RAFIQ Magazine

【RAFIQ Magazine】2018年2月号 昨年難民申請者数1万9千人超、認定はたったの20人!


カテゴリー: 2018年02月15日
◯●◯---------------------------------------------------------●◯●
          在日難民との共生ネットワーク
       ★ RAFIQ  Magazine ★
    2018年2月号 No.154 2018年 2 月 15 日(木)発行
◯●◯---------------------------------------------------------●◯●

 RAFIQのホームページ → http://rafiq.jp
 RAFIQの Twitter   → http://twitter.com/RAFIQ_network
 RAFIQのFacebook   → https://www.facebook.com/rafiqjapan/
 なんみんハウスWeb  → http://rafiq.jp/N-house/index.html

★★ ===========================
 RAFIQ緊急支援のお願い → http://rafiq.jp/donate.html
=========================== ★★

寒い日が続いていますが、皆さん、お変わりありませんか?
編集子の回りでも風邪やインフルエンザにかかった!という声をよく耳にしま
す。今年は特段に寒くて身も心も縮こまってしまいますね。
今月のRAFIQ Magazineをお届けします。温まる情報があまりなくて申し訳あり
ません。ちょっとでもあたたかくなるようにしていきたいと思います。


■■■ 今月のもくじ ■■■

1. 2/3~4 ワン・ワールド・フェスティバルにブース出展しました
2. 大村入国管理センターから1名仮放免
3. 2017年難民認定申請者数1万9000人超、認定はたったの20人!
4. 難民認定制度運用改悪のメディアの反響
5. ベトナム人47人、チャーター機による一斉送還
6. 今までの活動報告
7. これからの予定
8. 編集後記


1.==========================
 2/3~4 ワン・ワールド・フェスティバルにブース出展しました
===========================

2月3日~4日、大阪北区民センターや扇町公園など一帯で開かれる「ワン・
ワールド・フェスティバル」に今年もブース出展しました。
また、4日午後には、RAFIQの若手グループ「GLORRY(グローリー)」が主催す
る難民問題と入管問題のワークショップを、プログラム企画として行いました。

ワン・ワールド・フェスティバルは、NGOやNPO、自治体や企業、国際機関など
が出展しています。参加者への団体活動やボランティア活動の紹介、異文化多
文化交流、出展団体同士の交流などを目的としています。RAFIQは2008年より
毎回ブース出展しております。

今回はブースの前では常にどなたかが訪れ、話をしている状態で、盛況でした。
また、ワークショップも定員40名だったのですが、立ち見ができるほどたくさ
んの方が参加し、終わってからもブースを訪ねてきてくれる人がありました。

また、新しいRAFIQのチラシができ、持っていった500枚全部を配布しました。

今後につながっていく交流もでき、成功に終わったと思います。

ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。

・国際協力のお祭り「ワン・ワールド・フェスティバル」
 http://www.interpeople.or.jp/owf/

・RAFIQの新しいチラシはこちら
 (「RAFIQって?」「入会案内」のページにあります)
 http://rafiq.jp/pdf/2018RAFIQ_leaflet01.pdf
 http://rafiq.jp/pdf/2018RAFIQ_leaflet02.pdf


2.==========================
 大村入国管理センターから1名仮放免
===========================

1月下旬、大村入管(長崎県大村市)に収容中だった難民を仮放免しました。
仮放免のためには、(1)保証人、(2)住居、(3)保証金、(4)逃亡の恐れ
がないことの証明などが必要です。

この方は、関空で収容され、大阪入管で難民申請を行った方です。
難民申請者保護の立場に立つと、難民を収容することは問題であると思います。
大阪入管に約10ヶ月収容されてその後、大村入管に約1年2ヶ月収容、計約2年
の収容でした。保証人をRAFIQのメンバーが行い、日本に知り合いがいないた
め、仮放免後の住居をなんみんハウスにして、弁護士と協力し申請しました。
2回目の申請で許可されました。

何人か仮放免申請を行っていますが、2年ほど前から大阪入管では1年以上の収
容でも仮放免されず、大村入国管理センターに移送されています。
難民申請者であることは考慮されず、許可の条件もわかりません。この方も1
回目の申請が不許可でした。今回許可された理由は告げられず、書面にもあり
ませんでした。

仮放免後、事実上初めての「日本の地」でした。なんみんハウスには5人ほど
集まり夕食に鍋をしました。2年ぶりの暖かい食事(入管の食事は、できたて
のものはありません)に感激していました。

しばらくはシェルターに入居していますので、よろしくお願いいたします。


3.==========================
 2017年難民認定申請者数1万9000人超、認定はたったの20人!
===========================

2月13日、法務省は2017年難民認定者数等の速報値を発表しました。

難民申請者数は2万人に迫る勢いですが、難民認定数は20人で、1~9月までに
10人認定していましたが、3ヶ月ほどで10名を追加したのみです。
特にUNHCRでも難民として保護の必要性が高いとしているシリア難民は誰も難
民認定せず、45名に人道的な配慮による在留を認めただけでした。

世界の難民が7000万人になり100人に1人が保護が必要な人となっている中、
日本の認定はたった20人。認定率0.1%はあまりにも少なく、やっと逃げてき
た日本で希望を見いだせない難民の苦悩を考えてしまいます。

同日、難民支援協会が「日本に来るのは「偽装難民」ばかりなのか?難民認定、
年間わずか20名の妥当性を考える」と題してコメントを出しています。

詳細な認定数等は例年3月末までに発表されます。

・法務省:平成29年における難民認定者数等について(速報値)
 http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri03_00700.html

・日本に来るのは「偽装難民」ばかりなのか?難民認定、年間わずか20名の妥
当性を考える(18/2/13 難民支援協会)
 https://www.refugee.or.jp/jar/report/2018/02/13-0002.shtml


以下マスメディアの記事を紹介します

・難民申請、1万9千人と大幅増 入管17年速報値、認定は20人 - 共同通信
 https://this.kiji.is/336024284449703009?c=39546741839462401
・難民申請、1万9千人と大幅増 (ロイター)
 https://jp.reuters.com/article/idJP2018021301002007?il=0
・昨年の難民認定申請者、2万人弱で過去最高に(1/2ページ) - 産経ニュース
 http://www.sankei.com/world/news/180213/wor1802130025-n1.html
・難民認定申請数:17年1万9628人 認定は20人 - 毎日新聞
 https://mainichi.jp/articles/20180214/k00/00m/040/045000c
・難民申請、1万9千人と大幅増 入管17年速報値、認定は20人:どうし
ん電子版(北海道新聞)
 https://www.hokkaido-np.co.jp/article/163996
・17年の難民申請、最多の1.9万人 就労の抜け穴に:日本経済新聞
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26846280T10C18A2PP8000/
・2017年の難民申請は前年比80%増1万9628人、認定4年ぶり減の20人
(ニューズウィーク日本版)
 https://www.newsweekjapan.jp/headlines/world/2018/02/208028.php
・難民申請、1万9千人と大幅増 入管17年速報値、認定は20人- 徳島新
聞社
 http://www.topics.or.jp/worldNews/worldSociety/2018/02/2018021301002004.html
・日本 2017年ほぼ2万人の難民認定申請のうち、受理はわずか20人 - 
Sputnik 日本
 https://jp.sputniknews.com/japan/201802144574708/


4.==========================
 難民認定制度運用改悪のメディアの反響
===========================

先月1月号でお伝えしたように、難民認定制度の改悪運用が1月15日に施行され
ました。
大幅に当事者に影響が出てくるのはこれからだと思われますが、今まで窓口に
おいて難民認定申請は全件受理されていたものが、受理されないケースもチラ
ホラと聞いています。どういう判断で受理されないのかが問題になるかと思わ
れます。
また受理されない理由や、A・B・C・Dに簡易分類されますが、自分がどこに分
類されたかも知らされません。

施行後、名古屋難民支援室という支援団体が声明を出しました。また、メディ
アも社説という形でこの運用について言及しています。

特にNHKは1月26日の「時事公論」という深夜の番組で、運用について解説をし、

  とくに日本は難民の認定基準に厳格です。シリアで反政府デモに加わって
  国外に逃げた人をヨーロッパでは難民認定しても参加しても、日本では個
  人への特定の危険性を証明できないと難民と認定されません。支援団体や
  弁護団は、世界標準に近づけるよう求めています。
  また、入国管理局が難民の認定審査を行っているのは、難民を保護より管
  理の観点から見ているという指摘もあります。出入国管理から難民の審査
  を切り離し、認定から社会統合まで一元化する必要があるのではないで
  しょうか。就労目的の難民申請が多いのは、外国人労働者への門戸が狭い
  ためだという指摘もあります。移民問題と難民問題を扱う独立した行政機
  関の設立が望まれます。
  国をはじめ自治体や社会は態勢の整備も含めて幅広い議論が求められます。

と難民認定審査のあり方まで言及しています。
このような論調は法務省が「偽装難民の急増」「難民認定申請制度を乱用」と
言い始めてから、徐々にマスメディアから出ていると思います。

日本で難民認定申請をし、難民認定されるまでに命を削り取られる人が出てく
る可能性は大きいのです。申請中であっても1人の人間として自立して過ごす
形が望ましいと思います。難民申請者の現実をマスメディアが慎重にクローズ
アップして私たちの意識を改革し、また制度への改革にも影響が出てくるので
はないでしょうか。

声明やメディア各社の報道記事をまとめていますので、ぜひお読みください。

・RAFIQ 2018年1月法務省難民認定制度 運用厳格化について
 http://rafiq.jp/date/2018/1801seido_unyou.html

・「開かれた社会になるか 日本の難民認定」(時論公論)(18/1/26 NHK解
説委員室)
 http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/289278.html


5.==========================
 ベトナム人47人、チャーター機による一斉送還
===========================

2月8日、7回目のチャーター機による一斉送還が行われ、ベトナム人47名が送
還されました。ベトナムへの送還は2014年、2017年と引き続き、3回目になり
ます。
毎日新聞によれば、難民申請中や訴訟中の人はいないということですが、過去
に難民申請をしていたことがある人(おそらく不認定処分)が含まれているよ
うです。法務省は偽装難民の急増を防ぐといっていますが、難民申請をしてい
たことがある人を送り返すのはノン・ルフルマンの原則に反しており、送還後
の状態が気になるところです。

RAFIQの調査では、少なくとも大村入国管理センター(長崎県)から10名、大
阪入管から3名がこの飛行機に載せらています。その中には難民申請をしたこ
とがある人も含まれています。

・ 法務省:ベトナム人47人を強制送還 チャーター機で (17/2/8 毎日
新聞)
 https://mainichi.jp/articles/20180209/k00/00m/040/128000c

・過去6回の一斉強制送還のデータはこちら(RAFIQまとめ)
 http://rafiq.jp/nyukan/charteredplain_deport.html


6.==========================
 今までの活動報告
===========================

【活動報告】

・1/16 難民カフェ(/大阪市内)

・1/19 ユニクロより衣料支援物資届く(年末に要請していました)

・1/24 出前講座 甲南女子中学・高等学校

・1/25 出前講座 虹の会

・1/28 世界難民の日関西集会第1回実行委員会(なんみんハウス)

・2/3~4 ワン・ワールドフェステバルに出展、プログラム出展(/大阪市
内)
  報告は「1」をご覧ください。

・2/10 難民初級講座「難民についてもっと知りたい」(なんみんハウス)

・2/10 ボランティア説明会(なんみんハウス)

・2/12 世界難民の日関西集会第2回実行委員会(なんみんハウス)

・2/12 関東の難民支援団体との支援活動報告会(なんみんハウス)

・2/12 無国籍情報センター開設記念シンポジウム「日本における無国籍研
究:無国籍から見えるもの」(主催:無国籍ネット /東京)に参加
 詳細:http://bit.ly/2nX9tKo

・2/13 RAFIQ大阪入管面会


【ホームページ更新履歴】(1/11~2/10)日にちは更新日
RAFIQのホームページのRAFIQ magazineで紹介しきれていない記事等を紹介し
ます。

・1/11 「RAFIQって?」のページを更新
 http://rafiq.jp/rafiq.html

・1/11 なんみんハウスWeb:資料室の所蔵書籍・資料のリストを更新
 http://rafiq.jp/N-house/siryousitu/siryousitu_index.html

・1/15 増加し続ける難民認定申請数 平成29年は過去最高確実(18/1/12
 産経新聞)
 http://www.sankei.com/life/news/180112/lif1801120018-n1.html

・1/15 希望は失ったが…難民キャンプ、取材される瞬間「幸せ」(18/1/8 
朝日新聞)
 https://digital.asahi.com/articles/ASKDK1QHKKDKUHBI001.html?rm=568

・1/15 1/13~14 LUSH×RAFIQ 難民支援チャリティパーティ報告
 http://rafiq.jp/date/2018/1801LUSH_campaign.html

・1/17 「GLORRY」のロゴができました!
 http://rafiq.jp/GLORRY.html

・1/18 「ボランティア募集」ページを改訂
 http://rafiq.jp/volunteer.html

・1/21 シリア難民、国連施設前で焼身自殺図る 援助打ち切りに抗議 レバ
ノン(18/1/11 AFPBB)
 http://www.afpbb.com/articles/-/3158135

・1/27 シリア難民14人、凍死遺体で発見 レバノン国境(18/1/22 CNN
ニュース)
 https://www.cnn.co.jp/world/35113504.html

・1/27 アフガン:難民勧誘し派兵のイランに反発 シリアで死傷(18/1/24
 毎日新聞)
 https://mainichi.jp/articles/20180125/k00/00m/030/071000c

・1/27 南スーダン 停戦合意後も人道状況悪化 国連安保理で報告
(18/1/25 NHKニュース)
 http://rafiq.jp/media/180125nhk.html

・1/27 コンゴ民主共和国の戦闘激化、約7000人の避難民 湖を渡りブルンジ
に(18/1/27 AFPBB)
 http://www.afpbb.com/articles/-/3160178?cx_position=1

・2/2 スリランカ:苛酷な治安法の廃止を(18/1/29 ヒューマン・ライツ・
ウオッチ)
 https://www.hrw.org/ja/news/2018/01/29/314296

・2/2 連載:故郷遥か 川口のクルド人 第1部・第2部(第1部 17/12/6~9
 第2部 18/1/17~20 毎日新聞)
 https://mainichi.jp/ch171294349i/%E6%95%85%E9%83%B7%E9%81%A5%E3%81%8B

・2/2 ビルマ・ロヒンギャ問題:1/31までのメディア記事を一挙紹介
 http://rafiq.jp/nanmin/rohingya.html#news

・2/3 世界の難民・避難民 「17年、7千万人規模に急増」「定住や就学支
援 日本に期待」(18/1/28 日本経済新聞)
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26245470Y8A120C1FF8000/

・2/6 RAFIQ English Page:Updated  by "RAFIQ Magazine" Janyuary issue
   Refugees News http://rafiq.jp/eng/refugees_news.html
   RAFIQ Activites http://rafiq.jp/eng/activities2018.html

・2/7 バランス欠く日本の難民対策 滝澤三郎氏 東洋英和女学院大学大学
院 客員教授(18/2/6 日本経済新聞)
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26524390V00C18A2SHE000/

・2/8 新婚女性を拘束、吐血・痙攣しても薬を与えず、口封じの脅迫―東京
入管の難民虐待が酷すぎる(志葉玲) (18/2/7 Yahoo!ニュース)
 https://news.yahoo.co.jp/byline/shivarei/20180207-00081337/


7.==========================
 これからの予定
===========================

・2/18(日)14:00~ VC現地スタッフ来日イベント(大阪)「アフガニスタ
ンに生きる医師の挑戦」
 場所:大阪市立阿倍野市民学習センター
     http://osakademanabu.com/abeno/
 講師:アブドゥル・ワハーブ
 資料代:500円
 主催:特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター(JVC)
 詳細・参加申込:
  http://www.ngo-jvc.net/jp/event/event2018/02/20180218-afghanistan.html

・2/20(火)19:00~ 難民カフェ
「ミニテーマ 難民がなぜ収容されるのか?仮放免とは?」
 場所:朱夏 大阪市北区中崎町1-1-18
    http://amanto.jp/groups/shuka/access/
 参加費:1500円(軽食と飲み物付き)
 主催:ネオ難民カフェネットワーク

・3/3(土)14:00~ 「GLORRYゼミ(難民問題研究会)ワークショップ
「もし、自分が難民になったら…」国外避難~入国管理局収容編」(要予約)
 場所:なんみんハウス
 参加費:500円
 定員:8名(会員、難民問題に関心のある一般の方)
 主催:GLORRY
 詳細:http://rafiq.jp/active/GLORRY_seminar.html

・3/10(土)14:00~ 難民初級講座「難民についてもっと知りたい」
 場所:なんみんハウス
 参加費:1,500円(RAFIQ会員1,300円・学生1,000円)要予約
 詳細・予約:http://rafiq.jp/active/nanminkouza.html

・3/10(土)16:00~ ボランティア説明会
 場所:なんみんハウス
 対象:初級講座「難民についてもっと知りたい」を受講された方
 詳細・予約:http://rafiq.jp/active/nanminkouza.html

・3/13(火)13:00~ RAFIQ大阪入管面会
 集合場所:大阪地下鉄中央線「コスモスクエア駅」改札口付近
  ※ 初めて参加される方には、面会の前に、「初級難民講座:入管ってど
    んなとこ?」受講していただきます。
    参加費:1000円(RAFIQ会員800円・学生500円)
 要予約。当日、身分証明書お忘れなく。
 詳細・予約:http://rafiq.jp/active/menkai_iko.html

・3/20(火)19:00~ 難民カフェ
 場所:朱夏 大阪市北区中崎町1-1-18
    http://amanto.jp/groups/shuka/access/
 参加費:1500円(軽食と飲み物付き)
 主催:ネオ難民カフェネットワーク

【難民の裁判情報】

難民不認定異議申立て(第2次審査)が却下されると、多くの難民申請者はそ
の処分取消を求めて提訴します。本人尋問でない限り、数分~数十分で終わっ
てしまいますが、弁護士から報告がありますので、ぜひ支援する立場で傍聴を
お願いします。
傍聴することは、その問題に国民が関心を持っていることを表し、裁判所への
圧力にもなります。

・3/1(木)11:00~ 難民不認定処分取消 第8回裁判
 原告:カメルーン難民Jさん
 法廷:大阪地裁806号法廷

・4/12(木)10:00~ 難民不認定処分取消 第4回裁判
 原告:ガーナ難民Gさん
 法廷:大阪地裁806号法廷


8.==========================
 編集後記
===========================

2月7日にジャーナリストの志葉玲さんがYahoo!ニュースで取り上げたクルド人
女性の東京入管における処遇に注目しました。元気な人も収容されることに
よって心身の健康を奪われていくのに対し、入管は内部に医療施設があっても
「治療」を全くしない状態は、RAFIQが2002年からの面会行動では一つも変
わっていません。
もちろん、その都度治療を求めてきています。
医療を受けるのもいわゆる許可制になっていて、収容者は具合が悪い時にかか
ることができないし、内部医は入管にものが言えない状況も全く改善しようと
していません。
だからこそ、支援者は仮放免を求めるのです。

Twitterでそのように意見をいいますと、いくつかの反応が返ってきて「犯罪
者だから当たり前」という無茶苦茶な論理や「刑務所などに比べたら(病気に
なる人・死亡する人は)少ない」と言ってきます。

犯罪者だと刑務所内で病気になったり、死亡したりするのは仕方ないことなの
ですか?

国家が人を拘禁するにあたって、どんな理由があっても健康を害させたらいけ
ません。ましてや死亡事件などあってはならないものです。それができないの
なら拘禁してはいけません。入管は仮放免すべきなのです。


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
※このメールは「まぐまぐ」を利用して配信しております。
※登録・解除はこちらでご自身の手でなさってください。
※ http://www.mag2.com/m/0000157082.html (まぐまぐから)
※ http://rafiq.jp/mag/mag_index.html (RAFIQ HPから)

バックナンバー: http://rafiq.jp/mag/mag_index.html

RAFIQ Magazine 2018年 2 月号 2018年 2 月 15 日発行

発行:在日難民との共生ネットワーク RAFIQ
ホームページ: http://rafiq.jp
お問い合わせ:TEL・FAX:06-6335-4440
       rafiqtomodati@yahoo.co.jp
発行責任者:Carlan

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

RAFIQ Magazine

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/02/15
部数 467部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

RAFIQ Magazine

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/02/15
部数 467部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

株投資・初心者からミリオネアへ
一般の個別銘柄は、 日経225先物に引きずられて動く習性があります。 そのため、個別銘柄を売買する場合は、 先物の動向をチェックした上で、売買する必要があります。 ここでは、その日経225先物の動向を中心にお伝えしてまいります。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

毎日1分!経済英語NEWS(解説付き)
TOEIC235点だった私が900点を超えるまでの勉強の過程で感じた、「英語のニュースを解説してくれる教材があったらいいのに。。。」という思いを形にしました。 全ての英文に、文法解説・和訳 がついています。 「読めない英語」は聞き取れません。 1ヶ月無料です。もしあなたが、「本気で英語を身に着けたい!」と思っているのであれば、挑戦しない理由はないはずです。 あなたの英語力を必ず引き上げてみせます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

問題解決研究所刊【よくわかる!英字新聞の読み方】
このメルマガは、中学レベルの英語を復習できるように、毎号、英字新聞記事を使って文法事項を解説します。また、取り上げたニュースの背景を解説し世界で起こった出来事が我々にどのように関係するのかをお伝えします。2020東京オリンピックに向かって英語は欠かせません。このメルマガを購読すれば、世界の人とつながるための英語脳ができ、さらにはグローバル競争に勝つための戦略脳を作れます。戦略は弱者のためにあります。忙しい方、英語の苦手な方に最適なメルマガです。メルマガ読者だけの特典・イベントを開催します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング