出版プロジェクト・ビジネス書編

出版プロジェクト・ビジネス書編


カテゴリー: 2008年09月15日
■■+++++++++++++++++++++++++++
■■ 出版プロジェクト・ビジネス書編        2008.9.15
■■                             vol.96
■■                     発行:The Appleseed Agency Ltd.
■■+++++++++++++++++++++++++++

このメルマガでは、作家のエージェント・株式会社アップルシード・
エージェンシーが、あなたがベストセラー作家になるための情報とテ
クニックをお贈りします。

■CONTENTS----------------------------------------------------
★トピックス
★9月の新刊のご案内
★編集者インタビュー
『カリスマエージェント直伝! 履歴書・職務経歴書の書き方』
(細井智彦 著)    担当編集者 高橋和記さん(高橋書店) 
〜自分の目と足で「売れる本」の地盤作り!
         「売る」ための編集者が語る採用する企画!〜
--------------------------------------------------------------
■トピックス  〜所属作家たちの近況をお知らせします〜
--------------------------------------------------------------
★『忙しいビジネスマンが3ヶ月でフルマラソンを完走する方法』の発
 売を記念して、9月19日にアマゾンでご購入・ご応募いただいた方全
 員に、著者の清水康一郎さんが特別に収録した音声MP3ファイルを無
 料でプレゼントするキャンペーンを行います!
 http://mo-v.jp/?e12b

★北村慶さんが、『買収されるのも悪くない。三角合併解禁の本当の
 意味』(PHP研究所)で第2回 M&Aフォーラム賞奨励賞を受賞
 されました。 
 http://www.maforum.jp/prize/prize_02.html 

★amazon.co.jp上半期Booksランキングの和書総合部門で、奥野宣之さ
 んの『情報は1冊のノートにまとめなさい』(Nanaブックス)が、
 19位にランクイン。投資本部門では、北村慶さんの『貧乏人のデイ
 トレ 金持ちのインベストメント』、『大人の投資入門』(どちら
 もPHP研究所)がそれぞれ、9位と10位入りました。
 http://mo-v.jp/?dfb4

★和田裕美さんが、世界中の難民・被災地の教育支援、自立支援を行
 うチャリティ企画「Chabo!」に参加しています。詳細はこちらから。
 http://www.jen-npo.org/chabo/

★奥野宣之さんの『情報は1冊のノートにまとめなさい』(Nanaブッ
  クス)が、現在25万部です。
 TBS『王様のブランチ』など多くのメディアで紹介されています。
 http://mo-v.jp/?d7f6

★大好評だった「リブロ作家養成ゼミ」の第二期を4月からスタート
 しています。
  なお、第二期の応募は5月23日をもって締め切らせていただきま
 した。たくさんのご応募ありがとうございました。
 第二期の進行状況および、今後の募集などにつきましては、下記の
 ブログにて随時アップしていきます。
  http://blog.goo.ne.jp/appleseed_august

--------------------------------------------------------------
■9月の新刊案内
--------------------------------------------------------------
★『忙しいビジネスマンが3ヶ月でフルマラソンを完走する方法』
 清水康一朗/著 木楽舎
 http://mo-v.jp/?e12b 
フルマラソンを完走した経験のある若き企業家である著者が、「自分
はできる」という自信と達成感が得られる、自己管理能力が身につく
など、忙しいビジネスマンが、マラソンを走ることで得られるメリッ
トを紹介。

★『ほぼ確実に世界の経済成長があなたの財産に変わる
 最も賢いETF海外投資法』 北村慶/著 朝日新聞出版
 http://mo-v.jp/?e0dd 
外資金融の現場に身を置く「国際投資」のプロフェッショナルが、海
外の資産家が実践している確実で利回りのいい個人資産の新しい運用
法(ETFをフル活用する国際分散投資)をわかりやすく伝授した、待
望の海外投資入門・決定版!

★『カリスマエージェント直伝! 履歴書・職務経歴書の書き方』
 細井 智彦/著 高橋書店
 http://mo-v.jp/?e070
10000人の書類を添削する一方、採用側とも日々面談をすることで、転
職希望者と採用担当者の両者を知り尽くした著者がおくる「通る書類
の書き方」。採用側の視点から最新の書類のルール・書き方まで網羅!
大転職時代! ”今”通る書類のホントの書き方。 

★『サンゴ・レンジャー』
 さかい たまき/著 朝日新聞出版
 http://mo-v.jp/?e050 
舞台は1998年、石垣島。美しいサンゴ礁を破壊する大規模架橋計画で
対立が激化するなか、環境庁の問題児、熱血・自然保護官(レンジャ
ー)矢島が立ち上がった!  自然保護と開発のジレンマ、そして人間
愛を描くエンターテインメント小説。

★『スッチー ここだけの話』
 ちょこ/著 ソフトバンク クリエイティブ
 http://mo-v.jp/?e04f
機内はネタの宝庫!? 日々つつがなく運航しているように見える飛行
機も、中ではこんな面白いことが起きていた! 外資系ならではの爆
笑ハプニング続出! 大人気ブログに書き下ろしも追加して書籍化。

★『息を吸って吐くように目標達成できる本』
 和田裕美/著 ポプラ社
 http://mo-v.jp/?dfe9
落ち込んだときのモチベーションの高め方、社内のコミュニケーショ
ン、お金のことなど――まるで「呼吸するように自然に」自分を高め
られる、実践的な一冊です。

★『シンデレラは40歳〜アラフォー世代の結婚の選択〜』
 水次祥子/著 扶桑社文庫
 http://mo-v.jp/?dfe6
40歳前後で独身。モテないわけじゃないのに、独身のままいつの間に
かこんなトシになっちゃった...。アラフォー世代の女たちの本音に
迫るノンフィクションです。

★『校長を出せ!』
 堀 和世/著 PHP研究所
 http://qrl.jp/?269608
「子どもが万引き、母親が逆ギレ」「「私はあなたより上の人間」と
教師に言い放つ官僚父」モンスターペアレントVSダメ教師――戦いは
今日も終わらない。子、親、教師たちの実情を伝える1冊です。

★『サブプライムを売った男の告白』
 金森重樹/監訳  ダイヤモンド社
 http://qrl.jp/?283109
今や世界の金融資本市場を根底から揺るがしかねない危機として認識
される、サブプライム問題。その実態や発生原因、さらに解決方法の
提案までサブプライムローンのレンダー(貸し手)だった著者が自ら
の経験をもとにわかりやすく語ります。

★『あたしの嫌いな私の声』
 成井豊/著 ポプラ社
 http://mo-v.jp/?dfb6
声優志望のユーリは、ある日、声を失う。声を取り戻すため、幼馴染
の幸吉と奔走する――人気劇団・キャラメルボックス2008サマーツア
ー「嵐になるまで待って」(02年以来、4度目の上演)の原作小説が
復刊!

★『和田裕美の必ず結果が出せる営業法則』
 和田裕美/著 ヴィレッジブックス
 http://mo-v.jp/?dfb5 
何度でも会いたいと思われる人になる!
世界No.2セールスウーマンが明かす、究極の「営業マナー」と「売れ
る人になる方法」。営業の人はもちろん、働くすべての人に役立つ、
仕事で結果を出すための心がまえ・方法論を説いた1冊です。 
上司から部下へ渡す1冊としてもおすすめです! 

★『発端は、中森明菜ーひとつを選びつづける生き方』
 小沼純一/著 実務教育出版
 http://mo-v.jp/?df9e
歌手・中森明菜を中心にすえながら、1980年代という時代の様相と本
質に迫ると同時に、その時代の女性の強さや生き方についても考察し
ています。

--------------------------------------------------------------
★編集者インタビュー
『カリスマエージェント直伝! 履歴書・職務経歴書の書き方』
(細井智彦 著)    担当編集者 高橋和記さん(高橋書店) 
〜自分の目と足で「売れる本」の地盤作り!
         「売る」ための編集者が語る採用する企画!〜
--------------------------------------------------------------
『カリスマエージェント直伝! 履歴書・職務経歴書の書き方』
 http://mo-v.jp/?e070
〜〜〜〜〜

・今回の本が細井さんとは初めての仕事とのことですが、どうして細
 井さんに依頼されたのですか?

高橋和記さん(以下、敬称略)
 講談社さんから発刊された『転職面接必勝法』で細井さんを初めて
知りました。最初は、菩薩のような文章だなぁと感じました。転職を
考えている人で、書店の転職棚の前に立つ人は少なからず何か悩みを
抱え、その解決策を探しにきているはずです。そんな方にとって、細
井さんの本は内容もさることながら、文章のトーンも含め、読んでい
てためになるばかりか、何かこう勇気付けられるなぁと感じました。
それで今回ぜひ細井さんにお願いしたいと思いました。

・本書の出版はどのようなかたちで始まったのですか?

高橋
 私からアップルシードさんにコンタクトを取りました。企画を考え
ていて、その意図や狙いからして細井さんが最適だと確信したんです。
でも、ネットを見てもダイレクトの連絡先がわからなくて……。
手紙もメールも送り先がわからないし、誰かに紹介してもらうという
ツテもなかった。そんな時、奥付に“著者エージェント”というのを
見つけて、「これは一体なんだろう?」と思い、アップルシードさん
に連絡したんです。 
 当時は営業から異動したばかりで、全くのペーペーなうえ、アップ
ルシードさんとのお付き合いもなかったので、恥ずかしながら、よく
わからない中でとにかく動いていました。それから、エージェントの
清水さんと色々お話をさせて頂き、細井さんからも「とにかく話をき
いてみよう」というお話を頂き、始まっていきました。

・この本の企画を選ばれた理由を教えてください。

高橋
 第一に、ニーズがあるということでした。世の中の転職に対する考
え方も、以前のような後ろめたいものではなく、新しい解釈の元で行
われています。「新入社員の30%は3年以内に辞める」といわれて久
しく、その数値も今は35%…それ以上…と伸びていて、今後さらにニ
ーズが拡大するのではないか、という判断もありました。

・本の企画を採用するポイントはどこにあるのでしょうか?

高橋
 企画の採用ポイントとしては、1.一言で言える本のコンセプト、
2.書店でどこにおかれるのか、3.類書との差異です。1は当然タ
ーゲットの欲求にその本の内容がしっかり応えられるか、2は設置場
所や隣に並ぶであろう書籍等の研究、3は特に今回は既に同じテーマ
の書籍がありましたので、本書独自のウリが何かという点でした。

・御社では持ち込み企画が多いのですか? それとも編集者が新しい
企画を見つけてくることが多いのですか?

高橋
 両方のケースが同じくらいありますね。結果的に形は変わったとし
ても、持ち込みがきっかけという本はたくさんあります。編集者が企
画を立て、執筆依頼をするケースもほぼ同じくらいありますよ。

・本の制作にあたってエージェント会社が入ることにどのようなメリ
ットがあると思いますか?

高橋
 清水さんからは、何度もアドバイスを頂き大変感謝しています。大
枠の構成を考える時、「ここはこういう流れの方がよいのでは」とい
う助言をくださり、判断に迷った時は常に相談にのって頂きました。
また、著者さんのウリや考えを誰よりも知っているので、色々な引き
出しからアイデアをだして頂いたのも助かりました。

・編集の方から「読者の視点」や「売ることへのこだわり」など、細
かいディテール部分でのアドバイスをして頂いて大変助かった、とい
うお話を細井さんから伺いました。実際にはどのようなアドバイスを
されたのでしょうか?

高橋
 せっかく作った本でも、売れなくては始まりません。売れなくては
読者に伝わりません。伝わらなくては出版した意味がありません。で
すから、「売ること」はシビアに考えました。企画書を作成する段階
で、転職を経験した方に話を聞き「どこで悩んだか」「どういうこと
を知りたいのか」を私なりに調べ上げました。細井さんのセミナーに
出させて頂いた時も、どんな年齢層、性別、外見の人が多いのか、ど
んな話をされた時に聴講生のメモを取る手が動いたか、などを見てい
ました。時には書店の転職棚の前で張り込んで、どの本のどのページ
を読んでいるのかなどチェックしました。かなり怪しかったと思いま
す…(笑)。そういったこともあったので、「ここはこういう話の方
が読者には喜ばれる」というように盛り込む内容や、表現については
細かく指摘させて頂きました。

・素晴らしい編集根性ですね! ご自分の足でマーケティングを行っ
て生の声を大切にされていることがよくわかります。

・ほかにはどのようなアドバイスをされましたか?

高橋
 難しい表現ではなく、とにかくわかりやすくとはお願いしました。
また、読者側の視点から考えると、「実際にどうしたらよいのか」と
いう切実な悩みがあると思います。例えば書類の書き方でも「完結に
わかりやすく丁寧に書きましょう」だけではなく、「箇条書きに、
100字程度にまとめましょう」のように、具体的にどうするのかとい
う点まで説明して頂くようにしていました。

・類書との差別化についてはどう考え、対策をされましたか?

高橋
 それまでに出ていたのは、ウリが「このまま写せばOK」とか「成
功実例集」というようなものばかりでした。書類を見る側の視点とい
うものがない。とにかく「こう書け」みたいのが多かった。私にはそ
れで成功できるか疑問でした。細井さんに依頼したのもまさにこの点
をクリアにできると思ったからです。ですから、一人ひとりが自分の
ウリを理解し、さらには自分自身の棚卸しまでできるような過程まで
盛り込みました。単なるマニュアル本ではなく、もう一歩踏み込んだ
ところまで言及したいと考えました。

・章立てやレイアウトが非常にわかりやすく考えられていますが、ど
のようにして考えられたのですか?

高橋
 企画書作成の段階で、大枠の仮の台割は作っていました。その後細
井さんから案を頂き、清水さんとも検討し考えました。実際はその頂
いた案を参考に何度も練り直していきました。

・制作中に編集サイドでどんなことで苦労されましたか?

高橋
 実例の箇所は苦労しました。読者はリアリティーがないとソッぽを
向いてしまいます。また、細かい箇所であっても、書かれている内容
と、実際の例で少しでも矛盾があってはいけないので、注意深く校正
しました。

・装丁とタイトルはシンプルで帯にインパクトがありますが、これは
高橋さんのアイデアですか?

高橋
 装丁は敢えてシンプルな感じに仕上げました。類書の多くが大きい
文字で「履歴書・職務経歴書」とあるので、逆にしたいという意図も
ありました。タイトルも長く売ることを念頭に、できるだけ言葉をそ
ぎ落としました。帯に関してはある時、確か清水さんが「今までの書
類ものの本と差別化するために、大転職時代!○○は××みたいなの
どうですか」というようなことを言われた。その後、何となく私の頭
にもこびりついていまして…、本書の方向にもマッチしていたのでこ
のようにしました。この手の読者にとって「大転職時代」というキー
ワードは響くと事前リサーチで確信していたので、強く出しました。

・本書のプロモーション活動はどのようにして行われましたか?

高橋
 細井さんご自身がセミナーで全国をまわられています。また弊社は
販売に力を入れておりまして、全国津々浦々営業部員が回っておりま
す。ここで連携を取れないかと思い、細井さんから全国のセミナー会
場の最寄り書店さんを教えてもらい、弊社営業部員にそこには必ず設
置してきてもらうようにしました。ベストセラーではなく、ロングセ
ラーを目指しているので、プロモーションは長く地道に行っていくつ
もりです。

・これまで編集を担当した本はどのくらいありますか? ご自分が一
番印象的だった本とその理由を教えてください。

高橋
 販売部から異動したばかりで、編集はまだ2年目なので、実際に発
刊したのは片手で数えられる位で、今動かしているのを含めても両手
で数えられる程度です。これまで私は改訂版などの制作進行が多かっ
たので、初めてゼロから企画制作した本書が個人的に最も感慨深かっ
たですね。細井さんと清水さんとお仕事をご一緒できて本当によかっ
たです。

・編集という職について良かったと思う点、この職がおもしろいと思
う点を教えてください。

高橋
 やはり、多くの専門家の方に出会えることだと思います。この職で
なければお会いすることができなかっただろう方々にお話を聞けて、
一緒に仕事ができるのは人生においても素晴らしいことだと思います。

・月に何冊くらい本や雑誌を読まれますか?

高橋
 仕事以外では月に書籍15冊、雑誌5誌前後です。編集に異動してか
らも書店にはほぼ毎日通っています。売れている本は当然気になりま
す。時には、敢えて全く関心のないジャンルの棚をチェックしたりし
ます。意外なヒントとかありそうなので。

・どういう人が編集者に向いていると思いますか?

高橋
 「出会い」を楽しめる人でしょうか。一人では本はできませんし、
マウスをカチカチしていても始まらないので、進んで外に出ることが
好きな人かなと思います。

・今後はどういうテーマの本に携わっていきたいと思っていますか?

高橋
 大雑把ですが、読む前と読んだ後で、少しでも読者の世の中の見方
がかわる本を作りたいです。あと個人的には、一見どうしよもなくく
だらないことを一生懸命考えている方と売れる本が作れたら幸せです。

・本日はどうもありがとうございました。

----------------------------------------------------------------
メルマガをお読みの皆さんで、本にしたら絶対売れる!!という
企画・原稿をお持ちでしたら、弊社あてにご応募ください。
くわしくは企画原稿検討の要項
(http://appleseed.co.jp/0_1.php)
をご覧ください。検討させていただきます。


ご意見・ご感想は(info@appleseed.co.jp)までお願いいたします。


【最後にお知らせ】

こちらにもどうぞご訪問ください。

・株式会社アップルシード・エージェンシーのサイト
http://www.appleseed.co.jp/

・鬼塚忠「カフェリブロ作家養成ゼミ」
http://blog.goo.ne.jp/appleseed_august

・メルマガ「出版プロジェクト・物語小説編」
http://www.appleseed.co.jp/7_1.php


________________________________________________________________

配信 株式会社アップルシード・エージェンシー
編集 宮原陽介  文責 鬼塚忠
E-mail:info@appleseed.co.jp
http://www.appleseed.co.jp/
〒162-0824
新宿区揚場町2-12 セントラルコーポラス401
tel:03-3513-4325  fax:03-3260-4437

出版プロジェクト・ビジネス書編

RSSを登録する
発行周期 隔週刊
最新号 2017/08/07
部数 810部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

出版プロジェクト・ビジネス書編

RSSを登録する
発行周期 隔週刊
最新号 2017/08/07
部数 810部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者7000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング