国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

ダークサイド官邸とスターウオーズ(ラストジェダイ)とリバイバル映画のタイムマシン機能について


国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
http://archive.mag2.com/0000154606/index.html
4回連続まぐまぐ大賞政治部門第一位受賞!わかりやすい!面白い!得をする!
政治経済の裏にある,あなたが絶対に知らない情報を発信します。
謎が解ける独創的な情報分析マガジンです。
帰ってきたまぐまぐ大賞2014政治部門第1位受賞!!!http://www.mag2.com/events/mag2year/2014/free/pol.html
まぐまぐ大賞2008・2007・2006政治部門第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#pol

ダークサイド官邸とスターウオーズ(ラストジェダイ)とリバイバル映画のタイムマシン機能について

スターウオーズ最後のジェダイとリバイバル映画のタイムマシン的機能について
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/567.html

スターウオーズ公式サイト
http://starwars.disney.co.jp/

スターウオーズ ラストジェダイ
https://www.youtube.com/watch?v=kPocaDP_yKY

スターウオーズ 最後のジェダイ
https://www.youtube.com/watch?v=z9zxunCma0g

最後のジェダイは面白い。今までで最高傑作かもしれない。

しかし、話が多少複雑なところがあるので 2回観ないとよく
わからないかもしれない。

観る人は、3Dのアイマックスで繰り返して観たほうがいい。おそらく観るたびに新たな

何かを発見するだろう。

「戦争の武器を売る連中が昔から一番の金もうけをしている」というセリフが印象的である。
また ヨーダが「失敗こそ、最高の教師だ」「実際に実行せよ」と言っている。

今の日本にとって一番重要なメッセージを発しているのはスターウオーズかもしれない。

映画好きな人は繰り返して観るとよい。

映画館ではスターウオーズの面白さに気づいた人たちが

今頃になって満員になっている。しかし3Dのimaxについては徐々に上映が少なくなってきている。最近になって

スターウォーズの面白さに気づいて、観に行く人が増えているが 逆に公開から1か月たったので、上映が少なくなってきているため、

休日のスターウオーズの上映はほぼ満員で

観れないような状況になっている。特にアイマックスの3D上映がどこも満員になっている。上映回数を増やすように

映画館に苦情を言ったほうがいい。

映画館は

観客からの苦情や意見で上映回数を増減させるからだ。

時あたかも官邸がダークサイドにおちている中、スターウオーズを観ると非常に意義深いはずである。


小さなタイムマシンとしてのリバイバル映画ヒット

の重要な点は何か

最近、リバイバルの映画が多数出てきている。
マジンガーZなどの映画が公開されている。

 
【公式】マジンガーZ 第1話「驚異のロボット誕生」
https://www.youtube.com/watch?v=opt3S11yaQg
視聴回数 751,389 回

【公式】グレートマジンガー 第1話「大空の勇者 グレートマジンガー」
https://www.youtube.com/watch?v=kj0AVRJF_Zc

【公式】デビルマン 第1話「悪魔族復活」
https://www.youtube.com/watch?v=O5czOP0l4Ek
視聴回数 788,596 回

【公式】銀河鉄道999 第1話「出発のバラード」
https://www.youtube.com/watch?v=d0iwi6sZ5LE
視聴回数 218,731 回

【公式】バビル2世 第1話「五千年前からの使者」
https://www.youtube.com/watch?v=oP19qYdSE3g
視聴回数 677,982 回

【公式】ゲッターロボG 第1話「甦れゲッターロボ!!」
https://www.youtube.com/watch?v=CMHm81g91W8
視聴回数 329,307 回

【公式】UFOロボ グレンダイザー 第1話「兜甲児とデュークフリード」
https://www.youtube.com/watch?v=dwOtyxJVVdk
視聴回数 236,330 回

Tokyo LOVE STORY
https://www.youtube.com/watch?v=1eZuwhKJb0k

Yukari Morikawa - Show Me (@InitialTalk Extended Dance Mix!!)
https://www.youtube.com/watch?v=1rgOJuCg8EI

ムー一族 OP
https://www.youtube.com/watch?v=LQpSnujPubs

最近、リバイバルの映画が多数出てきている。
マジンガーZなどの映画が公開されている。

 ところで
この「リバイバル」映画や「昔なつかしの」ものを再上映するときの
ポイントについて書いておきたい。

なぜ、「リバイバル」はヒットしている傾向にあるのに
ある種の「リバイバル」はヒットしないのか?

という点である。

たいてい、ヒットする「リバイバル」と

ヒットしない「リバイバル」との違いは

明確には理解されていないように見える。

おそらくまちがった考え方としては

「昔ヒットしたアニメ」などは、それが「優れているから」「普遍的なものがなにか

あるから」ヒットしていたのだろう。

その世界観を現代に生かして、より「優れた映像」

「よりリアルなもの」として 作ってみようとして 再度作ってみようと

プロデューサーはやってしまう。

この場合は、昔のアニメなどとまったく同じ「題名」「同じような世界観」「より

ビジュアル化した主人公」が以前とはちがった顔で出てくる。

この場合は残念ながら「期待よりヒットしない」ため1作だけで
終わってしまう傾向にある。

実例としては

実写版ガッチャマンなどである。

宇宙戦艦ヤマト2199も同様な傾向にある。

これは話の構成はほぼ同じだが、森ゆきも古代進もまったく違う顔で出てくる。


その一方でヒットしているのは

ウルトラマンやウルトラセブンなどの当時の話をそのまま再生したり

映画館などで大画面で上映したりしている場合である。

この「当時のまま」で放映している.


また ムー一族を一回だけ部分的な再放送をTBSがしたらしいが

「うれしかった」「感動しました」とネットで多数書かれていた。

要するに
重要なことは

リバイバルが
ヒットする最大の要因は
それが「タイムマシン」の一種として利用されるから

である。

「当時を思い出す」「当時のことがリアルになる」から
ヒットする。

ところが
「昔のアニメの内容が優れているからヒットしたのだろう。話の大筋は同じにして現代に全く違った主人公の顔や実写版で 
再生してみよう」とやってみると

まったく「当時に戻れるタイムマシン」の機能を果たさない。だから

ヒットしないとなる。

そう考えると
ウルトラマンやウルトラセブンを当時のまま再放映しているものが一番ヒットする
のだ。

なぜなら、当時 
「それを観ていた頃に戻れるタイムマシンに乗れる」からである。


たとえば
ポリスのメッセージインアボトル
という曲がある。
https://www.youtube.com/watch?v=MbXWrmQW-OE
これを当時FM放送などで聞いていた人たちは「すごくなつかしい」と感じるはずである。

当然、英語でしゃべっているから内容は何をしゃべっているのかよくわからない。

内容はわからないがなつかしいものの一つである。

バグルス ラジオスターの悲劇
https://www.youtube.com/watch?v=ZZbkr76Mx5Q

これもそう。何をしゃべっているのか内容はわからない。
しかし聞くと「なつかしい」

要するに「リバイバル」を成功させるためには
それを観ることで
「観た当時に戻れること」つまりタイムマシンであることが必要なのである。

だから当時観ていなかった人は

その映像を見てもあまり感動しない。彼らにとっては小さなタイムマシンではないからだ。

東京国際映画祭で
ウルトラマンの4作品を選んで大画面で上映していた企画が入場料3千円であったが

超満員でゼットンの回が終わると 感慨深いのか多くの人が涙していた。

おそらく 大画面で 昔観た ウルトラマンの動画を観ることで

タイムマシンに乗り自分の

当時に会ってきて、もう今は死んでしまったおばあちゃんやおじいちゃんや

昔の学校の友達や、お茶の間に自分が座っていた頃に戻るのだ。

そして映画が終わると、またタイムマシンにのって

現在に戻ってくるからである。

だからヒットしているのだ。

ウルトラマン
https://www.youtube.com/watch?v=OyuLeL5xsR8

これが若い世代になると
こうなる。
この曲が流行したのは18年前になった。
宇多田ヒカル - Automatic
https://www.youtube.com/watch?v=-9DxpPiE458

コールミー
https://www.youtube.com/watch?v=9tFpk_vJVqc
ブロンデイ



国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
http://www.mag2.com/m/0000154606.html
4回連続まぐまぐ大賞政治部門第一位!わかりやすい!面白い!得をする!創刊以来約39ヶ月余りで読者数1万8526名突破!
記録破りのNO1超高度経済成長メールマガジン。
まぐまぐ大賞2008政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#pol
まぐまぐ大賞2007政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2007/#policy02
まぐまぐ大賞2006政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2006/#policy

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/05/21
部数 11,059部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/05/21
部数 11,059部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ポンポコ先生のライタースクール
『大富豪のおじいさんの教え』(ナナブックス)『一瞬で心をつかむ77の文章テクニック』(高橋書店)『うまいと言われる文章の書き方』(日本実業出版)などでおなじみの作家&スピリチュアル・ヒーラーの高橋フミアキ(ポンポコ先生)が、原稿用紙5枚程度のおもしろい小説を書くためのツボとコツを教えます。小説以外にもスピリチュアルな考え方や、言葉で人を癒す方法なども伝授。「このメルマガで元気をもらってます」「高橋先生はものの本質を教えてくださいます」と読者からの声もいっぱい!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年8月現在9200人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額1000億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

副業ペラサイト量産で月100万稼ぐ♪さぼてんのサイトアフィリ秘メルマガ☆
サイトアフィリエイトに役立つ情報を発信! 月100万を稼ぐアフィリエイターさぼてんがサイトアフィリを実践し、その状況を実況中継しながら、アフィリエイトに役立つ情報・テクニックをお伝えするメルマガ。 普通のサラリーマンとして働きながら、副業として1日2時間の作業で月100万を効率的に稼ぐ秘密とは? アフィリエイトに挑戦したい初心者の方からの質問メール大歓迎。 丁寧に回答します♪
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

システマティックな「ま、いっか」家事術
食べるのは大好きだけど、作るのは超苦手。棚拭きとアイロンがけが何より嫌い。 そんな家事オンチだった私がソレナリに家事をこなせるようになったワケ。 家事全体を見渡して、最小の手間で最大のリターンを得る、具体的なシステムをお知らせするメールマガジンです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング