国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

500票バーコード不正の回避のおねがい


国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
http://archive.mag2.com/0000154606/index.html
4回連続まぐまぐ大賞政治部門第一位受賞!わかりやすい!面白い!得をする!
政治経済の裏にある,あなたが絶対に知らない情報を発信します。
謎が解ける独創的な情報分析マガジンです。
帰ってきたまぐまぐ大賞2014政治部門第1位受賞!!!http://www.mag2.com/events/mag2year/2014/free/pol.html
まぐまぐ大賞2008・2007・2006政治部門第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#pol


選挙管理委員会御中
           <注意喚起のお願い>   
                      有権者の会
<500票バーコード票による、バーコードリーダー読取り前の票の各候補者・各政党の票の束数と、
バーコードリーダー読取り後のPC集計出力データ合計数が一致していないことによる不正・誤作動の防止のお願い>

私は有権者です。

この文書の目的は、選挙における不正を防止していただくことにあります。選挙では最初に同一候補者・

政党ごとに100票束にしてから、その後、100票束を5個まとめて「500票束」にした後に、バーコード票を上につけると思います。

そのバーコード票をバーコードリーダーで読み取った後は電子データ化されてPC集計されます。

<開票時に、500票バーコード票をバーコードリーダーで読み取り後にPC集計されるデータがPC内で誤作動を起こすことの防止のお願い>

<米国では大統領選挙でも不正選挙が行われていることが社会問題化している>昨今、米国大統領が「不正選挙が存在している」

と公言し、そのあと、実際にNBCテレビなどで「選挙における不正が見つかった」と報道され米国大統領選挙でも不正選挙が横行

していることが明らかになりました。

トランプ大統領は、不正選挙を検証する第三者委員会を設置して調査する大統領令にサインをしています。

<日本でも不正選挙は行われているという指摘が市民団体から多数ある>

実際に、大阪の堺市選挙管理委員会の元職員は、市民68万人の有権者情報を(選挙のたびに)外部に持ち出していたとして、

堺市長から刑事告発されて逮捕されています。その他にも仙台市青葉区選管の職員の懲戒解雇、高松市選管職員の予備票の

不正による有罪判決等、逮捕事例は選管職員ばかりです。

<注意喚起をしたい項目>

<500票バーコードリーダーで読み取られた後のデータと、読み取られる前のデータとは
トータルで一致しているのかの確認>

注意喚起をしたいもので最も大きなものは「開票時に「500票ごとにつけられるバーコード票」を

「バーコードリーダー」で読み取ったあとに電子化された票データが、出力時に候補者や政党名を入れ替えて

出力されていないかです。」

<米国で不正選挙として問題になっているのは「電子選挙過程の部分」

であり、日本ではバーコード5百票をバーコードリーダーで読み取り後のPC内での集計過程が該当する>

実は、この電子データ化された後の処理が米国大統領選挙でも「不正が存在する」と問題になっている箇所であり

日本でも過去に不正が発覚する時はこの5百票バーコードがバーコードリーダーで読み込まれた後の部分が、

不正の原因箇所になっています。

なぜなら、500票バーコードリーダーで読み取った後は、電子データにPC内で変化するからです。

この電子データに変化した後の選挙データというものは、PCプログラムのバグ、

悪意あるプログラムの存在、またはハッキングなどによる操作または誤動作が可能になってしまいます。

<一番警戒しないといけないのは、悪意のあるPCプログラムの存在であり

電子データとして入力された後に、午後10時頃などに「候補者の振り替え認識」をPCプログラムが作動していても、対抗できません。

<米国での経緯>
もともと米国では最初は「電子投票機」という形で「票を電子データに変化させてPCプログラムによって不正が行われる」という形で導入されて、一大社会問題となっています。

ですから日本では、5百票バーコード票がバーコードリーダーで読み取られた後に電子データに変化します。この電子データに対して、PCプログラムが、候補者に対する認識を

振り替える動作を、開票時間がスタートしてから時間的に遅くなったころ(例 夜10時頃)に作動しはじめてもわからないようになっています。

<日本には当初、電子投票機として入ろうとしたが、選挙無効事件になったため、形を変えてバーコード票として電子投票過程が入り込んできた>
日本にも当初、

電子投票機という形で入ろうとしましたが、

岐阜県可児市の可児市長選挙においてこの電子投票機はトラブルになり、選挙無効請求訴訟となり

名古屋高裁で選挙無効という判決がなされ、最高裁で確定しています。そのため電子投票機という形では日本には入れませんでしたが、その後、民主党政権の事業仕分けにおいて、「バーコード票とバーコードリーダー」という形になって外国人シニアアナリストの提案によりこの「電子投票過程」は導入されてしまいました。(この時に選管の大幅な経費削減と開票時のアルバイトの導入、バーコードの導入が提案されて採用されています)

これ以降、バーコードの誤作動は、各地で見つかっています。

<過去に この500票バーコードの不正(誤作動)が発覚したのは、平成24年の衆議院議員総選挙と猪瀬都知事選とのダブル選挙だったときの国分寺市選管の事例です。このときは、民主党の候補者と自民党の候補者を互いに逆にカウントしていました。これは、選管責任者はまったく気づかず、開票の立会人も気づきませんでした。外部からの指摘によってはじめて気づき、選管の開票責任者は後のヒアリングで「忙しすぎて、チェックなどまったくやる余裕がなかった」と答えています。

他には、平成27年の沖縄県議選でも、「電子画面上できちんとチェックしていたが、

出力される候補者の票数は別になっていた」ことが、途中で発覚して、やり直しています。これも選管の責任者はまったく気づかず、開票の立会人も気づきませんでした。外部からの指摘があってはじめて、気づいて、深夜に数えなおしています。このことは平成27年6月6日に朝日新聞他が報道しています。

他にも 静岡県議選補選の伊豆の国市などでも不正が発覚しています。この場合は

3候補者の順位が、それぞれすり替わっていました。(A候補者、B候補者、C候補者の
順に票数が多かったのが、結果は、A候補者の票を、B候補者の票としてカウントし、

それぞれひとつずつずれていた。)また、新潟県知事選では、開票立会人が、深夜12時近くなったときに、バーコード票の付け間違いに気づいて指摘したところ、それを修正し数えなおしたということを聞いています。大阪では、いくら開票立会人が「おかしい」と
指摘しても、「その場では絶対に再開票するな」という、不正を隠ぺいすることにもつながるような注意書きがなされています。

そして他にも開票立会人が、不正に気づいて、「おかしい」と指摘しても、開票立会人の責任者が、それをとりあげず、強制的に終わらせるということが多く起こっています。

なぜなら開票立会人の責任者も、公平中立とは言いがたいからです。

<お願いしたいのは、各候補者の「500票バーコード票をバーコードリーダーで読み取る前の票の束数」を、台にわかりやすく積み上げていただき、PC出力される「バーコードリーダーで読み取った後の各候補者の束数」が本当に一致しているのかをトータルで参観人もチェックできるようにしていただく公明正大なプロセスです。

もちろん、選管のかたがたにもチェックをしていただきたく思います。

<過去の不正発覚の事例では、選管職員や開票立会人が気づかずにいた事例が
多数ある>

なぜなら
、過去の不正発覚の事例では、
「選管職員が、不正に気づいておらず、また開票立会人も

気づかなかったが、外部からの指摘によって初めて気づいた」

という例が多数あるからです。ですから、不正の発覚について、「選管職員や、開票立会人だけにまかせて彼らが何も指摘しなかったから不正はなかったのだ」とは、いえません。参観人にも わかりやすいように、バーコードリーダーで読み込まれた各候補者の票の束を積み上げて、何束あるのか、そしてPC出力された各候補者の票数が、本当に一致しているのかどうかを「トータルで」チェックしないと本当のチェックにはならないのではないでしょうか?

<米国では一切のバーコード票やPC集計プログラムを使わずに、手作業に戻すべきだと

不正選挙の訴訟や啓発で主張されている>

米国はニューヨーク市立大学の教授が、「不正選挙」(亜紀書房)の中で、不正選挙を防止するためには、一切の電子選挙過程を排除してすべて、人間の手作業でやるべきだということを提唱しています。日本の場合は、5百票バーコードからバーコードリーダーを使って読み取り、電子データに変化してPC集計される部分です。ここは本来は使用しないほうがよいと思えるほど、おかしな事例が多数出ています。

<100票までのチェックや500票までのチェックはきちんとやっているが、「バーコードリーダーで読み込まれた後」のデータがきちんとPC内で集計、計算されているかはノーチェックな場合が多い>

「100票までのバーコード票の中身があっているかどうかはきちんとチェックしている。それが500票のバーコード票にまとめられて、500票がそれぞれきちんとそろっているかはきちんと再度チェックしている。しかしこの後、バーコードリーダーで読み取られて、電子データに変化してからはノーチェックである」というところが非常に多くあります。

<バーコードリーダーで読み取られた後に、電子画面上で合致しているかをチェックしていてもそれではチェックにはならない>

また、バーコードリーダーで読み取られた直後に、「機械の電子画面」上で

合っているかどうかを確認して、それで合っていると判断するという選管もありますがこの電子画面上のチェックというものは、悪意のあるプログラムが混入している場合は
まったく当てになりません。(入力時に合致していてもトータルで束数が違った事例がある)

<最初はきちんと動作していても、時間的に途中から候補者の認識を振りかえるPCプログラムが混入していれば、不正は可能>

スポットできちんと動作しているかどうかをチェックしているという例もありますが、これでは、最初はきちんと動作しているが、時間が10時頃などのように後になってから、PCプログラムが悪意のあるプログラムまたは誤作動を起こして、途中から候補者名を、振り替えて誤った認識をし始めた場合は対抗できません。

そして米国で問題となっている「不正選挙」というのは、まさにこの部分を指しています。

電子データ化された後に、PCプログラムが入り込み、認識を候補者同士で振り替えるのです。ですから、500票バーコードリーダーで読み取る前の各候補者の束数を積み上げて

トータルで PC出力される数字とあっているのかを、チェックするということをお願いします。

たとえば、A候補者が、500票バーコードリーダーで読み取られた票が10束

、B候補者が500票バーコードリーダーで読み取られた票が15束、

C候補者が、500票バーコードリーダーで読み取られた票が20束あれば

それぞれの束を、A候補者  B候補者  C候補者と 
台に紙を書いて、

開票立会人にも、特に参観人にも見えやすいところに
おきます。

そして、バーコードリーダーからPCが読み取って
出力されるデータはA候補者が、500票束×10束=5千票
、B候補者が、500票束×15束=1万5千票、C候補者が、500票束×20束=2万票、なら合っています。これをわかりやすく、500票束を「正」の字で表示して選管職員も開票立会人も参観人も、500票のバーコードリーダーで読み取られた後にPCが誤作動や誤ったトータル集計をしていないか、もししていたらその場で指摘できるようにしていただきたくお願いします。これが、時間的に後の方になってから候補者を相互にたがえて集計認識をしていると思われる事例が各地で起こっています。以上、最大限の監視をお願いします。 

また、開票時には、アルバイト募集をしてやらせている選管が多いですが
東京都の選管では、開票アルバイトには、主任以外は研修を全く行わず、当日に

ぶっつけ本番でやらせているところが多数あります。これをやると、当日に

票を読み取るときに、読み取り機が最近精度を上げて、赤いマジックや

カラーペンなどで書かれた票を無効票にしてしまうと聞いています。その

無効票は本来、きちんと候補者名や政党名が判別できるのであれば有効票にしないといけないところ、まったく研修を開票のアルバイトや人材派遣に行わないため

そのまま無効票にされた例が多数参院選でありました。目撃事例があります。

 また、特徴的なのは、比例票の開票を、個別の票が終わったあとにやるように
                             以 上
指示してある開票の手引きがありますが、これは午後11時30分頃から

はじめられると、終電がなくなるため開票を参観できる人が減ります。

開票立会人は眠くて細かいところまでは見ていません。

しかしながら一番おかしなことが起きるのは、比例票です。

比例票の開票過程も参観人がチェックできるように

早い時間から行ってください。よろしくお願いします。

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
http://www.mag2.com/m/0000154606.html
4回連続まぐまぐ大賞政治部門第一位!わかりやすい!面白い!得をする!創刊以来約39ヶ月余りで読者数1万8526名突破!
記録破りのNO1超高度経済成長メールマガジン。
まぐまぐ大賞2008政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/#pol
まぐまぐ大賞2007政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2007/#policy02
まぐまぐ大賞2006政治第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2006/#policy

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/11/19
部数 11,345部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/11/19
部数 11,345部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

【六単塾】1日数分で英単語・英文をあきれるほど覚える方法
「英語をやり直したいけど面倒なことはしたくない」「英会話したいけど時間がない」「TOEICスコアが急に必要になった」そんなあなたに。1日10分、たった6単語で英語が話せるようになるためのメルマガを1日1通お送りします。登録は2秒で終了。今すぐ登録してくださいね。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

井出ひろゆき 最速不動産オーナーへの道
日本で唯一の不動産満室コンサルタント。 普通の人を不動産オーナーにする スペシャリスト&不動産オーナーに満室コーチング行い、 口コミで無料面談は、常にキャンセル待ち状態。 30代OL、   90日で家賃年収756万円。 40代会社社員 150日で家賃年収1586万8000円。 過去最短でコンサル開始後144日で 20代高利回り2棟家賃年収1456万8千円を記録!!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング