マイカーを持つ人におくる、☆脱しろうと☆ のススメ

【自動車の塗料って何からできているの?】 マイカーを持つ人におくる、☆脱しろうと☆ のススメ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆ マイカーを持つ人におくる、★脱しろうと★ のススメ
★☆
☆    2014年7月13日(日) <Vol.148>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆レイアウトが大きく崩れている方へ

このメルマガはPC、スマートフォン、一般的な携帯電話など、様々な環境下で閲覧される事を前提に、改行無しで作成しております。
様々な環境下で完璧なレイアウトというのは存在していませんので見にくい箇所があるとは思いますが、可能な限りレイアウトが崩れにくい工夫を施していますので、何卒ご了承ください。

登録後初めて配信された方!また、メルマガのバックナンバーをご覧の方!
これも何かのご縁だと思います♪
あなたのカーライフを徹底的にサポートさせていただきますので、どうぞ末永いお付き合いを心よりお願い申し上げます (*- -)(*_ _)ペコリ


<本日の目次>

1.前述
2.本編: 外観編 その3 ~ 自動車の塗料って何からできているの? ~
3.プロへの軌跡と奇跡 「ターニングポイント」第3章 25軌跡目
4.編集後記
5.★ 維持費削減への第一歩!下げれるコストは下げましょう ★
6.バックナンバー一覧
7.☆ホームページ更新情報☆
8.お知らせ+相互紹介のコーナー
9.裏編集後記


□ ■ □  前 述  □ ■ □


どんよりした天気ばかり続き、気分まで落ちてしまいそうな今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

改めまして、今号からご購読の皆様はじめまして m(_ _"m)

久しぶりに晴れ間が出たと思ったらゲリラ豪雨…。
せめて八耐の決勝日は晴れてくれよっ!と切に願うカーライフプロデューサーことテルです (ーー゛)

これがテルです⇒ http://www.carlifesupport.net/self%20profile.html

鈴鹿八耐まであと少しですので、体力作り~業務調整などなど多忙な日々を送っておりますが、とにかく皆様にお伝えしなければいけない大切なご案内があります。

それは【8月31日まで!正真正銘のラストセール】を実施中というお知らせです。

実はこのたび、ブリッジカンパニーさんの主力商品である「にんじん君ツインGTシリーズ」ならびに「オイール」の販売形態が大きく変わります。

ご存知の通り、カーライフサポートネット経由では様々な特典をご用意させていただいており、最近ではオイール250cc毎に「使い捨てオイルジョウゴを1枚」同梱させていただくという画期的な特典も大好評をいただいております。(工具も相変わらず好評です)
それらの独自特典を同梱するために、今までは

「専用フォームからのご注文⇒カーライフサポートネットから特典同梱依頼⇒ブリッジカンパニーによる特典同梱作業⇒発送」

という形態をご注文毎に行なう事で成り立っておりました。

そのような中で、長きに渡る販売実績はもちろん、皆様からの熱いご支援のお陰で、

「商品満足度が非常に高い」

「リピート率が非常に高い」

という点が大きく評価され、流通業界最大手のアマゾン社から商品の流通を任せていただきたいというオファーがブリッジカンパニー社へ繰り返し入っていました。
しかし独自の商品である事や、皆様へご提供できる自由度が格段に下がってしまう事を懸念してお断りしていた経緯があったのですが、かなり長期に渡る条件面での交渉を経て、ついにアマゾン社による受注&在庫管理が行なわれる事になりました。

つまりこれからは

「各種商品を注文⇒アマゾンから発送(もちろん梱包材もアマゾンです)」

というシンプルかつ迅速な商品手配が行なわれる事になります。
もちろんアマゾンポイントの付与や使用など、使用者側にとっては信頼性を含めて格段にサービスが向上する事になります。

ただし二点だけ大きな変化点がございます。

一点目は、商品ラインナップが大幅に絞りこまれます。(代引きによる決済も無くなる予定です)
今はにんじん君ツインGTシリーズ3つ(Kトルネード、にんじん君ツインGT、にんじん君ツインGT MAX)、オイール(250cc~4リットル)、タフマンK、ファルコン&ネプチューンというラインナップがございますが、9月からは

●オイール250cc
●オイール250cc×4本(1L)
●にんじん君K-トルネード
●にんじん君ツインGT
●にんじん君ツインGTーMAX
●マキシマムドライブ(将来的にラインナップ予定)

のみのラインナップとなります。

長きに渡って支持していただいていたタフマンKの取扱いが無くなると同時に、ファルコン&ネプチューンも無くなります。
さらに注目すべきは、リピーターの方々に大好評だったオイール2リットル・4リットルの取り扱いが無くなるという点です。
これは即ち、購入特典であったマキシマムドライブ(2リットル:小、4リットル:大)も無料では入手できなくなるという事になります。

二点目は、カーライフサポートネット経由の特典付与が今まで通りできないという点ですね。
まず根本的に、カーライフサポートネット経由のご注文=特典(工具・オイルジョウゴ)を同梱するという特別対応ができなくなります。
在庫管理~受注&発送まで究極の流通システムを持ったアマゾンが行うと同時に、専用フォーム経由でのご注文ではなくなりますので、注文者情報を一切知ることができません。
これに関しては、9月までに作戦を考えます。もちろん同梱発送は不可能ですのでお届けまでの日数差はあるにせよ、別途皆様に特典を送付できるような流れを構築してみます。

という事で、特にオイールをリピート購入していただいている方々にとっては大きな変化となります。

一つ重要な事を言い忘れていました。
今回のキャンペーンに「ラストセール」と命名したのは、アマゾン社での流通が始まるとカーライフサポートネット限定のキャンペーンなどが基本的に無くなるからです。
様々な条件付きとは言え、品切れになるほどのご注文をいただいていたお買い得価格でのご提供ができなくなりますので、

【今回がお安く商品を入手する最後のチャンス】

という事になります。

今までのキャンペーンでも破格の値段設定を交渉して皆様にご案内しておりましたが、今回は更にそれを上回るキャンペーンをご用意していただきました。
とにかく、主力商品をありとあらゆる組合せ(特典が欲しい方、特典不要で安く入手したい方、全21パターン)でご用意していただいております。

更に今までのキャンペーンでは私が破産してしまうので実行していませんでしたが、最初で最後なので思い切ってやります。

「ラストセール対象商品にも、カーライフサポートネット独自特典を付けます!」
※小遣いが無くなって途中で断念したらごめんなさい。早い物勝ちという事で…。

何と言ってもラストセールですからね。

あ…。閉店セールではありませんのでそこだけはお間違いなく(笑)

今回は過去に類を見ない程の注文数が予想されます。
特に今後商品ラインナップから無くなる商品に関しては、再入荷する事は基本的にございませんのでお早めにご注文ください。(生産が追い付かず、納期に遅れが生じると予想されますので予めご了承ください)

★ラストセールの詳細はこちらへどうぞ♪
⇒ http://www.carlifesupport.net/lastsale.html

過去にご注文いただいた全ての方(数千名)に、睡魔と闘いながら手動でダイレクトメールを順次送信させていただいておりますので、もしかしたら当メルマガをご確認いただいているタイミングによってはすでに在庫が無くなっている可能性もございますが、あらかじめご了承願います。


非常に淋しい思いもございますが、今まで皆様にご紹介してきた商品が遂にここまで来たか!と誇らしくも思っています。
特にオイールに関しては完全に放置されていた原石を正式販売にこぎつけ、多くの方々に喜んでいただいた結果が今回の大躍進という事になりますので、いちユーザーであるにも関わらず、販売元同等の思い入れがあるといっても過言ではないでしょう。

泣いても笑ってもラストセールですので、リピーターの方はもちろん、まだ使った事がない方、昔使っていたけど最近使ってないなぁという方も、どしどしご注文いただければと思います。(私も買い溜めします!)

⇒ http://www.carlifesupport.net/lastsale.html


カーライフサポートネット@フェイスブックに「いいね」していただいている方はご存知かと思いますが、エアバッグ第三回が公開されています♪

【エアバッグ展開時の衝撃力はウサイン・ボルトの全力タックルと同じ】
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1407/03/news006.html

全三部作でお送りする最終回となる今回は、私が最も皆様にお伝えしたい内容をギュギュっと詰め込んでいます。
今日も見かけましたが、小さな子供を前席+膝の上とか運転中の膝の上とか、エアバッグが展開したら即死ですよ…。
という事で、絶対に知っておいていただきたい内容となっていますので、皆様是非ご覧ください♪


査定に関するコンテンツは引き続き大反響をいただいております。
公開していいの?と言われるような他では出していない貴重な情報もたくさん掲載していますので、まだまともに目を通していない方は是非ともご覧ください。
愛車を最大限高く査定してもらう方法
⇒ http://www.carlifesupport.net/assessment.html

また、現時点で車の乗り換えを検討していない方も、その時期が来れば必ずお役に立てるコンテンツだと確信していますので、ページをブックマークしておいてくださいね♪
⇒ http://www.carlifesupport.net/assessment.html


カーライフサポートネット@フェイスブックに参加してくださっている方が、当メルマガを書いている現時点でついに810名を突破しました (= ̄▽ ̄=)V

着々と!という感じでご支持をいただいており、改めましてこの場をお借りして御礼申し上げます。
とにかく一つの区切りとして、2014年中に1000人超えを目指しています ( ̄∇+ ̄)v

得はしても損はしない場所ですので是非ともご参加くださいませ。

いいね!クリックで参加できます⇒ http://www.facebook.com/CarlifeProducer.TERU

という事で、本日も最後までお付き合いくださいませ m(_ _"m)ペコリ

~・~・~・~・~

● このメルマガの趣旨説明 (初めての方はお読みください)

このメルマガは、車の知識が素人以上プロ未満の方を対象としています。

「あ~だこ~だわからない事を説明されて気づいたら高額な請求になっていた。。。」

ということは日常茶飯事ですが、このメルマガを通して皆様が少しでも不必要な修理、部品交換をされずに済む様になっていただくため、心をこめて丁寧に説明していきます。

目標はずばり、

☆このメルマガがきっかけで車の維持費が安くなった☆

と言っていただくことです!

維持費とは「燃費」「諸経費(保険など)」「修理費」「車検点検費用」などです。
車を安く維持していく上でまず大事なのは、『適切な修理依頼ができる!』事です。
さらに、ご自身のカーライフに適合した保険会社の選択、低燃費走行、その他本当に必要な最低限の契約を心がける事が、豊かな暮らしをする為の大事なポイントです!

普段節約生活をしているのに「車の維持費は固定費」だと思っている方! 必読です。
このメルマガを購読していただいたからには、間違いなく維持費を下げて見せます。


**********

● 今回のテーマは

☆ 外観編 その3 ~ 自動車の塗料って何からできているの? ~ ☆
  
 です。

**********

バックナンバーは
⇒ http://www.carlifesupport.net/mag_backnumber.html へどうぞ。

今回も、皆様のカーライフを充実させる情報を発信していきます♪


□ ■ □ 本 編 □ ■ □

☆ 外観編 その3 ~ 自動車の塗料って何からできているの? ~ ☆

素人である私が塗料と聞いてまず思い浮かべるのは、家の外壁を塗るペンキだったりプラモデルを塗装するためのラッカースプレーだったり…。

でも自動車の塗装って明らかに何かが違いますよね。

何が違うって、光沢が凄いし爪で押しても凹まないくらい固いし、何より常に屋外に放置されているのになかなか劣化しない。

仮にホームセンターで簡単に入手できるラッカースプレーなどで塗装されていたとすると、日光にやられてすぐに色褪せしたり、雨が降ったら色が落ちてきたりと大変です。
(今の時代の感覚はこれが普通ですが、昔の車は雨で色落ちしていました)


「いやいやちょっと待って、そもそもラッカーって何?」


ご安心ください。

私も塗装のプロではありませんので、そこまで難しい内容やマニアックなお話しはできません(汗)
とはいいつつも、テーマとして取り上げている訳ですから持っている知識などを駆使し、車に使われている塗料の特徴くらいはご理解いただけるように努力してみます…。

まず先程からちょくちょく出てきている「ラッカー」というのは、塗料の溶剤の一つです。


「溶剤?」


そうです、溶剤です。

溶剤の種類は塗料にとって非常に大きな要素となりますが、その話しをする前にまずは【塗料】についてお話しします。

そもそも塗料というのは

・顔料
・樹脂
・溶剤

が混ざり合った物で、色を担当するのが顔料です。

この顔料が塗りたい物(以後、塗装面と表現します)に付着さえすれば目的は達するのですが、残念ながら顔料そのものに粘着力や付着性という性質は備わっていません。
イメージしていただくとすれば、ただの色が付いた粉だと思ってください。

この色が付いた粉(顔料)を塗装面にある程度の厚みを持たせて均一に付着させるために樹脂が存在しています。
ただし樹脂と顔料とは自然に混ざり合う事がありませんので、溶剤で樹脂を溶かして顔料を取り込ませるというイメージですね。
溶剤の代表的な例が、あまりイメージがよくないシンナーです。

これら全てが混ざり合った物を塗料と呼び、さらに塗装方法や目的に沿って最適な性質(速乾性、遅乾性、艶出し、艶消し、増粘性など)を追加するための添加剤も含まれます。

顔料はただの色ですので、目的の色(単色、メタリック、パールなど)に応じた顔料を使用するだけで、塗料の種類による差はほとんどありません。


「塗料の種類?」


また新しいワードが出てきましたが、塗料の性質を大きく左右するのは樹脂の違いです。
そして樹脂が変わればそれを溶かす溶剤も変化しますので、基本的に

樹脂の種類=塗料の違い=溶剤の違い

となる訳ですね。

さてこれを踏まえ、自動車に関わる塗料の代表例3つを挙げます。(最新の水性塗料は省きます)

・ラッカー
・ウレタン
・焼き付け

ラッカー塗料とウレタン塗料はホームセンターで入手する事ができ、手軽かつ安価に入手できるのがラッカーで、手間は掛かるし高価だけど仕上がりが抜群なのがウレタンです。
焼き付け塗料は一般的には容易に入手できず、また特殊な設備がないと硬化させる事ができません。ちなみに自動車の量産工場では、この焼き付け塗装が行なわれています。

ラッカー塗料はとにかくシンプルで、大雑把に言えば「顔料+樹脂(アクリルなど)+溶剤」で構成されており、塗装面に付着した時点から溶剤が揮発し、全ての溶剤が揮発した時点で完了です。(非常に早い)
そのため、溶剤蒸発型塗料とも言われています。
この塗料の場合、顔料と樹脂とは化学的な結合がありませんので、耐久性などは一番低いレベルに位置していると考えて間違いないでしょう。
それを証拠に、ラッカー塗装された部分をいくら乾燥させても、シンナーで取り除く事ができます。

次にウレタン塗料ですが、こちらはラッカーには無い硬化剤が含まれており、化学反応によって塗膜を形成(乾燥)します。
耐久性も非常に高く、見栄えもよいことから、時間をかけてプロの塗装屋さんが施工する場合は基本的にこのウレタン塗料が使用されています。

最後に焼き付け塗料ですが、こちらはその名の通り、高温(~140°程度)の環境下に晒すことで化学反応が起こり、強固な塗膜を短時間で実現する物です。
自動車の量産工場では短時間かつ高性能な塗膜が求められるため、この焼き付け塗装が最適という事ですね。
自動車の塗料は主にメラミン樹脂(+アルキド樹脂)が用いられており、加熱しなければ硬化しない特徴から、自動車の補修時塗装には使えない(内装・電気部品が取り付けられた後では施工できない)特徴があります。(組み込まれているパーツを全て取り外せば可能)

塗料の事を少し知っている人であれば、自動車の補修時に塗装(ウレタン)すると量産時の塗膜と変わってしまうので嫌だという意見がございます。
確かに焼き付け塗装は非常に強いので間違いではありませんが、しっかりと時間を掛けて施工されたウレタン塗装も同等の品質かつ耐久性を持った状態になります。
とは言っても、部分的にウレタン塗装というのは心情的に良くないのも事実。

新車の納車時にゴミ噛み(1mm程度)を発見して再塗装を依頼したとしても、残念ながらウレタン塗装しかできません。
耐久性などの問題をそれほど考える必要はありませんが、世の中で最も困難な事の一つとして「ほこりや0.1mm程の浮遊物を大気中から完全に遮断する事」があります。
特に自動車の場合は相当入念に管理された空間で塗装が施されていますが、それでも排除しきれないのが大気中で塗装している宿命です。

本来の車体色を一新するために、数十万円を費やして全塗装を行なった車両を細かく見てみると、それはそれはゴミ噛みだらけです…。
いかに量産工場が厳しい環境下で塗装されているのかを痛感させられる瞬間ですね。

どうしても塗装するしか無い場合を除き、基本的には量産状態の焼き付け塗装を大切にする事が色々な意味で重要だと思います。

自動車のボディを細かくチェックすれば必ずゴミ噛みなどが見つかると思いますが、全てを完璧にというのは量産車ではなくコストを上乗せした特注車でしかできません。(塗装も車体価格の一部です)

せっかく特殊な塗装が施されているのですから、色々な意味で量産時の塗膜を大切にしましょうね♪


それでは次回もお楽しみに (=⌒ー⌒=)ノ~☆


☆。・。・★。・。☆・。

≪ノンフィクション小説≫ 

★ プロへの軌跡と奇跡 『ターニングポイント』 ★

小説バックナンバー⇒ http://turningpoint.carlifesupport.net/

●第3章『暴走』  ◆24軌跡目


【前章までのあらすじ】

加速しようとしてもなぜか仲間に着いていけず、あっという間にパトカー3台に狙われる構図になったテルとヤス。
1台でも前に出られると形勢が一気に悪くなるため、必死に抑えこんでいたはずなのだが…。


**********


ヤス「あかんっ!!!」


一瞬の隙をついて、パトカー1台が前に抜けだした。


テル「うわっ!?」


すぐに車体を横に向けて急停止し、進路を塞ぐと同時に警察官が一気にパトカーから降りはじめる。


ヤス「よけろぉぉぉぉ!」

テル「うぉぉぉぉ!」


全てのドアが開き、飛び出してきた警察官が原チャに飛びつこうとしている脇を間一髪左にかわした!

左側車線で何とか体勢を整える。


ヤス「ホッとしてる間はないで、次も来よるっ!」

テル「おう!」


残りの二台が引き続き前に出ようと、右側を加速してきている。


ヤス「テル右やっ!!!」


ヤスが後部座席から右側に体重をかけ、合わせてテルも右側へバイクを寝かしこむ!
思った以上にリカバリーが早かったのか、パトカーが慌てて急ブレーキを踏んだ。


拡声器「くぉらおまえらぁっ!ええかげんに止まらんかいっ!」


まるで謝罪会見を行なっている芸能人のように、カメラのフラッシュが止まらない。
すぐにさっき停車していたパトカーも追い付いてくる。


ヤス「もうすぐ橋が終わるはずや!」

テル「終わったらどうすんねん!?」

ヤス「とりあえず左に曲がるとこあるから、直進すると思わせて一気に左に入るぞ」

テル「分かった、フェイントな」


右をガードしたら左から一台前に出られ、そのたびに前で待ち構えているパトカーを避けて次に備える。

時間的に数分だったと思うが、1時間以上の攻防を行なっているように感じるほど、凄まじい駆け引き。


ヤス「見えたあそこやっ!直前まで左を見んなよっ!」

テル「気が付いてないフリな」


橋の終盤は若干の下り坂になっており、速度が出ない原チャにとって非常にありがたい環境だ。
少しずつ車速が上がっていき、ようやく60km/hほどに達したその時だった。


ヤス「ブレーキ無しで曲がれぇ~!!!」

テル「うおぉぉぉぉぉぉ!!!」


二人の体重と旋回Gが原チャにかかり、車体が限界まで沈み込んでいるのが分かる。
さらにサイドスタンドが路面と接触し、聞いた事がないようなギャー音が鳴っている…。


テル「こける~!!!」

ヤス「気合いじゃボケ~!」


不意をつかれたのか、パトカーは同じく左に曲がろうとしたが連携が取れず、一旦減速しているようだ。


左にまがった道は街灯がほとんどない真っ暗な細い道だった。
この先、いつ行き止まりになるかも全く見当がつかない。


ヤス「あっ、あそこに空き地っぽいのがあるやん!」

テル「あの草のとこか?」

ヤス「そや!あいつらがこっち来る前に、この辺で原チャ隠して一気に走って、フェンス登って草の中隠れるぞ!」

テル「そういう感じ!?」

ヤス「もうそれしかない!」


次号へ続く。

☆。・。・★。・。☆・。


◆◇◆ 編集後記 ◆◇◆ 

つい最近、週に最低一回はランチに通っていたラーメン屋さんが閉店しました。
売り上げが悪くてではなく、他の主力店舗も含めた人材不足(独立など)でどうしても多店舗営業していくのが困難という判断です。

人気店だったので信じられない気持ちと、店員さんも非常に仲良くさせていただいていたのでとても淋しい気持ちです…。

時代の流れにおいて不変という物は無いのだなぁと改めて実感しました。

環境はもちろん、人間関係やその他もろもろ、

「いつか変化が起きた時にどういう風にしていくか」

まずはメンタル的な部分をどのように持っていくべきかになると思いますが、さらに踏み込んで具体的な行動と言うか、もし無くなった時にどうするのかというのは常に想定しておくべきですね。

自動車業界も信じられない程のスピードで電子化が進んでおり、今まで当たり前だった物がどんどん淘汰されています。それに伴い、整備士の世界も大きな変化が求められています。
既存の機械的技術を電子制御に置き換えられているだけですので、元(機械的仕組み)をしっかり理解していればスムーズに移行できるものですが、ベテランの方々は食わず嫌いのような感じですね(笑)
一度進化した物をあえて退化させる事は基本的にありませんので、これから先はPCと診断機を使いこなして車と向きあうしかないのが現状です。
使ってみたら今まで見えなかったものまで細かく見えるようになって非常に面白い物ですから、ベテラン勢には是非とも頑張っていただきたい所です (*^_^*)


それでは次号もお楽しみに♪

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆


***********

◆バックナンバー一覧 ⇒ http://www.carlifesupport.net/mag_backnumber.html

◎小説バックナンバー ⇒ http://turningpoint.carlifesupport.net/

☆最新バックナンバー ⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000159339

***********


☆☆☆☆☆ ホームページ更新情報 ☆☆☆☆☆

かなり評判がよいため、既存のページをセンターレイアウト(スマートフォン対策)するべく地道な作業を繰り返しています…。
なかなか新規ページ作成まで至っていないのが現状ですが、頑張ります!


●カーライフサポートネット@フェイスブックがおかげ様で810名突破!!
⇒ http://www.facebook.com/CarlifeProducer.TERU


★アイティメディア社@モノイストでの連載記事★

メルマガ&カーライフサポートネットよりもレベルが高くなっていますが、一つの部品に的を絞って徹底的に説明しております。
もっと車に詳しくなりたい!という方にはもってこいだと思いますので是非ともご覧ください♪

【いまさら聞けない 電装部品入門】⇒現在、好評連載中です♪

◆第一回 「自動車唯一の電源、鉛バッテリーの仕組み」
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1210/01/news090.html

◆第二回 「エコカーとともに進化する鉛バッテリー」
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1210/29/news007.html

◆第三回 「オルタネータが生み出す電力が無ければ自動車は走れない」
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1212/03/news011.html

◆第四回 「激化する“燃費戦争”、発電だけではなくなったオルタネータの役割」
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1301/15/news012.html

◆第五回 「大解剖! スターターモーターの仕組み」
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1303/07/news005.html

◆第六回 「アイドルストップシステムの普及がもたらすスターターの革新」
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1304/10/news017.html

◆第七回「エンジン点火に必要な電圧は数万V! イグニッションコイルの役割」
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1305/23/news013.html

◆第八回「さらばディストリビューター、点火タイミングは電子制御で最適化する時代に」
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1306/25/news013.html

◆第九回「すごいぞスパークプラグ、2000℃に加熱してから急冷して高圧を掛けても壊れない」
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1307/29/news015.html

◆第十回「ドライブバイワイヤの生みの親は自動変速機!? 」
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1310/10/news007.html

◆第十一回「自動ブレーキも横滑り防止装置も、ドライブバイワイヤあってのものだね」
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1401/16/news007.html

◆第十二回「エアバッグの前に付く「SRS」の意味を理解しよう」
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1404/08/news005.html

◆第十三回【エアバッグが開かないのは衝突安全ボディのせい!?】
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1405/22/news009.html

◆第十四回【エアバッグ展開時の衝撃力はウサイン・ボルトの全力タックルと同じ】
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1407/03/news006.html


●いまさら聞けない シャシー設計入門(連載完結済み)
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/fmecha/index/fmachachassis.html

●いまさら聞けない エンジン設計入門(連載完結済み)
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/fmecha/index/fmachaengine.html


●学生フォーミュラ優勝チームのレポート記事

『トラブルがなければ必ず上位に行ける! ――京都工芸繊維大学』
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1302/28/news018.html

『阪大、初の日本一! ほんまに車が好っきやねん』
⇒ http://monoist.atmarkit.co.jp/fmecha/articles/formula2010/04/formula2010_04a.html


□■□ お知らせ □■□

 ★ 8年連続で大幅自動車保険料削減に成功! ★

 見積もりをはじめたきっかけは、会社で契約していた「団体割引」が本当に安いのかを確かめたかった気持ちからです。

 団体割引に入っているあなた。

 きっと「団体割引だから安いだろう!?」というマジックに騙されていませんか?

 去年は三井ダイレクトにて8920円の削減、契約。

 きっとここが一番安いんだなぁと思いつつも駄目元で今年も見積もりしてみました。

 すると、驚くことに…

 43090円⇒32270円(10820円の節約)

 という結果がチューリッヒで出ました!!!

 とは言っても、ただ単に見積もりをしただけで私は何のテクニックも使っていません。
 ちなみに今年は、長年最安を記録していた「三井ダイレクト」を超えて「チューリッヒ」が圧倒的に一番安かったです。
 これは私の場合ですので、個人のデータで全く結果が変わります。

 詳しくはこちらをご覧ください!!!
⇒ http://www.carlifesupport.net/about_hoken_link.html

 最高で61200円もの削減に成功した方もいらっしゃいます!
 見積もりをしてみると分かりますが、きっと驚くほど下がりますよ(笑)

=======================


◆相互紹介のコーナーです◆

***********

募集中ですよ~。

***********

□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □
 

★今回も最後までお付き合いいただきましてありがとうございました★


◆内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
 また、当メルマガによって得た情報によるいかなる損害についても、当方は一切の責 任を負いません。ご自身の責任のもとでご活用ください。

◆レイアウトが大きく崩れている方へ

このメルマガは、MSゴシックで作成しております。MSゴシックに設定していただけますと問題なくご覧いただけます。



☆。・。・★。・。☆・。

@発行者:カーライフプロデューサー 山本 照久
@アドレス: kobeteru2000@gmail.com
@発行システム:まぐまぐ  http://www.mag2.com/
@ホームページ: http://www.carlifesupport.net
@フェイスブック:  http://www.facebook.com/CarlifeProducer.TERU
@バックナンバー: http://www.carlifesupport.net/mag_backnumber.html
@小説バックナンバー: http://turningpoint.carlifesupport.net/
      
※登録、解除はご自身でお願い致します。

☆。・。・★。・。☆・。





皆様のカーライフがさらに充実したものになりますように☆ミ





【裏編集後記】

そこそこ多忙な生活を送っている私が唯一見ているのはNHKの大河ドラマです。(録画しておき、睡眠時間を削って見ていますw)
ご存知の通り、今年は軍師勘兵衛。
色々な意見が乱立する本能寺の変がどのように描かれるのか非常に楽しみでしたが、遂に今夜放送されるようで、少しソワソワしています(笑)
昔から戦国時代が大好きで、特に当時の武士が持っていた圧倒的な「胆力」に魅力を感じます。憧れだけで終わらすことなく日々精進を重ねて胆力を磨いていきたいと思います♪









マイカーを持つ人におくる、☆脱しろうと☆ のススメ

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2016/07/18
部数 1,932部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

マイカーを持つ人におくる、☆脱しろうと☆ のススメ

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2016/07/18
部数 1,932部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2017年に7000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億2000万円に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング