国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

<金融庁役人を調べよ>年1千億円の利益のコインチェックをなぜたったの34億円の激安価格で買収できるのか?


国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
http://archive.mag2.com/0000154606/index.html
4回連続まぐまぐ大賞政治部門第一位受賞!わかりやすい!面白い!得をする!
政治経済の裏にある,あなたが絶対に知らない情報を発信します。
謎が解ける独創的な情報分析マガジンです。
帰ってきたまぐまぐ大賞2014政治部門第1位受賞!!!http://www.mag2.com/events/mag2year/2014/free/pol.html
まぐまぐ大賞2008・2007・2006政治部門第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#pol
http://www.asyura2.com/18/senkyo243/msg/106.html

<金融庁役人を調べよ>1千億円の利益のコインチェックをなぜたったの34億円で買収できるのか?

http://www.asyura2.com/18/senkyo243/msg/106.html
しかし
いつもなぜオリックスなのか?

○郵政民営化のときに一括して簡保の宿を売却されそうになったのは
オリックス

○ムサシという選挙メーカーの選挙ソフトを作成しているのは富士ソフト
株式会社。この会社はオリックス系である。

○行政システム株式会社という期日前投票システムの会社もオリックス系
http://www.gyosei-system.co.jp/

○村上ファンドの最初の資金を出したのはオリックス会長

○小泉政権からの規制緩和会議はオリックス会長が主軸

○コインチェックは、オリックス証券(現在マネックス証券と合併)

に買収される。

なぜマネックスオリックス証券の純利益が10億円程度で

去年1000億円の利益をあげていたコインチェックをたったの

34億円程度で買収できるのか?

どうしてこんな破格な安さで100%買収できるのか?

よくかんがえてもらいたい。

これは、金融庁が、「買収に応じないと、認可をおろさない」と

いっていたのではないのか?

当初から金融庁がコインチェックになぜか認可をおろさないというので

話題になっていた。

そしてザイフも次のターゲットにされているという話である。

ザイフも0円で何億円という仮想通貨の引き出しをされたりしていたり

なぜかNEMの犯人がザイフに送金したということで

コインチェックと同じ羽目にあいそうな情勢だった。

ただ、こちらが「おかしい」と指摘したらなぜかザイフの方のトラブルは

ストップしはじめた。

そしてなぜかNEMの犯人の追及は「突然終わり。GAME OVER」になっている。

ポイントは「犯人を探せるのに終わり」にしてあるところである。

これは、NEMの行方を追っていって、(まだマーキングはしてある)

これの交換に応じた人間がわかるだろうからそれの交換に応じた人間が

ビットコインやライトコインと変えたのであればそのトランザクションを

追っていけば、犯人が突き止められるではないか?

それをわざと逃がしているのはなぜなのか?

以下は前回の記事

米、英、仏がシリアでのやらせ化学兵器攻撃を理由にシリアを空爆しそうなので、

そのことに関連してyou tubeのリンクをいくつか貼り付けます。

こういうやらせは、NGOのホワイトヘルメットが中心になってやっています。
今回はアメリカ政府から資金が出ているシリア・アメリカ医療ソサイエティ基金も協力したようです。この基金の人がよくテレビに出てあおってます。

まず、下記の動画をご覧下さい。4月7日夜のシリア・東グータのドューマ地区への化学兵器攻撃による被害者の治療風景ということになっています。BBCなどは、繰り返し流しています。

でも良く見ると、毒ガスに接しているにもかかわらず、誰も防護服を着ておらず、マスクや手袋さえつけていないことに気づくと思います。こちらの放送局はこうした明らかな矛盾をまったく指 摘しようとしません。またBBCでは放送されない現場のシリア人医学生の証言によると化学兵器攻撃の症状などはまったく出ていなかったということです。
https://www.youtube.com/watch?v=4HGMgZfqzHg

またこちらは1ヶ月前に、でっち上げの化学兵器攻撃の情報が入ったことを伝えるロシア軍の将軍です。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=74&v=LuPSvHbX3Ug

日本語字幕は入ってませんが、要約すると

「今日、「市民に対する政府による化学兵器攻撃」を民兵がでっち上げようとしているとの確かな情報を得た。

東グータのいくつかの地区に対しのもので、他の地区から女性、子供、高齢者を連れて来て、被害者に仕立て上げるということだ。

ホワイトヘルメットの活動家と撮影班がすでに衛星送信機を現場に持ち込み準備を整えている。このことはテ○リストから開放されたアフトリス村で化学兵器製造施設が発見されたこと際確認された。

調査によると、アメリカはシリア政府軍が化学兵器を使ったと非難し、同時に国際社会に対しシリア政府により多くの市民が犠牲になった証拠も示す計 画ということだ。

そして報復としてアメリカは、ダマスカスの政府施設を空爆するようだ。」

加えて、ドゥーマを占領していたサラフィー主義イスラム過激派は2016年4月にアレッポのクルド人地区に対して化学兵器攻撃をしたことを認めています。

下記のリンクは2015年3月にホワイトヘルメットが、国連安保理で発表した動画です。
シリア政府による化学兵器攻撃を受けた子供を治療している場面とホワイトヘルメットは主張し、
シリア上空に飛行禁止区域(シリア空軍の飛行機を撃ち落としてもいい空域)を設けることを求めました。

しかしスウェーデン人権教授医師組織はこの動画は、治療とは無縁と指摘。

赤ちゃんに注射器をさしている場面をこのスローモーションビデオで見ると、注射器 そのものは動かしているものの、シリンダーを押しておらず液はまったく体内に入っていないのがわかります。

https://www.youtube.com/watch?v=9nj6fc69qjM

戦争産業はどうしても戦争がしたいようです。

イギリス政府は、化学兵器への報復措置を取ることを議会を通すことなく閣議決定しました。フランスもアメリカもやる気です。





国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
http://www.mag2.com/m/0000154606.html
4回連続まぐまぐ大賞政治部門第一位!わかりやすい!面白い!得をする!創刊以来約39ヶ月余りで読者数1万8526名突破!
記録破りのNO1超高度経済成長メールマガジン。
まぐまぐ大賞2008政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#pol
まぐまぐ大賞2007政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2007/#policy02
まぐまぐ大賞2006政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2006/#policy

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/07/20
部数 10,937部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/07/20
部数 10,937部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング