週刊クルーズメール~船旅で自由と憧れを実現

週刊クルーズメール~船旅で自由と憧れを実現 vol.666


カテゴリー: 2018年01月19日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ◆ 週刊クルーズメール~船旅で自由と憧れを実現  ◆
----------------------------------------------------------------------------
 改訂版第666号(No.956) * 2017年1月19日(金)発行 * 毎週末発行
 発行:(株)海事プレス社クルーズ編集部
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
クルーズメールおよび広告へのお問い合わせは、cruise-mag@kaiji-press.co.jp まで

****************************************************************************
『CRUISE(クルーズ)』2017年12月号 発売中!
****************************************************************************

★まだ見ぬキューバを求めて
キューバ東部の魅力&キューバに行く船リスト


■特集■
2018年、外国船の日本発着クルーズに乗ろう!

外国船の日本発着クルーズ 上手な乗り方Q&A

・ダイヤモンド・プリンセス
就航6年目に突入! 最多コースと選べる発着地
・コスタ ネオロマンチカ
イタリアの陽気さと美味が太平洋と日本海へ
・セレブリティ・ミレニアム
寄港地も船内も“美”を追求した秋クルーズ
・MSCスプレンディダ
きらめく船内で地中海を体感する

クイーン・エリザベス/フォーレンダム/ロストラル/スター・レジェンド
〈チャータークルーズ〉MSCスプレンディダ&ノルウェージャン ジュエル


●飛鳥II 3つの“世界”に触れる 西日本海の3日間
●にっぽん丸 1泊に魅力を凝縮  秋の日本海を満喫


★酒田港からたどる、やまがたの魅力探訪

★エメラルド・ウォーターウェイズ
モダンなリバー船で訪ねる おだやかな夏のドナウ


【FOCUS】
・嵐の到来、その時客船は
・港の移動手段確保でクルーズ列車発進
・食材廃棄削減への取り組み
・洋上の日本食ブームに憂い
・中国クルーズ市場の日本への影響


【HOT NEWS】
2022年、キュナード・ライン待望の新造船が誕生


【CRUISE PEOPLE FILE】
地元ヨーロッパの客船会社は、家族で作り上げてきた宝物


■本誌読者が選ぶ「クルーズシップ・オブ・ザ・イヤー」投票受付開始!


購入はこちらから↓
http://www.cruise-mag.com/current_mag

-------------------------------------------------
『CRUISE』(クルーズ)2017年12月号
A4変形判 定価1,008円+送料150円
※確実に手に入れるには定期購読がおすすめです!
http://www.cruise-mag.com/orders/form


┏━┏━┏━┏━┏━┏━┏━
┃H ┃O ┃T ┃N ┃E ┃W ┃S

************************************************************************
★ 日本のクルーズ寄港、2017年は37%増の2,765回で過去最高
************************************************************************

2017年の日本港湾へのクルーズ船の寄港回数(速報値)は前年比37.1%増の
2,765回と過去最高を更新した。国土交通省港湾局が16日発表した。
訪日クルーズ旅客数も27.2%増の253万3000人と伸び、過去最高となった
前年実績を上回った。政府は「明日の日本を支える観光ビジョン」の中で、
2020年までに訪日クルーズ旅客500万人を目標に設定しており、クルーズ振興を
進めている。受け入れ体制を整えるため、官民連携での拠点港湾の整備も推進している。

寄港回数を船社別にみると、外国船社は39.6%増の2,014回、日本船社は
30.8%増の751回だった。港湾別には博多港が326回と前年から2 回減少したが、
3 年連続で日本一となった。同港では昨年5月、中央ふ頭西側で桟橋形式の岸壁の
供用を開始。これまで箱崎ふ頭に着岸していた「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」
(16万8666トン)級の超大型客船を、クルーズターミナルがある中央ふ頭で
受け入れることができるようになった。今夏には西側岸壁の延伸が完了し、
世界最大級の「オアシス・オブ・ザ・シーズ」(22万5282トン)が受け入れ可能になる。

2位の長崎港は前年から70回増え、267 回。3 位の那覇港が31回増の224回、
4位の横浜港は51回増の178回、5位の石垣港が37回増の132回、平良港が44回増の
130回で6位となった。神戸港は117回で13回増えたものの順位を2つ落とし7位と
なった。その他、8位が鹿児島港(108回)、9位が佐世保港(84回)となり、
10位が八代港(66回)となった。

国交省ではクルーズ振興に向けて昨年、横浜、清水、佐世保、八代、本部、
平良の6港を国際旅客船拠点形成港湾に指定した。港湾管理者とクルーズ船社が
連携して拠点化を図る。具体的には、昨年改正された港湾法に基づいてクルーズ
船社に岸壁優先使用権を与える代わりに、船社は旅客ターミナルビルなどの整備を
進める。大型船受け入れのための岸壁整備も実施し、受け入れ環境を整える方針だ。
昨年末には、クルーズ拠点港の2次募集も行っている。

同調査は船内で1泊以上するクルーズ船の寄港回数を対象とし、
日帰りクルーズは対象外としている。


┏━┏━┏━┏━┏━┏━┏━┏━
┃C ┃O ┃N ┃T ┃E ┃N ┃T ┃S

★アザマラ、2019年春と秋に日本発着実施
http://www.cruise-mag.com/news.php?obj=20180119_03

★関東旅客船協会、賀詞交歓会開催
http://www.cruise-mag.com/news.php?obj=20180119_02

★名門大洋フェリー、皆既月食観賞会を企画
http://www.cruise-mag.com/news.php?obj=20180119_01

★プリンセス、日本発着PRの新PV公開
http://www.cruise-mag.com/news.php?obj=20180118_02

★QE大阪港発着記念クルーズセミナー、参加者募集
http://www.cruise-mag.com/news.php?obj=20180118_01

★国交省、12月の客船寄港回数を発表
http://www.cruise-mag.com/news.php?obj=20180117_04

★日本海クルーズセミナー、2月に大阪・名古屋・東京で
http://www.cruise-mag.com/news.php?obj=20180117_03

★商船三井フェリー、「さんふらわあ さっぽろ」2月20日に復帰
http://www.cruise-mag.com/news.php?obj=20180117_02

★名門大洋フェリー、船上で「瀬戸内海の皆既月食観賞会」
http://www.cruise-mag.com/news.php?obj=20180117_01

★訪日外客数、19.3%増の2869万人で過去最高
http://www.cruise-mag.com/news.php?obj=20180116_02

★日本郵船氷川丸、船内の非公開場所見学ツアー開催
http://www.cruise-mag.com/news.php?obj=20180115_03

★日本郵船歴史博物館、企画展「もうひとつの氷川丸」開催
http://www.cruise-mag.com/news.php?obj=20180115_02

★第4回福岡クルーズ会議、1月31日開催 参加者募集
http://www.cruise-mag.com/news.php?obj=20180115_01


************************************************************************
 雑誌『CRUISE』のfacebookページとtwitterアカウントはこちら
************************************************************************
こちらもクルーズ情報満載でお届けいたしますので、ぜひご活用ください。

★facebook
http://www.facebook.com/cruisemag

★twitter
https://twitter.com/cruise_magazine


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●このメールマガジンは、(株)海事プレス社より自動配信しています。 
お知り合いの方に、このメールマガジンをご紹介ください。登録はweb
クルーズよりどうぞ。 
http://www.cruise-mag.com/cruise_ml/index.html
なお、このメールマガジンの送付を今後御希望にならない方は、同アド
レスにて解除の手続きを行ってください。次回からの送信は中止されます。 
●無断転載を禁止します。 
 Copyright 2001-2018 Kaiji-Press Co., Ltd. All rights reserved.
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

週刊クルーズメール~船旅で自由と憧れを実現

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/01/19
部数 2,468部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

週刊クルーズメール~船旅で自由と憧れを実現

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/01/19
部数 2,468部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ゼロから始める不動産投
はじめまして、椙田拓也です。このメルマガでは、ゼロから不動産投資を始めるための具体的な手法を解説しています。 ◎ゼロから始めて4年で14棟102室を購入した方法を大公開! ◎書籍『空室率70%でもキャッシュが回る非常識な不動産投資術』(ごま書房新社)になった方法を大公開! ◎メルマガ読者特典として、椙田が運営する不動産投資会社で無料個別面談を実施中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
経営コンサルタントが実践から得た経験や知恵を基に、経営に役立つ「本日の経営者への一言」と、実際にあった話を基に実名を出さずに「実話風読物(カードローン取立との戦い等)」に仕立てた読物との2部構成で綴られたメルマガです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング