RAFIQ Magazine

【RAFIQ Magazine】2017年 3月号 シリア難民 留学生として受け入れ始まる


カテゴリー: 2017年03月15日
◯●◯---------------------------------------------------------●◯●
          在日難民との共生ネットワーク
       ★ RAFIQ  Magazine ★
    2017年 3月号 No.143 2017年 3 月 15 日(水)発行
◯●◯---------------------------------------------------------●◯●

 RAFIQのホームページ → http://rafiq.jp
 RAFIQの Twitter   → http://twitter.com/RAFIQ_network
 RAFIQのFacebook   → https://www.facebook.com/rafiqjapan/
 なんみんハウスWeb  → http://rafiq.jp/N-house

 「難民展」あと少し! → http://rafiq.jp/date/2016/16nanminten.html

まだまだ寒い日が続きますね。発行日には暖かくなっているでしょうか。
少し暖かい日に道端に咲き始めたオオイヌノフグリを見つけました。小さな、
青い花びらをつける花で、名前とは大きな差がある花です。どうしてこんな名
前がツケられたんだろうか。まあ、花はそんなこと気にせず、咲き時に一生懸
命さこうとしています。
皆さんいかがお過ごしでしょうか。


■■■ 今月のもくじ ■■■

1. シリア難民 留学生として受け入れ始まる
2. 2/18 全国難民支援者交流会議 報告
3. 3/11 難民展関連企画 講演会報告
4. タイ、ベトナム、アフガニスタン人計43名一斉送還!
5. 「なんみんハウスWeb」開設しました!
6. 今までの活動報告
7. これからの予定
8. 編集後記


1.==========================
 シリア難民 留学生として受け入れ始まる
===========================

シリアの難民を留学生(大学院生)として受け入れる取り組みが2月半ばから
始まりました。2月17日のNHKニュースによると、隣国ヨルダンで選抜試験が
行われ、定員20名のところ、121名の応募があったようです。合格した人は希
望大学の面接を受け、合格すれば9月から入学とのこと。

また、難民支援協会は国内の日本語学校と提携し、就学就労支援を行うための
「プライベート・スポンサーシップ」の取り組みを始めるということです。

・日本初 民間主導による難民受け入れ "プライベート・スポンサーシップ"
を開始(難民支援協会プレスリリース)
 https://www.refugee.or.jp/jar/release/2017/02/09-0000.shtml

・シリアの若者を「留学」で救う NPOと語学学校連携、民間で初
(17/2/16 東京新聞)
 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201702/CK2017021602000250.html


2.==========================
 2/18 全国難民支援者交流会議 報告
===========================

2月18日に「2016年度 第2回難民支援者全国会議」が開催されました。この会
議は、FRJ(なんみんフォーラム)が3年前から年2回程度開催しているもので
す。
全体で36名の参加、RAFIQからのは関東メンバーも含めて4名が参加しました。
名古屋や九州の支援者も参加もありました。企業からの参加者もありました。

●報告

<1.名古屋高裁判決報告>
 報告者:川口直也氏(名古屋難民支援室副代表、弁護士)
     羽田野真帆さん(名古屋難民支援室)

 1.1.名古屋高裁で逆転勝訴(2016年)したウガンダ事案の概要、争点、生活
  状況
 1.2.名古屋高裁で逆転勝訴(2016年)したネパール事案の争点

 この内容の主なところは、RAFIQの昨年の総会で羽田野さんから報告してい
ただいたものです。

・RAFIQ 名古屋地裁難民不認定処分取消訴訟 勝訴判決
 http://rafiq.jp/date/2016/16nagoya_hanketsu.html

・RAFIQ RAFIQ15周年総会
 http://rafiq.jp/date/2016/161113RAFIQ15.html


<2.難民保護に関する国内外の動向分析・報告>
 報告者:杉本大輔氏(全国難民弁護団連絡会議)

 2.1.難民認定手続きの新運用
 難民認定手続きの新運用における主な変更点について

 (1)濫用・誤用案件について迅速処理(簡易却下)
難民認定申請手続きの初期段階でケースをA・B・C・Dの4案件のいずれかに分
類し、
  B(迫害理由に明らかに該当しない主張)
   または
  C(正当な理由のない再申請)
に分類された場合に、複数の事案をまとめて一覧表に記載するという簡易進達
のプロセスで、3か月以内に処分の告知を行うようです。

 (2)難民認定申請中の就労・在留を制限
運用の改悪は「迅速な手続き」ということで次々と行われているので、RAFIQ
でも学習会を行いたいと思っています。

 2.2.難民関連のデータ
難民申請・認定数の推移、申請場所による数(港湾か否か、地方入管別)、申
請時の在留状況、退令発布状況、認定者の申請回数、申請者がどこから来たか、
主な出身国、手続き期間、難民保護費の受給者数・支給額・受給期間、難民関
連訴訟、申請中の入管収容などに関するデータが示されたました。

<3.トランプとアメリカの移民・難民受け入れ>
 報告者:山口薫さん(アムネスティ・インターナショナル日本)

アムネスティの取り組みやアメリカの動きなどが紹介されました。

<4.国際的な難民支援の潮流と社会統合:オークランド(NZ)で開催された
ATCR/WGR(Working Group on Resettlement)に参加して>
 報告者:石井宏明氏(難民支援協会)

・トランプ「旋風」
・難民と移民の大量移動に取り組む2つの盟約(グローバル・コンパクト):
 2018年国連総会で制定される見込み。
・シリア難民を2015年11月から2016年2月までの間に25,000人受け入れた「カ
 ナダの奇跡」。

午後は分科会でした。RAFIQの4名が4つの分科会に別れて参加しました。
以下のテーマについて、市民社会としてどんなアクションができるか、また、
支援関係者はどんな連携・協同ができるかを各グループで話し合い報告をおこ
ないました。
[1]市民社会からメディア、一般の人々へ
[2]難民認定制度の見直しを受けて
[3]難民および申請者のセーフティ・ネット
[4]社会統合

● 参加者の感想

まる一日で結構ハードでしたが、いろいろな立場で難民支援を行なっている方
や関東以外の方などと支援の共有や悩みなども話し合うことができよかったで
す。
今後、協力した具体的な支援につながればよいと思います。


3.==========================
 3/11 難民展関連企画 講演会報告
===========================

11月から始まった「難民展」もいよいよ大詰めを迎えようとしています。
3月10日までに会場であるリバティおおさかに入館された方は6500人を超えて
いるそうです。

3月11日に行いました関連企画はこれが最後となりました。
YNHCRの「グローバル・トレンズ2015」ビデオの上映のあと、「今日の難民問
題、日本が出来ること」と題し、UNHCR駐日事務所副代表の小尾尚子さんがお
話くださいました。

小尾さんは、世界の難民がかなりのスピードで多くの人が出ていること、難民
キャンプより都市部に居住する難民のほうがより多く、生活困窮のため、子ど
もたちが過酷な児童労働を強いられ、教育の機会が奪われており、支援が行き
届かなく、孤独である現実をお話くださいました。

そして、日本の難民認定制度の中で、申請者に対する保護法がないこと、研修
は増えてきても実際の認定手続の中で入管からUNHCRに問い合わせがないこと
などをお話されました。
難民奨学生制度を取り入れる大学が多くなったり、企業も難民の雇用に関して
関心を持ち、中にはNGOと共同でプライベート・スポンサーシップを提携し、
難民の受け入れに積極的になってきています。
一般の人には、RAFIQに入って活動をしていくほか、「雪だるま方式」で周り
に伝えていくことが大事と締めくくられました。

質疑応答のあと、RAFIQの共同代表 田中の方から、在日難民の問題について、
運用の改悪が進められ、真の難民の認定が後回しになっており、不認定になっ
た人が再申請をする時の問題点を指摘しました。
また、RAFIQの活動と現在企画検討中の世界難民の日集会を紹介して終わりま
した。

UNHCRの日本における立場と仕事がよく分りました。
第二次世界大戦後の戦後処理的に期限を区切って設置された「国連難民高等弁
務官」が無期限に変わり、未だに終わらない現状に心が痛みます。

報告はこちら。
 http://rafiq.jp/date/2016/2016nanmin_matome.html#kanren

・【UNHCR Japan】【ビデオ】グローバル・トレンズ2015
 http://www.unhcr.or.jp/html/2016/07/video-160704.html


4.==========================
 タイ、ベトナム、アフガニスタン人計43名一斉送還!
===========================

2月20日、チャーター機により、タイ人32人、ベトナム人10人、アフガニスタ
ン人1人計43名がチャーター機により送還されました。一部の人については入
管の収容者から支援者に連絡が入り、集団で居室を連れ出されたとわかりまし
た。
ロイターの記事によれば、難民申請中の人はいないということですが、元申請
者(難民不認定者ということ)がいたかもしれません。アフガンの人であれば、
危険な国に送還させることは重大なことで、ノン・ルフルマンの原則に反しま
す。
タイ、ベトナムへの一斉送還はそれぞれ2回めとなります。

-------------------------------------------
入管、タイ人ら43人を強制送還 (17/2/21 ロイター)
 http://jp.reuters.com/article/idJP2017022101002069

 法務省入国管理局は21日、不法入国や不法残留のタイ人32人、ベトナム
人10人、アフガニスタン人1人の計43人を20日に民間のチャーター機で
強制送還したと発表した。2~61歳の男女で、訴訟中や難民申請中の人は含
まれない。滞在期間は最長で25年9カ月だった。

 入管によると、チャーター機での一斉送還は強制退去が決まっても拒否して
いる人が対象。2013年から実施しており、今回が6回目。昨年9月にはス
リランカ人30人を強制送還した。

-------------------------------------------

・タイ人、ベトナム人、アフガン人計43名 チャーター機による一斉送還(17
年2月 RAFIQ)
 http://rafiq.jp/nyukan/charteredplain_deport.html#Thai_2

 過去5回の一斉送還とともに、報道や支援団体のアピール等を掲載しています。


5.==========================
 「なんみんハウスWeb」開設しました!
===========================

3月に「なんみんハウスWeb」を開設しました。

なんみんハウスWebでは、おもにオープン日の案内と皆さんから寄せられた難
民・入管関係の書籍・資料を紹介していきたいと思います。

また、おいおいなんみんハウスで催されるイベントも紹介していきたいと思い
ます。

いろんな形で難民問題を通じて支援の輪ができ、なんみんハウスから広がって
いくことを願います。

どうぞ、なんみんハウスWebをご活用ください。

・なんみんハウスWebへようこそ! | トップページ
 http://rafiq.jp/N-house/
 (RAFIQのトップページからもいけます)

※ RAFIQ関係のイベントやアクション、難民・入管問題の資料関係は引き続
  きRAFIQのホームページで!


6.==========================
 今までの活動報告
===========================

【活動報告】

・2/16~17 「難民国際法 シンポジウム」(主催:阪大国際公共政策研究科
OSIPP稲盛財団寄附講座 /大阪大学)に参加

  RAFIQからも10名くらいが参加していました。国際基準と受け入れの実績
  のある国のシステムなどが聞け、とても勉強になりました。

 ・「難民受け入れで国際シンポ」(17/2/16 NHK関西)
  http://rafiq.jp/media/170216nhk.html

・2/18 全国難民支援者交流会に参加
  「2」で報告しています。

・2/20 ナイジェリア難民裁判傍聴

・2/21 難民カフェ(主催:ネオ難民カフェネットワーク /大阪市内)

・2/26 世界難民の日関西集会第3回実行委員会(なんみんハウス)

・3/11 講演会「今日の難民問題、日本ができること」
 「3」で報告しています。

・3/14(火)13:00~ RAFIQ大阪入管面会

【ホームページ更新履歴】(2/11~3/10)日にちは更新日
RAFIQのホームページのRAFIQ magazineで紹介しきれていない記事等を紹介し
ます。

・2/12 世界最大の難民キャンプ 閉鎖差し止めの判決|公益社団法人アムネ
スティ・インターナショナル日本 (17/2/10 PR TIMES)
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000113.000005141.html

・2/12 南スーダン難民が150万人超す 世界第3位の難民危機(17/2/11
 朝日新聞)
 http://www.asahi.com/articles/ASK2C2S93K2CUHBI006.html

・2/20 世界的にも極端に低い日本の難民認定率 問題はどこにある?
(17/2/18 OVO)
 https://ovo.kyodo.co.jp/column/a-964259

・2/20 デイズ・ショット:こえをきいて(17/2/18 毎日新聞)
 http://mainichi.jp/articles/20170218/ddf/001/040/003000c

・2/23 ・中東から逃れドラえもんの国へ…大阪の施設に初の入居者
(17/2/22 朝日新聞)
 http://www.asahi.com/articles/ASK2G0HJBK2FPTFC022.html

・2/23 ・Amnesty International Annual Report 2016/17
 https://www.amnesty.org/en/latest/research/2017/02/amnesty-international-annual-report-201617/
 ・日本 (上記アムネスティ・レポート2016/2017 より)
  http://www.amnesty.or.jp/human-rights/region/asia/japan/

・3/1 APRRN:難民入国一時禁止を定めた米大統領令に対するプレスリリース
発表(17/2/13 なんみんフォーラム)
 http://frj.or.jp/news/news-category/news/2381/

・3/3 【速報】2016年の難民認定者数の発表を受けて(17/2/10 難民支援協
会)
 https://www.refugee.or.jp/jar/report/2017/02/10-0000.shtml

・3/3 ・パブリックコメント出しましょう! 出入国管理及び難民認定法施
行規則の一部を改正する省令案について(意見募集)
   3/2に締め切られました。「全国難民弁護団連絡会議」と「名古屋難民
  支援室」のパブリックコメントを紹介。
 http://rafiq.jp/date/2017/1702PublicComment.html

・3/9 トランプ大統領、入国禁止に関する新たな大統領令に署名 何が変
わったのか?(17/3/8 ハフィントン・ポスト)
 http://www.huffingtonpost.jp/2017/03/06/trump_n_15197220.html

・3/9 難民申請者に除染作業 「ビザ延長される」と虚偽勧誘(17/3/8 中
日新聞)
 http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2017030802000065.html

・3/10 English Page:Updated Refugees News, RAFIQ Activites 2017  by 
"RAFIQ Magazine" February issue
 Updated Refugees News http://rafiq.jp/eng/refugees_news.html
 RAFIQ Activites 2017 http://rafiq.jp/eng/activities2017.html

・3/10 新「移民規制」大統領令に初提訴(17/3/9 FNNニュース)
 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00351998.html


7.==========================
 これからの予定
===========================

・~3/18(土) 企画展
「もっと知ろう!もっと考えよう難民のこと」
  http://rafiq.jp/date/2016/16nanminten.html
 場所:「リバティおおさか」大阪人権博物館ギャラリー など
 主催:RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)/大阪人権博物館

  約4ヶ月に渡り、難民展を開催してきましたが、残り3日となってしまいま
  した。まだの方はお急ぎください。
  RAFIQはもちろんのこと、15年間の間に知り合った難民の支援団体につな
  がり、大阪人権博物館のおおらかな対応でそのつながった団体に声をかけ
  ることができました。
  観覧された皆さまには、世界の難民の状況とともに、日本の難民の状況、
  受け入れ体制の問題点など、知っていただけたと思います。さあ、次は私
  たち個人個人がどうするか…?

・3/18(土)14:00~ 難民初級講座「難民についてもっと知りたい」
 場所:なんみんハウス
 参加費:1000円(RAFIQ会員800円・学生500円)要予約
 詳細:http://rafiq.jp/active/nanminkouza.html

・3/18(土)16:00~ ボランティア説明会
 場所:なんみんハウス
 対象:初級講座「難民についてもっと知りたい」を受講された方

・3/21(火)19:00~ 難民カフェ 
 場所:朱夏 大阪市北区中崎町1-1-18
    http://amanto.jp/groups/shuka/access/
 参加費:1500円(軽食と飲み物付き)
 主催:ネオ難民カフェネットワーク

・3/26(日)17:00~ 2017年世界難民の日実行委員会
 場所:なんみんハウス

・4/8(土)14:00~ 難民初級講座「難民についてもっと知りたい」
 場所:なんみんハウス
 参加費:1000円(RAFIQ会員800円・学生500円)要予約

・4/8(土)16:00~ ボランティア説明会
 場所:なんみんハウス
 対象:初級講座「難民についてもっと知りたい」を受講された方

・4/11(火)13:00~ RAFIQ大阪入管面会 要予約
 集合場所:大阪地下鉄中央線「コスモスクエア駅」改札口付近
  ※ 初めて参加される方には、面会の前に、「初級難民講座:入管ってど
    んなとこ?」受講していただきます。
    参加費:500円
  ※ 当日、身分証明書お忘れなく。

・4/18(火)19:00~ 難民カフェ 
 場所:朱夏 大阪市北区中崎町1-1-18
    http://amanto.jp/groups/shuka/access/
 参加費:1500円(軽食と飲み物付き)
 主催:ネオ難民カフェネットワーク


【難民の裁判情報】

難民不認定異議申立て(第2次審査)が却下されると、多くの難民申請者はそ
の処分取消を求めて提訴します。本人尋問でない限り、数分~数十分で終わっ
てしまいますが、弁護士から報告がありますので、ぜひ支援する立場で傍聴を
お願いします。
傍聴することは、その問題に国民が関心を持っていることを表し、裁判所への
圧力にもなります。

・3/21(火)10:10~ 難民不認定処分取消 歳2回裁判
 原告:カメルーン難民Jさん
 法廷:806号法廷

・4/19(木)14:00~ 難民不認定処分取消 第8回裁判
 原告:ナイジェリア難民Kさん
 法廷:大阪地裁1007号法廷


8.==========================
 編集後記
===========================

「RAFIQ Magazine」2月号で、風呂の給湯設備とエアコン設置のための寄付を
お願いいたしました。風呂給湯はほとんどシャワーで一時滞在の難民が利用す
るものです。現在はキッチンの給湯器をシャワー代わりに使っているそうです。
寒い時期なので、そんなに頻繁に使わなくても良さそうですが、いざ使うとき
はやはり寒いし、これから汗をかく季節のためにも必要です。
エアコンは2階のミーティングルーム兼資料室にあるものですが、短時間でも
据え置きタイプの暖房器具は、人家が密集しているこの建物では使わないほう
が賢明であろうという判断で、持ち込みすら認めていません。
なんみんハウスでお世話してくださる方には、大変辛抱していただいておりま
す。

これも、ひとえにカンパしてもらう、寄付してもらうという発想になかなか至
らないのと、なんみんハウスを立ち上げる段階で有償無償の寄付を頂いたその
上にまだ寄付募るかという後ろめたさもあってか決断が遅くなりました。

まだ半分も集まっておりません。重ねてお願い申し上げます ペコリ。

・RAFIQ なんみんハウス:風呂湯給湯器の設置とエアコンの費用緊急支援の
お願い
 http://rafiq.jp/date/2017/1702N-house_urgentdonation.html


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
※このメールは「まぐまぐ」を利用して配信しております。
※登録・解除はこちらでご自身の手でなさってください。
※ http://www.mag2.com/m/0000157082.html (まぐまぐから)
※ http://rafiq.jp/mag/mag_index.html (RAFIQ HPから)

バックナンバー: http://rafiq.jp/mag/mag_index.html

RAFIQ Magazine 2017年 3 月号 2017年 3 月 15 日発行

発行:在日難民との共生ネットワーク RAFIQ
ホームページ: http://rafiq.jp
お問い合わせ:TEL・FAX:06-6335-4440
       rafiqtomodati@yahoo.co.jp
発行責任者:Carlan

   RAFIQ会員随時募集中! http://rafiq.jp/kaiin.html
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

ついでに読みたい

RAFIQ Magazine

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2017/03/15
部数 454部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年1月現在8400人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額900億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 テリー伊藤のまる金ライダー8に毎週、代表の峯島がコメンテーターでレギュラー出演中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

へなちょこ社長中松のだるだる日記
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング