奈良まほろば館「まほロバの耳」

奈良まほろば館メールマガジン第137号


カテゴリー: 2017年01月21日
奈良まほろば館メールマガジン

ま_/ほ_/ロ_/バ_/の_/耳_/!_/

□◆◇■ 第137号  (毎月21日発行)  ■◇◆□

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
☆これから2月にかけてのイベント案内
― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

■漢方薬ゆかりの地 奈良~森野藤助賽郭と森野旧薬園、そして現在の薬草への取組~
 1月26日(木)~1月31日(火)
 奈良県では漢方について、飛鳥・奈良時代にまで遡る歴史的・文化的厚みや、地場産業として配置薬業が発展してきた他府県にはない特徴があります。
 なかでも、今から250年前に初代森野藤助賽郭が拓いた森野旧薬園(奈良県宇陀市)は、現存する日本最古の私設薬用植物園で、貴重な植物資源を今に伝えています。生薬は人が健やかに暮らすために必要なものであり、人を幸せにするものです。薬用植物を誰よりも大切にした藤助の想いや活動を広くパネル・DVDなどで紹介し、「知る、考える、創る」で地域の活性化の機会とします。
 また、今回は、大和ハーブフェアと題し、「奈良県漢方のメッカ推進協議会」関連企業により開発された商品を限定販売致します。薬草が身近に感じられる機会になりますので、是非お立ち寄りください。


■薬師寺花会式~春のお告げ~
 2月2日(木)~2月14日(火)
 煌びやかで美しい白鳳伽藍や漆黒に輝く薬師三尊像などで有名な法相宗大本山 薬師寺。薬師寺では毎年3月下旬に「花会式[はなえしき]」(正式には修二会[しゅにえ])と呼ばれる一大行事行われています。この行事では十種の造花(梅、桃、桜、山吹、椿、牡丹、藤、百合、杜若、菊)がご本尊に備えられるところから、「花会式」と呼ばれ、奈良に春を告げる行事として親しまれています。
 「花会式」の由来は、1107年、堀河天皇が皇后の病気平癒を本尊薬師如来に祈られ、無事快復された皇后が十種類の造花をお供えになったことによるとされています。
 本イベントでは「花会式」を中心にパネル展示、映像上映等で薬師寺の魅力をご紹介します。


■大和地蔵十福霊場巡り
 2月16日(木)~2月28日(火)
 奈良県内の魅力ある地蔵菩薩を安置する十ヵ寺の地蔵尊を巡拝することで福徳が授かる「大和地蔵十福」。
 地蔵十福とは、地蔵本願経や延命地蔵経で説かれており、十ヵ寺の地蔵尊を巡拝・満願すれば、「女人泰産(健康で聡明な子供の安産が叶います)」、「身根具足(健全な心と身体を授けてくださいます)」など、十の福が授かります。
 十ヵ寺の地蔵菩薩はそれぞれ特徴があり、その内八ヵ寺の地蔵菩薩は、国の重要文化財に指定されています。今回は、これらありがたいご利益を授けてくださる十ヵ寺のすばらしい仏様をご紹介するとともに、ゆっくり巡礼していただくための奈良県内の旅館・ホテル情報をご案内します。


■ブリーフガイド 特別陳列 「ヤマトの戦士-古墳時代の武器・武具-」&「さわって体感考古学!」
2月18日(土)~2月26日(日)
 古墳時代、ヤマト王権を中心に日本列島の政治的統合が急速に進みます。
 そうした中、鉄製を中心とする武器・武具は飛躍的な発展を遂げ、副葬品の上でもその存在が顕著となります。武器は渡来技術を含む最先端の技術で製作され、科学技術の結晶と言えます。王権中枢に位置する奈良県の古墳からは当時の最先端のものを含む優秀な武器・武具が多数出土しています。
 ブリーフガイドでは奈良県出土の古墳時代武器・武具をご紹介します。
(本展は、奈良県立橿原考古学研究所附属博物館で行われます。奈良まほろば館ではパネルによる展示となります。本イベントは2階で開催いたしますが、講演・講座の開催中は会場にお入りいただくことができませんので、あらかじめご了承願います。)


※イベントの詳細は、奈良まほろば館のホームページで随時案内いたします。
※都合により、イベント内容に変更が生じる場合があります。
※各展示の最終日は閉館時間前に終了することがあります。ご了承願います。


― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―
☆奈良まほろば館 講演&講座案内
― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

■手軽に気軽に、奈良の食と漢方
 「漢方」は、1400年前に推古天皇が奈良で薬狩りをしたとの説もある我が国の伝統医療です。奈良県では「漢方のメッカ推進プロジェクト」も立ち上がり、新たな商品開発などの動きもあります。漢方に関わる食材は今も奈良にあり、美味しく食べる工夫が始まったのも奈良時代と言われています。
 漢方の考え方は、肩こり、冷え性など病気の前の状態「未病」の段階での手当が大事。漢方の起源や奈良との関わりに触れながら、これまでの漢方のお話とは違った視点で、日常への取り入れ方や食との関連についてのお話をして頂きます。[「漢方薬ゆかりの地 奈良~森野藤助賽郭と森野旧薬園、そして現在の薬草への取組~」イベント連携講演です。]

1.日  時:平成29年1月27日(金) 14:00~15:30
2.講  師:海豪 うるる 氏(料理研究家、奈良市観光大使、地方創生クリエイター)
<講師プロフィール>
故郷の奈良の活性と魅力の発信を様々なテーマで行っている。2016年は建築家の隈健吾氏や中田英寿氏ら各界で活躍するメンバーが会したイベント「飛鳥デザインウィーク」の総合プロデューサーを務め、漢方のセッションも扱う。主な著書に、脳科学者の茂木健一郎氏と共著した『脳を幸せにするレシピ』、食による街興しで世界的に有名になったサンセバスチャンを取り上げた『本場の人気バル直伝!ピンチョスレシピ』(いずれもPHP研究所)がある。
3.会  場:奈良まほろば館2階
4.資料代等:無料
5.定  員:70名(先着順)
※申込方法は【お申込について】をご覧ください。


■まほろばソムリエの深イイ奈良講座
~今どき・奈良の都の歴史散歩~
 NPO法人奈良まほろばソムリエの会より講師にお出でいただき、奈良の魅力を色々な切り口で楽しく語っていただきます。

 奈良市の観光は、平城京1300年の歴史と伝統的に基づく寺社観光が中心とされています。そのイメージで奈良を見、奈良市を訪れる旅行者が多いでしょう。
 しかし、現在、伝統を活かしながらも新しい装いで観光客を迎えています。奈良市内の自然や街並み、奈良公園の花木もまた、素晴らしい観光ポイントになっています。
 それらの現代の奈良の都の観光のエッセンスをまとめて解説します。

1.日  時:平成29年1月29日(日)14:00~(1時間半程度)
2.講  師:前田 康一 氏
<講師プロフィール>
NPO法人奈良まほろばソムリエの会会員。1944年1月、北海道生まれ。1973年より奈良市内に居住。2011年より、なら・観光ボランティアガイドの会に所属。その後、奈良まほろばソムリエの会にも所属。現在は、奈良市内での観光ガイド活動のほか、ソムリエの会の講座グループで奈良検定受験講座の講師や公民館講座活動を担当。
3.会  場:奈良まほろば館2階
4.資料代等:500円(※当日受付にて申し受けます。) 
5.定  員:70名(先着順)
※申込方法は【お申込について】をご覧ください。


■薬師寺法話会(全3回)
 薬師寺では毎年3月下旬に「花会式[はなえしき]」(正式には修二会[しゅにえ])と呼ばれる一大行事行われています。この行事では十種の造花(梅、桃、桜、山吹、椿、牡丹、藤、百合、杜若、菊)がご本尊に備えられるところから、「花会式」と呼ばれ、奈良に春を告げる行事として親しまれています。
 奈良まほろば館では、2月2日(火)から2月14日(木)にかけて、「薬師寺花会式~春のお告げ~」と題して、薬師寺花会式をご紹介する展示イベントを開催いたします。この開催を記念して、薬師寺から講師をお招きし、下記のとおり法話会を開催いたします。[「薬師寺花会式~春のお告げ~」イベント連携講演です。]

※1回だけの受講も可能です。

1.日時、講師、演題 ※2部制の講演は第1部、第2部ともに同内容です。
 第1回 平成29年2月4日(土) 
     第1部13:00~ 第2部15:00~(各部1時間程度)
     薬師寺 加藤 大覚 師
     「不思議なお経 薬師悔過」
 第2回 平成29年2月6日(月)
     第1部14:00~ 第2部16:00~(各部1時間程度)
     薬師寺 生駒 基達 師
     「花会式 薬師悔過」
 第3回 平成29年2月13日(月) 13:00~(1時間半程度)
     薬師寺 小林 澤應 師
     「佛法に学ぶさわやかな生き方」
2.会  場:奈良まほろば館2階
3.資料代等:無料
4.定  員:各回とも70名(先着順)
※申込方法は【お申込について】をご覧ください。


■連続講演「世界遺産『吉野大峯』の信仰と修行」(全5回)
~第5回 大峯奥駈修行の醍醐味~
 奈良県吉野山の金峯山寺をはじめとする文化遺産によって構成される世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」は、修験道などの儀礼や修行が今なお生き続けていることが世界遺産として大きな価値となっています。
 本連続講座では紀伊山地の霊場と参詣道の信仰世界と修行の実態をご紹介し、吉野大峯の歴史や文化を体感していただきます。

1.日  時:平成29年2月10日(金)17:00~18:30
2.講  師:川畑 妙仁 師(金峯山教学部長)
3.会  場:奈良まほろば館2階
4.資料代等:無料
5.定  員:70名(先着順)
※申込方法は【お申込について】をご覧ください。


■日本のはじまりの地 奈良県桜井市に暮らす~移住定住セミナー~
 奈良県桜井市は卑弥呼の都かと言われる纒向遺跡をはじめ、日本最古の神社・大神神社、日本最古の道「山の辺の道」など、古くから日本の中心地であり、政治や文化の発祥の地でもありました。そんな桜井市に実際に住むお二人をゲストに、桜井の魅力や暮らしについてお話いただきます。地元民だから話せる隠れたオススメなどの紹介も予定しています。

1.日  時:平成29年2月11日(土・祝) 13:30~15:30
2.内  容:
 ・日本のはじまりの地・奈良県桜井市の魅力~地元住民によるトーク
 ・桜井市のPR、施策の紹介
 ・移住体験ツアーのお知らせ
3.講  師:門脇 秀樹 氏(桜井市出雲区長、相撲開祖野見宿禰顕彰会)
       坂本 美和 氏(桜井市初瀬在住、初瀬わらしべ長者物語実行委員会)
4.会  場:奈良まほろば館2階
5.資料代等:無料
6.定  員:70名(先着順)
※申込方法は【お申込について】をご覧ください。


《NEW》
■大和地蔵十福 法話会(全4回)
 奈良県内の魅力ある地蔵菩薩を安置する十ヵ寺の地蔵尊を巡拝することで福徳が授かる「大和地蔵十福」。地蔵十福とは、地蔵本願経や延命地蔵経で説かれており、十ヵ寺の地蔵尊を巡拝・満願すれば、「女人泰産(健康で聡明な子供の安産が叶います)」、「身根具足(健全な心と身体を授けてくださいます)」など、十の福が授かります。十ヵ寺の地蔵菩薩はそれぞれ特徴があり、その内八ヵ寺の地蔵菩薩は、国の重要文化財に指定されています。
 奈良まほろば館では、2月16日(木)から2月28日(火)にかけまして、「大和地蔵十福」十ヵ寺をご紹介する展示イベントを開催いたします。この開催を記念して、これら魅力ある地蔵菩薩を安置する寺院より講師をお招きし、下記のとおり法話会を開催いたします。[「大和地蔵十福霊場巡り」イベント連携講演です。]

※1回だけの受講も可能です。

1.日時、講師、演題  ※各回とも14時00分~(1時間半程度)
 第1回 平成29年2月16日(木)
      帯解寺 住職   倉本 堯慧 師
     「お地蔵様のご利益」 
 第2回 平成29年2月19日(日)
            室生寺 教務執事 網代 裕康 師
     「僧に化けた菩薩」
 第3回 平成29年2月24日(金)
            十輪院 住職   橋本 純信 師
     「臨床宗教師が語る四次元の世界」
 第4回 平成29年2月26日(日)
            福智院      阪井 慈眼 師
     「おじぞうさん」
2.会  場:奈良まほろば館2階
3.資料代等:無料
4.定  員:各回とも70名(先着順)
※申込方法は【お申込について】をご覧ください。


《NEW》
■「特別陳列『さわって体感考古学!』&『ヤマトの戦士-古墳時代の武器・武具-』」見どころ案内
 奈良県立橿原考古学研究所附属博物館で開催される「さわって体感考古学!」、「特別陳列『ヤマトの戦士-古墳時代の武器・武具-」にあわせて、奈良まほろば館でもこの展覧会を紹介するパネル展示を行います。また、「さわって体感考古学!」の企画を担当した奈良県立橿原考古学研究所附属博物館の 北井 利幸 氏から、本展の見どころ解説を行っていただくとともに、企画から開催に向けての裏話等をお話しいただきます。[ブリーフガイド「特別陳列『ヤマトの戦士-古墳時代の武器・武具-』&『さわって体感考古学!』」イベント連携講演です。]

1.日  時:平成29年2月18日(土)
       第1部 13時00分~/第2部 15時30分~(各部1時間半程度)
       ※第1部と第2部は同じ内容です。
2.講  師:北井 利幸 氏(奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 主任学芸員)
3.会  場:奈良まほろば館2階
4.資料代等:無料
5.定  員:各部とも60名(先着順)
※申込方法は【お申込について】をご覧ください。


【お申込について】
○申込方法:
 ・ハガキまたはFAX
 必要事項(講演名・講演日・希望時間(部:1日に複数部開催の場合のみ)・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・FAX番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
 ・ホームページ
 奈良まほろば館のホームページ(URL:http://www.mahoroba-kan.jp)にアクセスいただき、「講座案内」の「申込フォーム」からお申込ください。

○お問い合わせ先:
奈良まほろば館 【開館時間】10:30~19:00
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-6-2 奈良まほろば館2階
TEL:03-3516-3931 / FAX:03-3516-3932

※受講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。
※上記以外の講演については、奈良まほろば館のホームページで随時ご案内いたします。
※都合により、講演内容に変更が生じる場合があります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆★☆★ 編集後記 ★☆★☆★☆
 明けましておめでとうございます。本年も奈良まほろば館をどうぞよろしくお願いいたします。お正月は快晴に恵まれ、良い休日を過ごされた方も多いのではないでしょうか。
 さて、2月の奈良まほろば館では、2月2日(木)から2月14日(火)の間、薬師寺花会式をご紹介する展示を開催いたします。この行事では十種の造花を用いて法要が行われ、奈良に春を告げる大変華やかな行事として有名です。
 奈良まほろば館で展示をご覧いただき、3月下旬の花会式を拝観しにぜひ奈良へお越しください!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関 連 リ ン ク
★奈良県情報・・・奈良県の情報がいっぱい
 http://www.pref.nara.jp/
★奈良県観光情報・・・奈良県県内観光情報がいっぱい
 http://yamatoji.nara-kankou.or.jp/
★日本アーカイブス~美しき日本・奈良県~
 http://nara.utsukushiki-nippon.jp/
★まち楽-奈良編-
 http://event.rakuten.co.jp/area/nara/tieup/
★風土47・・・都内にある都道府県アンテナショップのポータルサイト
 http://www.antennashop.jp/
★JR東海 うましうるわし奈良
 http://nara.jr-central.co.jp/index.html

====================================================
発行:奈良まほろば館                       
   〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1丁目6番2号
   TEL 03-3516-3931
   FAX 03-3516-3932
   Mail mahorobakan@office.pref.nara.lg.jp
   公式HP http://www.mahoroba-kan.jp/ 
   公式フェイスブックhttps://www.facebook.com/naramahorobakan
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ついでに読みたい

奈良まほろば館「まほロバの耳」

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/03/21
部数 2,899部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年1月現在8400人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額900億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 テリー伊藤のまる金ライダー8に毎週、代表の峯島がコメンテーターでレギュラー出演中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

へなちょこ社長中松のだるだる日記
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング