幸せ教育

幸せ教育 「母の歌」


カテゴリー: 2007年08月25日
こんにちは!

8月の終わりになっても暑い日が続きますね。
お元気ですか?

私は、暑さにもめげず、陸上の練習などをしてました。
えっ、何の種目かですって?

選手ではありません。
子どもたちの指導です。
ま、コーチのようなもんですね。

で、
明日が市の大会なんです。
7時半には会場に行く予定です。

順位は何位でもいい、自分の自己新記録を出してほしい!
と心から願ってます。

では、暑さに負けず、今日の幸せ教育スタート!!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

☆幸せのタネ 「母の歌」

今年のお盆は鹿児島に行ってきました。
自分の講演と研修会参加のためです。

その時、鹿児島の友人Mさんが私のCDを買ってくれたんです。
(CDって何?という方は、以下からバックナンバーを読んでくださいね。)
http://blog.mag2.com/m/log/0000155073/

そして、彼女から手紙が届きました。
今日はその手紙を紹介します。




美雪さんへ

CDをこの世に送り出してくれてありがとうございます。
帰ってから繰り返し聞きました。
「母の歌」を聞きながら、「私の母もそうだ。」と思い、
涙が止まりませんでした。

『誰より早く起きて誰より早く寝る』
そして、私の母も看護士でした。夜勤や早出を繰り返していました。

『もらった愛の何一つも何一つも返してないのに、
お前が幸せでいることが一番幸せと笑った母さん・・』
本当にそうです。私が仕事を理由にあまり実家に帰らなくても、
いつも「仕事がんばんなさいよ。」と応援してくれています。


体の衰えとともに、心の中では、寂しい思いをしていたと思うのですが、
それよりも、なによりも、私が頑張っている仕事を優先して考えてくれました。
「ちゃんと食べなさいよ。」「体にきをつけてね。」と声をかける母。
たまに帰るととてもうれしそうに「また帰ってきてね。」と言います。

髪はすっかり白髪になり、腰が曲がった母。でも、実家に帰ると、
子どもに戻って母に頼ってしまう私。
私が家を出るときには、何か持たせるものはないかと見回し、
いつも車が見えなくなるまで見送ってくれる母。


そんな母をHAMという病気が襲いました。
HAMは、白血球に感染するHTL−1ウイルスが原因で発症し、
歩行障害や排尿障害などが徐々に進行する病気です。
母乳を介して感染します。
祖母は、「替わってやれるものなら替わってやりたい。ごめんね。」
とよく母に謝っていたそうです。

母は、幸いなことに進行が遅いようなのですが、立っているのが辛く、
炊事も椅子に座ってします。時には、床にまない板を置いて
座って野菜を切っていることがあります。
一日中コルセットをして、外を歩くときは、杖をつきながら歩きます。
筋肉の痛みがあり、倦怠感がとれないようです。
この病気を治す薬はまだ開発されていません。難病指定もされていません。


「仕事をしっかりやりたい。」という気持ちと、
「母に寂しい思いをさせている。」
「自分のやりたいことを優先して、大事なことを忘れているのでは。」
という思いがあり、自責の念にかられます。

この「母の歌」を聞いていると、感謝の気持ちと申し訳ないという気持ちが
わいてきます。ミネハハさんの透き通るような美しい声、
深い気持ちがこもった声で、今まで曖昧にしてきた気持ちが呼び起こされ、
魂が揺さぶられるような気がしました。


それから、ミネハハさんの「愛を軸にして行動を起こしたとき、
エゴの枠ははずれ、自分の天命を知らせてもらえます。」
という言葉に深く感動しました。

美雪さんの行動がそうであり、
また、詞や曲に感動してレコーディングに協力された
ミネハハさんや星勝さんの行動がそうだったと思います。

私は、美雪さんのことを応援しています。
そして、美雪さんを応援している方々のことも応援したいと思います。
また、応援するだけではなく、一緒に歩いていきたいと思っています。
(中略) 


今までありがとうございました。

そして、これからもよろしくお願いします。



※涙が止まりませんでした。
ありがとうMさん。
私もMさんのことずっと応援しています。



-------------------------------------------------------◆

☆編集後記

この「母の歌」が収録されているCD『ありがとう地球』

ありがたいことに、
買っていただいた方からの追加注文が続々届いています。

「両親にプレゼントしたい!」
「友人に贈りたい。」
「お得意先に配りたい。」などなど。。。


興味のある方はこちらからどうぞ。
http://smilearth.jp/

または、岩堀宛にメールで注文してくださいね。
minmin@sky.hokuriku.ne.jp

感謝、感謝です。
ありがとうございます。

-------------------------------------------------------◆


今後も、
あなたの周りに幸せの花がたくさんたくさん咲きます・・・。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!!


このメルマガは現在休刊中です

幸せ教育

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2007/08/25
部数 0部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

幸せ教育

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2007/08/25
部数 0部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング