「社長と幹部と社員のカン違い」から目を覚ませ!!

Vol.452 「社長と幹部と社員のカン違い」から目を覚ませ!! 」


カテゴリー: 2010年01月06日
 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

  「社長と幹部と社員のカン違い」から目を覚ませ!! 

            発行; 株式会社武蔵野 経営サポート事業本部 
                http://www.musashino.co.jp/ 

            2010年01月06日号 VOL.0452 講読者 45,323名 

 ☆このメールマガジンは、「8年間会員企業『倒産0』の実績をもつ
   株式会社武蔵野」が、経営計画書や環境整備などをテーマにお送りします。

 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ----PR--------------------------------------------------------------
 新春スペシャル!ビジネスに役立つ書籍を紹介する「ビジネス選書セミナー」
 にて、小山が講演します!ご興味のある方は、ぜひお申し込み下さい。

  【場所】総評会館 2階 会議室
  【日程】2010年01月13日(水)   
  【時間】19:00 ~ 20:30 (18:30開場)
  
    ●お申し込み・詳細はコチラから
      http://www.bbook.jp/seminar/best_seller/seminar_100113.html
  ----------------------------------------------------------------PR--

 ■小山昇の一言
  新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い申し
  上げます。今月当社の常務取締役 矢島が、本を出版します。また詳細
  決まり次第、ご案内させて頂きますが、タイトルだけは決まりました。

  「会社は環境整備で9割変わる!」です。今回の編集後記から矢島目線で
  私との出会いについて、少し掲載しますので良ければご一読下さい。
 
  
 ●詳細HP:『 経営の見える化 ダブル講演セミナー 』
  http://www.m-keiei.jp/musashino/general/03_w.html?banner_id=jm_seminar2_100106




 今回のテーマは【やる気】です。

 私どもの会社には「内定者セールス研修」があります。150円や300円の
 食器洗いスポンジやスチールたわしを持たせて、大学生にセールスに
 行かせます。

 学生は、150円、300円ですから、簡単に売れると思っています。でも、
 たった1個を売るのに大変な思いをします。10個売れる学生は、10人の
 うち1人居るか居ないかです。

 わが社・武蔵野の多くの内定者は、5個くらいしか売れません。
 でも、その体験を一度してから、売り方の技術を教えると、次はほとんど
 の学生が10個以上売ってきます。

 このように、技術の裏づけがない人に、気合を入れろとか、やる気を持て
 などと言ってはいけません。





 P.203 No.1203 【やる気】
 ------------------------------
 知識や技術の裏づけがあり、責任を持たされて、終わりが見えるこ
 とで起きます。困ったことだけを、上司が取り除いてやることです。
 ------------------------------
     阪急コミュニケーションズ『仕事ができる人の心得』より


  参考;書籍「仕事ができる人の心得」
  http://c.p-advg.com/adpCnt/r?mid=739848&lid=2

 
           (株式会社武蔵野 代表取締役社長 小山昇)



 「やる気になれ」などと言ってはいけません。
 一番いけないのは「気合を入れてやれ」です。新人に気合など入りません、
 仕事のやり方がわからないのですから。

 ここで一番大切なことは“知識や技術の裏づけ”です。それにはどうし
 たら良いかというと、簡単な仕事をさせることです。

 しかし、上司が、仕事ではなく、家庭的な悩みを抱えていると、関心が
 そちらに向いているので、上司本人の成績が落ちるばかりでなく、部下に
 対して仕事の追い込みもできなくなります。

 上司は、事実をきちんと教え、責任を持たせ、終わりを見せなければいけ
 ません。個別目標を作ってあげて、チェックをしなければなりません。
 基本的なことを教え、責任を持たせ、手を離して、目を離さないことが
 大切!なのです。

 ダメな上司は、ずっと手を握っています。手は2本しかないので、1人、
 2人の手しか握れません。手を離して目を離さなければ、10人は見ることが
 できます。部下がきちんとできているかどうかは、チェックリストでチェッ
 クすれば良いのです。

 困った時に部下から報告が来るかというと、来ません。ですから、上司が
 自ら聞きに行かなければいけません。そこで私の場合どうしているかと
 いうと、本部長以上の人にはすべて、朝、わが家に私を迎えに来させて
 います。

 その時どの人も、私の自宅(荻窪)を出て三鷹くらいまでは間違いなく
 色々と報告事項が出てきますが、三鷹を過ぎたあたりから会社までは報告
 することが薄くなり「早く東小金井に着かないかな」という色がありあり
 と浮かびます(笑)。

 でも、その苦し紛れで「実はこれこれで困っています」と、“時間稼ぎ”
 でありながらも、“困っている報告”が、ちゃんと出てきます。『社長の
 お迎え』」とは、そういう仕組みなのです。上司はその“困っていること
 だけ”を解決してあげれば良いのです。

                      ある朝の早朝勉強会にて


  参考HP:ビジネス用語CD会員HP
  http://www.m-keiei.jp/musashino/cd/?banner_id=jm_cd_100106 


 ----PR--------------------------------------------------------------
 経営入門塾がバージョンアップして開催されます!

  【日程・場所】2010年02月27日(土) 東京:新宿NSビル
        2010年03月01日(月) 大阪:新大阪丸ビル
  【時間】15:00~開始、17:30~小山と武蔵野幹部との懇親会
  
    ●お申し込み・詳細はコチラから
      http://www.m-keiei.jp/musashino/general/01_initiation.html?banner_id=jm_keiei_100106 
  ----------------------------------------------------------------PR--

 ----PR--------------------------------------------------------------
 懇親会で直接質問もOK。事業承継セミナーのご案内

  【場所】新宿野村ビル 48F
  【予定】2010年02月19日(金)   
  【時間】13:00~16:30(希望者のみ 終了後、懇親会があります)
  
    ●お申し込み・詳細はコチラから
      http://www.koyama-book.jp
  ----------------------------------------------------------------PR--

    
 
 【編集後記】

  予定を変更して今回から、常務取締役 矢島茂人がお届けします。


  参考;メルマガバックナンバー
  http://archive.mag2.com/0000158168/index.html


 ●題:手帳サイズの経営計画書に衝撃を受ける 

                          常務取締役 矢島茂人



 明けましておめでとうございます。今回から編集後記を担当する矢島です。
 新しい年を迎えてフレッシュな気持ちを取り戻す意味で、今回は小山との
 「縁」についてお話をしたいと思います。

 私が小山と出会ったのは1987年の9月です。とある経営セミナーでのことでし
 た。どうしてそんなセミナーに私が参加していたのか?それを説明するため
 には、私の生い立ちについて簡単にお話ししておかなくてはなりません。

 1987年当時、私は長野県の池の平ホテルという、父母が経営するレジャーホテ
 ルで社長室長として勤務していました。経営を一層安定させなくてはと思い
 から、私は積極的に各種の経営セミナーに参加していました。

 特に著名な経営コンサルタントである一倉洋先生の『後継社長塾』というセミ
 ナーは大きな感銘を受けました。

 それが1986年のことです。この時点では私はまだ「小山昇」の名前すら知りま
 せんでした。

 さて、一倉洋先生の父君は一倉定といい、これもまた大変に有名な経営コンサ
 ルタントです。かねてより先生の名前はよく存じ上げており、「いつかお父さ
 ん(一倉定先生)のセミナーも受講してみたいものだ」と思っていました。

 そのチャンスは一倉洋先生のセミナーを修了した翌年の1987年に訪れます。
 セミナー会場はオーストラリア西部のパース。日程は六泊八日とかなりヘビー
 なものでしたが、そこは憧れの大コンサルタントのセミナーです。私は喜び勇
 んで申し込みをしました。

 このセミナーには、当時株式会社武蔵野の社長に就任したばかりの小山も参加
 していました。そこで私は初めて、この「特異な」経営者に出会うのです。

 セミナーの主題は経営計画書の作成ノウハウについてでした。当然、参加した
 社長・経営幹部らは、A4サイズの立派な経営計画書を持ち込んでいました。

 ところが小山だけは違っていました。「バイブルサイズ」というのでしょうか、
 現在も武蔵野で使っている手帳サイズの経営計画書だったのです。

 「これはいいぞ」と私は思いました。経営計画書は自社を良くするための道具
 であり、そして道具は使わなくては意味がないと考えていた私にとって、小山
 の経営計画書のハンディさ・実用性は大いに興味をそそられるものでした。

 「この人の話を聞いてみたい」。そう思って私は小山に近づいていったのです。

 それがまさか20年以上に及ぶ長い付きあいの始まりになろうとは、神ならぬ
 身には知る由もありませんでした。

 余談になりますが、一倉定先生は「経営計画書は会社の魂のようなものだから、
 きちんとした装丁で作れ」と指導されていました。そういう意味では小山の小
 さな経営計画書は、明らかに教えには反するものだったといえます。

 本書をお読みの方の中で、小山のセミナーに出席されたことのある方の中には、
 彼がしばしば「オリジナリティを加えようとするな。なにも考えずにそのまま
 真似しなさい」というのをお聞きになったことがあると思います。

 しかし当時の本人は、そうやって平気で自己流の工夫を加えていたのですね。

 私は小山に「その経営計画書を見せてほしい」と頼みました。もちろん、この
 時点では私と小山とにはなんの接点もありませんでしたが、私は持ち前の気安
 さで声をかけたのです。

 小山はずいぶんともったいぶって(このあたり、現在の本人とほとんど変わっ
 ていません)見せてくれました。

 そこで私はもう一度驚くことになります。


 次回は“「教えてやるから金を出せ」”
 次回もお楽しみに!

 
 ----PR----------------------------------------------------------------
 2010年初!経営の見える化 ダブル講演セミナーのご案内

  【場所】新宿NSビル
  【予定】2010年02月02日(火)   
  【時間】15:00~開始、18:00~小山との懇親会と何でも質問コーナー
  
    ●お申し込み・詳細はコチラから
      http://www.m-keiei.jp/musashino/general/03_w.html?banner_id=jm_seminar2_100106_a
 ----------------------------------------------------------------PR--- 
 ----PR--------------------------------------------------------------
 ★無料★仕事ができる人の心得【全員にお試しCDをプレゼント!】
 「仕事が出来る人の心得」をテキストとしてマネジメントの考え方や経営の
 ヒントを著者(小山昇)自らが解説をしているCDです(約45分)。
 経営者必見、【お試し無料です!】是非お申込くださいませ。
 http://www.m-keiei.jp/musashino/cd/?banner_id=jm_cd_100106_a
 ----------------------------------------------------------------PR--

 ■このマガジンを読まれて「いいな!」と思われたら方、宜しければお知
  り合いの方々にも是非おすすめ下さい。

 【お勧めメルマガ 「社長と幹部と社員のカン違い」から目を覚ませ」】
  ⇒ http://www.mag2.com/m/0000158168.html

  ●バックナンバーはコチラ
  ⇒ http://archive.mag2.com/0000158168/index.html



 ┏<ご意見・お問合せ>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃株式会社武蔵野 経営サポート事業本部 メールマガジン係 
 ┃Eメール: k-support@musashino.jp    
 ┃電話:042-383-6340 
 ┃URL:http://www.m-keiei.jp/  
 ┃
 ┃メルマガの解除⇒ http://www.mag2.com/m/0000158168.html

ついでに読みたい

「社長と幹部と社員のカン違い」から目を覚ませ!!

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/05/23
部数 30,746部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2017年に7000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億2000万円に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

魔法使いリエちゃんのインスピレーション競馬
馬券ベタの初心者でも高額配当的中 魔訶不思議な魔法の3連単馬券術をお伝え中(有料) もちろん、馬券センス有りのあなたなら、さらに、、、( *´艸`) 直近の的中結果 9/24 中山 1R  148,100円的中 中山 2R  135,630円的中 9/25 阪神2R  221,300円的中 阪神4R  257,570円的中 中山7R  139,420円的中 中山10R  133,100円的中 中山12R  113,680円的中 詳しくは、メルマガ紙面にて
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング