フェアウッド・マガジン-世界のニュース

FAIRWOOD世界のニュース【第164号】


カテゴリー: 2018年03月30日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  F A I R W O O D   M A G A Z I N E
  フェアウッド・マガジン  世界のニュース
         第164号           2018年3月30日

  --- フェアな木材を使おう ---        http://www.fairwood.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
いよいよ新年度が始まります。日本国内の無断伐採に関し、林野庁による調
査結果が公表されています。
フェアウッドでは、4月26日に公開セミナー「ESG時代の責任ある木材調達と
製品づくりとは?」を開催いたします。これまでサプライチェーン管理や合
法木材調達の取り組みに携わってこられなかった方々にも一歩を踏み出して
いただけるような内容になっております。是非、ご参加下さい。
───────────────────────────────────
【世界の森林問題】
●2018.03.12 Mongabay:森林の80%の保全に取り組むとするサラワク州に疑いの声
マレーシア・サラワク州大臣ダトゥク・パッティンギ・アバン・ジョハリ・
トゥン・オプン氏による2月26日のクチン市における発表によると、サラワク
州は、一次林および二次林のカテゴリーにて、森林面積の80%を保全するこ
とを約束した。しかし、環境保護団体のいくつかは、これらの約束の実現に
疑問を呈している。
ボルネオ島の北部の海岸を占めるサラワク州の熱帯雨林は、絶滅危機種であ
るテングザル(Nasalis larvatus)や絶滅寸前種であるボルネオ・オラン
ウータン(Pongo pygmaeus)のような固有種の生息地になっています。
しかし、国連の食糧農業機関(FAO)のデータによると、プランテーション
農業、森林伐採等の開発により、サラワク州の森林被覆率は2010年で65%
以下であるとされる。また、 2013年の評価によると、2010年の森林被覆率は
57%程度であり、伐採によって大幅に劣化しているとされる。
原文はこちら(英語)
https://news.mongabay.com/2018/03/sarawak-makes-80-forest-preservation-commitment-but-some-have-doubts/?utm_source=feedburner&utm_medium=email&utm_campaign=Feed%3A+Mongabay+%28Mongabay+Environmental+News%29

●2018.03.05 Mongabay:森林破壊ゼロの誓いの5年後、インドネシアのパルプ大手に進歩の兆しわずか
国内外の監視機関は、インドネシア最大の紙・パルプ製造業者が、同社の
フラッグシップ政策であった森林破壊ゼロを実行し切れなかったことを批判
している。
2013年2月にAsia Pulp and Paper(APP)社が公表し、パルプ材のプランテー
ションで天然林を破壊しないことを約束した森林保全政策(FCP)が開始5周
年を迎えた。
環境NGOの連合であるEyes on the Forestの見立てによると、APP社は2010年
までの30年間でインドネシアで2万平方キロメートル(7,720平方マイル)
以上の天然林を伐採した。 これは、米国ニュージャージー州の面積に相当
する。
原文はこちら(英語)
https://news.mongabay.com/2018/03/five-years-after-zero-deforestation-vow-little-sign-of-progress-from-indonesian-pulp-giant/

●2018.03.20 日本経済新聞:東南アジア、森林伐採でもCO2増えず エルニーニョが影響 
千葉大学などは20日、2000年代に東南アジアで森林伐採が進んだにもかかわ
らず二酸化炭素(CO2)の排出が緩やかになった原因を突き止めたと発表した。
この時期は太平洋のペルー沖で水温が高くなるエルニーニョ現象が弱かった
ため、干ばつが起きず、熱帯雨林がCO2を多く吸収したとみている。
ただ、2015年は史上最大規模のエルニーニョが発生し、インドネシアの大規
模な森林火災の影響も加わってCO2排出が急増した。地球温暖化を食い止める
には、東南アジアでの森林伐採などを制限する必要があると指摘している。
詳しくはこちら
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28377870Q8A320C1000000/

●2018.03.27 日本経済新聞:「持続可能」が変える原料調達 マネーと消費者を味方に
持続可能な開発のための目標として国連が定めた「SDGs」が素材の調達網や
価格を変えつつある。農畜産物をはじめ気候変動や生物多様性に関わる素材
の調達は企業存続に直結する。手間と費用がかさみ企業収益を圧迫するとの
発想が根強い。将来に続く価値を生む方法と受け止めないと、経営が危うく
なる時代が迫っている。
詳しくはこちら
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO28607900W8A320C1QM8000/

●2018.03.08 ThePhnomPenhPost:クラティにおける抗議者と兵士間の衝突による6人の殺害を当局が否定
クラティの兵士が抗議行動を行う村人の群衆に発砲したと映像により報じら
れた数時間後、6人が死亡したと伝えられたが、当局は衝突による死亡の疑い
を否定した。 しかし、少なくとも2人が銃弾に倒れたとされる。(中略)
抗議は、軍警察と兵士が村人たちの小屋を焼き払い、道路を封鎖している
村人たちを怒らせたことで開始された。小屋は、Memotゴム農園会社とその
地域に移住した住民との長期にわたる紛争の中心にあり、住民はその土地が
同社に譲渡されたと同時期に移住してきていた。
原文はこちら(英語)
http://m.phnompenhpost.com/national/updated-authorities-deny-six-killed-kratie-clash-between-protesters-soldiers 

【パーム油関連】
●2018.03.19 NNAASIA:東京五輪で調達品どう選ぶ、パーム油と紙の基準案
【共同】2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は16日、大会で使う
パーム油と紙の調達基準案をまとめ、意見公募を始めた。環境負荷の低減や
人権保護を踏まえた「持続可能性に配慮した基準」とアピールするが、環境
団体は「実効性に疑問がある」と懸念している。公募は30日までで、基準は
6月に決まる予定。
基準案は、選手村の食事などに含まれるパーム油は、環境認証を受けた製品
を「可能な限り優先的に調達する」とし、使用可能な認証として3種類を挙げ
た。食品メーカーや環境団体などでつくる組織「持続可能なパーム油のため
の円卓会議(RSPO)」と、マレーシアとインドネシアの各政府が運営するも
のだ。
ポスターやパンフレットなどに使う紙は、古紙パルプを最大限利用し、バー
ジンパルプの場合は環境や人権に配慮した製品を使うとしている。
詳しくはこちら
https://www.nna.jp/news/show/1739411

●2018.02.23 SustainableJapan:ユニリーバ、全パーム油調達元1400社の社名リストを公表
消費財世界大手英蘭ユニリーバは2月16日、全パーム油調達元企業約1,400社
のリストを公表した。リストには、一次調達元だけでなく、二次調達元の
パーム油の小規模生産場等も含まれている。同社はパーム油サプライチェー
ンの透明性を高めており、ついにリストの全公表に踏み切った。パーム油調
達元の公表は世界初。
ユニリーバは、菓子や石鹸、化粧品、バイオ燃料等様々な分野でパーム油を
利用している。パーム油のサプライチェーンは、家族経営等のアブラヤシ農
家から地元の集積企業や複数の代理店を経て大手企業の製造工場に入り、そ
こから食品メーカーや消費財メーカーに流通していく。アブラヤシはバイオ
燃料の原材料にも使われることもある。しかし、パーム油生産では、人権侵
害や環境破壊の懸念が広がっており、ユニリーバこれまでに複数のパーム油
生産企業との調達停止を何度も実施してきた。
詳しくはこちら
https://sustainablejapan.jp/2018/02/23/unilever-palm-oil-list/30765
出所はこちら(英語)
https://www.unilever.com/sustainable-living/reducing-environmental-impact/sustainable-sourcing/transforming-the-palm-oil-industry/palm-oil-progress/

【東京オリ・パラ関連】
●2018.02.23 ClimateHomeNews:2020年東京オリンピック、新国立競技場建設における熱帯林木材の使用を確認
東京オリンピック組織委員会は、新国立競技場の建設に使用された合板パネ
ルの87%が東南アジアの熱帯雨林に由来することを確認した。
しかしキャンペナーにより非難されたように、使用された木材は委員会の認
証手順ではデューディリジェンスの欠如により、そのソースまで遡及するこ
とが不可能となっている。
今月初めのオンライン投稿には、オリンピックプロジェクトで使用される木
材が「違法、非持続可能、人権侵害へのつながり」を裏付けるものであると、
2016年12月時点でNGO44団体から要請が寄せられている。
原文はこちら(英語)
http://www.climatechangenews.com/2018/02/23/tokyo-olympics-confirms-use-rainforest-timber-stadium-build/

●2018.03.05 三井物産:新国立競技場整備事業への社有林材の供給
三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:安永竜夫、以下「三井物
産」)は、新国立競技場整備事業のスタンド観客席を覆う大屋根、並びにス
タジアム外周部の軒庇に使用するスギ材を三井物産の社有林から供給しまし
た。(中略)
三井物産では、日本全国すべての「三井物産の森」を対象に、FSCR認証(ラ
イセンス番号C057355)及びSGEC認証(認証番号SGEC/31-21-1101)(※3)と
いう2つの国際基準の森林認証を取得しています。森林認証とは、森林の管理
方法が経済、環境、社会のさまざまな側面から一定の基準を満たしているか
どうかを第三者が調べ、認証するものです。こうした認証の普及が無秩序な
森林伐採を防ぎ、森林を健全に保ち、地球環境を守ることにつながります。
国内民間所有の1万ヘクタール以上の森林でこの2つの認証を取得しているの
は現時点で「三井物産の森」に限られ、三井物産はさまざまな認証材の需要
に対応することが可能です。今回の新国立競技場整備事業で、三井物産は全
国に点在する「三井物産の森」の一部から、スギのSGEC認証材を三井物産
フォレスト(株)(※4)を通じて供給しました。これらの認証材は本事業の
木材調達基準で求められる合法性や持続可能性にも合致するものです。
出所はこちら
https://www.mitsui.com/jp/ja/release/2018/1225762_11199.html

【日本は今!】
●2018.03.09 JapanPostNetwork:無断伐採が全国で62件、林野庁 初調査、昨年4月から今年1月
林野庁は9日、森林所有者に無断で樹木を伐採する事案が、昨年4月から今年
1月までに全国で62件あったことを明らかにした。木材産地で違法伐採が相次
いでいるのを受け、自治体や警察に寄せられた相談件数を初めて全国的に調
査した。
内訳は故意の無断伐採(違法伐採)が疑われる事案が11件、境界の不明確さ
や勘違いによる無断伐採が37件、その他状況が不明な事案が14件。ブロック
別では九州・沖縄が33件で最も多く、関東(新潟県含む)9件、北海道・東北
8件と続いた。
同庁によると九州・沖縄は50~60年前に植林し利用期を迎えた人工林が多い
ため、被害が広がっているとみられる。
詳しくはこちら
https://this.kiji.is/344777838682178657?c=39546741839462401
出所はこちら(林野庁)
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/keikaku/180309_15.html

●2018.03.16 新建ハウジング:国が整備する公共建築物の木材使用量が約6割増 2016年度木材利用状況
国土交通省と農林水産省は3月16日、各省庁が整備する公共建築物における
2016年度の木材の利用状況を取りまとめて公表した。同年度に木造で整備を
行った公共建築物において、木材使用量は前年比58.5%増の3689m3となった。
同年度に国が整備を行った公共建築物のうち、積極的に木造化を促進する低
層(3階建て以下)の建築物は同6.7%減の96棟、延べ面積は同35.7%増の1万
3816m2。そのうち、木造で整備したものは同30%減の42棟、延べ面積は同
96.4%増の7282m2だった。木造化率は43.3%となり、前年度から14.4ポイン
ト低下した。
詳しくはこちら
http://www.s-housing.jp/archives/126941

●2018.03.29 日本経済新聞:木材使った新建材 購入補助 政府、国内林業後押し 
政府は建設会社が木材を使った新建材を購入する費用を補助する制度を5月に
も始める。対象は強度が高い「直交集成板」(CLT)と呼ばれる建材で、平均
価格にあたる1立方メートルあたり15万円を上限に全額補助する。建設資材の
購入費を直接助成する制度は初めて。国産木材の活用を後押しする狙いだ。
詳しくはこちら
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28722050Z20C18A3MM0000/

●2018.03.21 毎日新聞:森林窃盗 仲介業者の男女2人有罪判決 地裁 /宮崎
宮崎市で故人ら3人が所有する山林のスギを盗もうと伐採届け出書を偽造し、
業者に伐採させたとして有印私文書偽造・同行使と森林法違反(森林窃盗)
に問われた、いずれも林業仲介業の岩村進(78)=宮崎市佐土原町=と松本
喜代美(73)=同市丸島町=両被告の判決公判が20日、宮崎地裁であった。
下山洋司裁判官は岩村被告に懲役2年6月、執行猶予5年(求刑・懲役2年6月)
松本被告に同2年6月、同4年(求刑同)を言い渡した。
詳しくはこちら
https://mainichi.jp/articles/20180321/ddl/k45/040/307000c

-------------------------------------------------------------
■ お知らせ
--------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆<公開セミナー>
ESG時代の責任ある木材調達と製品づくりとは?
 ~SDGsの達成に向けた木材デューディリジェンスを考える~
2018年4月26日(木)13:30 @早稲田大学(早稲田キャンパス)
http://fairwood.jp/news/pr_ev/2018/180426_ev_seminar.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

気候変動・温暖化防止対策への関心の高まりから民間セクターにおける森林減少
を防止する取組み(いわゆるZero Deforestation)が注目されています。背景に
は世界の金融界の投資方針が環境・社会・ガバナンスの要素を考慮するESG投資
へ推移していることがあります。

他方、生物多様性豊かな熱帯林は依然として減少の一途をたどっており、その一
因である違法伐採問題に取組むべく欧州、米国、豪州など先進諸国は、域内への
違法伐採木材の流入を防止する法律を整備し、事業者にデューディリジェンス(
入念な確認)を義務付けています。

2016年5月、日本もクリーンウッド法を整備し、事業者に対してデューディリジ
ェンス実施を奨励し、合法伐採木材の流通を増やすことで違法伐採木材等の流通
を減じていくこととなりました。

本セミナーは、責任ある木材調達の重要な鍵となる「デューディリジェンス」に
着目し、基本的な理解を深めることを目的とし、実施することの意義、重要性、
そしてメリットについて考えます。

【日時・会場】
 2018年4月26日(木) 13:30~17:30(開場13:00)
 早稲田大学 大隈記念講堂 小講堂(早稲田キャンパス(新宿区戸塚町))
【参加費】 無料
【お申込み】 お申し込みフォームにてお申し込みください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/3a2e1a02563902
 ※フォーム記入ができない場合、「4/26セミナー申し込み」と件名に明記の上
 1)お名前 2)ふりがな 3)ご所属(組織名及び部署名等)4)Eメールアドレスを
 メールにてcontact_fw@fairwood.jpまで送付ください。

【プログラム】 ※内容、タイトル等は予告なく変更の場合があります。
講演1:世界の環境社会配慮投資(ESG投資)の動向について
 高崎経済大学経済学部教授 水口 剛 様
講演2:クリーンウッド法の概要について
 林野庁林政部木材利用課 松山 知恵 様
 <対談セッション>クリーンウッド・ナビの使い方
講演3:デューディリジェンス実施企業の取組み事例紹介
 イオン株式会社(予定)
 カリモク株式会社
 株式会社マルホン
 株式会社ワイス・ワイス
<パネルディスカッション>

【共催】
早稲田大学環境総合研究センターW-BRIDGEプロジェクト、
九州大学 熱帯農学研究センター、国際環境NGO FoE Japan
【協力】
地球・人間環境フォーラム、フェアウッド・パートナーズ
【問合せ】国際環境NGO FoE Japan(担当:三柴)
 Tel: 03-6909-5983 / contact_fw@fairwood.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆4/14(土)セミナー「森の人・オランウータンとつながる私たちの暮らし
~ボルネオからの報告」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東南アジアの熱帯林に住む「森の人」オランウータンは、ボルネオ島とスマトラ
島の限られた地域にのみ生息しています。去年11月にインドネシアのスマトラ島
で新種のオランウータンが確認されたことはまだ記憶に新しいですが、オランウー
タンの生態についてその多くはいまだに謎に包まれています。同時に、インドネ
シアでは近年の急速な森林開発により野生のオランウータンが森林を追われ、さ
まざまな危機に直面しています。実はこのような状況は私たちの生活とも切り離
せない関係にあるのです。

このセミナーでは、オランウータンの野生での暮らしやインドネシアでのオラン
ウータンが直面する現状について知るとともに、パーム油の消費を通じてつなが
りを持つ私たちに何ができるのか、みなさんと一緒に考えたいと思います。

【日 時】 2018年4月14日(土)14:00~16:30(開場 13:30~)
【場 所】 東京ウィメンズプラザ 2F 第一会議室(A・B)
東京都渋谷区神宮前5-53-67
http://www1.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/outline/tabid/136/Default.aspx
【参加費】 500円(定員50人)

【プログラム】
1.オランウータンの森のくらしのヒミツ
/山崎 彩夏(多摩動物公園 教育普及課 教育普及係 動物解説員)
2.オランウータンが直面する問題(逐次通訳付)
/ハルディ・バクチャントロ(Centre for Orangutan Protection:COP)
3.パーム油でつながるオランウータンと私たちの暮らし
/中司 喬之(熱帯林行動ネットワーク)
4.私たちに何ができるのか考えてみよう
a)ボルネオ保全学生グループ(Student Group for Borneo Conservation
:SGBC)による活動紹介
b)参加者によるディスカッション

【お申込み】
以下のフォームからお申込みください。
https://goo.gl/forms/VdwAMhG0IgR1jc633

【主 催】 熱帯林行動ネットワーク(JATAN)
【共 催】 プランテーション・ウォッチ(国際環境NGO FoE Japan、
サラワク・キャンペーン委員会、地球・人間環境フォーラム、
メコン・ウォッチ、レインフォレスト・アクション・ネットワーク日本代表部)
【協 力】 ボルネオ保全トラスト・ジャパン、モア・トゥリーズ

【お問合せ】
熱帯林行動ネットワーク(JATAN)
info[@]jatan.orgまたは、03-5269-5097(担当:中司)

<このイベントは、平成29年度地球環境日本基金の助成を受けて開催されます。>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆フェアウッド・パートナーズのWEBサイト
「クリーンウッド法に対応する木材DDのための実践情報」
https://www.fairwood.jp/consultation/howto_dd.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フェアウッド・パートナーズでは、CW法のより実効性の高い運用に貢献し、違
法伐採対策に積極的に取り組もうとお考えの事業者の後押しとなるべく、ウェブ
サイト「クリーンウッド法に対応する木材DD実践情報」を2017年10月に公開
しました。月に1回更新・追加していく予定です。CW法のもと木材製品等の合法性
確認に積極的に取り組もうとお考えの事業者の皆様のお役にたつ情報提供を目指して
います。ぜひご活用ください。

■合法性確認とデューデリジェンス
■合法性確認のための木材DDのステップ
 1.情報収集
 2.リスク評価
   (1)初期リスク評価
   (2)詳細リスク評価
 3.リスク緩和措置
   ・サプライチェーンのリスク評価
   ・書類の評価
   ・認証制度の活用
■国別リスク情報
   1.中国
   (1)違法リスクの高い輸入相手国の事例
    事例1:パプアニューギニア(PNG)から中国への輸出
    事例2:リベリアから中国への輸出
    事例3:ペルーから中国への輸出
   (2)木材輸入の現状と違法伐採対策など
    中国の木材輸入の現状
    中国の違法伐採対策
    中国から木材製品を輸入している消費国の対応
   2.マレーシア・サラワク州

問合せ 「木の流れから、未来をつくる」フェアウッド・パートナーズ
 Eメール:info@fairwood.jp
 国際環境NGO FoE Japan(三柴、佐々木、TEL:03-6909-5983)
 地球・人間環境フォーラム(坂本、飯沼、TEL:03-5825-9735)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆パーム油について知るためのWEBサイト紹介
『あぶない油の話』パーム油のことを知るサイト
http://plantation-watch.org/abunaiabura/ 
「パーム油調達ガイド」
http://palmoilguide.info
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プランテーション・ウォッチでは、パーム油の消費者向けと企業向けのウェブ
サイトを立ち上げています。

一般消費者向けには、『あぶない油の話』パーム油のことを知るサイトを通じ
て、【パーム油】が身の回りの多くの食品に多く含まれていること、そして、
その【パーム油】の生産のためのプランテーション 開発が引き起こしている
環境問題や社会問題について伝え、情報を発信しています。

パーム油を調達している企業向けには、パーム油の調達リスクに対処し、サプ
ライチェーン管理を実践するための情報や手順をまとめた情報提供サイト「パ
ーム油調達ガイド(http://palmoilguide.info)」があります。
是非、サイトをご覧いただき、ご活用ください。

『あぶない油の話』パーム油のことを知るサイト
http://plantation-watch.org/abunaiabura/ 
「パーム油調達ガイド」
http://palmoilguide.info

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆森林と私たちの暮らしのつながりについて学ぶ教材

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
世界の森林問題について学んでもらうための映像教材をフェアウッド・パート
ナーズが関わり作成しています。
社内や地域での環境・森林をテーマとした勉強会等の企画に活用ください!

■映像資料
「人と木」(無料)
http://www.gef.or.jp/activity/forest/hitotoki/
「木の来た道」(定価3,000円/図書館価格:12,000円)(税別・送付料込)
 http://www.fairwood.jp/news/pr_ev/2009/pr090623_publish_woew.html
「森の慟哭」(詳細下記参照)
 http://www.foejapan.org/forest/palm/dvd_01.html

■お問合せ
FoE Japan(三柴) Tel: 03-6909-5983 
地球・人間環境フォーラム(坂本、根津) Tel: 03-5825-9735
E-mail: info@fairwood.org

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・みなさんの知人、友人、ご家族の方にもこのメールマガジンをお知らせして
 ください。メールマガジンの登録、バックナンバーはこちらです。
 http://www.fairwood.jp/news/newsbk.html
・本メールマガジンの記事について、無断転載はご遠慮ください。
 ただし、転載許可の表記のある場合を除きます。
・本メールマガジンに関するご意見・ご感想などは下記のEmailにお寄せくだ
 さい。お待ちしております。e-mail: info@fairwood.jp

発 行 : フェアウッド・パートナーズ http://www.fairwood.jp
編 集 : 坂本 有希/三柴 淳一
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フェアウッド・マガジン-世界のニュース

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/05/01
部数 585部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

フェアウッド・マガジン-世界のニュース

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/05/01
部数 585部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ポンポコ先生のライタースクール
『大富豪のおじいさんの教え』(ナナブックス)『一瞬で心をつかむ77の文章テクニック』(高橋書店)『うまいと言われる文章の書き方』(日本実業出版)などでおなじみの作家&スピリチュアル・ヒーラーの高橋フミアキ(ポンポコ先生)が、原稿用紙5枚程度のおもしろい小説を書くためのツボとコツを教えます。小説以外にもスピリチュアルな考え方や、言葉で人を癒す方法なども伝授。「このメルマガで元気をもらってます」「高橋先生はものの本質を教えてくださいます」と読者からの声もいっぱい!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年8月現在9200人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額1000億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

副業ペラサイト量産で月100万稼ぐ♪さぼてんのサイトアフィリ秘メルマガ☆
サイトアフィリエイトに役立つ情報を発信! 月100万を稼ぐアフィリエイターさぼてんがサイトアフィリを実践し、その状況を実況中継しながら、アフィリエイトに役立つ情報・テクニックをお伝えするメルマガ。 普通のサラリーマンとして働きながら、副業として1日2時間の作業で月100万を効率的に稼ぐ秘密とは? アフィリエイトに挑戦したい初心者の方からの質問メール大歓迎。 丁寧に回答します♪
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

システマティックな「ま、いっか」家事術
食べるのは大好きだけど、作るのは超苦手。棚拭きとアイロンがけが何より嫌い。 そんな家事オンチだった私がソレナリに家事をこなせるようになったワケ。 家事全体を見渡して、最小の手間で最大のリターンを得る、具体的なシステムをお知らせするメールマガジンです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング