家集92P冬歌・新潮494番)

○宿

山の中の草庵のことだと解釈できます。
十分な寝具などは、むろん無かったはずです。

○まだきせさする

「まだき」に「せさする=為さする」という言葉の複合語。
「まだき」は前述。
「せさする」は「せ+さす+る」の複合語。

「せ」は「為」の漢字を当て、サ行変格活用。動詞「す」の未然形。
「さす」は助動詞で下二段活用。多くの動詞の未然形につきます。
使役・尊敬の「さす」の連体形です。
「る」は受け身の助動詞。

混乱を招くかとも思いますので活用に触れてみます。

基本語 「さす」

させ(未然形)・させ(連用形)・さす(終止形)・さする(連体形)・
さすれ(已然形)・させよ(命令形)。

「まだきせさする」という言葉になった時には、「まだその時では
ないのに‥‥させられる」という意味になります。

「せさする」の用例は岩波文庫山家集に二例あり、もう一度は下の
詞書にあります。「新勅撰集」から補入した歌です。

      高倉院の御時、伝奏せさする事侍りけるに書き添へて
      侍りける

  跡とめてふるきをしたふ世ならなむ今もありへば昔なるべし
           (岩波文庫山家集278P補遺・新勅撰集)

もう一例、紀貫之の歌です。

 葦引の山の山もりもる山も紅葉せさする秋はきにけり
               (紀貫之 後撰集)

(03番歌の解釈)

「ここ山家においては、家はいうに及ばず道もすっかり落ち葉に
埋もれてわからなくなってしまい、まだ早いのに冬籠りをさせ
られることだなあ。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

04 行末の月をば知らず過ぎ来つる秋まだかかる影はなかりき
          (岩波文庫山家集80P秋歌・新潮356番・
                山家心中集・西行上人集)

○行末の月

これからの歳月を過ごすうちに見るであろう月のこと。

○秋まだ

「まだ」=これまでに起きていない事柄、達成されていないこと。
「また」=これまでに起きていた事々が、さらに、再び起こること。

「また」「まだ」のどちらでも意味が通じます。和歌文学大系でも
新潮日本古典集成でも「まだ」の意味が強いものとして解釈されて
います。

○かかる影

月影のこと。月光のこと。「かかる」は、「こんな・こういうような」
という意味の「斯かる」と、「空に懸かる月」の「懸かる」を掛け
合わせています。

(04番歌の解釈)

「今後どんな月を見るか知らないが、少なくともこれまでには、
こんなにも美しい秋月を見たことがなかった。」
                (和歌文学大系21から抜粋) 

「これから先、どのような名月を見るかわからないけれど、
今まで過ぎて来た秋には、このように美しい月を仰いだ
ことはかつてなかったよ。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

************************************************************

       ◆ まつめる ◆

【まつめる】

「待つ」に推量の助動詞「めり」の連体形「める」が接合した言葉。
「めり」は推定と婉曲を表しますが、それはどちらかに確実に区別
されるものとは言えません。下の歌の場合は婉曲表現というよりは、
推定の方が強いと言えるかもしれません。

「待っているだろう」という意味になります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

01 きかで待つ人思ひしれ時鳥ききても人は猶ぞまつめる
          (岩波文庫山家集45P夏歌・新潮1465番)

○きかで待つ

ホトトギスの鳴き声を聞いていないので、聞きたくて待っていること。

○人思ひしれ

ホトトギスを擬人化しています。一度もホトトギスの鳴き声を聞いた
ことがなくて、それを待ち望んでいる人の気持ちを思いやってほしい
というホトトギスに対しての願望の言葉。

(01番歌の解釈)

「一度も聞かないで待っている人の気持ちをわかって欲しい、時鳥よ。
人というのは聞いてもまだ聞きたいと待ち続けるくらいなのだから。」
                (和歌文学大系21から抜粋) 

************************************************************

       ◆ 松浦の舟 ◆

【松浦の舟】

現在の佐賀県、長崎県に渡る地域で栄えた集団に松浦党があります。
平安時代から歴史の表舞台で活躍した集団とも言えます。
松浦氏は江戸時代においても肥前の国の藩主でした。
海と隣接していたため、造船や航海術、さらには外交などにも長けて
いたようです。その松浦氏の船を言います。

「松浦佐用姫伝説」というのがあります。飛鳥朝の推古天皇時代に
新羅征討のため松浦の里に大伴氏の男が立ち寄り、彼と地元の佐用姫が
恋仲になります。
ところが新羅征討軍は新羅に向かって出港します。別れを悲しんだ
佐用姫は追えるはずもない船を追って、やがて死に至ったという
悲恋物語です。

この物語からヒントを得ての歌とも言えます。
万葉集巻五の871番前後には松浦佐用姫伝説から着想を得た歌が数首
並んでいます。

 「松浦懸佐用姫の子が領巾振りし山の名のみや聞きつつおらむ」
             (山上憶良 万葉集巻五868番)

 「遠つ人松浦佐用姫夫恋に領巾振りしより負える山の名」
             (作者不詳 万葉集巻五871番)

西行も万葉集を読んで、遠く松浦の地や松浦佐用姫伝説に思いを
はせて詠んだ一首だろうと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

01 こがれけむ松浦の舟のこころをばそでにかかれる泪にぞしる
            (岩波文庫山家集242P聞書集119番)

○こがれけむ

「思い焦がれる」の(焦がれ)と船の「艪を漕ぐ」の「漕がれ」を
掛け合わせています。

○松浦の舟のこころをば

佐用姫の心情を思って、人が人に心を委ねた果ての別離の悲しみを
慮っての言葉。

(01番歌の解釈)

「別れを悲しみ恋焦がれただろう松浦の船の中の人の心を、私の袖に
かかっている涙によって知られることだ。」
               (和歌文学大系21から抜粋) 

************************************************************ 

       ◆ ま手 ◆

【ま手】

「ま手」はこの一首のみしかありません。
左右両手のこと。「ま」は「眞袖」「真葛」などと同様に接頭語。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      賀茂ニ首

01 みたらしにわかなすすぎて宮人のま手にささげてみと開くめる
         (岩波文庫山家集225P神祇歌・新潮1525番)

○加茂

京都にある地名及び神社名です。
左京区にある下鴨神社(賀茂御祖神社)と、北区にある上賀茂神社
(賀茂別雷神社)を総称して加茂社と呼びます。
古くからの由緒ある神社であり、5月15日に葵祭りが行われます。

○みたらし

上賀茂神社を流れる小流の名称。

○わかな

1月7日の七草の儀式のために摘んだ若菜を言います。
春の七草のことで、「せり、なずな、おぎょう、はこべら、すずな、
ほとけのざ、すずしろ」の7種の植物のこと。

○みと

「御戸・御扉」のこと。

(01番歌の解釈)

「正月七日には賀茂神社境内の御手洗川で若菜を洗い清め、神官が
両手に捧げて本殿の御扉を開いて供えるように見えた。」
               (和歌文学大系21から抜粋)

************************************************************ 

       ◆ まとゐ ◆

【まとゐ】

人々が集まって車座になっての団らんのこと。円居のこと。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      水辺納凉といふことを、北白河にてよみける

01 水の音にあつさ忘るるまとゐかな梢のせみの聲もまぎれて
          (岩波文庫山家集53P夏歌・新潮231番)
 
○北白河

京都市左京区にある地名です。現在の白川通り以東、今出川通り
以北の一帯を指します。
「北白川」の地名入り詞書は岩波文庫山家集に合計4回あります。
89ページの下の歌も西行上人集では詞書に「北白川」の地名が
入っています。

    終夜秋を惜しむ

 をしめども鐘の音さへかはるかな霜にや露の結びかふらむ
          (岩波文庫山家集89P秋歌・新潮490番・
                西行上人集・山家心中集)

(01番歌の解釈) 

「ここ北白川では、涼しげな水の音に、集まった人々も暑さを
忘れてしまうことだ。梢に鳴く蝉の暑苦しい声も流れの音に
まぎれてしまって。」
            (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     かくてものがたり申しつつ連歌しけるに、扇に
     さくらをおきてさしやりたるを見て        

02-1 あづさ弓はるのまとゐに花ぞみる
      (前句、顕廣)(岩波文庫山家集259P聞書集245番)

     とりわきつくべきよしありければ

02-2 やさしことになほひかれつつ
      (下句、西行)(岩波文庫山家集259P聞書集245番)

○連歌

詩歌表現形式のひとつ。万葉集巻八の尼と大伴家持の作品が
連歌の起源ともいわれています。 

  佐保河の水を塞き上げて殖ゑし田を  (尼)
  苅る早飯(わさいひ)は独りなるべし (家持)

連歌は室町時代に流行し、江戸時代の俳諧にと発展しました。
数人で詠み合うのが普通ですが、一人での独吟、二人での両吟、
三人での三吟などもあります。

○顕廣

藤原俊成が1167年に改名するまでの名前。葉室顕頼の養子と
なって、葉室顕廣(広)と名乗っていました。
葉室家も出自は藤原氏です。

○あづさ弓

梓の木で作った弓のこと。カバノキ科の植物である梓(別名ミズメ)は
古来、呪力のある植物として信じられていて、武具としてよりも神事
に主に用いられたようです。「梓の弓をはじきながら、死霊や
生霊を呼び出して行う口寄せ」のことを「梓」ともいい、それを
執り行う巫女を「梓巫女」という、と古語辞典にもあります。
古代の素朴な民族宗教と密接に関係していた弓です。
和歌においては枕詞的に用いられ、音、末、引く、張る、射る
などに掛けて詠まれています。
万葉集にも多くの「梓弓」の歌があります。
 
○はるのまとゐ

(円居・団居) 一家の者が楽しく集まること。だんらん。車座に
なること。       
            (講談社「日本語大辞典」より抜粋)

春の日に友人たちが寄り集まって歓談する状況を指しています。
(まと)は的であり、弓の縁語です。

○とりわきつくべき

西行を名指しして、あとの句をつけるように・・・とのこと。

○やさしことに

底本では(やさし)と(ことに)の間に(き)が入っています。
岩波文庫版では(マヽ)と傍記されていて(やさししことに)と
読めます。
「やさしことに」は字足らずなのですが、梓弓の縁語仕立てに
するために意図的に(き)を傍記したものでしょう。
従ってここでは(矢差しことに・・・)の意味も含んでいます。

(02番連歌の詞書と歌の解釈)

こうして物語をしながら連歌を詠んでいる時に、扇の上に桜の
花弁をおいて、差し出したのを見て

「春の団欒に、弓張りの形の扇の的の上に、射られた矢ではなく、
花を見ることだ。」               (顕廣)

特に西行を指名して、あとの句をつけるように言われたので

「風雅なことには出家後もなを変わらずに引かれている」(西行)
   (和歌文学大系21及び渡部保氏著「西行山家集全注解」を
       参考にしています。) 

************************************************************

  (後記)

     六月祓
みそぎしてぬさとりながす河の瀬にやがて秋めく風ぞ凉しき
         (岩波文庫山家集55P夏歌・新潮253番)

     山居のはじめの秋といふことを
秋たつと人は告げねど知られけり山のすそ野の風のけしきに
         (岩波文庫山家集55P秋歌・新潮255番・
            西行上人集追而加書・西行物語)

すでに6月30日の夏越しの祓の日も過ぎました。
夏を越えれば次は秋なのですが、今年はなんと5月が閏月。本日7月
2日は旧暦閏5月9日。むろん新暦と旧暦の違いによるものですが、
夏が終わっても立秋は一か月以上先の8月7日。夏が終わったのに
秋にならないという宙ぶらりんな1か月以上が続くことになります。
まだ本格的な夏が来ないうちに本来は秋の行事である七夕ももう
すぐ。新暦旧暦の違いを超えて、妙な感覚を味わいます。夏は
終わったけど、これから来る暑さ厳しい夏、ご自愛念じあげます。

眼の手術のために西行辞典は二か月間ほどお休みします。次回発行は
9月に入ってからになるのではないかと思います。
ご了解願いあげます。

************************************************************

■  登録/解除の方法
  http://www.mag2.com/m/0000165185.htm

 ◎ メールマガジン「西行辞典」 は、
   上記URLよりいつでも登録及び解除が可能です。

■ ご要望、ご意見は下記アドレスまで。
  siokaze308@yahoo.co.jp

=============================

  ◎ 「西行辞典」第351号 2017年07月02日発行 

  ◎ 発行責任者 阿部 和雄
   http://sanka11.sakura.ne.jp/

  ◎ 発行システム インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
     利用させていただいています。
   『まぐまぐ』 URL: http://www.mag2.com/

=============================

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/07/02
部数 128部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

西行辞典

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/07/02
部数 128部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者6000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

「竹中亮祐」×「長倉顕太」 海外で自由な生活をしながら1億稼ぐ方法
20代で国内外で5社経営している実業家・投資家、著者であり、シンガポール在住の竹中亮祐と、東京とサンフランシスコの間でデュアルライフを送っていおり、手掛けた書籍は1100万部以上のパブリッシャー長倉顕太の2人が海外にいながら1億稼ぐための最新のビジネスノウハウを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2017年に7000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億2000万円に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング