気軽に楽しくサイエンス!

気軽に楽しくサイエンス! 第273号


カテゴリー: 2008年04月07日
□■□―――――――――――――――――――
■□ 気軽に楽しくサイエンス! 第273号
□
         発行者 Masami
   ―――――――――――――――――■□
    

◇◆ すばらしき日本の食品技術! ◆◇

【今日のメニュー】
 ♪おいしさと便利さを家庭に――レトルト食品
 ♪今日のクイズ
 ♪おすすめメルマガの紹介
 ♪今日のデザート(編集後記)
 ♪クイズの答え


【おいしさと便利さを家庭に――レトルト食品】 

僕は、食事はできる限り自分で作るようにしているので、
冷凍食品は10年以上買っていないし、
コンビニ弁当も昼食時以外はあまり買わないようにしています。
健康面を考えてではなく、節約を考えてのことですけどね。

冷凍食品もコンビニ弁当も、
健康面や家事の面からは、ちょっと悪者扱いされることが多いですが、
時間がない現代人にとっては、とても便利なものです。

さて、調理が簡単な食品ということで、
冷凍食品やコンビニ弁当と並列で語られがちなのがレトルト食品。
レトルト食品とは何かを尋ねられたら、
おそらく多くの人が、調理が簡単な食品と答えるのではないでしょうか?

しかし、レトルト食品とは、そういう食品を指すのではありません。

レトルト食品とは何なのか?
まちがったレトルト食品のイメージを、正しく直していきましょう。

まず、「レトルト」とは、先ほども述べたとおり簡単という意味ではありません。
英語・オランダ語で、加圧加熱殺菌釜のことを指します。
レトルト食品とは、加圧加熱により殺菌するという、
『レトルト技術』によって作られた食品のことなのです。

なぜ、食品を殺菌するのかといえば、長期保存のため。
食べ物が傷んでしまうのは、
目に見えない細菌によって腐敗するからであり、
それらを死滅させることによって、常温でも長期保存が可能となるのです。
もちろん保存料など使われていません。

長期保存可能な食品といえば、缶詰があります。
なにしろ、レトルト食品は”やわらかい缶詰”とも言われます。
缶詰があるのに、なぜレトルト食品は生まれたのでしょうか?

それは、缶詰は保存には便利だけれど、デメリットがあるから。
なにしろ缶詰は、金属の缶に入っているので重さがあります。
1個や2個ならいいけれど、たくさん運ぶとなるとかなり大変です。
そしてまた、食べたあとの缶の処理も問題となります。

缶詰の持ち運びとゴミ処理に困っていたのは……軍隊。
そりゃそうでしょう。
何百、何千という人間の食事を持ち運びしなけりゃいけないんですから。

レトルト食品の起こりって、軍の携帯用食料だったわけです。

1950年頃にアメリカでレトルト技術の研究が始められ、
やがて宇宙食としての実用化に向けて研究されることになりました。
そして、1969年にアポロ11号の宇宙食として実用化!

レトルト食品は、軍で始まり、宇宙でデビューするという、
なんとも壮大にしてドラマチックな歴史をたどっているのです!

が、すごいのは、それが同時に一般家庭に普及した国があるということ。
それはもちろん……われらがジャパーン!

レトルト技術を研究していた大塚食品が、
アポロ11号より1年早い1968年に阪神地区限定でボンカレーを発売。
このときは賞味期限が2、3ヶ月と短く、容器が衝撃にも弱いなど、
まだまだ改良すべき点がありました。

しかし、翌年、つまりアポロ11号打ち上げと同じ年には、
それらの弱点を克服し、全国でボンカレーが発売されたのです。
賞味期限はなんと2年。
アッパレ、日本! アッパレ、大塚食品!

レトルト技術と当時の出来事について、簡単にまとめてみましょう。

 1192年 鎌倉幕府ができる
 1964年 大塚食品が”温めるだけで食べられるカレー”の開発開始
 1966年 「ウルトラマン」放送開始
 1968年 ボンカレー誕生、阪神地区で限定発売。
        三億円事件発生
 1969年 アポロ11号の宇宙食としてレトルト食品実用化
        弱点を克服したボンカレーが全国発売
 1971年 日清食品がカップヌードルを発売
        ハウス食品がククレカレー発売
 1972年 「子連れ狼」のパロディのボンカレーCMが人気に
        「ウルトラマンA」放送開始
 1973年  ボンカレー、年間販売数1億食突破
        「ウルトラマンタロウ」放送開始
 2008年 R-1グランプリで、なだぎ武が史上初の2連覇

と、このようにいろんな出来事があったわけですが、
レトルト食品の方が、カップヌードルより早いのは意外な気がします。

さて、缶詰よりも軽量でゴミ処理も楽なレトルト食品ですが、
ほかにも缶詰に勝っている点があります。
それは、缶詰に比べて栄養素や風味の損失が少ないということ。

レトルト食品とは、加圧加熱処理した食品のこと。
1気圧では、水は100度までしか上がりませんが、
圧力を高めると温度はもっと上昇します。

そして、圧力が高い状態だと、殺菌に要する時間は短くなり、
100度だと400分も必要な時間が、120度ではたった4分となります。
加熱時間が短ければ、失われる栄養素や風味も少なくて済むのです。

世界に先駆けて日本で普及したレトルト食品。
こればかりを食べているのはよくないと思いますが、
長所を理解し、生活の中でうまく活用していけば、とても便利なものです。

――◇――◆――◇――◆――◇――◆――◇――◆――◇――

【今日のクイズ】

Q.今回は、ボンカレーの問題を2問出題!

  (1)ボンカレーの「ボン」って何でしょう?

  (2)本文の年表にあったとおり、1972年に、
    当時人気の「子連れ狼」のパロディCMが人気となりました。
    では、そのCM内で使われた下記のフレーズの( )に、
    当てはまる言葉は何でしょうか?

    1.「○○待つのだぞ」
    2.「じっと○○の子であった」
    

  答えは巻末で!

――◇――◆――◇――◆――◇――◆――◇――◆――◇――

【おすすめメルマガの紹介】

今回おすすめするのは、弊誌と同じサイエンス系のメルマガ。
そしてなんとも奇遇なことに、”気軽に”という冠のついたメルマガです!

医学の世界には面白いネタがいっぱいあります。
なので、みなさんも英語の専門誌などを、ぜひ読んでみてください。
……って、英語読めなきゃしょうがないですよね。
かくいう僕も、英語はさっぱりです。

ならば、訳したものを読めばいいのです。
そんなわけで、今回このメルマガを紹介するわけですが。

現役の医療情報誌編集者が、
気になる最新の話題をわかりやすく日本語で要約紹介しています。
医学薬学にまつわる雑学コラムと面白ウェブサイト紹介も、
知的欲求を刺激してくれます。

少々専門的な内容が多いかもしれませんが、
毎号、興味深いニュースをいくつも提供してくれるので、
健康情報を気にしている方や、雑学的な知識を欲している方に、
うってつけのメルマガだと思います。

弊誌と同様、”気軽に”読んでみてください♪


 『気軽に読む医薬翻訳ニュース・マガジン』

  登録はこちら→ http://archive.mag2.com/0000214844/index.html

――◇――◆――◇――◆――◇――◆――◇――◆――◇――

【今日のデザート −編集後記−】

先月から始めた釣り。
一度目、二度目はただの一匹も釣れずに終わりましたが、
三度目にしてようやくイワシを5匹釣ることができました。
魚が針にかかり、竿に伝わるブルブルッという手ごたえはドキドキします。

野菜も育てているので、
今後、できるだけ自給自足の生活をして倹約したいと思います。

――◇――◆――◇――◆――◇――◆――◇――◆――◇――

【今日のクイズの答え】

A.答えは次のとおり!

  (1)フランス語で「おいしい」という意味

  (2)1……三分  2……我慢


  ちなみに、ボンカレーのライバルであるククレカレーの「ククレ」とは、
  調理しないことを意味する「クックレス」から来ています。

  (2)1の三分とは、ボンカレーを温める時間のこと。
  この時代って、1966年のウルトラマン、1971年のカップヌードルなど、
  なぜか”三分”が基準になっていた感がありますね。
  
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

■発行人     Masami
◇ホームページ  http://masami.tonosama.jp/
◇掲示板     http://8905.teacup.com/ultraman/bbs
◇メール     ANC60607@nifty.com

ご意見・ご感想は気軽に上記の掲示板やメールアドレスにどうぞ!
(掲示板への書き込み、メールでのお便りには必ず返事しています)

バックナンバーはホームページからご覧ください。
下記の登録ページでも閲覧できますが、
ホームページでは、タイトルやジャンルで探すことができます。

●登録・解除    http://www.mag2.com/m/0000156416.html

このメルマガは現在休刊中です

気軽に楽しくサイエンス!

RSSを登録する
発行周期 やる気に左右されますが、週1以上が目標
最新号 2011/10/03
部数 0部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

気軽に楽しくサイエンス!

RSSを登録する
発行周期 やる気に左右されますが、週1以上が目標
最新号 2011/10/03
部数 0部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

ゼロから始める不動産投
はじめまして、椙田拓也です。このメルマガでは、ゼロから不動産投資を始めるための具体的な手法を解説しています。 ◎ゼロから始めて4年で14棟102室を購入した方法を大公開! ◎書籍『空室率70%でもキャッシュが回る非常識な不動産投資術』(ごま書房新社)になった方法を大公開! ◎メルマガ読者特典として、椙田が運営する不動産投資会社で無料個別面談を実施中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
経営コンサルタントが実践から得た経験や知恵を基に、経営に役立つ「本日の経営者への一言」と、実際にあった話を基に実名を出さずに「実話風読物(カードローン取立との戦い等)」に仕立てた読物との2部構成で綴られたメルマガです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング