「問題解決」メルマガセミナー!

【問題解決メルマガセミナー】生産性向上のためのモチベーションアップの秘策!


カテゴリー: 2017年03月22日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■コンピテンシーは仕事のできる人の行動特性です。
■仕事のできる人は問題解決力優れています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■□■□■□■□■■□■□■□■□■

          ◆◆「問題解決」メルマガセミナー◆◆

     ●この記事の知人、同僚、友人への転送は大いに歓迎です。●

************************************

<ご挨拶>

問題解決の事例やノウハウを公開してまいります。どうか末永くお付き合いをいただ
くようお願いいたします。

           彩愛コンサルピア代表 下山明央

************************************
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■□■□■□■□■■□■□■□■□■

       「問題解決力コンピテンシーを磨く!(その6)」

   <第347回>「生産性向上のためのモチベーションアップの秘策!」

===================================

企業は生き物だ。だから毎日のように問題が発生する。それを迅速に解決して再発防
止に結び付けている企業ばかりではない。
未解決の問題が蓄積し、大きなマグマとなり、やがて爆発する。大きな社会問題にま
で発展し、下手をすると廃業や倒産にまで追い込まれる。
本メルマガでは、問題のジャンルは問わず、多くの問題を取り上げ、解決のノウハウ
を公開する。

===================================

■ビジネスマンの能力を評価するときの一つの指標が「問題解決力」である。会社で
 仕事をしていればさまざまな問題に遭遇する。それらの問題を上手に解決できなけ
 ればビジネスマンとしての存在意義はなくない。ぜひとも問題解決力を身に付けて
 ほしい。■

<今回のメニュー>
=================================

【1】給料も立派に動機づけ要因になる!
【2】生産性が上がり続けたホーソン工場の事例!
【3】選ばれたプライドがやる気の源泉!
【4】今日のポイント
【5】編集後記

=================================



アメリカのハーズバーグと言う学者の「動機づけ・衛生理論」は有名だ。彼の理論に
よれば動機づけ要因と不満足要因は別物だと言う。

給料は衛生要因に属し、給料に不満を持っている人の給料を上げても不満は和らぐが
満足感に繋がりにくく、よって動機づけ要因にはならないと言うことになっている。

筆者は、本当にそうなのだろうかと疑問を持っている。例えば保育士不足は深刻だ。
潜在保育士は約76万人いるが給料が安すぎるため辞めて他の仕事に就いているか、安
すぎることに嫌気がさして最初から保育士にはならず、他の仕事に就いた人も多いと
言う。介護士も不足している。重労働にもかかわらず給料が安すぎるため、定着しな
いと言われている。

保育士や介護士の給料は他業界の給料に比べて約10万円も安いらしい。これでは動機
づけに結びつかない。つまり、やる気には繋がらないと思う。政府は保育士の給料を
6000円アップすると言うが、これっぽっちでは問題解決には至らないのではないか。

そこで今回は、「生産性向上のためのモチベーションアップの秘策!」について解説
することにする。



【1】給料も立派に動機づけ要因になる!

給料やボーナスは立派に動機づけ要因になると言うのが筆者の考えである。もちろん
福利厚生も動機付け要因になる。

頑張って勝ったらニンジンをやると言う考えもあるが、ニンジンを先にやるから是非
頑張ってくれと言う考えもあり、言うまで見なく後者のほうが動機付け要因になる。

頑張るとは、長時間働きサービス残業を100時間以上もやることとは違う。最小のコス
トで最大の成果を挙げられるように創意・工夫をすることだ。頭の使い方、時間の使
い方、お金の使い方が他の人とは全く違う。そのためには並外れた高いモチベーショ
ンが必要だ。



【2】生産性が上がり続けたホーソン工場!

1920年代の話になるがアメリカのメイヨー教授が行った電話機組立のホーソン工場で
の生産性の実験を紹介する。

それまでは明るい照明とか時間の短縮や休憩時間の挿入、おやつの支給、その他作業
環境の改善などが生産性向上に大きく貢献するとされていた。事実、2回の実験では
それが実証された。実験をここで終わらせておけば旧来の理論通りで終わるところだ
った。

しかし、メイヨー教授は改善した作業環境を元に戻し、おやつを廃止し、休憩時間や
労働時間の短縮を元に戻し、明るい照明も元の暗い照明に戻していった。しかし、そ
れにもかかわらず依然として生産性は上がり続けたのである。いったいなぜか。メイ
ヨー教授は考えさせられた。

生産性が上がり続けた要因をいろいろ調べてみたところ従業員の作業に対する態度が
深く関わっていることが分かった。その態度こそが「モチベーション」だったのであ
る。



【3】選ばれたプライドがやる気の源泉!

自分たちは選ばれたメンバーであること、計画した生産目標を達成した喜び、上司や
会社側から承認されたこと、仕事が速く正確にやれるように自己の成長を感じること、
仕事に対する責任感などが生産性を上げ続けていたことが分かった。

電通の「鬼十則」は根性論だ。「命なんかよりも仕事が大事だぞ」と従業員の心に訴
えることで生産性が上がり、維持されるという理論だ。戦時中は「月月火水木金金」、
「ほしがりません、勝つまでは」と教育して戦意を煽ったのと酷似している。ナンセ
ンスではないか。

そんなことよりも選ばれたプライドがやる気の源泉になる。提案を承認して信じて任
せる。社員は意気に感じて頑張ってくれるのだ。

社員にハッパをかけても思うように生産性が上がらず、しかも不良や問題ばかり発生
して困っている経営者や管理職の皆さんに申し上げたい。「社員の皆さんのモチベー
ションが上がるような施策をたくさん講じてほしい」と。



【4】今日のポイント

(1)給料も立派に動機づけ要因になること。福利厚生も動機付け要因になること。

(2)生産性が上がり続けたホーソン工場の実験内容が、社員のモチベーションアッ
   プの施策に大いに参考になること。

(3)選ばれたプライドがやる気の源泉になること。達成感、承認、信頼、任せる、
   自己成長などがモチベーションアップの施策の参考になること。

(4)電通の「鬼十則」はモチベーションアップのツールにはならないこと。



【5】編集後記

経営者も管理職も鬼になってはいけない。柔和な表情をした仏様になることだ。「北
風・太陽論」と言うのがあるが、社員に対して冷たい北風になっても社員は寒さに震
えて縮こまるだけだと思う。それよりも太陽になって温かく包み込んであげてはどう
か。



次回は、「決め事遵守励行の秘策!」を解説します。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

本メールマガジンの登録・退会およびバックナンバーのチェックはこちらから
⇒まぐまぐの場合 http://archives.mag2.com/0000150024/  
⇒melmaの場合 http://melma.com/backnumber_133857/ 
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

発行責任者:さいたま市中央区上落合8丁目1-20-304
        彩愛コンサルピア代表 下山明央

*************************************************************************

コンピテンシー導入の威力についての解説と著書「中堅・中小企業のためのコン
ピテンシー入門」の紹介はこちらへ
⇒ http://saiaiconsul.web.fc2.com/consul1.html 

*************************************************************************

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」の登録・解除
およびバックナンバーのチェックはこちら
⇒まぐまぐの場合 http://archives.mag2.com/0000124747/  
⇒melmaの場合 http://melma.com/backnumber_107948/  

*************************************************************************


「問題解決」メルマガセミナー!

RSSを登録する
発行周期 隔週
最新号 2017/10/11
部数 544部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

「問題解決」メルマガセミナー!

RSSを登録する
発行周期 隔週
最新号 2017/10/11
部数 544部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2017年に7000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億2000万円に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング