マイカーを持つ人におくる、☆脱しろうと☆ のススメ

【色差とは?】 マイカーを持つ人におくる、☆脱しろうと☆ のススメ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆ マイカーを持つ人におくる、★脱しろうと★ のススメ
★☆
☆    2014年10月28日(火) <Vol.150>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆レイアウトが大きく崩れている方へ

このメルマガはPC、スマートフォン、一般的な携帯電話など、様々な環境下で閲覧される事を前提に、改行無しで作成しております。
様々な環境下で完璧なレイアウトというのは存在していませんので見にくい箇所があるとは思いますが、可能な限りレイアウトが崩れにくい工夫を施していますので、何卒ご了承ください。

登録後初めて配信された方!また、メルマガのバックナンバーをご覧の方!
これも何かのご縁だと思います♪
あなたのカーライフを徹底的にサポートさせていただきますので、どうぞ末永いお付き合いを心よりお願い申し上げます (*- -)(*_ _)ペコリ


<本日の目次>

1.前述
2.本編: 外観編 その5 ~ 色差とは? ~
3.プロへの軌跡と奇跡 「ターニングポイント」第3章 27軌跡目
4.編集後記
5.★ 維持費削減への第一歩!下げれるコストは下げましょう ★
6.バックナンバー一覧
7.☆ホームページ更新情報☆
8.お知らせ+相互紹介のコーナー
9.裏編集後記


□ ■ □  前 述  □ ■ □


気が付けばメルマガもついに150回目となった今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

改めまして、今号からご購読の皆様はじめまして m(_ _"m)

不本意ながら、密度の濃い生活を送っているせいでメルマガやホームページに費やす体力がなかなか確保できていないカーライフプロデューサーことテルです (T_T)

これがテルです⇒ http://www.carlifesupport.net/self%20profile.html

あと少しで私も33歳になりますが、平日の体力がどんどん下がってきているように思います…。いや、体力が下がっているというよりは昼間に消耗している体力が増えてきているという事でしょうか。
メルマガやホームページを立ち上げた頃(20代前半)は、仕事から帰ってきて3~4時間ほどPCの前で黙々と作業できていたのですが、今では頑張って2時間という感じでしょうか。しかも週に2、3日できれば良い方ですから、本当に悔しい限りです。
とは言っても、個人的なスキルと言いますか、自動車業界における見聞は意識的に広げていますので、足止めしている訳ではありません。はい、言い訳です(笑)

そもそも、メルマガやホームページをやっているのは自分の知識を確固たるものにするためです。勉強という大きな枠で見た時、最も効率的で身になる手段が

「人に教えられるように学ぶ」

ことだと考えているからです。

実際に人に物を伝えようとすると、自ら様々な疑問が出てきますし、しっかりと理解できていない事は文章にすると矛盾が生じたりします。
それらを一つずつ調べて潰しこんでいく事で、揺るぎない理解になります。
これは専門的な領域だけでなく、学生の勉強もそうですよね。
極端に言えば、人に説明できない事は理解しているとは言えないとも思います。

おかげ様で今もアイティメディア社での連載記事を担当させていただいていますが、あそこで私が執筆している内容の全てを元々身に付けている訳ではありません。
大体ですが、自らの知識が6割、残りの4割は追加で調べた事、調べる過程で気付いた事などなど、記事を執筆する過程でも様々な成長があります。(稀に自らの知識だけで執筆が完了する事もあります)
さらに完全な素人向けに執筆している訳ではありませんので、カーライフサポートネットよりも更に精度を高めた内容をアウトプットしなければいけません。
普通に考えれば、平日にかなりの時間を費やしますのでよほどの「M」でなければ続かないでしょうね(笑)
いや、どちらかと言えば「S」なんですけど、継続できている背景は「確固たる知識を得た瞬間が好きだ」という事があるようです。
まだまだ未熟なので、少しでもレベルアップをしたい、他の業界人に負けたくないという気持ちも相当あります。局部的な専門家(○○設計担当者など)には絶対に勝てませんが、車全体を幅広く理解できている人間でありたいと思っています。

そういう立場でありたいという事もあって、カーライフサポートネットでは幅広い観点から「これはお勧め!」という商品も多数ご紹介しています。
皆さんがすぐに思いつくのはにんじん君シリーズやオイールといった所だと思いますが、他にもオートソックや工具など、皆さんのカーライフを充実させる商品は自信を持ってご紹介します。また、いつもお世話になっているブリッジカンパニーさんの商品に関しては、私も含めて少しでもお得に入手できるようにとことん交渉をします。

すでにご存じの方もいらっしゃると思いますが、9月1日からブリッジカンパニーさんの商品は全てアマゾン社管理の元で受注~発送が行なわれています。
これは長期間に渡る高リピート率及び高評価を続けてきた商品である事が発端で、アマゾン社から幾度となくオファーを受けての進化です。
これによって注文の容易さ、発送までの圧倒的なスピード、アマゾンポイントの付与など、購入者にとって大きなメリットを得る事ができるようになりました。
しかしアマゾンでは取扱いできる商品の大きさや重量なども制限されるため、リピート購入の方にとって非常に好評であった「オイール2リットル、4リットル」が取り扱えなくなってしまったのも事実です。
さらにアマゾンを使用したくない、使用できない方からすれば、全く願ってない方向に進化しているとも考えられます。
実際にそういったご意見もいただいておりましたので、カーライフサポートネット専用の受注窓口を改めて設置していただけるようなお手配をいただく事ができました。
その内容は、【カーライフサポートネット独自特典付き 税込】の

・オイール2リットル:¥21470⇒¥17280
・オイール4リットル:¥42940⇒¥32400

という特別プランです。

⇒ https://39auto.biz/bridge/touroku/carlife-oil-simple.htm

本来は独自特典であるオイルジョウゴはお付けできない状態ですが、意味もなく「日本一お得に入手できる場所」という看板を死守したいので(笑)、

「2リットルには使い捨てオイルジョウゴ1袋(5枚)」

「4リットルには使い捨てオイルジョウゴ2袋(10枚)」

をお付けしますっ!
 ※発送完了報告が届き次第、定型外郵便等で個別に発送します。

もう完全に奉仕の世界です。誰か私を止めてください(笑)

という事で、何か目的を見失ってしまいそうですが、皆さんに喜んでいただく事を主軸において頑張っていますので、リピート購入の際には是非ご活用ください。
 ※本気で身銭を切ってますので、オイルジョウゴが不要な方は「不要」を選択してください…。

⇒ https://39auto.biz/bridge/touroku/carlife-oil-simple.htm


査定に関するコンテンツは引き続き大反響をいただいております。
公開していいの?と言われるような他では出していない貴重な情報もたくさん掲載していますので、まだまともに目を通していない方は是非ともご覧ください。
愛車を最大限高く査定してもらう方法
⇒ http://www.carlifesupport.net/assessment.html

また、現時点で車の乗り換えを検討していない方も、その時期が来れば必ずお役に立てるコンテンツだと確信していますので、ページをブックマークしておいてくださいね♪
⇒ http://www.carlifesupport.net/assessment.html


カーライフサポートネット@フェイスブックに参加してくださっている方が、当メルマガを書いている現時点でついに840名を突破しました (= ̄▽ ̄=)V

着々と!という感じでご支持をいただいており、改めましてこの場をお借りして御礼申し上げます。
とにかく一つの区切りとして、2014年中に1000人超えを目指しています ( ̄∇+ ̄)v

得はしても損はしない場所ですので是非ともご参加くださいませ。

いいね!クリックで参加できます⇒ http://www.facebook.com/CarlifeProducer.TERU

という事で、本日も最後までお付き合いくださいませ m(_ _"m)ペコリ

~・~・~・~・~

● このメルマガの趣旨説明 (初めての方はお読みください)

このメルマガは、車の知識が素人以上プロ未満の方を対象としています。

「あ~だこ~だわからない事を説明されて気づいたら高額な請求になっていた。。。」

ということは日常茶飯事ですが、このメルマガを通して皆様が少しでも不必要な修理、部品交換をされずに済む様になっていただくため、心をこめて丁寧に説明していきます。

目標はずばり、

☆このメルマガがきっかけで車の維持費が安くなった☆

と言っていただくことです!

維持費とは「燃費」「諸経費(保険など)」「修理費」「車検点検費用」などです。
車を安く維持していく上でまず大事なのは、『適切な修理依頼ができる!』事です。
さらに、ご自身のカーライフに適合した保険会社の選択、低燃費走行、その他本当に必要な最低限の契約を心がける事が、豊かな暮らしをする為の大事なポイントです!

普段節約生活をしているのに「車の維持費は固定費」だと思っている方! 必読です。
このメルマガを購読していただいたからには、間違いなく維持費を下げて見せます。


**********

● 今回のテーマは

☆ 外観編 その5 ~ 色差とは? ~ ☆
  
 です。

**********

バックナンバーは
⇒ http://www.carlifesupport.net/mag_backnumber.html へどうぞ。

今回も、皆様のカーライフを充実させる情報を発信していきます♪


□ ■ □ 本 編 □ ■ □

☆ 外観編 その5 ~ 色差とは? ~ ☆

塗装は生き物であり、同じ塗料かつ同じ環境で塗らなければ全く同じ色を生み出すことができない。
ここまでは今までご説明した中身で何となくご理解いただいたと思います。

特にメタリック色やパール色というのは塗料内部に含まれている成分の状態によって光の反射が変化してしまいますので、よい一層の差が生まれやすい特性を持っています。

今回は「色差」についてお話ししていく訳ですが、実はこの問題は過去から今現在も

「色が違っているのはおかしい!!!」

というクレームになりやすいデリケートな部分でもあります。
その代表的な部位がバンパーとフェンダーの色差です。

⇒ http://www.carlifesupport.net/color-difference

写真を見ていただけると何となくお分かりいただけると思いますが、フェンダーの方が明るい白で、バンパーは心なしか暗い感じの白に見えますよね。
どちらが明るく見えて暗く見えるかは車毎に変わりますが、どの車でもバンパーとフェンダーの色差は最も顕著に分かりやすいと言えるでしょう。特にパールホワイトは、気にして見るとほぼ確実に色差があります。(ちなみに、先日たまたま見かけたパールホワイトのポルシェもしっかり色差がありました)
このように色差が出るのを分かっていながら、どうして対策を打たないのか?
それはバンパーとフェンダーに求められている特性の差が原因です。

フェンダーは他のボディパネル同様に金属(主に鉄)で作られていますので特別な事は何もありませんが、問題はバンパーです。
バンパーという部品はその名の通り、衝撃を緩衝する役割があります。車の一番前と後ろに取り付けられていますので、基本的な衝突事故で真っ先にダメージを受ける部位ですね。
つまりバンパーは柔らかく無ければその意味を為しません。だからこそ、バンパーは樹脂製で成形されている事が多く、他のボディパネルと大きく素材が異なります。
ボディパネルに柔軟性はそれほど求められませんので、塗料は耐久性を考慮されたガチガチの焼付塗装です。
しかし樹脂で成形されているパンバーは手で軽く押しただけでベコベコと凹んだり元に戻ったりする柔軟性がありますので、塗料もその動きに追従できる(割れない)必要があります。
そこで塗料に軟化剤が混合されており、色差にとって大敵というか絶対に同じに成りえない「違う塗料」が用いられているという事になります。
仮にバンパーにも他のボディパネル同様の塗料で焼付塗装を施してしまうと、手で押した途端にパリパリと塗装がひび割れてしまいます…。
つまりバンパーが樹脂で成形されている以上塗料が異なるため、絶対に同じ色にはならないという事です。
この時点で同じタイミングでの塗装も施せませんので、塗料が違う、タイミングが違うとなると色差が出て当然ですよね。
もちろん焼付塗装が終わった状態で、一台ずつ異なる色合いに合わせてバンパーの塗料を微調整し、素人目には分からないレベルまで調色・塗装する事は可能です。
しかし一日に1000台生産されている自動車工場で、一台毎に人の目で塗料を変化させて塗装を行なうというのは絶対に不可能です。極端な話し、一日当たり10台程度しか生産できなくなる可能性も考えられます。

工場で可能な限り色合いが変わらないように環境が整えられた状態で塗装されていますので、ボディ色に大きな差は出にくくなっています。
そうなりますと、大体の色合いの幅(明暗)が決まってきますので、その平均的な色合いをバンパーに施しておく事で、一般的に許容される色差に落ち着くのです。
それでも塗るタイミングや塗料が異なると顕著に色差として出てしまうパールホワイトでは、ほぼ確実に色差として認識できてしまうという事ですね。

「色差に納得いかない。フェンダーと同じ色に塗れ!」

というのは車両価格に含まれていない追加のコストを投じて施工する領域に入りますので、基本的には自費負担が前提です。
もしそれがまかり通ってしまったら、自動車製造業は破綻してしまいます…。

ちなみにバンパー以外にも色が塗られている樹脂部品は同じ考え方が当てはまります。

樹脂部品以外にも色差として表れてしまう要因として挙げられるのは、デザインの都合で角度が付いている場合です。
例えば運転席のドアと後ろのドアとが完全な一直線ではなく、微妙な角度が付いているとしましょう。
単色(ソリッドカラー)であればほとんど色差は出ませんが、ここでもやはりパールホワイトなどは反射する角度が微妙に変わり、色差があるように勘違いしてしまう事があります。
仮に調色して塗り直したとしても、基準にした角度だけ色が合うだけで、他の角度から眺めた時にやはり反射色が変わってしまうため、何の意味もありません。

一つ忠告しておきますが、パールホワイトに乗っていて今まで意識して見た事が無い方!
意識して見てしまうと凄く気になってしまいますので、そういう目で見ない方がよろしいかと (^_^;)
とは言いつつ、知ってしまうと見てしまうと思いますので心の持って行き方をアドバイス…。
素材が違うから、塗料が違うから、塗るタイミングも違うから、ましてや1000万超えのポルシェもこうなっているんだとご理解いただいた上で見ていただければ(笑)

それでは次回もお楽しみに (=⌒ー⌒=)ノ~☆


☆。・。・★。・。☆・。

≪ノンフィクション小説≫ 

★ プロへの軌跡と奇跡 『ターニングポイント』 ★

小説バックナンバー⇒ http://turningpoint.carlifesupport.net/

●第3章『暴走』  ◆27軌跡目


【前章までのあらすじ】

原チャを溝に隠し、二人して草むらで息をひそめていた。
15分隠れる事ができれば何とかなりそうであったが、近くをパトカーの赤色灯が…。


**********

ヤス「まじか…」

テル「あっ…」


まだ全体像は見えないが、数百メートル先から赤色灯がくるくると回りながら、ゆっくりとこちらへ進んできた。


ヤス「下手に動いたらばれるから、あいつらが原チャに気付いて更に俺らに気付いたらダッシュすんぞ」

テル「どこにむかって???」

ヤス「答えなんか無いわw でも後ろ左右に散るぞ」

テル「あえて?」

ヤス「それである意味二分の一の確率や」

テル「しびれるなぁw」


少しずつパトカーが近づいてくる。
あとは運を天に任せる他ない。


ヤス「さっきのやつらと同じやったら終わりや。確実に原チャに気付く」

テル「とりあえずどこに走るか考えとこ…」

ヤス「二分の一ってさっき言ったけど、見つかったらまぁ終わりやw」

テル「いや、逃げ切る」

ヤス「さぁ吉と出るか凶と出るか」


早ければそろそろ原チャを認識できそうな距離まで近づいて来ている。



「たのむっ!」



暗闇に強烈な光を放つ赤色灯が目にこれでもかと言う程飛び込んでくる。



「たのむっ!!!!!」



テル「あっ…」

ヤス「ちっ。減速しやがったな」


原チャの手前でパトカーが減速をはじめてしまった。

最終手段に出るしかない、そう思ったその時だった。


ヤス「っしゃ!」

テル「うおっ!?」


確かに減速はしていたが、停止することなく通り過ぎたのだ。


テル「奇跡やっ(涙)」

ヤス「たぶんさっきの奴らと違うんやろな。でも溝に原チャ捨ててあるのに調べへんとか意味不明やな(笑)」

テル「変な汗いっぱい出たし…」

ヤス「とりあえずこのまま5分くらい待機して、みんなと合流するか」


そう、みんなとはぐれてしまい、さらに逃げ通す事に夢中になって忘れてしまっていたが、今は追悼暴走の最中なのだ。


テル「なんか一気に疲れたわ…」

ヤス「慣れてへんから余計やろ(笑)ええで、こっから俺運転で追いかけるし」


次号へ続く。

☆。・。・★。・。☆・。


◆◇◆ 編集後記 ◆◇◆ 

今年もあと2ヶ月少々となりましたが、振り返ってみると今までで圧倒的に忙しい日々を送ったなぁと感じます。
もっともっとやりたかった事はあったのですが、取りあえず空いた時間で色々手がけた結果を踏まえ、来年にかけてやるべき事が色々見えてきました。

ってもう一年の終わりみたいな感想になっていますが、まだまだラストスパートかけますよ(笑)

そうそう、残りの2ヶ月ほどは出張ラッシュになりそうです。
北海道からはじまり、人生初の海外出張の話しも出ていたり…。

いやいや、TOEICなんて高校生以下レベルですけど?(笑)
とはいいつつ、世界中であれだけ話せる人がいるんですから、自分にも話せるはずだという意味不明な自信があったり…。

ま、基本的に「必要性」だと思うんですよね。
当時はペラペラだった帰国子女が、日本に定住するようになって英語を使わなくなったら、見事にしゃべれなくなったなんて身近にも結構いたりします。
特に日本に住んでいれば英語の必要性なんて限りなく低く、特定の職業でのみ必要とされている程度だと思います。
社会がそんな状態なのに、学生時代に適当に教えた所でどこまで覚えていられるんだというか…。

今は小学生から始まっているようですが、私の時代は中学生から英語の授業がありました。
中学~高校と6年間は学んだ訳ですが、会話なんて…ねぇ(笑)
海外の6歳の子供は?って言うまでもなく会話できるわけですよね。英語に触れる機会が圧倒的に違うのはもちろんですが、どれだけプラスに考えても学習方法が間違っているとしか思えないのは私だけでしょうか?
日本語に主語と述語があって、修飾語なんてのもあるらしい…なんて何歳の時に知ったんだって事で。

文法?

今でも自信を持って説明できません。

そんな私ですが、おかげ様でそこそこの話術があると評価される事も相応にありますので、人並み以上に日本語を使いこなせていると勝手に思っています。(メルマガ文章等はその時の気分でコロコロ変えていますので、あまり気にしないでください)

そう、まずは会話できるようになってからスペルを覚えたり正しい文法を覚えたり…というのが自然な語学だと思うんですよね。
そもそも、英語を無理に日本語訳に読む方法を身に付けてしまった時点で、会話はできないとも思っています。語順が全然違いますからね。

できない人間の屁理屈かもしれませんが、共感していただける方、結構いると思うんですよね~。

大丈夫です、本当に必要になったら絶対に会話できるようになります!

という何の根拠もない宣言をしてみたり(笑)

ま、もし本当に海外出張なんて事になったら、期待通り自分の英語レベルの低さに凹んで帰ってきますので (^_^;)

それでは次号もお楽しみに♪

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆


***********

◆バックナンバー一覧 ⇒ http://www.carlifesupport.net/mag_backnumber.html

◎小説バックナンバー ⇒ http://turningpoint.carlifesupport.net/

☆最新バックナンバー ⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000159339

***********


☆☆☆☆☆ ホームページ更新情報 ☆☆☆☆☆

かなり評判がよいため、既存のページをセンターレイアウト(スマートフォン対策)するべく地道な作業を繰り返しています…。
なかなか新規ページ作成まで至っていないのが現状ですが、頑張ります!


●カーライフサポートネット@フェイスブックがおかげ様で840名突破!!
⇒ http://www.facebook.com/CarlifeProducer.TERU


★アイティメディア社@モノイストでの連載記事★

メルマガ&カーライフサポートネットよりもレベルが高くなっていますが、一つの部品に的を絞って徹底的に説明しております。
もっと車に詳しくなりたい!という方にはもってこいだと思いますので是非ともご覧ください♪

【いまさら聞けない 電装部品入門】⇒現在、好評連載中です♪

◆第一回 「自動車唯一の電源、鉛バッテリーの仕組み」
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1210/01/news090.html

◆第二回 「エコカーとともに進化する鉛バッテリー」
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1210/29/news007.html

◆第三回 「オルタネータが生み出す電力が無ければ自動車は走れない」
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1212/03/news011.html

◆第四回 「激化する“燃費戦争”、発電だけではなくなったオルタネータの役割」
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1301/15/news012.html

◆第五回 「大解剖! スターターモーターの仕組み」
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1303/07/news005.html

◆第六回 「アイドルストップシステムの普及がもたらすスターターの革新」
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1304/10/news017.html

◆第七回「エンジン点火に必要な電圧は数万V! イグニッションコイルの役割」
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1305/23/news013.html

◆第八回「さらばディストリビューター、点火タイミングは電子制御で最適化する時代に」
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1306/25/news013.html

◆第九回「すごいぞスパークプラグ、2000℃に加熱してから急冷して高圧を掛けても壊れない」
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1307/29/news015.html

◆第十回「ドライブバイワイヤの生みの親は自動変速機!? 」
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1310/10/news007.html

◆第十一回「自動ブレーキも横滑り防止装置も、ドライブバイワイヤあってのものだね」
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1401/16/news007.html

◆第十二回「エアバッグの前に付く「SRS」の意味を理解しよう」
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1404/08/news005.html

◆第十三回【エアバッグが開かないのは衝突安全ボディのせい!?】
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1405/22/news009.html

◆第十四回【エアバッグ展開時の衝撃力はウサイン・ボルトの全力タックルと同じ】
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1407/03/news006.html


●いまさら聞けない シャシー設計入門(連載完結済み)
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/fmecha/index/fmachachassis.html

●いまさら聞けない エンジン設計入門(連載完結済み)
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/fmecha/index/fmachaengine.html


●学生フォーミュラ優勝チームのレポート記事

『トラブルがなければ必ず上位に行ける! ――京都工芸繊維大学』
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1302/28/news018.html

『阪大、初の日本一! ほんまに車が好っきやねん』
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/fmecha/articles/formula2010/04/formula2010_04a.html


□■□ お知らせ □■□

 ★ 8年連続で大幅自動車保険料削減に成功! ★

 見積もりをはじめたきっかけは、会社で契約していた「団体割引」が本当に安いのかを確かめたかった気持ちからです。

 団体割引に入っているあなた。

 きっと「団体割引だから安いだろう!?」というマジックに騙されていませんか?

 去年は三井ダイレクトにて8920円の削減、契約。

 きっとここが一番安いんだなぁと思いつつも駄目元で今年も見積もりしてみました。

 すると、驚くことに…

 43090円⇒32270円(10820円の節約)

 という結果がチューリッヒで出ました!!!

 とは言っても、ただ単に見積もりをしただけで私は何のテクニックも使っていません。
 ちなみに今年は、長年最安を記録していた「三井ダイレクト」を超えて「チューリッヒ」が圧倒的に一番安かったです。
 これは私の場合ですので、個人のデータで全く結果が変わります。

 詳しくはこちらをご覧ください!!!
⇒ http://www.carlifesupport.net/about_hoken_link.html

 最高で61200円もの削減に成功した方もいらっしゃいます!
 見積もりをしてみると分かりますが、きっと驚くほど下がりますよ(笑)

=======================


◆相互紹介のコーナーです◆

***********

募集中ですよ~。

***********

□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □
 

★今回も最後までお付き合いいただきましてありがとうございました★


◆内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
 また、当メルマガによって得た情報によるいかなる損害についても、当方は一切の責 任を負いません。ご自身の責任のもとでご活用ください。

◆レイアウトが大きく崩れている方へ

このメルマガは、MSゴシックで作成しております。MSゴシックに設定していただけますと問題なくご覧いただけます。



☆。・。・★。・。☆・。

@発行者:カーライフプロデューサー 山本 照久
@アドレス: kobeteru2000@gmail.com
@発行システム:まぐまぐ  http://www.mag2.com/
@ホームページ: http://www.carlifesupport.net
@フェイスブック:  http://www.facebook.com/CarlifeProducer.TERU
@バックナンバー: http://www.carlifesupport.net/mag_backnumber.html
@小説バックナンバー: http://turningpoint.carlifesupport.net/
      
※登録、解除はご自身でお願い致します。

☆。・。・★。・。☆・。





皆様のカーライフがさらに充実したものになりますように☆ミ





【裏編集後記】

社会人になった頃は、大体2万円ほどの革靴を長くて2年周期ほどで買い換えていたのですが、ある時を境に方向転換しました。
22歳の時、ちょっと背伸びしてボーナスで当時5万円ほどだったでしょうか、グッチの革靴を購入しました。
それはそれは大切に扱って、靴底が無くなってきたら貼り替えを行なって…という感じを繰り返していると、気が付いたら10年経過した今でも形が崩れる事もなくまだまだ現役です。
それに味をしめた訳ではありませんが、4年ほど前にもお高い革靴を購入して同じような使い方をしているのですが、やはりまだまだ綺麗なまま保てています。
やっぱりメンテナンスをしていれば何でも長持ちしますね♪
安めの靴だとそこまでしようという気持ちになりませんでしたが、あえて背伸びをして購入した結果、いつまでも見た目が良くて総出費も安いという状態です。
ブランドの付加価値だけで高くなっている商品かどうかは見極める必要がありますが、本当に良い物は高いお金を払ってでも購入する価値がありますね (*^_^*)
そろそろもう一足欲しいなぁ…。








マイカーを持つ人におくる、☆脱しろうと☆ のススメ

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2016/07/18
部数 1,934部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

マイカーを持つ人におくる、☆脱しろうと☆ のススメ

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2016/07/18
部数 1,934部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ハロー株式
読者2万人超。「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、3年連続「まぐまぐ大賞マネー部門第1位!」、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見通し・投資ノウハウ、有望銘柄情報を10年以上に渡って配信しています。是非ともご活用下さい!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

社長が知っておきたい、お金とビジネスの話
税理士の山下久幸が、「お金とビジネス」を切り口に語るメールマガジン。 このメールマガジンのコンセプトは『不易流行』(ふえきりゅうこう)。 メルマガの内容は僕が日々得た情報の中から様々な変化を、独断と偏見でお伝えしたいと思います。変わるものと、変わらないものを知り、皆さまのビジネスや人生のヒントとしてお役立て下さい! この他、有料で『メルマガ顧問税理士』も絶賛発行中です(*^_^*) http://www.mag2.com/m/0001670898.html
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

自分らしく生きるレッスン
筆者 坂上 浩(さかうえ ひろし)は、東大卒、東大大学院修了 メガバンク出身のプロコーチ。 専門領域は「ライフコーチング」 (充実した人生を創るサポート) 一見、順風満帆な経歴に見えるも、母子家庭に育ち、会社員時代はワクに縛られ自分らしく振舞えず不眠・うつで出社拒否を経験。 暗闇から抜け、好きな仕事で独立を果たすプロセスから掴んだ、自分らしく生きる為の「考え方」と「具体的な実践法」を惜しみなく披露! プロコーチから学びたい! コーチングに興味がある!そんな意欲の高いあなたのご購読をお待ちしています!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング