「問題解決」メルマガセミナー!

【問題解決メルマガセミナー】本来の目的を逸脱したブラック部活の実態を斬る!


カテゴリー: 2016年11月16日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■【コンピテンシーの基礎を学びたい人にお勧めなのはこの一冊!】
■著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門
■詳しいことは後半をお読みください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

               ◆◆「問題解決」メルマガセミナー◆◆

          ●この記事の知人、同僚、友人への転送は大いに歓迎です。●

************************************

<ご挨拶>

問題解決の事例やノウハウを公開してまいります。どうか末永くお付き合いをいただくよう
お願いいたします。

            彩愛コンサルピア代表 下山明央

************************************
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■□■□■□■□■■□■□■□■□■


          <第338回>「本来の目的を逸脱したブラック部活の実態を斬る!」

===================================

企業は生き物だ。だから毎日のように問題が発生する。それを迅速に解決して再発防止に結び付
けている企業ばかりではない。
未解決の問題が蓄積し、大きなマグマとなり、やがて爆発する。大きな社会問題にまで発展し、
下手をすると廃業や倒産にまで追い込まれる。
本メルマガでは、問題のジャンルは問わず、多くの問題を取り上げ、解決のノウハウを公開する。

===================================

■問題の発生原因には、二つある。一つは「直接原因」で二つ目が「動機的原因」である。この
 二つの切り分けを行い、「動機的原因」を追求して再発防止対策を講じれば、同じ問題・類似
 の問題の発生に歯止めがかかり、問題の発生頻度も激減する。「動機的原因」の追求こそが大
 事なのだ。■

<今回のメニュー>【異業種にこそ、ヒント山積!】
=================================

【1】なぜブラック部活が広がりを見せているのか!
【2】あるべき本来の部活に戻すための方策!
【3】今日のポイント
【4】編集後記

=================================

今、ブラック部活が全国的な広がりを見せている。NHKには全国の中学生、高校生から切実な声
が寄せられたそうだ。

練習時間が父親の仕事よりも長いとか、顧問から「死ね」、「存在感がない」などと人格を否
定する罵声を浴びせられるのだそうだ。多少の厳しさ、辛さを乗り越えることは将来社会人に
なる上で必要とは思うが明らかに行き過ぎと言わざるを得ない。人格を否定された生徒は心を
病み、うつに陥り、不登校にもなる。これでは部活本来の目的を逸脱している。

ではなぜこのようなブラック部活が広がりを見せているのだろうか。原因の一つは少子化の影
響が考えられる。生徒数が少なくなれば学校の存続そのものが脅かされる。多くの生徒を集め
るには「あの学校はすごい」と言われるような、何か光物がほしいわけだ。

プロ野球選手やオリンピック選手を何人も輩出していると言うようなブランド力がほしい。そ
のブランド力で全国から生徒が集まってくることを狙っている向きがある。

そこで今回は、「本来の目的を逸脱したブラック部活の実態を斬る!」と言うテーマを採り上
げる。

【1】なぜブラック部活が広がりを見せているのか!

このたび国際結婚にゴールインした卓球のAさんは青森県の某有名私立高校の出身だ。だがほ
とんど授業には出席したことがない。合宿、合宿、遠征、遠征で学校になんか行く暇などない
のだ。つまり「名ばかり生徒」だった。でもAさんが広告塔の役目を果たしてくれるから全国
から生徒が集まる。「飛んで火にいる夏の虫」と言ったら叱られそうだ。

野球やサッカー、柔道などアスリートの登竜門になっている学校は全国にたくさんある。要は
勝手にメディアが取り上げてくれて、学校が有名になることが目的だ。ブラック部活にならざ
るを得ない下地はできているのだ。

【直接原因】

(1)勝てば官軍的考えの部活

甲子園常連の私立高校が仙台市に2校ある。朝学校に行けば、すぐさまバスに乗って数キロはな
れたグランドに向かう。朝から厳しい練習漬けだ。授業など出なくとも単位がもらえる。その
代わりブラック部活に絶えなければならない。甲子園に出てくる高校の大半がこんな状況だろ
う。何しろ、「勝てば官軍」なのだ。

【動機的原因】

(1)顧問の名誉が優先される(前提認識の誤り)

一般に、部活の部長にはその学校の教諭が就任している。しかし実際の指導は顧問と言う名の
下にその道の経験者を招聘している例が多い。顧問はチームを強くできなければクビ宣告が待
っている。クビにならず、いい顧問と言う名誉を得たい一心でブラックに走る。

(2)親の歪んだ欲望が拍車(前提認識の誤り)

親にも責任がある。我が子を何とか部活でエースまたはエース格に育ってほしいと願っている。
前述した仙台の野球の強い高校の場合、野球部員は100人以上もいる。3年生になってレギュラ
ーにもなれない。そんなことでは親として満足できないのだ。ブラックに耐えて、耐えてレギ
ュラーになり、あわよくばプロからオファーがきてほしい。このような親の歪んだ欲望がブラ
ック部活に拍車を掛けているのだ。

(3)部活の本来の目的から逸脱(前提認識の誤り)

普通高校や進学校は甲子園にはめったに登場しない。勉強そっちのけで野球の練習をやってい
る高校と勉強の合間に練習している高校では実力差がありすぎるからだ。

だが、本来は部活を通じて社会性を身に付け、心身を鍛え、根性を身に付けてもらうことでは
ないのか。この目的を果たせれば、後々立派な社会人として生きていけるわけだ。中学校や高
校はプロ選手の育成道場ではない。育成道場は別にあるわけだから、そちらを利用すればいい。

(4)学校長のチェック機能欠如(前提条件の欠如)

学校長や教頭の立場にある学校責任者が部活の状況をチェックしているとは思えない。部長役
である教諭と顧問に任せっぱなしがほとんどだ。今年の夏、佐賀県の龍谷高校野球部は準決勝
まで勝ちあがったが部室での喫煙によるボヤが発覚して出場を辞退する騒ぎを起こした。学校
責任者は誰も部室の現状など知る由もなかった。すなわち何のチェック機能も働いていないの
である。

【2】あるべき本来の部活に戻すための方策!

特に「動機的原因」に掲げた内容に対して再発防止のメスを入れることが大切だ。

(1)顧問には人格者を任命すべき

スポーツの技術だけを教えるのではないことを顧問に十分認識してもらうことが大事だ。強く
なるためなら何をやってもいいと言う風潮があってはならない。そのためには単に技術に秀で
ているだけではなく、人格者であることも顧問人選の重要な要件とすべきだ。

(2)歪んだ親の欲望にブレーキを掛けるべき

親に対しては、あらかじめ「当校の部活は単に勝利したり、優勝したりして将来のプロ選手を
育成することを目的にしているのではない」ことをしっかり認識してもらうことが大事だ。も
しそういうことを望むのであればしかるべきクラブチームに入れるべきことをアドバイスする
ことだ。

(3)部活本来の目的を共有する

部活の目的は、前述したように「部活を通じて社会性を身に付け、心身を鍛え、根性を身に付
けてもらうこと」を学校側と父兄と顧問の3者が共有しなければならない。これが文武両道で
はないだろうか。もし将来のプロやオリンピック選手を育成したいのなら、専門の学校やクラ
ブに入ってもらえばいいわけだ。あくまでも学業が目的なのだから。

(4)学校長のチェック機能を強化すべき

学校長や教頭など学校責任者は部活の実態を巡回するなどして正しく把握し、問題があれば是
正処置を講じる義務と責任を果たさなければならない。放任主義は言語道断だ。

【3】今日のポイント

(1)顧問には人格者を任命すべきこと。体罰は単に肉体的暴力だけでなく、言葉の暴力も絶
   対にあってはならないこと。

(2)歪んだ親の欲望にブレーキを掛けるべきこと。中学や高校の部活は将来のプロやオリン
   ピック選手を育てる道場ではないことを親に認識してもらうこと。

(3)部活本来の目的を学校、父兄(親)、顧問の3者で共有すべきこと。

(4)学校長や教頭は部活の実態に関して自らのチェック機能を強化すべきこと。

【4】編集後記

ブラック部活は、一種の現代社会の縮図ではないかと思う。少子化に歯止めが掛からないのに例
えば高校はほとんど減っていない。入学を希望し、授業料を払ってくれるのでさえあれば誰でも
入れる。でも生徒の絶対人数が少ないのだからどうやって当校を選んでもらうかが問題だ。手っ
取り早く、何かスポーツを広告塔にしたいと考えるのは自然だ。勝てば官軍で生徒が集まる。ブ
ラック部活の遠因ではないだろうか。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


次回は、「盲導犬を連れた男性のホームからの転落事故を斬る!」を解説します。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

本メールマガジンは「まぐまぐ」と「melma」を通して発行しております。
「まぐまぐ」での登録・退会およびバックナンバーのチェックはこちらから
⇒ http://archives.mag2.com/0000150024/ 
「melma」での登録・退会およびバックナンバーのチェックはこちらから
⇒ http://melma.com/backnumber_133857/

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

発行責任者:さいたま市中央区上落合8丁目1-20-304
        彩愛コンサルピア代表 下山明央

*************************************************************************

この記事に関するご感想、ご意見はこちらから 3223898301@jcom.home.ne.jp

著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」好評発売中!ご注文は
⇒ 3223898301@jcom.home.ne.jp

*************************************************************************

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」登録はこちらから
⇒ http://archives.mag2.com/0000124747/

*************************************************************************

「問題解決」メルマガセミナー!

RSSを登録する
発行周期 隔週
最新号 2017/08/23
部数 555部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

「問題解決」メルマガセミナー!

RSSを登録する
発行周期 隔週
最新号 2017/08/23
部数 555部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ハロー株式
読者2万人超。「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、3年連続「まぐまぐ大賞マネー部門第1位!」、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見通し・投資ノウハウ、有望銘柄情報を10年以上に渡って配信しています。是非ともご活用下さい!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

社長が知っておきたい、お金とビジネスの話
税理士の山下久幸が、「お金とビジネス」を切り口に語るメールマガジン。 このメールマガジンのコンセプトは『不易流行』(ふえきりゅうこう)。 メルマガの内容は僕が日々得た情報の中から様々な変化を、独断と偏見でお伝えしたいと思います。変わるものと、変わらないものを知り、皆さまのビジネスや人生のヒントとしてお役立て下さい! この他、有料で『メルマガ顧問税理士』も絶賛発行中です(*^_^*) http://www.mag2.com/m/0001670898.html
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

自分らしく生きるレッスン
筆者 坂上 浩(さかうえ ひろし)は、東大卒、東大大学院修了 メガバンク出身のプロコーチ。 専門領域は「ライフコーチング」 (充実した人生を創るサポート) 一見、順風満帆な経歴に見えるも、母子家庭に育ち、会社員時代はワクに縛られ自分らしく振舞えず不眠・うつで出社拒否を経験。 暗闇から抜け、好きな仕事で独立を果たすプロセスから掴んだ、自分らしく生きる為の「考え方」と「具体的な実践法」を惜しみなく披露! プロコーチから学びたい! コーチングに興味がある!そんな意欲の高いあなたのご購読をお待ちしています!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング