お気楽障害者の親指1本ラクラク366日パソコン操作

【親指1本14号】推測してよ!


♯〜━━━━━━━オヤユビ━マウス━オヤユビ━マウス━━━━━━━〜♯
|♪お気楽障害者の               |    <第14号>   |
|    『親指1本』             |    06.12.31     |
|        ラクラク366日パソコン操作♪|       316部       |
| 赤ちゃんを抱っこしたままパソコンしよう!  |          |
♯〜───────────────────────────────〜♯


 予告通りに半年ぶりに出てきたシュウです。



 こんなメルマガ、解除忘れてた!という方はこちらで
   http://www.mag2.com/m/0000152589.html
 どうもお騒がせいたしました。




 今年ほぼ毎日、362日くらいパソコンを使っていた私にとって
 大きな出来事は


    『ATOK2006』を導入したこと


 です。


    『ATOK2006』(えいとっく2006)って何やねん!


 という方は
    http://d.hatena.ne.jp/keyword/ATOK

 を読むと詳しく説明してありますが、要は


    ひらがなから漢字に変換するときに動いているソフト


 のことです。


 何やら難しそうに聞こえますが、
 ワープロソフトの「一太郎」をインストールすると
 勝手に入ってくるソフトです。


 「一太郎」は聞いたことあるかも。
 テレビでCMがよく流れていましたから。



 ウインドウズのパソコンを買うと
 マイクロソフト社の漢字変換ソフトが当初から入っています。
 「MS-IME」(えむえすあいえむいー)というものです。

 これで充分に事足りるので、MS-IMEしか使ったことがない人の方が多いはず。



 私はかれこれ20年もATOKを使っていますので、MS-IMEは使いにくいのです。

 漢字変換が賢いという理由もありますが、
 私が痛切に感じるのが操作性の良さ。



 例えば...


    『漢字変換』


 と入力したいとします。


 ところが、あなたは


    「かんじへんさん」と打って、変換してしまった
          ・

 よ〜くありがちな状況ですね。



 私の手持ちのATOKでは『漢字編纂』(文節の区切りは「漢字」と「編纂」)、

      MS-IMEでは『感じ編纂』(文節の区切りは「感じ」と「編纂」)

 と変換されました。


 もはや賢さの違いが出ていますが、
 私はMS-IMEを使い込んでいないので、こうなっているだけかもしれません。


 みなさん、こういう場合どう修正します?


 「さ」を「か」に変えればよいのですが、
 わざわざ「さ」にカーソルを移動させる手数を考えると
 「さん」を消して「かん」と打ち直す方が早いです。
 私はそうします。


 ATOKでは「BackSpaceキー」だけを使って「さん」を消すことができます。

 ATOK:『漢字編纂』
       ↓
       ↓BackSpaceキー
       ↓
    『かんじへんさん』(カーソルは最後尾にある)
       ↓
       ↓BackSpaceキー
       ↓
    『かんじへんさ』 (カーソルは最後尾にある)
       ↓
       ↓BackSpaceキー
       ↓
    『かんじへん』  (カーソルは最後尾にある)


 こうしておいて「かん」と打って変換すれば、めでたしめでたし!


 ところがMS-IMEでは

 MS-IME:『感じ編纂』
        ↓
        ↓BackSpaceキー
        ↓
     『かんじ編纂』(カーソルは「じ」の次にある)
                  ・・・・・

 最初の文節「かんじ」の次にカーソルが来ているのです。


 ここでATOKと同じように「BackSpaceキー」を勢い余って2回押すと

     『か編纂』

 になってしまいます。


 私、これをよくやるんです。。


 結局、全部消して打ち直し。



 MS-IMEでは次のようにやります。(一例です)

 MS-IME:『感じ編纂』
        ↓
        ↓BackSpaceキー
        ↓
     『かんじ編纂』(カーソルは「じ」の次にある)
        ↓
        ↓Escキー
        ↓
     『かんじへんさん』(カーソルは最後尾に移る)
        ↓
        ↓BackSpaceキー
        ↓
     『かんじへんさ』 (カーソルは最後尾にある)
        ↓
        ↓BackSpaceキー
        ↓
     『かんじへん』  (カーソルは最後尾にある)


 「Escキー」の操作がはさまります。
 (矢印キーでも操作可能ですが手数が1つ増えます。やってみて下さい。)


 漢字変換中の「Escキー」は要注意キーで、
 押すタイミングによっては入力文字が全部消えてしまいます。
 上の例でも「Escキー」を2回続けて押すと全て消えます。

 親指1本でスピードが乗っていると、
 勢い余って2回連続!というのはよくあることなんです、私は。

 手数が多いだけでなく、そういう「リスク」を含んだ操作方法なのです。



 ・・・・・。



 ま、きっとMS-IMEはMS-IMEなりの修正方法があるのだと思います。

 私は漢字変換を一気にではなくこまめにするタイプので、
 このような修正方法になるのかもしれません。
 MS-IME愛用者の方、お気に障ったらお許し下さいね。




 おっとー、ここまでで思わず長くなってしまいました。


 本当はATOKの推測変換機能について書きたかったのです。


 一度入力・変換した語句は次からは先頭の数文字を入力するだけで
 変換キーを押さずとも変換候補に出てくる、という機能です。

 これは非常に便利!
 携帯電話の文字入力でも使われていますね。あれと同じです。


 例えば、今私がこれを書いている段階で「も」と入力すると

    「文字入力」
    「文字」
    「モード」
    「ものつくり」
    「もの」
    「ものです」
    ・・・・・・
    ・・・・・・

 が自動的に変換候補として表示されます。
 あとは矢印キーで選んで確定するだけ。


 「文字」だけでなく「文字入力」も候補になっているところが
 微妙によくできています。




 何か、ATOKの宣伝になってアフィリでもしそうな勢い。(笑)

 日本でパソコンを使うからには日本語入力はあらゆる場面で必要です。

 特に私のような入力が遅い者にとって
 ソフトでカバーできることはカバーしたいので
 費用対効果も考えてATOKをずっと使い続けています。


 興味のある方はこちらをご覧下さい。 → http://www.atok.com/


 ネットで探すと\5,500くらいで売っています。

 但し、サイトにはなぜか書いてありませんが、
 2007年の2月上旬に「ATOK2007」が発売されますので、
 それまで待つ方がいいかもしれません。



 それでは、また半年後〜!?




───────────────────────────────────

 [編集後記]


 「大晦日」という気がしません。

 小さいときはワクワクしたもんです。


    レコード大賞は西城秀樹がとるのか?

 とか

    五木ひろしは大賞ではなく最優秀歌唱賞ちゃうか?

 とか

    紅白のオープニングにジュディ・オングは間に合うのか?

 とか

    トリはやっぱりサブちゃんやで

 とか


 芸能ネタばっかりやん!



 今夜はガキの罰ゲームで笑わせていただきましょう。



 今年もいろいろありがとうございました!
 といっても本誌は発行2回だけでした。


 2007年はプライベートで大きな目標があります。
 お金がとってもかかることです。(笑)

 そこを目指してパソコンもネットも稼ぎもアフィリも精進していく所存。


 来年もよろしくお願いします〜!
 よいお年を!



           ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 私のもう1つのメルマガ「お気楽障害者実況中継」
   よろしく!     http://shuuu.net/lokirakum.html


 [発行人]吉田シュウ  メール:okiraku_shu@nifty.ne.jp
  サイト:http://shuuu.net/oyayubi/
  ブログ:http://blog.okiraku-shogai.net/

  相互紹介や発行人のこと等はこちらにまとめています。ご覧下さい。
      http://blog.okiraku-shogai.net/archives/21874090.html

  まぐまぐ登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000152589.html
  Copyright(C)2006  Shu Yoshida 転載・引用時はご一報下さい
───────────────────────────────────






























 「ジャルジャル」おもろいわ〜!


このメルマガは現在休刊中です

お気楽障害者の親指1本ラクラク366日パソコン操作

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2006/12/31
部数 0部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

お気楽障害者の親指1本ラクラク366日パソコン操作

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2006/12/31
部数 0部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

生きる意味は仏教に学びなさい
あなたは何のために生きていますか?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。あなたの人生をむなしくする心の闇とは?今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法。本当の生きる意味とは何か。仏教史上初のウェブ通信講座を開設して年間受講者数日本一、5万部突破のベストセラー『生きる意味109』の著者・長南瑞生が、現代の葬式法事の仏教界では失われた、生きている人を心から幸せにする仏教の秘密を分かりやすく公開。発行者サイトでも隠された仏教の教えを知る秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

【六単塾】1日数分で英単語・英文をあきれるほど覚える方法
「英語をやり直したいけど面倒なことはしたくない」「英会話したいけど時間がない」「TOEICスコアが急に必要になった」そんなあなたに。1日10分、たった6単語で英語が話せるようになるためのメルマガを1日1通お送りします。登録は2秒で終了。今すぐ登録してくださいね。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
あなたは何のために生きていますか?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。あなたの人生をむなしくする心の闇とは?今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法。本当の生きる意味とは何か。仏教史上初のウェブ通信講座を開設して年間受講者数日本一、5万部突破のベストセラー『生きる意味109』の著者・長南瑞生が、現代の葬式法事の仏教界では失われた、生きている人を心から幸せにする仏教の秘密を分かりやすく公開。発行者サイトでも隠された仏教の教えを知る秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング