マイカーを持つ人におくる、☆脱しろうと☆ のススメ

【段チリ(建付け)】 マイカーを持つ人におくる、☆脱しろうと☆ のススメ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆ マイカーを持つ人におくる、★脱しろうと★ のススメ
★☆
☆    2015年1月21日(水) <Vol.151>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★2014年まぐまぐ大賞「クルマ・バイク部門 第5位入賞」をいただきました★


◆レイアウトが大きく崩れている方へ

このメルマガはPC、スマートフォン、一般的な携帯電話など、様々な環境下で閲覧される事を前提に、改行無しで作成しております。
様々な環境下で完璧なレイアウトというのは存在していませんので見にくい箇所があるとは思いますが、可能な限りレイアウトが崩れにくい工夫を施していますので、何卒ご了承ください。

登録後初めて配信された方!また、メルマガのバックナンバーをご覧の方!
これも何かのご縁だと思います♪
あなたのカーライフを徹底的にサポートさせていただきますので、どうぞ末永いお付き合いを心よりお願い申し上げます (*- -)(*_ _)ペコリ


<本日の目次>

1.前述
2.本編: 外観編 その6 ~ 段チリ(建付け) ~
3.プロへの軌跡と奇跡 「ターニングポイント」第3章 28軌跡目
4.編集後記
5.★ 維持費削減への第一歩!下げれるコストは下げましょう ★
6.バックナンバー一覧
7.☆ホームページ更新情報☆
8.お知らせ+相互紹介のコーナー
9.裏編集後記


□ ■ □  前 述  □ ■ □


あっという間に年末年始が通り過ぎた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

改めまして、今号からご購読の皆様はじめまして m(_ _"m)

12月初旬から中旬まで初めての海外出張を終え、そのまま年末年始と慌ただしく過ごし、気が付いたらもう1月が結構終わってるじゃないか!カーライフプロデューサーことテルです (T_T)

これがテルです⇒ http://www.carlifesupport.net/self%20profile.html

当初の予定では、海外出張先でそこそこ暇になりそうだったので、持ち込んだノートPCを使ってメルマガを書き、

「何と今回はイギリスから発行しています!!!」

みたいなカッコいい事を企てていたのですが…。

思った以上にハードでした (ーー;)

仕事も相当な集中力がいる事ばかりを担っていましたので、もちろん相応に疲れは溜まります。これが日本なら大した事が無かったと思うのですが、とにかく英語なんて高校の授業以来触れるようなレベルでストレスは溜まるし、食事は想像を超えるアンマッチ(味がない!?)、震えるような物価高、Wi-Fiの電波が著しく弱い、そして極めつけにウォシュレットが無い(これは本当に深刻です)という生活を2週間過ごして来ましたので、とてもメルマガを執筆する体力&モチベーションは残っていませんでしたね…。

そんな感じで12月中旬に帰国し、時差ボケ+変なテンションのまま師走の多忙期に職場復帰。
もう浦島太郎状態でテンヤワンヤしながら年末を迎え、来る日も来る日も「朝まで飲み会~夕方まで酒が残る~抜けた頃に飲み会…」という繰り返しで連休を生き抜き、連休に伴う飲酒時差ボケが抜けてリズムが取り戻せた所でこのメルマガ執筆という感じでしょうか(笑)

いや、正確にはまだまだリズムを取り戻せていない現状ではありますが、目が飛び出そうな飛びっきりのニュースを目の当たりにし、モチベーションMAXになったのでメルマガを執筆する体力が一気に湧き出た訳です。



そのニュースとは…。



メルマガ冒頭にも軽く記載させていただきましたが…。



何と、2014年まぐまぐ大賞「クルマ・バイク部門 第5位入賞」をいただきました!
⇒ http://www.mag2.com/events/mag2year/2014/free/car.html


キャーゞ(^o^ゝ)≡(/^ー^)/"""パチパチ


いやぁこのまぐまぐ大賞ですが、発行者の自薦もしくは読者の方々からの推薦によってエントリーされるようで、もちろん私は執り行われていることすら気付いていませんでしたので、自薦などしているわけもなく…。


という事はつまり…。


そうです、このメルマガを読んで下さっている皆様からの推薦&投票?によって、栄えある5位という栄誉をいただいたという事でございます (/□≦、)

ああ、こんなに発行回数が適当であるにも関わらず(気持ちは毎月なんですけどね)、何と嬉しい事でしょう (/_;)

もう一回気持ちを込めて

・゜★,。・:*:・゜☆♪( ^-^)/アリガトウゴザイマスヽ(^-^ )♪・゜★,。・:*:・


どこまで維持できるか分かりませんが、一気にやる気に満ち溢れてきましたので、倒れない程度に睡眠時間を更に削り、皆様のお役に立てる情報発信に努めて参りますので、本年もどうぞよろしくお願いいたします!!!

1か月遅れでのお知らせとなってしまいましたが、アイティメディアでの連載記事最新号が12月9日に公開されています!
装着が義務化されてからようやく当たり前になってきたシートベルトですが、地味に見えて様々な工夫が施されている部品です。
世間を賑わしているエアバッグも、全てはこのシートベルトありきとなります。
身近だからこそ、しっかりと理解しておきましょう♪

◆第十六回【シートベルトはドライバーに何とか着用してもらうために進化した】
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1412/09/news015.html


さてさて、危うく破産しそうな勢いでご注文をいただいているカーライフサポートネット専用のオイール2&4リットル特別プランですが、今のところは破産していませんのでまだ特典は継続しますよ~!

⇒ https://39auto.biz/bridge/touroku/carlife-oil-simple.htm

本来は独自特典であるオイルジョウゴはお付けできない状態ですが、意味もなく「日本一お得に入手できる場所」という看板を死守したいので(笑)、

「2リットルには使い捨てオイルジョウゴ1袋(5枚)」

「4リットルには使い捨てオイルジョウゴ2袋(10枚)」

をお付けしていますっ!
 ※発送完了報告が届き次第、定型外郵便等で個別に発送します。

もう完全に奉仕の世界です。誰か私を止めてください(笑)

という事で、何か目的を見失ってしまいそうですが、皆さんに喜んでいただく事を主軸において頑張っていますので、リピート購入の際には是非ご活用ください。
 ※本気で身銭を切ってますので、オイルジョウゴが不要な方は「不要」を選択してくださいお願いします…。

⇒ https://39auto.biz/bridge/touroku/carlife-oil-simple.htm


査定に関するコンテンツは引き続き大盛況でございます。
これから決算期に入りますので、クルマの買い替えを検討されている方も多数いらっしゃるでしょう。
査定に関して、ここまで公開していいの?と言われるような他では出していない貴重な情報もたくさん掲載していますので、まだまともに目を通していない方は是非ともご覧ください。
◆愛車を最大限高く査定してもらう方法
⇒ http://www.carlifesupport.net/assessment.html

また、現時点で車の乗り換えを検討していない方も、その時期が来れば必ずお役に立てるコンテンツだと確信していますので、ページをブックマークしておいてくださいね♪


カーライフサポートネット@フェイスブックに参加してくださっている方が、当メルマガを書いている現時点でついに860名を突破しました (= ̄▽ ̄=)V

着々と!という感じでご支持をいただいており、改めましてこの場をお借りして御礼申し上げます。
もう少しで1000人超え!と言う事で、とにかく得はしても損はしない場所ですので是非ともご参加くださいませ。

いいね!クリックで参加できます⇒ http://www.facebook.com/CarlifeProducer.TERU

という事で、本日も最後までお付き合いくださいませ m(_ _"m)ペコリ

~・~・~・~・~

● このメルマガの趣旨説明 (初めての方はお読みください)

このメルマガは、車の知識が素人以上プロ未満の方を対象としています。

「あ~だこ~だわからない事を説明されて気づいたら高額な請求になっていた。。。」

ということは日常茶飯事ですが、このメルマガを通して皆様が少しでも不必要な修理、部品交換をされずに済む様になっていただくため、心をこめて丁寧に説明していきます。

目標はずばり、

☆このメルマガがきっかけで車の維持費が安くなった☆

と言っていただくことです!

維持費とは「燃費」「諸経費(保険など)」「修理費」「車検点検費用」などです。
車を安く維持していく上でまず大事なのは、『適切な修理依頼ができる!』事です。
さらに、ご自身のカーライフに適合した保険会社の選択、低燃費走行、その他本当に必要な最低限の契約を心がける事が、豊かな暮らしをする為の大事なポイントです!

普段節約生活をしているのに「車の維持費は固定費」だと思っている方! 必読です。
このメルマガを購読していただいたからには、間違いなく維持費を下げて見せます。


**********

● 今回のテーマは

☆ 外観編 その6 ~ 段チリ(建付け) ~ ☆
  
 です。

**********

バックナンバーは
⇒ http://www.carlifesupport.net/mag_backnumber.html へどうぞ。

今回も、皆様のカーライフを充実させる情報を発信していきます♪


□ ■ □ 本 編 □ ■ □

☆ 外観編 その6 ~ 段チリ(建付け) ~ ☆

自動車の外観を語る上で絶対に外せない要素がこの段チリです。
これは各種パネルや内装部品の建付け状態を指しているのですが、あまり聞きなれない言葉ですよね。

この段チリというのは

・段差
・チリ(隙間)

を意味しています。

プロの方であれば色々と意識しなければいけないのがこの建付けなのですが、自動車ユーザーとしてこの建付けを意識するべきタイミングは中古車を購入するタイミングでしょうか。
実は事故などで外観を損傷した際、部分的に凹んだとか表面的に傷がついた程度であれば段チリへの影響は限りなく少ないのですが、それなりにグシャっとやってしまって段チリがズレてしまった状況ですと、完璧に元通りにはならないのが建付けの宿命です…。
例えばこういうケースですね。

◆事故画像⇒ http://www.carlifesupport.net/crushed-car.JPG

ちなみにこれ、私がぶつけた訳ではありませんので!(笑)

転勤に伴う引っ越し直前(数日前)にこうなってしまいまして、お付き合いのある板金工場さんに超無理を言って緊急手術をしていただいた結果、やはり少し「何かあった感」を消し去ることはできず…。
あ、少しだけ段チリ(特に段差)に影響が出てしまっている様子は後ほどご覧ください(涙)

何が言いたいかというと、事故をしているかどうかはこの段チリの確認が非常に重要です。
もちろん塗装状態も重要なのですが、塗装面の見極めはプロでも難しい領域がありますので、まずはこの段チリから意識的に見ていく事で

「何かやったね」

を見つける事ができる、少し楽しい世界でもあります。

「段差がある」という表現は、前後ドアの段差やフェンダーとバンパーなど、隣り合う構成部品の取り付け状態に段差が生じている事を言います。

段差を写真で撮る事は非常に難しいのですが、何とか頑張ってみましたので参考までに。

◆リヤフェンダーとバンパーの段差
⇒ http://www.carlifesupport.net/bump.JPG

段差は真正面からでは発見しにくく、一般的には真横から透かしてみたり、触感で段差を感じてみたりという方法が用いられています。

ちなみにこの段差は例の事故による影響でございまして…(笑)
段差が無くなるように綺麗にやろうと思えば自分でやればいいのですが、それほど目立たないし別にいいか状態で放置しています。


続いてチリです。

チリは隙間の広さはもちろん、該当部位の隙間が常に均等である事が求められます。

◆チリ⇒ http://www.carlifesupport.net/gap.JPG

写真のチリ(前後ドア隙間)は特に問題が無いレベルですね。

当たり前ではありますが、一つのパネルに対してチリは上下左右に存在します。
例えば右フロントドアのチリを考えてみると、

・フロントフェンダー&フロントピラー…右側
・ルーフパネル(ピラーの場合もあり)…上側
・リヤドア…左側
・サイドシルガーニッシュ…下側

との位置関係全てが整っている必要があります。

チリの難しい所は、右側の隙間を前後方向に調整すると左側も変化するという事です。
さらにドアを前後に動かすと上下隙間も変化してしまうような曲線的なデザインであれば、上下方向のチリも意識する必要があります。
しかも段差に影響が出るようなデザインですと、より一層調整が難しくなります。
と言う事で、調整方法は簡単にお伝えできるような内容ではありません…。
中途半端な知識で取り返しがつかない事になってしまっては大変なので伏せておきますね(笑)

特にスライドドアの建付け調整は「異音」に直結したり、パワースライドドア作動に影響が出たりと非常にシビアな世界です。(プロでも頭を悩ませます)

ちなみに段チリ調整の中でも塗装部品(パネル類)を動かすのは一般的ではありません。
というか、本来は事故した際に致し方なく動かすというのが常識です。

「少しドア前後のチリが変だから、ドアを後ろに1mm動かして!」

というのはお願いするべきではありません。

というのも、これらは「事故をした時に触る箇所」という前提がありますので、中古車査定士は「パネルを動かした痕跡がないか?」を細かくチェックします。

どうやってチェックするかというと、実はこれらのパネル取り付けボルトには塗装が施されているのです。

◆パネル取り付けボルト
⇒ http://www.carlifesupport.net/painted-bolt.JPG

工具で緩めればボルト及び周辺の塗料がはがれますので、何かやった感が一目瞭然になってしまうのです。
もちろん証拠隠滅?のために綺麗に再塗装する事も可能ですが、相当な時間と手間を費やさなければ不自然さが残ります。

建付け調整のために触ったという事実があるとは言え、無意味に疑われる車両へと成り下がってしまいますので、よほどの理由が無い限りはパネルを動かす建付け調整は、拒否されるか止めた方がよいとやんわり断られると思います。

廃車するまで乗り続ける!とか査定額なんて気にしないぜっ!という方は別に触ってもよいですけどね (*^_^*)

ここまでお話しした事を逆手に取ると、中古車選びなどで段チリに不自然な所がないか、パネル取り付けボルトの塗装がはがれていないかといった観点でクルマを見る事で、簡単な「修復歴探し」を行なう事ができます。(よほどの悪徳業者でなければ隠ぺいすることはありませんけどね)
修復歴なしと記載されている車両で仮に不自然な部位を見つけてしまった際、

「これはどうしてこうなってるの?」

悪意がある業者であれば、この一言で買い手側にメリットが追加される可能性大です。
まぁしらばっくれるパターンも多いでしょうけど、動揺していないかを詮索するのもありでしょうw

段チリの考え方、塗装ボルトの意味などを多少なりとも知っているだけで、最低限の防衛ラインをひくことができますので、是非とも覚えておきましょう。

参考までに、海外で生産された車両は意外とこの段チリがズレている事が多く、実は現地ではそれほど重視されていない項目です。
しかしそこはやはり日本人。作り込み領域というのは非常に気にする性格ですから、国産車では非常に重視されます。

建付け不良によって隙間が狭く、部品同士が緩衝して塗装がはがれてしまっている…。

国産車では問答無用で保証修理となりますが、逆輸入車などでは

「別に機能的に問題ないから気にならないし、保証対象外」

という回答が来ても不思議ではありません。
しっかりとした現地法人(日本)があれば日本人が求めるレベルを理解していますので、さすがにこのような対応は無いとは思いますが、それでも国産車とは作り手側の感覚が大幅にズレている事を認識しておいて損はないと思います。

改めて日本人の感性というか作り込みのこだわりって世界一なんだなぁと痛感している今日この頃でした。

それでは次回もお楽しみに (=⌒ー⌒=)ノ~☆


☆。・。・★。・。☆・。

≪ノンフィクション小説≫ 

★ プロへの軌跡と奇跡 『ターニングポイント』 ★

小説バックナンバー⇒ http://turningpoint.carlifesupport.net/

●第3章『暴走』  ◆28軌跡目


【前章までのあらすじ】

草むらに隠れながら、前方から近づいてきたパトカーの動向を祈りながら監視していたテルとヤス。
奇跡的に見つかる事なくやり過ごした二人は、はぐれてしまったみんなとの合流へ向けて再出発する!


**********

テル「なんか一気に疲れたわ…」

ヤス「慣れてへんから余計やろ(笑)ええで、こっから俺運転で追いかけるし」


まさに危機一髪であった。
視界にパトカーが見えてからほとんど息を止めているような状態だったので、少し息切れ状態になっているのが分かる。


ヤス「とりあえずあいつら戻ってこんかったらええけどなぁ」

テル「戻ってきたら、それこそ原チャ調べるんちゃう?」

ヤス「確かにそうやな。今のうちに動くか」

テル「おお。なんかたった5分でもここに隠れてる方がやばそうやし」

ヤス「よっしゃ決まりや。ほな溝から原チャ出そか」


数分前に慌てて登ったフェンスを落ち着いて登り、とっさの判断で溝に落とした原チャを二人で持ち上げる。


ヤス「お待たせ…。すまんな、手荒な真似してしもて」


ヤスにも愛車精神のような物があったのか…と余計な事を考えつつ、原チャの後ろに座る。


テル「みんなどの辺走ってるんやろ?」

ヤス「今は2国(国道2号線)を神戸に向かって走ってるはずや」

テル「あれ…? ふと思ってんけど、ヤスがそこまで読めるって事はポリもルート分かってるって事よな?(笑)」

ヤス「ま、そういう事やな(笑)」

テル「な~んか複雑やな(笑)」

ヤス「そんな細かい事はええねん。ほな向かうで~」


どこを通るか分かっている警察側と、読まれている事を分かっている暴走側。
逆に読まれている事を踏まえた行動というのも考え方によっては面白い。


ヤス「あれぇ?ここ左行ったらあそこに出れるはずやけどなぁ…」

テル「はあ!? こんなとこまで来ても道覚えてんの???」

ヤス「当たり前やんけ。道は全部つながってるんじゃ」

ヤス「あっ、そうやそうや。ここはあそこにつながってるからこっちやな」

テル「(変態め…)」


テル「あれ?そういえば2国走って追いかけへんの?」

ヤス「下手したら挟まれるかもしれんから、裏道で先回りする」

テル「ヤスにしかできんわそれ(笑)」

ヤス「あほか、基本じゃ」


テル「あっ!?」

ヤス「聞こえてきたな。もうすぐや」


次号へ続く。

☆。・。・★。・。☆・。


◆◇◆ 編集後記 ◆◇◆ 

前回のメルマガで「英語力の低さを痛感してきます」と宣言した通りの結果になりましたが(笑)、実は11月には北海道へ出張に行きました。

北海道は高校生の時に行った修学旅行以来でしたが、当時は北海道でもかなりレア?な場所にしか行っておらず、まさかの札幌のような都市部には一切立ち寄っていないという意味不明なプラン(笑)
当時の学年主任が言っていたのは

「都市部は大人になってからいくらでも行く機会はある。逆に北海道民でもなかなか行かないような場所に行く事に意味がある」

って、北海道は北海道でも全く地名を覚えられないようなレアな場所を選んだ事で、結局どこに行ったか全く覚えていない状態になってしまっているのは完全に失敗ですよねI先生?(笑)

せめて札幌に行った!とかカニを死ぬほど食べた!とかあればよかったのに、大半がバスの移動時間で、北海道らしい食べ物は立ち寄ったサービスエリア?で小遣いを使って食べたとうもろこしとアイスだけ…。

といった残念な過去を踏まえて、今回はとことん札幌を満喫してやりましたよっ(笑)

特に意味もなく、1週間の出張で晩飯は毎日すすきので!!!(いやらしいお店ではありませんよ…)

あ、ちゃんと仕事をした後の事ですのでご了承ください (*⌒∇⌒*)テヘ♪

11月3日からの出張でしたが、峠を登るとすでに完全な白銀の世界。そして気温はマイナス4度。
もう道なき道を走るという状態でしたが、とても貴重な経験ができました。
また、雪国ならではの様々な工夫やクルマに求める性能、仕様なども身を持って経験できましたので、かなり世界観が広がりました。
色々な経験や出会い、思い出ができましたが、お土産に買った「ロイズの山崎チョコレート」がうますぎたという印象が一番強かったり(笑)

皆さん、北海道に行った際のお土産は「ロイズの山崎チョコレート」で決まりです!

ウイスキーが好きじゃ無くても、お酒が嫌いじゃなければ激ウマです。
仮にウイスキー好きなんて方だとエンドレスで食べてしまいます。
ブランデーとも相性バッチリです。

もっと大量に買っておけばよかった…。

誰か買ってきて~ 八(^□^*) タノム!!


それでは次号もお楽しみに♪

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆


***********

◆バックナンバー一覧 ⇒ http://www.carlifesupport.net/mag_backnumber.html

◎小説バックナンバー ⇒ http://turningpoint.carlifesupport.net/

☆最新バックナンバー ⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000159339

***********


☆☆☆☆☆ ホームページ更新情報 ☆☆☆☆☆

かなり評判がよいため、既存のページをセンターレイアウト(スマートフォン対策)するべく地道な作業を繰り返しています…。
なかなか新規ページ作成まで至っていないのが現状ですが、頑張ります!


●カーライフサポートネット@フェイスブックがおかげ様で860名突破!!
⇒ http://www.facebook.com/CarlifeProducer.TERU


★アイティメディア社@モノイストでの連載記事★

メルマガ&カーライフサポートネットよりもレベルが高くなっていますが、一つの部品に的を絞って徹底的に説明しております。
もっと車に詳しくなりたい!という方にはもってこいだと思いますので是非ともご覧ください♪

【いまさら聞けない 電装部品入門】⇒現在、好評連載中です♪

◆第一回 「自動車唯一の電源、鉛バッテリーの仕組み」
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1210/01/news090.html

◆第二回 「エコカーとともに進化する鉛バッテリー」
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1210/29/news007.html

◆第三回 「オルタネータが生み出す電力が無ければ自動車は走れない」
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1212/03/news011.html

◆第四回 「激化する“燃費戦争”、発電だけではなくなったオルタネータの役割」
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1301/15/news012.html

◆第五回 「大解剖! スターターモーターの仕組み」
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1303/07/news005.html

◆第六回 「アイドルストップシステムの普及がもたらすスターターの革新」
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1304/10/news017.html

◆第七回「エンジン点火に必要な電圧は数万V! イグニッションコイルの役割」
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1305/23/news013.html

◆第八回「さらばディストリビューター、点火タイミングは電子制御で最適化する時代に」
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1306/25/news013.html

◆第九回「すごいぞスパークプラグ、2000℃に加熱してから急冷して高圧を掛けても壊れない」
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1307/29/news015.html

◆第十回「ドライブバイワイヤの生みの親は自動変速機!? 」
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1310/10/news007.html

◆第十一回「自動ブレーキも横滑り防止装置も、ドライブバイワイヤあってのものだね」
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1401/16/news007.html

◆第十二回「もはや自動運転レベル!? 進化を続けるクルーズコントロールシステム 」
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1402/27/news015.html

◆第十三回「エアバッグの前に付く「SRS」の意味を理解しよう」
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1404/08/news005.html

◆第十四回【エアバッグが開かないのは衝突安全ボディのせい!?】
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1405/22/news009.html

◆第十五回【エアバッグ展開時の衝撃力はウサイン・ボルトの全力タックルと同じ】
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1407/03/news006.html

◆第十六回【シートベルトはドライバーに何とか着用してもらうために進化した】
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1412/09/news015.html


●いまさら聞けない シャシー設計入門(連載完結済み)
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/fmecha/index/fmachachassis.html

●いまさら聞けない エンジン設計入門(連載完結済み)
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/fmecha/index/fmachaengine.html


●学生フォーミュラ優勝チームのレポート記事

『トラブルがなければ必ず上位に行ける! ――京都工芸繊維大学』
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1302/28/news018.html

『阪大、初の日本一! ほんまに車が好っきやねん』
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/fmecha/articles/formula2010/04/formula2010_04a.html


□■□ お知らせ □■□

 ★ 8年連続で大幅自動車保険料削減に成功! ★

 見積もりをはじめたきっかけは、会社で契約していた「団体割引」が本当に安いのかを確かめたかった気持ちからです。

 団体割引に入っているあなた。

 きっと「団体割引だから安いだろう!?」というマジックに騙されていませんか?

 去年は三井ダイレクトにて8920円の削減、契約。

 きっとここが一番安いんだなぁと思いつつも駄目元で今年も見積もりしてみました。

 すると、驚くことに…

 43090円⇒32270円(10820円の節約)

 という結果がチューリッヒで出ました!!!

 とは言っても、ただ単に見積もりをしただけで私は何のテクニックも使っていません。
 ちなみに今年は、長年最安を記録していた「三井ダイレクト」を超えて「チューリッヒ」が圧倒的に一番安かったです。
 これは私の場合ですので、個人のデータで全く結果が変わります。

 詳しくはこちらをご覧ください!!!
⇒ http://www.carlifesupport.net/about_hoken_link.html

 最高で61200円もの削減に成功した方もいらっしゃいます!
 見積もりをしてみると分かりますが、きっと驚くほど下がりますよ(笑)

=======================


◆相互紹介のコーナーです◆

***********

募集中ですよ~。

***********

□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □
 

★今回も最後までお付き合いいただきましてありがとうございました★


◆内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
 また、当メルマガによって得た情報によるいかなる損害についても、当方は一切の責 任を負いません。ご自身の責任のもとでご活用ください。

◆レイアウトが大きく崩れている方へ

このメルマガは、MSゴシックで作成しております。MSゴシックに設定していただけますと問題なくご覧いただけます。



☆。・。・★。・。☆・。

@発行者:カーライフプロデューサー 山本 照久
@アドレス: kobeteru2000@gmail.com
@発行システム:まぐまぐ  http://www.mag2.com/
@ホームページ: http://www.carlifesupport.net
@フェイスブック:  http://www.facebook.com/CarlifeProducer.TERU
@バックナンバー: http://www.carlifesupport.net/mag_backnumber.html
@小説バックナンバー: http://turningpoint.carlifesupport.net/
      
※登録、解除はご自身でお願い致します。

☆。・。・★。・。☆・。





皆様のカーライフがさらに充実したものになりますように☆ミ





【裏編集後記】

つい最近、幼稚園時代から今でも親交が深い幼馴染の母親が亡くなりました。
数年前には父親が亡くなったばかりで、長男である彼が喪主として大変立派に立ち居振る舞っている姿は大変印象に残りました。
今までは友人知人の結婚式が冠婚葬祭の主だったのですが、少しずつ割合も変化してくるのだろうなぁと他の友人たちと話していました。
うん、見た目ではまだまだ若いと言われてはいるものの、今年で34歳となると色々ありますね…。

一人で生きてきた?

そんな訳もなく、数えきれない程の諸先輩方のお陰でここまで成長してこれたのですから、その想いを裏切らないように精一杯頑張って行きたい。そう強く思った次第です。







マイカーを持つ人におくる、☆脱しろうと☆ のススメ

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2017/11/28
部数 1,915部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

マイカーを持つ人におくる、☆脱しろうと☆ のススメ

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2017/11/28
部数 1,915部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

石渡浩の不動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越えを―
大学院修了時に資本金990万円で作った投資不動産保有会社の石渡住宅サービスを9年後の2016年に上場企業フィンテックグローバル子会社ベターライフサポートホールディングス等に約5億円で売却(株式譲渡)して上場会社連結子会社にして石渡住宅サービス(現商号:ベターライフプロパティ)名誉会長に就任した石渡浩が,自己資金数千万円規模の一般投資家さんを主対象に,銀行融資を活用してアパート経営を成功させ不動産賃貸業を本業にするためのノウハウを伝授します. 主著:『たった4年! 学生大家から純資産6億円を築いた私の投資法- 借りて増やす技術-』ソフトバンククリエイティブ(2012)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング