国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

残業代ゼロ法案と亡国のイージ○


国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
http://archive.mag2.com/0000154606/index.html
4回連続まぐまぐ大賞政治部門第一位受賞!わかりやすい!面白い!得をする!
政治経済の裏にある,あなたが絶対に知らない情報を発信します。
謎が解ける独創的な情報分析マガジンです。
帰ってきたまぐまぐ大賞2014政治部門第1位受賞!!!http://www.mag2.com/events/mag2year/2014/free/pol.html
まぐまぐ大賞2008・2007・2006政治部門第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#pol


http://www.asyura2.com/09/senkyo57/msg/108.html
政治経済近未来小説「火の鳥と亡国の人物」改訂版

亡国の「彼」にこれからいったい何が起こるのか?

ここから先は、物語として書いてみたい題名は「火の鳥と亡国の人物」である。

「火の鳥」とは、手塚治虫という天才漫画家が

インスピレーションによって書いた漫画

で、手塚治虫の集大成のような大作である。

亡国の人物の「彼」はその後どうなるか?

「火の鳥と亡国の人物」

70歳にして亡国の「彼」は死んだ。

死因は肝臓ガンであった。

郵政民営化や、数々の民営化という名称の「国家資産売却」

残業代ゼロ法案 不正な選挙システム

によって莫大な金融資産を海外にきづきあげて「亡国の彼」は死んだのであった

。
人間は必ず死ぬ。当然すべての金は使われないまま、
この世に置き去りにされていく。

亡国の「彼」は、なんとも皮肉なことに、また長野県の片田舎に生まれてしまっ
た。
亡国の○○○○「おんぎゃあ」「おんぎゃあ」「おんぎゃあ」

2020年の夏である。

長野県の片田舎に亡国の「彼」は生まれた。

前世の記憶はうっすらと残っていた。

母親「あら、ずいぶん太った。まあ本当にえらそうな男の子だこと」

亡国の「彼」は赤ん坊として生まれたばかりでも

「自分はえらい」と勘違いしていた。

前世での、彼の「えらい」と思っていた根拠は、

日本人をだまして国家資産を外資に

売却しお金を何百億円とかせぐ「腕」に深い自信があったことによる。

しかし亡国の「彼」は、しばらくして、「自分が赤ん坊であること」に
気づいた。

「あっ俺は赤ん坊だ!」

「こんなことは聞いていないぞ!」

「いったいどういうことなんだ!」

「なんで俺はまたこんな長野のど田舎に生まれているんだ」

「せっかくこの田舎から逃げられたと思ったのに、またこんなところに

生まれてしまったのか!なんてことだ!

俺は太く短く生きてやると思って

好き勝手なことをやってきたのに。

こんな羽目におちいるとは知らなかった!」

新しい両親は、トタン屋根にすんでいた。

仕事は田舎にはほとんどなかったため

共働きではなかった。

父親は、近くのレンズ工場で働いていた。

一日中、レンズをみがくのが仕事である。

母親は、手持ちぶさたにいつも家にいるのであった。

とにかく、「金」がない。「仕事」がない。

小泉内閣、安倍内閣という歴史上最悪の内閣がつくった

格差社会の結果である。

父親の勤めているレンズ工場は、

親会社のカメラメーカーがすでに

ユダヤ外資に買収されていた。

2009年1月5日に行われた

「日本企業のっとり」のための

300億株消滅から

たった一年で日本の優良企業は

ほぼすべてユダヤ外

資に買収されていた。

そのレンズメーカーを買った

外資は、ステイールファンドといい、

「ステイールファンドペンタックス」という名前になっていた。

そして収益を追及するために、


残業代ゼロ法案が可決されて、

残業代はゼロ、昇給もゼロとなっていた。

当時日本国民は抗議したが、

もう、ほとんどの会社が外資のものになっていたので、

法人献金だけしか考えていない内閣にとっては、

個人献金しかしないような国民の声などどうでもよかったのである。

そのしわよせで、当然レンズ工場も、

父親がいくら朝から晩まで働いても初任給からまったく

給料は上がらないのであった。

なにしろ、父親の毎月の手取りは12万円しかなかった。

それで一生据え置きらしい。

夏のボーナスは、5万円だった。冬のボーナスは3万円だった。

そのボーナスが出た日だけは、いつも食べられないキャラメルや

チョコレートを親父が買ってきてくれた。

郵便局はど田舎からは撤退してしまっており

存在していなかった。

つまり金融機関が存在していないのである。

給与はいつも手渡しである。

そのころには郵便局は、

ゴール○マンサックスポスタルサービスと

いう名称になっており、

口座維持手数料を毎月3千円は取るようになっていた。

つまり口座をもつだけで、

お金を毎月3千円引き落とされるのである。

亡国の彼は思い出した。


「あっそうだ!」

「まずい。俺が前世で稼いだお金。。。

日本の国家資産を売却して得た、

ロスチャイルド銀行ジュネーブ店にある何百億円という海外金融資産があれば

、また一生遊んで暮らせるぞ。ああ郵便貯金を外資に売っておいて本当に

良かったなあ。」

「金を引き出したいから、クレジットカードはどこにあるんだ?」

「またジュネーブに行かないとな」

彼はふと「恐ろしいこと」に気づいた。

「ぎゃあ!俺は前の「俺」じゃないんだ!

名前も違うし顔も違う。まずい。

俺が俺だとどうやって証明すればいいんだ!

それじゃ金が引き出せないじゃないか!

顔も年齢も、名前も違うけど、俺は

前世で金を創ったんだ。

その俺だといったいどうやって銀行に

わからせればいいんだ!

いったいどうすればいいんだ。

これはまずい!

クレジットカードはどこにあるんだ!」

クレジットカードはすでに死亡した時点で無効になっていた。

新しい母親の作るご飯はとても貧弱だった。

「どうして俺はこんな目にあわなくてはいけないんだ。

こんなことになるなんて

聞いてないぞ。」

ふと、彼の頭に「因果応報」とは実はこのことなのかもしれない

という考えが浮かんだ。

世の中に善と悪が存在すると
前世でよく言われた。
しかし、「わからなければどうでもよい」と
さんざんなことをやってきた。
「もしかしたら、俺が他人に対してやったことは、
次の人生で、自分にはねかえってくるのではないか?」

と恐ろしい考えがふとよぎった。
もしかしたら、そういう風に自分にはねかえってくることから

「善」と「悪」という分け方をしていて、

他人に、自分が

されたらいやなことをしてはいけないと
言われていたのかもしれないと
「俺が日本人全体をだましてやったことが
俺にもかえってくるなんてことがあるのか」
しかし後の祭りである。
そして、彼は破れた靴下を縫えないまま小学校に入った。

そのころには小学校では「愛国心」という授業がなされていた。
教室の黒板の上にこう書いてある。
「愛国心」
1 お国のために命をすすんで捨てることこそすばらしきかな。
2 自ら進んで「はい!」と手をあげて軍隊にいく。これこそ立派なことである
。
3 戦争は平和である。
4 無知は力である。
亡国の彼はこれを見て思った。
「こんなのは、昔、軍需産業をもうけさすために
俺が考えたスローガンじゃないか」
するとそれを見ていた「正義の教師」から怒りの鉄拳が見舞われた。
「正義の教師」は絶叫して怒鳴った。
「何だ 貴様!! その態度は!!!
 さては命が惜しくなったか!!!!!!」
「正義の教師」は耳元で、再び絶叫した
「命が惜しくなったら、とっとと死ね!お前みたいな
価値のないやつは我が日本にはいらないんだ!」
その日は算数の授業が2時間目にあった。
教師は質問した。
「3人のイラク人を殺しました。
また2人のアラブ人を殺しました。
さて何人殺したでしょう?」
クラスで一番できる男の子は

「はいっ」と手をあげた。

「合計で5人の相手を殺しました。もちろんお国のためにです。」
「正義の教師」は
「すばらしい!さすがだ!佐藤!5人だ!正解だ!」
と絶叫した。
そしてクラスで一番できる男の子は、
「もし戦場だったら僕はがんばってなんとかしてもう一人殺します」
と言っていた。

正義の教師」は
「偉い!!さすがは佐藤!みんな佐藤を見習え」と声を限りに絶叫していた。
教師はまた質問した。
「じゃあ今度は、応用問題だ。掛け算の問題だ」
「一人で3人殺せる兵士がいました。
その兵士が二人いたら何人殺せる?」
するとまた一番できる男の子が答えた
 「はい 3人×2人で合計6人殺せます。
ただし殺すのは
 もちろんお国のためにです」と答えた。
「もちろん、戦場にいったら、なんとかして僕だったら
もう一人殺します」とつけくわえるのを忘れなかった。
また【正義の教師」は絶叫して「えらい!佐藤!」と
言っていた。

亡国の「彼」は、授業中落ち着きがなかった。
授業がよくわからなかったからだった。
つい「あくび」をしてしまった。
すると「正義の教師」がこう言ってきた。

「貴様、小学生の分際で、この私の授業であくびをするとは、いい度胸だ!」
「貴様は特別にスクールカウンセラーに会いに行け」

保健室にいかされたところ
スクールカウンセラーがいた。
「すみません。ちょっと授業中にあくびしました。」
スクールカウンセラーは言った。
「ははーん わかったわ。
あなたはADHDですわね。「発達障害」ですわ。
特別に「国が支援」
してお薬を出してOKになっています。
じゃあこれはお薬よ。リタリンよ」
亡国の彼は思った
「えっこれは、まずいんじゃないか
俺が前世でいろいろな抗うつ剤を認可したときに
自殺衝動や他殺衝動のある薬を強引に
認可したが、それじゃないか。
リタリンは確か覚せい剤に似ているから
結局とり続けると廃人みたいになってしまうんではないのか?」
と思った。

「先生、リタリンは、覚せい剤に似ているという
話を聞いたことがあるのでいやです」と
亡国の彼は拒否した。

するとカウンセラーの先生は目を丸くしていった。
「あら よく知っているのね。まだ子供だからそんなこと知らないと思っていた
わ。
じゃあ、これはリタリンの代わりのコンサータよ。これなら文句ないでしょ]
亡国の彼は「リタリンは覚せい剤類似物質であるとその昔、2008年ごろに
ばれて規制が厳しくなったが、まったく内容は同じでコンサータという名前に
かわって子供相手に売られていることまでは、もう前世のことなので
よく思い出せなかった。

彼はコンサータをもらった。
民営化された株式会社学校には「ノルマ主義」
が導入された職員室には、
「必達! リタリン・コンサータを児童に2千錠でハワイ旅行!」
「リタリンを飲ませるべきか それともコンサータを飲ませるべきか
それが問題である?いや問題ではない、なぜなら中身は同じだから!」
というスローガンや

「加藤先生は、児童に、5千錠、抗うつ剤を飲ませて一億円プレーヤー受賞!
おめでとう!」
と書いてあった。
まるでどこかの生保の営業所のようなノルマ主義である。

そして児童が「ちょっとかぜぎみです」とというと
「じゃあ 強力版タミフルも出しておきます」といわれた。

「強力版タミフル 副作用として、時々、高いビルから衝動的に飛び降りたく
なることあり。

もし衝動的に飛び降りたくなったらすぐに服用を止め、
医師に相談のこと」と書いてあった。
亡国の彼はそれを読んで思った。

衝動的に飛び降りたくなってしまったら、
もう飛び降りてしまっているのではないか?

「このタミフルは、金儲けのために危険な副作用のあるものを
俺が国家に
買わせただけじゃないか」

「もしこんなものを飲んで俺が衝動的に自殺したらどうするんだ、
まったく無責任な」
と彼は思った。
そして亡国の彼は大人になった。
まず、「車を使って都会に出よう」
車は、軽自動車を60回払いで買うことができた。
それも親を保証人につけてようやく買えたのである。
そして
高速道路に乗ろうとしたところ、
そこにはゴール○マンサックス高速道路株式会社と書いており
通行料は、日本道路公団の時の5倍になっていた。
長野から東京まで出ると、2万4千円である。
そして速度制限も厳格化されて
100キロの速度を一キロでも超えたら、
厳罰化し罰金100万円となっていた。
一キロ超えたら100万円で3キロ超えたら300万円の罰金であるが、
温情主義のため、「分割支払いの場合は相談してください」と
書いてあった。
そしてその速度違反を取り締まるのも
「民営化」されて、その収入はすべてゴール○マンサックス高速道路株式会社
に入ることになっていた。
だから高速道路上には10mごとに監視カメラが設置されていた。
なぜか、「高速道路民営化の父」として猪瀬直樹の銅像が
いたるところにたっていた。
すでに高速道路は、新規建設はすべて中止となり、
単に通行料の2兆円はすべて株主に流れ込む仕組み
に変化しており道路を走れば、いつも恐ろしいほど渋滞していた。
ときどき穴があいていたりぼこぼこするような道路になっていた。
しかし、もう官僚がいないため
誰もそんな苦情を聞いてくれないのであった。

その当時には、すでに官僚制度は、
崩壊してしまい、まったく魅力のない職になっていた。
「大東文化大学卒が今年の官僚の最大のパーセンテージ、65%を占めました。
」
なんでも今年の官僚は、第一位が大東文化大学、第二位が、国士舘大学、
第三位がとニュースでやっていた。
そして亡国の「彼」は今度は、
生まれ故郷から都会に出れずに一生を終えることになった。
なぜなら、格差社会を推し進めた結果、地方から仕事を求めて
東京への流入が増えすぎてしまったため
「東京へ新たに地方出身者は住んではならない」
と流入制限を2011年からかけていたからだ。
これを「田舎自立支援法」という。
そのため、亡国の彼は、レンズ工場で
レンズの研磨工として一生を過ごした。
それ以外に職がなかったからだ。
そして工場の責任者までになったが、
月給は手取りで19万円だった。結婚相手はいなかった。
日本人の女性はすべて、
米国人と結婚をするようになっており、
誰も日本人男性とは結婚したがらなかった。
そして彼は一生を終えた。
「ああろくなことがなかった。
これが俺の一生か。金があった前世とはえらい違いだ」
と死の直前思った。
そして息をひきとった。
しかし、なんとも皮肉なことに、
再びまた長野県の同じ田舎に生まれたのだ。
「おんぎゃあ おんぎゃあ。おんぎゃあ」
新たな母親は言った。
「まあ、本当にいけすかない子だねえ。うまれちまったよ。
本当にえらそうだねえ。何を勘違いしているのやら」
今度は亡国の彼は、驚いた。なにしろ、食べるものがないのである。
戦争によって疲弊している。
生きるための職は
、実は、兵隊になることしかなかった。
女性は、米国人相手の売春ぐらいしか仕事のない世の中になっていた。。
亡国の彼は、戦争株式会社の設立した小学校に入学した。
それ以外学校がなかったのである。
戦争株式会社設立の小学校は、
授業料が無料だった。
しかしその代わり卒業時には、
必ず兵士になることが義務づけられていた。
そこには、「総統校長」がいた。
「総統校長」が歩いてくると
、「なんだ。お前のそのえらそうな態度は。
お前、小学生の分際で何様だと思っているんだ!
歯をくいしばれ!この俺が性根をたたきなおしてやる!」
と耳元で絶叫して言ってきた。
そして、自作自演のテロ行為が、
4年にいっぺんは公共事業のように
定期的に起こされてそれに対する戦費に
郵便貯金の金が湯水のごとく使われている
のである。
「ああ、俺はどうすればいいんだ」
と亡国の彼は思った。
ある夜寝ているところに、夢に
「火の鳥」が現れてこういった。
「亡国の○○、あなたは、日本人を裏切って人々を不幸のどん底にしました。
ですから、あなたは、「因果応報」を受けているのです。、
今相手の立場になっているのです。
亡国の○○は言った
「どうすれば私は助けてもらえるのですか、
民営化は反省しています。
私はお金がほしくて、郵政民営化や道路公団民営化をして、
国家資産を売りました。
でもこんな目にあうとは思いませんでした。反省しています
」
火の鳥はいった。
「もう無理です。あなたはあまりにも多くの罪をおかしてしまいました。」
亡国の彼は言った
「またこのまま輪廻転生をくりかえしてどんどん
ひどい状態になっていったら、究極は私はどうなるのでしょうか」
火の鳥はいった。
「あなたは輪廻転生を繰り返してどんどん、
ますますひどい状態になっていきます。
それは永遠に続きます。
そして、あなたは、
最後の最後には、
意識すらなくなり、
「無」そのものになるのです。」



<期日前投票は与党3党の不正な選挙の理想郷(シャングリラ)と化している>
シャングリラ
とんねるず
https://www.youtube.com/watch?v=gRyewkQg1Q4
Denki Groove - Shangri-La [Live at FUJI ROCK FESTIVAL 2006]
https://www.youtube.com/watch?v=tRfqWOOmNXk
<駅前共通投票所は、票を電子データ化してネット送信するため民間業者が票改ざん可能>
<ITを駆使する不正選挙>
与党はついに
このモリカケ問題の難関を「不正選挙」をしかけることで解決しようと考えた。
「不正選挙」を拡大させるために
選挙に
「駅前共通投票所」の拡大
「期日前投票」の拡大(午後8時までというのを延長)
「投票者へのつきそい」
を訴え始めた。
これは 憲法を戦争可能なとんでもない法案に変えてしまうために
考え出された「最大限に不正を可能にするもの」
である
<ハッキング可能な投票所>
不正な票操作をやっても開票場所が遠隔地にあるため
外部からではその場でわからないため駅前共通投票所は不正の
理想郷(シャングリラ)となる。
最近与党が、喜んで 労働基準法改悪を勝手に強行採決しようとしているのは
「不正な選挙(票を電子データ化して票を改ざんしていること)体制」がばれないと思っているからである。
<駅前や百貨店などの人が集まるところに置く共通投票所は不正の城>
「駅前共通投票所」というのは、投票所からの
データをインターネット回線で結び、ネット送信するため
民間業者がハッキング可能になり 票データを改ざんさせていても
わからないからである。
今問題になっているのは、民間選挙業者が
が「票を電子データに変えてネット送信するときに 票データを改ざんさせる」ことなのである。
これにはいろんなバリエーションがある
票を電子データ化させるのは、バーコードが主流であった。
ところが全国各地の不正選挙訴訟の結果、この不正のやり方がばれ始めて、大阪では敗北し始めた。
しかし
期日前投票の投票用紙自体を、その投票用紙をつくる会社を買収することで可能にしてしまった。

要するに票というのは
〇期日前投票所で、夜間にすり替える→ばれはじめた
〇期日前投票所で、同じ人物が何回も投票券を変えて投票にやってくる
→これも目撃者がいるため ばれはじめた。
〇選管職員がグルである。→不正選挙の結果、仙台市青葉区などでは
選管職員が懲戒免職されている。
〇当日投票は比較的まともだが、この当日投票日は
徹底的に「投票時間を短くしたり」「台風を引き起こす軍事技術を駆使して
ものすごい台風が「必ず」やってくる。
〇票データは「電子化してネット送信すると ハッキング可能」
この仕組みを期日前投票集計に使っている。
この「票データ」を期日前投票の集計時に「ハッキングして
票操作をしていた」ことは 2017年の統一地方選挙での堺市選挙管理委員会で
発覚している。(最高裁第二小法廷まで係争)
つまり今の不正選挙は
「期日前投票」を拡大させてその票データをいかに改ざんするか
にあるため
今回の「不正選挙を拡大させる」やり方につながる。
選挙への付き添いとうのは宗教団体が有利になるからである。
何度も同じ人間が投票所に現れることが発覚して問題になっているからだ。
付き添いなど認めたら、「何度も同じ人間が投票券を変えて
やってくる」ことが発覚しにくくなる。→「投票券を変えていろんな期日前投票所に
何度も同じ人物が投票にやってくる謎の部隊が存在している。」
要するに「不正ができる」期日前投票を最大限に
広げて
「不正がやりにくい」当日投票は、いかにして天候を悪くして
 時間を短縮させて規模を小さくするかを競っているのである。
与党が今月までになんとか成立させたいと言っているのはこれは
不正な選挙で打破するために言っているのである。
〇選挙は、選挙メーカーが
なぜか全部オリ〇クス系であることが最近わかった。
〇ム〇シ社
〇ム〇シ社の選挙ソフトをOEMで作成している富士ソ〇ト社
〇富士ソ〇ト社の子会社で
期日前投票所の受付をやっている富士ソ〇トサービスビューロー株式会社
〇期日前投票システムをやっている行政シス〇ム株式会社
〇選挙用パソコンをレンタルしているオリ〇クスレンテック
これらは実はすべてオリ〇クス系なのである。住所を調べよ。
 
コインチェックは大規模なハッキングをされた。
期日前投票所の駅前投票所は、おそらく空前のハッキングがなされて
票データが盗まれる恐れが非常に高い。




国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
http://www.mag2.com/m/0000154606.html
4回連続まぐまぐ大賞政治部門第一位!わかりやすい!面白い!得をする!創刊以来約39ヶ月余りで読者数1万8526名突破!
記録破りのNO1超高度経済成長メールマガジン。
まぐまぐ大賞2008政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#pol
まぐまぐ大賞2007政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2007/#policy02
まぐまぐ大賞2006政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2006/#policy

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/06/22
部数 11,008部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/06/22
部数 11,008部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
あなたは何のために生きていますか?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。あなたの人生をむなしくする心の闇とは?今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法。本当の生きる意味とは何か。仏教史上初のウェブ通信講座を開設して年間受講者数日本一、5万部突破のベストセラー『生きる意味109』の著者・長南瑞生が、現代の葬式法事の仏教界では失われた、生きている人を心から幸せにする仏教の秘密を分かりやすく公開。発行者サイトでも隠された仏教の教えを知る秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

生きる意味は仏教に学びなさい
あなたは何のために生きていますか?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。あなたの人生をむなしくする心の闇とは?今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法。本当の生きる意味とは何か。仏教史上初のウェブ通信講座を開設して年間受講者数日本一、5万部突破のベストセラー『生きる意味109』の著者・長南瑞生が、現代の葬式法事の仏教界では失われた、生きている人を心から幸せにする仏教の秘密を分かりやすく公開。発行者サイトでも隠された仏教の教えを知る秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

【六単塾】1日数分で英単語・英文をあきれるほど覚える方法
「英語をやり直したいけど面倒なことはしたくない」「英会話したいけど時間がない」「TOEICスコアが急に必要になった」そんなあなたに。1日10分、たった6単語で英語が話せるようになるためのメルマガを1日1通お送りします。登録は2秒で終了。今すぐ登録してくださいね。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング