奈良まほろば館「まほロバの耳」

奈良まほろば館メールマガジン第138号


カテゴリー: 2017年02月21日
奈良まほろば館メールマガジン

ま_/ほ_/ロ_/バ_/の_/耳_/!_/

□◆◇■ 第138号  (毎月21日発行)  ■◇◆□

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
☆これから3月にかけてのイベント案内
― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

■切り絵で見る奈良の仏像と伝統行事
 3月1日(水)~3月10日(金)
 全国にある国宝彫刻のうち、約半数も存在する奈良。そのほとんどは仏像が指定を受けています。奈良にある仏像にはそれぞれ特徴があり、穏やかな表情でやわらかな雰囲気の仏像、悪を払う怒りの形相の仏像など、表情だけでも一つとして同じものはありません。
また、奈良には脈々と受け継がれてきた数々の伝統行事が存在します。伝統行事の中には、季節の節目を感じさせてくれるものもあり、県内各地で大切にされてきました。
 本イベントでは、主にモノトーンで表現される切り絵により、奈良の仏像や奈良の伝統行事をご紹介します。写真とは異なる、細かく繊細な美しさを持つ切り絵作品で新たな奈良の魅力をご体感ください!(本イベントは2階で開催いたしますが、講演・講座の開催中は会場にお入りいただくことができませんので、あらかじめご了承願います。)


■阿倍仲麻呂“遣唐”1300年記念プロジェクト原画・パネル展
 3月2日(木)~3月14日(火)
 それでも日本人は唐に行かなければ──
 命を危険にさらしながらも、青海原を越えた遣唐使たち。彼らはどのような使命を胸に抱き、日本に何をもたらしたのでしょう。
 阿倍仲麻呂が唐に派遣されて1300年の今年、奈良県では阿倍仲麻呂"遣唐"1300年記念プロジェクトを展開しています。
 今回、阿倍仲麻呂の生涯をやさしく伝える伝記絵本『天の原ふりさけみれば 日本と中国を結んだ遣唐使・阿倍仲麻呂』の表紙原画と本文イラストのパネル展示や、若き阿倍仲麻呂が遣唐使として出立するまでの人間模様を描いたオリジナル映像『三笠の山にいでし月かも』の放映など、遣唐使についてわかりやすくご紹介します。また、平城宮跡歴史公園の整備状況なども合わせてご紹介します。


■「大和の近世城郭 郡山城 きらめく瓦・かがやく城」
~“幻の天守”跡ついに発見!豊臣兄弟の夢は?~
 3月16日(木)~3月28日(火)
 奈良県の北部に位置する大和郡山市。“平和のシンボル、金魚が泳ぐ城下町。”を市のキャッチフレーズとし、全国金魚すくい選手権も開催されています。また、豊臣秀吉の弟・秀長が築城した郡山城があり、春には桜が咲き誇ります。
 築城から400年を超え、崩れかけた石垣を修復し、天守台からの眺望を楽しむためにはじまった郡山城展望施設整備事業。発掘調査や石垣の解体修理によってたいへんな事実が明らかになりました。これまで謎に包まれていた郡山城の天守。発掘によって礎石や金箔瓦がみつかり、実在したことがはじめて確認されました。つくられた時期は、豊臣の時代。全国的にも資料が少ない豊臣期の天守や築城技術など郡山城の魅力を紹介します。


■橿原神宮 ~ようこそ、日本のはじまりへ~
 3月30日(木)~4月11日(火)
 奈良県中部に位置する橿原市。橿原市にある畝傍山(うねびやま)東南の地は、日本のはじまりの地であると言われています。橿原神宮は橿原市の南部に位置し、政(まつりごと)によってはじめて国を治めた第一代天皇神武天皇がお祀りされています。
 本展示では、神武天皇が国を治める為に九州日向国(ひむかのくに)・高千穂の宮から国の中心地である大和国(やまとのくに)・橿原の地を目指した『神武東遷』(じんむとうせん)について、また、神武天皇が即位された地に明治23年に創建された橿原神宮の成り立ちについてご紹介します。


※イベントの詳細は、奈良まほろば館のホームページで随時案内いたします。
※都合により、イベント内容に変更が生じる場合があります。
※各展示の最終日は閉館時間前に終了することがあります。ご了承願います。


― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
☆奈良まほろば館 講演&講座案内
― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

《NEW》
■女子目線で語る!維新のさきがけ天誅組終焉の地・東吉野
 「天誅組」とは、動乱の幕末期、尊皇攘夷と政治の抜本的な改革のために大和で蜂起した若者たちを中心とする集団です。文久3年(1863)8月。土佐脱藩吉村虎太郎、刈谷脱藩松本奎堂(けいどう)、備前脱藩藤本鉄石らを中心とし、五條の代官所を襲撃したことに始まりました。代官所轄の約8万石の領地を朝廷直轄地と定めて、「五條御政府」という新しい政治機関を置いたことから、のちに天誅組が「明治維新の魁」と評される由縁になっています。
 しかしながら、京都での政変により、わずか一日にして天誅組は朝廷の賊軍となり、幕府の追討軍から追われる立場になり、東吉野村で事実上壊滅しました。
 欲得を捨て、己の信念のみで散っていった天誅組の志士たちの揺るぎない信念と無私の精神に、私たちも学ぶことがあるのではないでしょうか。
【後援】吉野町、東吉野村

1.日  時:平成29年2月24日(金) 17:00~18:30
2.講  師:松風 みあみ 氏(天誅組緋楓隊隊長)
       古賀 文子 氏(吉野町地域おこし協力隊)
3.会  場:奈良まほろば館2階
4.資料代等:無料
5.定  員:70名(先着順)
※申込方法は【お申込について】をご覧ください。


《NEW》
■平成29年 なら学東京講座 第3回
 古都奈良と戦争-歓楽街をめぐる地域社会の対応-
 奈良女子大学文学部なら学プロジェクトのスタッフによって毎年東京で開催されてきました連続講座を、平成24年度より奈良女子大学公開講座として奈良まほろば館で開講しています。 
 「奈良」への深い視点と新しい視点。その不思議な魅力にぜひ触れてみてください。 

1.日  時:平成29年3月4日(土) 14:00~(1時間半程度)
2.演  題:「古都奈良と戦争-歓楽街をめぐる地域社会の対応-」
 「奈良は古都だから、戦争の影響はほとんどなかった」とよく言われます。しかし、本当にそうだったのでしょうか。終戦直後、奈良市内にも連合国軍が進駐してきました。その後朝鮮戦争が始まると、戦場に赴く国連軍(おもに米軍)兵士たちの一時帰休用施設が市内に設置され、施設周辺はあっという間にネオンが瞬く歓楽街へと変貌しました。歓楽街は地域社会にどのような影響をもたらしたのでしょうか。地域の住民たちはどのように受けとめ、どう対処しようとしたのでしょうか。戦争とは決して無関係ではなかった古都奈良の歴史がありました。
3.講  師:吉田 容子 氏(研究院人文科学系人文社会学領域教授)
4.会  場:奈良まほろば館2階
5.資料代等:無料
6.定  員:70名(先着順)
※申込方法は【お申込について】をご覧ください。


《NEW》
■奈良の仏像切り絵体験講座
 奈良の仏像や伝統行事について、切り絵作品を用いてご紹介します。
 本講座では、仏像の切り絵を解説した「心を整える 仏像の切り絵ブック」を題材に、切り方からわかり易く講習しますので、切り絵が初めての方にも楽しんでいただけます。
 切り絵道具はお貸しします。

1.日  時:平成29年3月8日(水)(各部とも2時間程度)
        第1部14:00~ 第2部19:00~
            ※第1部と第2部は同じ内容です。
2.講  師:西村 幸祐 氏(切り絵作家)
3.会  場:奈良まほろば館2階
4.材料費等:2,000円
      (資料、サイン入り「心を整える 仏像の切り絵ブック」、スタンド付きフレーム含む)
5.定  員:20名(各部とも先着順)
※申込方法は【お申込について】をご覧ください。


《NEW》
■第27回 丹生川上神社下社 講演会
 奈良県吉野郡下市町にある「丹生川上神社下社(にうかわかみじんじゃしもしゃ)」は、奈良時代から続く“日本最古の水の神様”として慕われています。
 鬱蒼とした森の中に本殿があり、拝殿と本殿を結ぶ急な階段“階(きざはし)”は、まさに“神様への階段”と呼ぶにふさわしい迫力ある姿を見せています。この階段が使われるのは毎年6月1日の「雨乞いの例祭」の時だけ。このように“水”と深い関係のある神社、丹生川上神社下社による第27回講演会を開催します。(第1~26回に参加していない方も参加できます。)

1.日  時:平成29年3月9日(木)14時00分~(1時間程度)
2.講  師:皆見 元久 氏(丹生川上神社下社 宮司)
3.会  場:奈良まほろば館2階
4.資料代等:無料
5.定  員:70名(先着順)
※申込方法は【お申込について】をご覧ください。


《NEW》
■まほろばソムリエの深イイ奈良講座
 NPO法人奈良まほろばソムリエの会より講師にお出でいただき、奈良の魅力を色々な切り口で楽しく語っていただきます。
 世阿弥は、大和猿楽四座の結崎座からうまれた観世座の始祖とされる観阿弥(かんあみ)の息子として生まれ、足利義満の庇護を受け父・観阿弥とともに能楽を大成したとされています。
  世阿弥は、奈良に非常に深いゆかりのある人物です。この世阿弥の数奇に満ちた生涯と、奈良の世阿弥ゆかりの地をご紹介します。 

1.日  時:平成29年3月11日(土)14:00~(1時間半程度)
2.演  題:「世阿弥と奈良」
3.講  師:大山 恵功 氏
              NPO法人奈良まほろばソムリエの会 啓発グループ担当理事
4.会  場:奈良まほろば館2階
5.資料代等:500円(※当日受付にて申し受けます。)
6.定  員:70名(先着順)
※申込方法は【お申込について】をご覧ください。


《NEW》
■奈良の醤油屋祭り「マイ醤油作り教室」
-自分だけの醤油を作ってみましょう!しょうゆ好き集まれ~-
 かつて全国に杉桶の材料を供給した奈良県には、原料から一貫生産する自家醸造の蔵が今も多く残り、それぞれの蔵独自の風味、味わいを醸しています。
 本講座では、しょうゆの奥深さ、美味しさを再発見してもらおうと奈良の醤油屋が醤油作り教室を開催します。自分だけのマイしょうゆを作りませんか。本職の醤油屋が徹底サポート、レクチャーしますので、安心して受講いただけます。

★マイ醤油作りのお楽しみ
・自分だけの醤油を仕込みます。
・材料や醤油の発酵管理・搾り方が分かるマニュアルなど、すべて主催者で用意。
・しょうゆ物知り博士教室も開催。
・奈良県産ミニボトル醤油のお土産。

1.日  時:平成29年3月19日(日) 13:00~(2時間程度)
2.会  場:奈良まほろば館2階
3.材料費等:マイしょうゆ仕込み1本 3,000円(※当日受付にて申し受けます)
       2本以上仕込む方は、1本につき追加 1,500円
 ※追加仕込は希望総数が50本に達するまで先着順で受付。
 ※醤油麹、仕込塩水、仕込容器、発酵の種もろみ、発酵熟成後の搾り布等、必要な物は主催者で準備します。
 ※1本500ccのマイ醤油ができます。
4.定  員:30名(先着順)
5.申込方法:
 ・ハガキまたはFAX
 必要事項(講演名・講演日時・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館あてご送付ください。  ※追加をご希望される方は、必ず「本数」をお書き下さい。
 ・ホームページ
 奈良まほろば館のホームページ(URL:http://www.mahoroba-kan.jp)にアクセスいただき、「講座案内」の「申込フォーム」からお申込ください。
 ※追加をご希望される方は、補足欄に必ず「本数」を入力して下さい。
6.申込締切:平成29年3月12日(日)
       ※定員に達した場合はその時点で申込を締め切ります。


《NEW》
■郡山城 幻の天守を探る
 これまで謎に包まれていた郡山城の天守。しかし、天守台整備事業に伴う発掘や石垣の解体から、豊臣政権期に天守が実在したことが明らかになりました。
 本講演では、これまでの調査成果を踏まえた天守の実態に迫るお話をしていただきます。

1.日  時:平成29年3月20日(月・祝)(各部とも1時間半程度)
        第1部11時00分~ 第2部16時00分~
        ※第1部と第2部は同じ内容です。
2.講  師:服部 伊久男 氏(大和郡山市教育委員会生涯学習課文化財係長)
3.会  場:奈良まほろば館2階
4.資料代等:無料
5.定  員:各部とも70名(先着順)
※申込方法は【お申込について】をご覧ください。


《NEW》
■第25回奈良・シルクロードの会講演会
~シルクロードから奈良に伝わった組紐について~
  組紐の「ムスビ」や「時空をつなぐ」イメージに注目したアニメ「君の名は」のヒットで、組紐に若い人の関心が高まっています。
 法隆寺・正倉院は古代組紐の宝庫で、そのルーツをシルクロードや中国にたどります。
 その後今日まで、日本の組紐は独自の技術革新をなし、世界に類を見ない発展を遂げました。
 今回の講演では日本での大きな進化の一部もご覧ください。

1.日  時:平成29年3月20日(月・祝) 14:00~(1時間半程度)
2.会  場:奈良まほろば館2階
3.講  師:道明 三保子 氏(学校法人文化学園 文化学園大学 名誉教授)
4.資料代等:500円(当日受付にてお支払いください。)
5.定  員:70名(先着順)
※申込方法は【お申込について】をご覧ください。


【お申込について】
○申込方法:
 ・ハガキまたはFAX
 必要事項(講演名・講演日・希望時間(部:1日に複数部開催の場合のみ)・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・FAX番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
 ・ホームページ
 奈良まほろば館のホームページ(URL:http://www.mahoroba-kan.jp)にアクセスいただき、「講座案内」の「申込フォーム」からお申込ください。

○お問い合わせ先:
奈良まほろば館 【開館時間】10:30~19:00
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-6-2 奈良まほろば館2階
TEL:03-3516-3931 / FAX:03-3516-3932

※受講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。
※上記以外の講演については、奈良まほろば館のホームページで随時ご案内いたします。
※都合により、講演内容に変更が生じる場合があります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆★☆★ 編集後記 ★☆★☆★☆
 まだまだ寒さが厳しいですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。奈良では梅の花が咲き始め、徐々に春が近づいてきていることを感じさせてくれています。
 さて、3月の奈良まほろば館では、3月2日(木)から3月14日(火)の間、奈良県で進めている「阿倍仲麻呂"遣唐"1300年記念プロジェクト」をご紹介する展示を開催いたします。本イベントでは、阿倍仲麻呂の生涯を描いた絵本原画や阿倍仲麻呂に関するオリジナル映像『三笠の山にいでしつきかも』の放映など、遣唐使についてわかりやすくご紹介します。
 ぜひこの機会に奈良まほろば館へお越しください!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関 連 リ ン ク
★奈良県情報・・・奈良県の情報がいっぱい
 http://www.pref.nara.jp/
★奈良県観光情報・・・奈良県県内観光情報がいっぱい
 http://yamatoji.nara-kankou.or.jp/
★日本アーカイブス~美しき日本・奈良県~
 http://nara.utsukushiki-nippon.jp/
★まち楽-奈良編-
 http://event.rakuten.co.jp/area/nara/tieup/
★風土47・・・都内にある都道府県アンテナショップのポータルサイト
 http://www.antennashop.jp/
★JR東海 うましうるわし奈良
 http://nara.jr-central.co.jp/index.html

====================================================
発行:奈良まほろば館                       
   〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1丁目6番2号
   TEL 03-3516-3931
   FAX 03-3516-3932
   Mail mahorobakan@office.pref.nara.lg.jp
   公式HP http://www.mahoroba-kan.jp/ 
   公式フェイスブックhttps://www.facebook.com/naramahorobakan
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

奈良まほろば館「まほロバの耳」

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/06/21
部数 2,902部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

奈良まほろば館「まほロバの耳」

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/06/21
部数 2,902部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

楽しく幸せな会社組織づくりのすすめ
組織変革コンサルタントが語る楽しく幸せな会社組織づくり・社員育成実践テクニックをご紹介。社員数名~100名前後の中堅・中小企業オーナー社長や経営層・人事部・管理職・仕事の幅を広げたいフリーランス・士業の方は必見! 社員の主体性や部門間の連携力を高める効果的なコーチング・研修・ワークショップなど具体的な打ち手も解説します。また自社で取り組んでいる管理・評価・指示命令が不要な新世代型の組織運営法「びりかん式経営」についてもご紹介していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年5月現在8900人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額1000億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
経営コンサルタントが実践から得た経験や知恵を基に、経営に役立つ「本日の経営者への一言」と、実際にあった話を基に実名を出さずに「実話風読物(カードローン取立との戦い等)」に仕立てた読物との2部構成で綴られたメルマガです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング